タグ:ヴァンサン・ランドン ( 6 ) タグの人気記事

「ティエリー・トグルドーの憂鬱」

「La loi du marché」…aka「Un homme」「The Measure of a Man」2015 フランス
a0051234_20585028.jpg

失業中のティエリーは新しい職を得るため研修を受けクレーン操縦士の資格を取る。しかし現場経験がないからと不採用になってしまう。ハローワークを訪れたり、スカイプで面接を受けたりするが中々仕事が見つからない。家のローンの支払いも困難な状態で、仕方なく銀行に金を借りに行く...

ティエリー・トグルドーに「ガスパール/君と過ごした季節(とき)/1990」「すべて彼女のために/2008」「君を想って海をゆく/2009」「母の身終い/2012」「友よ、さらばと言おう/2014」「小間使いの日記/2015」のヴァンサン・ランドン。
ティエリーの妻にカリーヌ・ドゥ・ミルベック。
ティエリーの息子にマチュー・シャレール。
ハローワークの担当者にイヴォ・オリ。
同僚に「グレート デイズ! -夢に挑んだ父と子-/2013」のグザビエ・マチュー。
銀行員にカトリーヌ・サン・ボネ。
ダンス教師にノエル・メロ。
監督は「愛されるために、ここにいる/2005」「シャンボンの背中/2009」「母の身終い/2012」のステファヌ・ブリゼ。

邦題に付いている“憂鬱”。映画を見終わってこれほど憂鬱になった映画はあるだろうか?と自問した。原タイトルは“マルシェ(スーパーマーケット)の法”。

失職後なんとかマルシェの監視員の職を得たティエリーの仕事は、店の中を巡回したり監視カメラを覗いて万引きの現場を押さえることだった。そして不正は従業員の間でも起こる。万引する客や不正を犯す従業員の中には金に困った人や、家庭内に問題があったりする。現実問題としてティエリー自身、障害のある息子を抱えた上、家のローンの支払いに苦しんでいた。

ある日、店のクーポンを盗んで問いつめられたレジ係の女性が自殺してしまう。マルシェの店長と本社からやって来た人事担当者はことの成り行きを“誰の責任でもない。彼女自身の問題だ。と淡々と説明して終わりにする。しかしティエリー以下店の従業員はやるせない思いでいっぱい。それは一つ間違えば彼らにも起こりえることだから…。

少しでも金を得ようと、ティエリーは海辺にある思い出深い移動式住宅を6000万€で売りに出す。しかし買い手にたたかれ憮然となる。
文句も言わず障害者の息子を育てる優しい妻。ティエリーはただ穏やかに生きたいだけなのに理不尽なことばかり起こる日常にやるせなくなる。

ラスト、突然仕事を投げ出し店を出て行くティエリーの後ろ姿が脳裏に焼き付いて離れなかった。
何の盛り上がりもなく淡々と進むティエリーの日常を描いたドラマは見終わってホント憂鬱になった。
ヴァンサン・ランドンほど寡黙で憂鬱なキャラが似合う俳優は他に思い浮かばない。カンヌ映画祭で男優賞に輝いたのも頷ける。
切羽詰まった生活を送りながらも妻とダンス教室に通う姿がヨーロッパ人だなぁと感心する。それはドラマの中で一服の清涼剤のようだった。

ヒューマントラストシネマ渋谷にて
[PR]
by margot2005 | 2016-09-14 22:22 | フランス | Trackback(1) | Comments(0)

「シャンボンの背中」

「Mademoiselle Chambon」2009 フランス
a0051234_23552299.jpg

ジャンに「ガスパール/君と過ごした季節(とき)/1990」「すべて彼女のために/2008」「君を想って海をゆく/2009」「母の身終い/2012」のヴァンサン・ランドン。
ヴェロニク・シャンボンに「プチ・ニコラ/2009」「屋根裏部屋のマリアたち/2010」「プレイヤー/2012」のサンドリーヌ・キベルラン。
妻アンヌ・マリーに「真夜中のピアニスト/2005」「ヴェルサイユの子/2008」のオーレ・アッティカ。
息子ジェレミーにアルトゥール・ル・ウエルー。
父に「ヴィドック/2001」のジャン・マルク・ティボー。
監督、脚本は「愛されるために、ここにいる/2005」「母の身終い/2012」のステファヌ・ブリゼ。
a0051234_23561019.jpg
a0051234_2356249.jpg
a0051234_23555562.jpg
a0051234_23554632.jpg

とても素敵な作品でシアターで観たかった一作。でも日本未公開なのでTVで見るしかなかった。
ヴァンサン・ランドンは筋肉逞しい男ながら、寂しい表情を見せるのがスゴく上手い。
憂い顔のわりにコメディが似合うサンドリーヌ・キベルランはせつないロマンス映画もしっくりとくる。
「母の身終い」「君を想って海をゆく」「すべて彼女のために」...三作全て悩む男役が似合うヴァンサン・ランドンはこちらでも大いに悩む男を好演している。
ヒューマン・ドラマの「チャーリーとパパの飛行機/2005」やコメディの「女はみんな生きている/2001」のヴァンサンもgood。そして「ガスパール/君と過ごした季節(とき)はお気に入り映画の一つ。

舞台は南フランス、ブーシュ・デュ・ローヌ県。代理教師としてパリからやって来たヴェロニク・シャンボンは独身女性。ある日、学校へ迎えにきた教え子ジェレミーの父親ジャンに“父親の職業”というテーマで生徒たちに話をしてくれないかと持ちかける。ジャンは父親と同じく大工として身をたてている。ジャンの話に興味を覚えた生徒たち…教室は盛り上がり、マドモアゼル・シャンボンも大満足だった。ジャンが大工と知った彼女は“アパルトマンの窓からすきま風が入るの。どうすれば良いかしら?”と訴える。やがて彼女の悩みを解消すべくジャンはアパルトマンへ向かう。

その後の展開は互いに惹かれ合ってしまうというありきたりのストーリーなのだが、二人が実に上手い。ジャンは妻子ありの男でヴェロニクを抱くわけにはいかない。しかし寂しさ漂う彼女に己の気持ちを抑えるのが難しくなっていく。やがてジャンは“君のことを考えている。”と書いた手紙を送る。すると次にヴェロニクが行動を起こしジャンの職場に会いに行く。しかしジャンの口からでた言葉は“妻が妊娠している。”というものだった。うちひしがれたヴェロニクはこの地を去ろうと決心する。

男ってホントにわがままな生きものだ。ヴェロニクも欲しいけど妻子も捨てられない。愛し合った後、“君と一緒にいたい!”というジャンに対して”できないことは言わないで!”と答えるヴェロニク。やはり女は冷静だなぁと切に感じる。
ジャンの妻アンヌ・マリーは最高に冷静だった。映画だからこそで、あのような冷静なフランス人女性いるわけがない。

あれこれいろいろと書いたが、これほどセツナイ映画を見たのは久しぶり。観客にひょっとして二人は…と思わせる展開が上手いのだこの監督。しかしながらラストはもちろんフレンチ・スタイルで二人が結ばれることはない。
パリ行きの列車、待つ女、来ない男…なんと絵になる光景だろう。

大ラスで見せるジャンとアンヌ・マリーのシーンに、しみじみと夫婦の愛情が伝わってきてスゴく良かった。
“マドモアゼル・シャンボン”が“シャンボンの背中”となる邦題に??だけど映画を見れば納得する。でも原タイトルどおり“マドモアゼル・シャンボン”で良いのでは?

wowowにて
[PR]
by margot2005 | 2014-01-15 00:16 | フランス | Trackback | Comments(0)

「母の身終い」

「 Quelques heures de printemps」…aka「A Few Hours of Spring」2012 フランス
a0051234_20211711.jpg

アランは48歳の長距離トラック運転手。ある時麻薬密売に関わり服役し、出所後母親の家に身をよせる。しかし几帳面な母親と、だらしのない息子との間に争いは絶えなかった...

アランに「ガスパール/君と過ごした季節(とき)/1990」「すべて彼女のために/2008」「君を想って海をゆく/2009」のヴァンサン・ランドン。
イヴェットに「トリコロール/青の愛/1993」のエレーヌ・ヴァンサン。
クレメンスに「フレンチなしあわせのみつけ方/2004」「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜/2007」「潜水服は蝶の夢を見る/2007」「危険なプロット/2012」のエマニュエル・セニエ。
監督、脚本は「愛されるために、ここにいる/2005」のステファヌ・ブリゼ。
a0051234_2022558.jpg
a0051234_2021578.jpg
a0051234_2021483.jpg

ステファヌ・ブリゼの「愛されるために、ここにいる」はとても素敵なヒューマン・ドラマだった。こちらは尊厳死を問う辛口ドラマ。
スイスで迎える母のラスト。“愛してるお母さん!”と母を抱きしめる息子の姿が胸を打つ。エンディングが始まりただただ呆然となった。

映画のwebに“愛する人の究極の選択をあなたはどう受け止めますか?”とある。
脳腫瘍に冒された母親が尊厳死を選ぶことを知った息子は動揺するが、それを選んだ母親と初めて向き合い心を通わせ始める重厚なヒューマン・ドラマは素晴らしかった。
ドラマの母親ほどの年ではないが、立場的には母親サイドなので、彼女のように尊厳死に挑めるかどうか自信がない。これは正に究極の選択である。
邦題はかなり単刀直入ながら、原タイトルは“春の数時間”…それは母と息子が過ごす数時間でとても意味深い。

息子は母親の着るエプロンのような洋服が滑稽に見え“そんな変な服を着るな!”と言ったり、“暇ならジグソー・パズル(母の最大の趣味)でもやっていろ!”なんて吐き捨てながら母親に殴り掛かろうとするのだ。信じられないけど“早く死ね!”なんてことまで言っていた。

48歳の息子が母親と暮らす心境って?反対に出所したばかりの48歳の息子と暮らす母親の心境って?一言で言い表せば互いに“ツライ!”意外の何ものでもない。
ドラマの中から二人の心境がひしひしと伝わってくる。

ヴァンサン・ランドンはお気に入りフランス人俳優の一人だが、、惨めでどうしようもない中年男を好演している。
母親役のエレーヌ・ヴァンサンについては良く知らないが、死を目の当たりにして、情けない息子が気がかりの母親を全身で表現していて素晴らしい。母親にとっては何歳になろうが息子(子供)は息子なのだから。

アランは毎日が母親との葛藤の中でボーリング場でシングルマザーのクレメンスと出会う。急接近する二人だが刑務所帰りのアランは自身のことを打ち明ける事が出来ない。とにかく情けないのだこの男は…。でもラストで二人の未来が見える展開に一安心した。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2013-12-28 23:34 | フランス | Trackback(7) | Comments(2)

「君を想って海をゆく」

「Welcome」2009 フランス
a0051234_2317039.jpg

シモンに「ガスパール/君と過ごした季節(とき)/1990」「すべて彼女のために/2008」のヴァンサン・ランドン。
ビラルにフィラ・エヴェルディ。
マリオンにオドレイ・ダナ。
ミナにデリヤ・エヴァルディ。
監督、脚本は「パリ空港の人々/1993」「マドモアゼル/2001」「灯台守の恋/2004」のフィリップ・リオレ。
a0051234_2317317.jpg
a0051234_23172076.jpg
a0051234_2317960.jpg
a0051234_2318189.jpg

17歳のクルド難民ビラルは、イラクから3ヶ月の間歩き続けようやくフランスの最北端カレにたどり着く。対岸の英国ロンドンへ渡るためトラックで密航を計るが失敗に終わり難民キャンプに収容される。一方でかつてたくさんの競技会でチャンピオンになった経験を持つシモンも今では市民プールのコーチを職業としている。彼は妻マリオンと離婚調停中であるが、出来ればヨリを戻したいと願っていた。
ある日、市民プールで泳いでいたビラルは、シモンにクロールの手ほどきをして欲しいと願い出る...

この映画はずっと楽しみにしていて、昨年公開されたものの行けなくて、今年に入ってから観に行った初フランス映画。期待どおりの素晴らしい作品!!だった。このような素晴らしい!!作品ながら有楽町のミニシアター、ヒューマントラストシネマ有楽町でしか公開していない。それも夕方1回のみ(2/4迄)。
テーマが、テーマだけに万人に好まれる映画ではないが観る人の心を揺さぶる感動作には間違いない。

シモンは偶然出会ったクルド人難民ビラルに救いの手を差し伸べる。始めは難民キャンプでボランティアをしている離婚寸前の妻マリアンの心をつなぎ止める手段で行動を起こすが、やがてどんどんエスカレートし、ビラルはまるで自分の息子のような存在になって行く。ある朝、シモンに内緒でドーヴァーを泳ぎ始めたビラルが行方不明になる。あせったシモンは湾岸警察に行方不明になったのは“自分の息子だ!”と通報する。全く違った世界、宗教の下に生まれ育った二人の間に、少々出来過ぎではあるが“父子の愛”を感じさせる展開は胸を打つ。
シモンが愛するマリオンに“ぼくは目の前の君を失おうとしているのに、彼は恋人に会いに海を渡ろうとしている。”という台詞はナイスだった。

イラクから徒歩で3ヶ月かかりフランスの最北端の地カレまで歩いて来たビラル。過去に観た「13才の夏に僕は生まれた/2005」「西のエデン/2008」でも難民問題が描かれていたが、陸続きのフランス、イタリアまではたどり着けても英仏間にあるドーヴァー海峡を渡らねばならない。英国に行こうとしたビラルの試練は大変なものだったに違いない。少々ネタばれするが…悲劇に終わってしまうこの作品は感動と共に悲哀も残る。
どうしてもロンドンに行くと言いはるビラルに、フランスで生活しても良いじゃないか?と諭すシモン。ドーヴァー海峡を渡るには10時間泳がねばならないという過酷な現実に果敢に挑むビラル。それって切羽詰まった人間だからこそ出来ることなんだと妙に納得した。とにかくビラルは恋するミナに会いたくてたまらなかったのだろう。フランスに留まれば彼の人生もまた変わっていたのにと考えずにはいられなかった。

「すべて彼女のために」では体当たりで妻を守る愛情深い夫ジュリアンを好演していたヴァンサン・ランドン。偏見者であった男が難民ビラルに出会い、彼を恋人に会わせるべく奔走するシモンを素敵に演じていてトレヴィアンだ。

密航者たちが多く集まる港町カレ。国境の地ということもあるが、英国に渡るフェリーとそれに乗船するトラックの多さに驚いた。
原タイトルの「Welcome」...フランスも英国も難民などちっともWelcomeじゃないのに、このタイトルはきわめて良い。
「君を想って海をゆく」という邦題は日本の映画会社が好みそうなタイトルではあるが、つまらなさ過ぎ。
[PR]
by margot2005 | 2011-01-30 23:32 | フランス | Trackback(6) | Comments(0)

「すべて彼女のために」

「Pour elle」 ...aka「Anything for Her」2008 フランス
a0051234_2375385.jpg

ジュリアンに「ガスパール/君と過ごした季節(とき)/1990」「女はみんな生きている/2001」「チャーリーとパパの飛行機/2005」のヴァンサン·ランドン。
リザに「戦場のアリア/2005」「敬愛なるベートーヴェン/2006」「マンデラの名もなき看守/2007」「ハンティング·パーティ/2009」「イングロリアス·バスターズ/2009」のダイアン·クルーガー。
オスカルにランスロ·ロッシュ。
作家アンリ·パスケに「あるいは裏切りという名の犬/2004」「裏切りの闇で眠れ/2006」のオリヴィエ·マルシャル。
ジュリアンの父親に「ぜんぶ、フィデルのせい/2006」のオリヴィエ·ペリエ。
監督、脚本にフレッド·カヴァイエ。
原案、共同脚本にギョーム·ルマン。
a0051234_2371713.jpg
a0051234_2373410.jpg

高校教師のジュリアンと編集者のリザは一人息子オスカルと共に平和で愛のある幸せな日々を過ごしていた。そんなある朝突然刑事がやって来てリザを逮捕する。それは上司殺害容疑だった。冤罪を訴えるリザとジュリアンだが、確固たる証拠は崩せずリザは20年の刑を言い渡され刑務所に収監される。やがて絶望から自殺を図ったリザ。彼女を見舞ったジュリアンはある決意をする...
a0051234_23713.jpg

予告編は観てないがサラッと映画解説を見ていてとても興味があった。公開されたら一番に観に行こうと初日に有楽町へ...
96分間手に汗握るハラハラドキドキで、二個隣の席のojisamaは終始前椅子を抱え込むように鑑賞されてたのが可笑しかった。マイベスト決まりの大満足フランス·サスペンス。
フランスのサスペンスってとっても大胆でスタイリッシュ。ポール·ハギスのハリウッド·リメイクにも期待したい。
妻がレンヌに移送されると知ったジュリアンは行動を起こし始める。金を得るため銀行を襲撃しようとするが、躊躇するあたりはやはり学校教師?しかしその後の彼の行動は凄まじい。
毎週刑務所を訪問するジュリアン親子。しかしオスカルは母親リザに口も聞かず触れられるのも拒絶する。ある日、彼女は夫に“オスカルはここが嫌なのよ。もう連れて来ないで!”と言い渡す。愛する幼い息子に無視されるリザは自身が置かれた立場より辛かったかも知れない。その時ジュリアンも又、オスカルを母親のいない子供にしたくないと誓う。
“すべて彼女のために“...自身の危険を顧みないであこまでする夫っているだろうか?ある意味リザって幸せな女性。
幾度かの脱獄に成功し今や作家となっているアンリ·パスケに脱獄の方法を教わるなんて良く思い付くと関心する。
終盤近く、父親との過去の確執も消えてしまったかのようなジュリアン親子の抱擁シーン。両親にはとてもじゃないが今生の別れとは言えない...しかし父親はそれを知り理解していた。あの場面には少々感動。
映画の主人公はジュリアン。演じるヴァンサン·ランドンは「ガスパール〜」や「チャーリー〜」での心優しい人物がマッチする俳優。この作品では彼女のために奔走する愛する夫を熱演。素敵なフランス俳優である。
「ホワイト・ライズ/2004」や「トロイ/2004」で始めてお目にかかったダイアン・クルーガーは顔が整い過ぎて魅力に欠ける女優だが、「イングロリアス·バスターズ」ではブラック・コメディが中々イケてた。こちらのリザ役も今までの美しいだけの女性ではない、冤罪に苦しむ母親役を好演している。
ストーリーにちょっと突っ込みを入れるとしたら、海外逃亡の後長期滞在ビザどうするんだろう?なんて単純な疑問が芽生えたが、インスリン問題もあるし...でも展開がとてもアグレッシブで見応えがあり許してしまった。フランス本国で大ヒットしたのも大いに頷ける。
ヒューマントラストシネマ有楽町にて
[PR]
by margot2005 | 2010-03-03 23:43 | フランス | Trackback(14) | Comments(4)

「ガスパール/君と過ごした季節(とき)」

「Gaspard et Robinson 」1990 フランス     
a0051234_1834467.jpg

フランス南東部に位置するローヌ県、ブーシェの海辺を舞台に描く、ほのぼのとしたハートフル・コメデイ。
ガスパールに「マリア・カラス 最後の恋/2005」のジェラール・ダルモン。
ロバンソンに「女はみんな生きている/2001」のヴァンサン・ランドン。
老婆にシュザンヌ・フロン。1918年生まれのフロンは既に亡くなっているが、ロジェ・ヴァディムが監督した「スエーデンの城/1962」や、アラン・ドロン映画「ブーメランのように/1976」「パリの灯は遠く/1976」、そして21世紀になってからは「戦場のアリア/2005」にも出演している。しかし何れの作品もフロンの記憶はなし...
監督、脚本はトニー・ガトリフ。
音楽はミシェル・ルグラン。

ある日、ブーシェの海辺でレストラン開業を夢見るロバンソン(ランドン)は、家族に捨てられた一人の老婆(フロン)と出会う。幼い頃母親に捨てられたロバンソンは哀れみ深い人間であった。連れ帰った老婆に出会った同居人のガスパール(ダルモン)は、“婆さんをすぐに追い出せ!”とロバンソンに迫る。が、やがて、3人同居の奇妙な生活が始まる。
3人の生活にも慣れたある日、ロバンソンは生活に困った子連れ未亡人に出会う。またまた哀れみに誘われた彼は未亡人に一目惚れしてしまうのだった...

こんなにハート・ウォーミングな映画をフランス人が作るって??ちょっと以外。
フランス人て自分の事しか考えていない自己中心人間のイメージがあるので...
「マリア・カラス 最後の恋」で、ちょっとミスキャスト気味のオナシスを演じたジェラール・ダルモン。コレでは妻に去られた哀れなフランス男を演じて似合っている。
ヴァンサン・ランドンも、少々脳天気気味の良い人を演じていてナイス!
でも何といっても婆ちゃんを演じたシュザンヌ・フロンがキュート。若い頃はきっと美しかったであろう。
ビーチにレコード・プレーヤー(過去の遺物)を持ち込んでダンシングのシーンはお洒落。
南フランスの海沿い(ローヌ川も流れている)のシーンがとても美しく、このハートフルな作品にとてもマッチしている。
1996年に公開されていて、現在DVDになっている。
[PR]
by margot2005 | 2008-02-10 18:39 | フランス | Trackback(1) | Comments(2)