人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「噂のモーガン夫妻」

「Did You Hear About the Morgans?」 2009 USA
「噂のモーガン夫妻」_a0051234_23284233.jpg

ポール·モーガンに「ノッティングヒルの恋人/1999」「ブリジット·ジョーンズの日記/2001」「ラブ·アクチュアリー/2003」のヒュー·グラント。
メリル·モーガンに「幸せのポートレート/2005」「セックス·アンド·ザ·シティ/2008」のサラ·ジェシカ·パーカー。
クレイ·ウィーラーに「サンキュー·スモーキング/2006」のサム·エリオット。
エマ·ウィーラーに「ブレイブ·ワン/2007」「あなたは私の婿になる/2009」のメアリー·スティーンバージェン。
監督、脚本に「トゥー·ウィークス·ノーティス/2002」「ラブソングができるまで/2007」のマーク·ローレンス。
「噂のモーガン夫妻」_a0051234_23285525.jpg
「噂のモーガン夫妻」_a0051234_23291021.jpg

敏腕弁護士のポールと、高級不動産売買を扱う会社の社長メリルのモーガン夫妻。表向きは誰もが羨む理想のカップルだが、ポールの浮気がバレてただ今別居中のモーガン夫妻。ある夜、ポールはメリルとヨリを戻そうとディナーに誘う。そして食事を終えての帰り道、彼らは偶然にも殺人現場の目撃者となる。犯人に顔を見られた二人は凶悪な殺人者から逃れるため警察より“証人保護プログラム”を適用されワイオミングへと向かうのだった...

この映画は初日(3/12)に銀座で観た。最終回上映前のチケット売り場に列が出来ていて少々驚き。大きなシアターなのでまさか?満席ってことはなかったがヒュー、ファンの女性が多かった。
観る前セレヴ·カップルを演じるヒュー&サラになんとなくしっくり来ないイメージがチラついた。観てもそのイメージは拭えなくて、物語ももう一ひねりして欲しかったが、B級ドタバタ·ラヴ·コメディとしてはまぁまぁ楽しめる。
ポール&メリル夫妻よりクレイ&エマ夫妻の存在感が大きくて、クレイ&エマを演じるサム·エリオット&メアリー·スティーンバージェンはさすがの役者。
ニューヨークのセレヴが“証人保護プログラム”でもっていきなりアメリカの大田舎ワイオミングに連れて行かれるという設定は中々面白い。そして登場したカウボーイ夫婦クレイ&エマ。ポール&メリル夫妻の住処となった家の回りは山だらけ、クマが出て来たりして、楽しみと言えば乗馬くらい。しかしメリルは馬アレルギーなのだ。広大な草原をジョギングするニューヨーカーの二人の姿が笑える。ジョギングって都会人のものなのかも?

ヒュー・グラントは英国人の役しかしない。彼は典型的な英国顔なのかどうか分らないが、恐らく喋りがアメリカン役だとダメなのかも知れない。この作品でも英国人の設定。
「フォー·ウェディング/1994」以来ヒュー大好きで彼の映画はほとんど観ている。でもなぜか?彼の映画は1本もレビュー書いてない。ブログを初めた後に公開された「ラブソングができるまで」はシアターに観に行けなくてDVDになってから観た記憶が蘇ってきた。なのでレビュー書かなかったのだろう。
「モーリス/1987」での美青年ヒューもとうとう今年50歳でオヤジの風貌になって来た。でも相変わらずキュートな彼は憎めないヤツって感じで大好き。
東宝シネマズ有楽座にて
by margot2005 | 2010-04-01 23:39 | Comments(0)