タグ:ビル・ナイ ( 5 ) タグの人気記事

「パレードへようこそ」

「Pride」2014 UK/フランス
a0051234_1922401.jpg
a0051234_19222293.jpg
a0051234_19221415.jpg
a0051234_192272.jpg
a0051234_1922084.jpg

a0051234_1923398.jpg

1984年、サッチャー政権下の英国。時の石炭庁総裁は採算のとれない20ヵ所の炭坑の閉鎖を決定する。やがて炭鉱労働者はそれに抗議するためストライキに突入する。そんな中、特にウェールズの炭坑労働者は不況に苦しんでいた。ある日、TVニュースでそれを知ったロンドン在住のゲイの青年マークは彼らを支援しようと立ち上がる…

マークにベン・シュネッツァー。
ジョーに「ディファイアンス/2008」「サンシャイン/歌声が響く街/2013」のジョージ・マッケイ。
ジョナサンに300<スリーハンドレッド>「ジョン・カーター/2012」のドミニク・ウェスト。
ゲシンに「SHERLOCK(シャーロック)/2010~2014」「ジミー、野を駆ける伝説/2014」のアンドリュー・スコット。
マイクにジョセフ・ギルガン。
ステフにフェイ・マーセイ。
ジェフに「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船/2011」「パレーズ・エンド/2012」のフレディ・フォックス
クリフに「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~/2013」のビル・ナイ。
ヘフィーナに「ヴェラ・ドレイク/2004」「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「フリーダム・ライダーズ/2007」「家族の庭/2010」「マレフィセント/2014」のイメルダ・スタウントン。
ダイに「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男/2005」「ボーン・アルティメイタム/2007」「思秋期/2010(監督、脚本)」「ブリッツ/2011」「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!/2013」のパディ・コンシダイン。
シアンにジェシカ・ガニング。
監督は「背信の行方/1999」のマシュー・ウォーチャス。

ロンドンの街でゲイ関連本を扱う店を経営するゲシンと俳優であるパートナーのジョナサン。ゲシンの店にいつも集うのはゲイのマークとマイク、それにジェフとレズビアンのステフたち。彼らは仲間たちと炭坑労働者を救うためLGSM(Lesbians and Gays Support the Miners/炭坑夫支援レズ ビアン&ゲイ会)を立ち上げ募金活動を始める。パティシエをめざし料理学校に通う17歳のジョーは誘われるままパレードに参加した後、親に内緒でLGSMに仲間入りしていた。
集まった寄付金を全国炭坑労働組合に送ろうと連絡するもLGSMの説明をするやいなや反感から電話を切られてしまう。そうこうするうちマークは直接炭坑に連絡する事を思いつく。そしてウェールズの炭坑町ディライスが支援に対して“イエス!”と言ってくれたのだ。
やがてディライスの代表としてダイがロンドンにやって来る。ダイは“LGSM”とは何の略?と尋ねた所レズビアン/LesbiansのLだとわかり驚くが、偏見を持たない彼は初めて訪れたゲイクラブで熱く演説する。

寄付金のお礼にと招待され、マークたち一行はミニバスに乗ってウエールズを目指す。しかしウエールズに着いてやはり彼らははみ出しものだと痛感させられる。マークの電話を受けた役場の女性がLGSM(Lesbians and Gays Support the Miners)のLはLONDONのLだと思い込んでいたのだ。でもはるばるやって来た彼らを追い返すわけにはいかない。そこでダイはもちろんのこと役場のヘフィーナが接待役を勤めることになる。支援してくれたロンドンからの客人をもてなすため感謝のパーティが催される運びとなり、ヘフィーナが歓迎会の委員長となる。やがてダイとヘフィーナに続けとクリフも加わりパーティは幕を開ける。

ビル・ナイとパディ・コンシダインの出演に楽しみにしていた一作。しかしながら彼らは主演ではない。主演はゲイのマークと彼の周りのゲイ人間たち。ビル・ナイはウエールズの隠れゲイ役。イメルダ・スタウントンは硬派なドラマよりこういった陽気で賑やかなものが似合う。パディ・コンシダインも優しいキャラで良い感じ。
主演のマークに大抜擢されたベン・シュネッツァーは人を惹き付け華やかで魅力たっぷりの人物で、彼はブリティッシュではなくアメリカンながら素晴らしいキャスティング。

ウエールズの農村の景色が素晴らしく美しいのと80年代のMusicがこれまた素晴らしい。本作は実話に基づいている。ラストで、マークは26歳の若さでエイズで亡くなったと紹介される。しかしエイズに冒されていたジョナサンは65歳の今も元気だそう。
偏見にさらされ続けるゲイ人間たちのドラマの原タイトルが“Pride”というのがなんとも素晴らしい!

ゲイであることを知った母親に絶縁状を突きつけられたウエールズ出身のゲシンがラスト近くで母親と再会するシーンが素敵。母と息子の愛情は不滅だから…。逆に親に内緒でLGSM入ってしまったジョーは家を出てしまう。美形のジェフがウーエルズの少女たちにバービー人形のように扱われたり、ウエールズの主婦シアンがLGSMに激しく入れ込み彼らをサポートする様子が微笑ましくて、ヘフィーナたちおばさんパワーもスゴいし...見所はいっぱいのドラマのラストに感動する。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2015-04-12 23:44 | UK | Trackback(4) | Comments(0)

「トータル・リコール」

「TOTAL RECALL」2012 USA/カナダ
a0051234_22112448.jpg

ダグラス・クエイド(ハウザー)に「ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-/2010」のコリン・ファレル。
妻ローリーに「パール・ハーバー/2001」「アビエーター/2004」のケイト・ベッキンセール。
ハウザーの恋人メリーナに「幻影師アイゼンハイム/2006」「バレンタインデー/2010」のジェシカ・ビール。
国家元首コーヘイゲンに「リトル・ミス・サンシャイン/2006」「ドライヴ/2011」のブライアン・クランストン。
レジスタンスのリーダー マシアスに「Jの悲劇/2004」「ナイロビの蜂/2005」「あるスキャンダルの覚え書き/2006」「ワルキューレ/2008」「パイレーツ・ロック/2009」のビル・ナイ。
監督。製作総指揮に「アンダーワールド/2003」「ダイ・ハード4.0/2007」のレン・ワイズマン。
a0051234_22123090.jpg
a0051234_22121549.jpg
a0051234_2212032.jpg
a0051234_22115186.jpg
a0051234_22114152.jpg

近未来、大きな戦争によって荒廃してしまったブリテン連邦と、そのコロニー(植民地/オーストラリア)。生き延びた人類は富めるものと貧しいものの完全なるニ極化だった。ある日、貧者である工場労働者のクエイドは単調なる日々の暮らしに嫌気がさし、巷で評判の人工記憶にトライしてみようと街に出かける。そして“リコール社”に行き、憧れの“スパイ”を選択する。しかし彼が記憶を植え付けられようとした矢先、“リコール社”は突然ブリテン連邦のロボット警察隊の襲撃に遭う。何がなんだか分からないままクエイドは驚くべき身体能力で襲撃を交わす。依然全く自分の行動が理解出来ない彼は家に帰り、妻のローリーにことの顛末を話した途端、彼女の襲撃が始まる...

お気に入り俳優コリンが主演だったので観に行った次第。ポール・ヴァーホーヴェンが作った1990年のアーノルド・シュワルツェネッガー版は忘れているので今一度見てみたいと思う。シャロン・ストーンが出演していたことは覚えているが、役柄が思い出せず調べてみたら、やはりローリー役だった。そして舞台はアメリカの何処?だったのか?本作はビッグベン(エリザベス・タワー)が背景に出て来るブリテン連邦と、そのコロニー。でもCGを駆使した映像はスゴかったし、マサイアス役でビル・ナイの出演も嬉しい。

シアターでコリンの映画を観たのは「ロンドン・ブルーバード~」以来。wowowで「戦場カメラマン 真実の証明/2009」という未公開映画を放映していた。相当地味な作品で未公開も納得だ。コリンは「アレキサンダー/2004」や本作のようなハリウッド・マネーの大作も好きだけど、「ウディ・アレンの夢と犯罪/2007」や「ロンドン・ブルーバード-LAST BODYGURD-/2010」なんか好きだな。そして「フォーン・ブース/2002」や「リクルート/2003」のコリンもスゴく好き。

リドリー・スコット&ハリソン・フォードの「ブレード・ランナー/1982」を彷彿とさせる背景に目を奪われた。書かれた文字は漢字…過去でも、現代でも世界中に分布して居を構える中国人が未来も生き残るということか?まぁ人間が多いので確率は高いが…。

シアターで初めてお目にかかったケイト・ベッキンセールの映画は「パール・ハーバー」。それ一作でベッキンセールのイメージが出来上がったが、その後wowowで見た「ヴァン・ヘルシング/2004」とか「アンダーワールド/2003」での彼女とは全く別人だった。ジョン・キューザックと共演した「セレンディピティ/20001」はロマンス映画で、ヒロイン役はちょっと違和感あったが、物語はとても素敵。ベッキンセールは激しい女が似合う。本作の激しくて、おまけに悪い女はバッチリだ。
レン・ワイズマンは妻ばかり相手にして飽きないのか??

時にロボット警察隊はS.W.に登場する兵士(ハン・ソロやルークも着ていた)の白と黒のユニフォームとそっくり。
しかしながらrottentomatoesのトマト・メーターは手厳しい。1990年版の半分以下。やはりポール・ヴァーホーヴェンには敵わない?

丸の内ピカデリーにて
[PR]
by margot2005 | 2012-09-02 22:48 | USA | Trackback(8) | Comments(2)

「パイレーツ・ロック」

「The Boat That Rocked」2009 UK/ドイツ/USA/フランス
a0051234_0265368.jpg

ザ・カウント/伯爵に「カポーティ/2005」「M:i:III/2006」「その土曜日、7時58分/2007」「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー/2007」「ダウト 〜あるカトリック学校で〜/2008」のフィリップ・シーモア・ホフマン。
クエンティンに「Jの悲劇/2004」「ナイロビの蜂/2005」「あるスキャンダルの覚え書き/2006」「ワルキューレ/2008」のビル・ナイ。
カールに「華麗なる恋の舞台で/2004」のトム・スターリッジ。
ギャヴィンに「Jの悲劇」「エリザベス:ゴールデン・エイジ/2007」のリス・アイファンズ。
デイヴに「キンキー・ブーツ/2005」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!/2007」のニック・フロスト。
マークに「300/2007」のトム・ウィズダム。
大臣ドルマンディに「魔笛/2006 」「スルース/2008」「ワルキューレ」の ケネス・ブラナー。
ドルマンディの部下トゥワットに「クロコダイルの涙/1998」「リプリー/1999」「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマン・チェスト/2006」のジャック・ダヴェンポート。
カールのママ、シャーロットに「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「主人公は僕だった/2006」のエマ・トンプソン。
他に「007/慰めの報酬/2008」「ロックンローラ/2008」のジェマ・アータートンetc.UK俳優多数出演。
監督、脚本は「ラブ・アクチュアリー/2003」のリチャード・カーティス。

1966年、高校を退学になったカールは母親シャーロットの望みで、彼女の旧友であり、カールのゴッド・ファーザーであるクエンティンの元へ送られる。クエンティンは24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局“ラジオ・ロック”のオーナーで、船は英国の法律が及ばない北海に浮かんでいる。問題を起こしたカールの更正のため送り込んだ場所だったが、そこには不道徳極まりないDJたちが多数存在。次第にカールは彼らに洗脳されて行く。一方で大臣ドルマンディは海賊ラジオ局“ラジオ・ロック”を取り締まるため立ち上がる...
a0051234_02635100.jpg

a0051234_02713100.jpg

世界中でブリティッシュ・ロックが人気を得ていた1966年。当時民放ラジオが存在しなかった英国では国営放送であるBBCがポップ・ミュージックを流す時間を制限していた。それも一日たった45分。全く知らなかった。このような現実があったなんてスゴい驚き。その頃日本のラジオ局の方が断然進んでいた模様。
アメリカからやって来たDJザ・カウントと、アメリカから戻って来た人気DJギャヴィンを中心に135分ブリティッシュ・ポップス(アメリカン・ポップスもあり)流れまくりで、長い上映時間にも関わらずあっと言う間の2時間15分だった。

登場するDJが多いので、最初彼らの名前と顔がごっちゃになって困った。まぁ別段顔と名前が一致しなくとも観ていて困りはしなかったが...。
イケメンDJマークは常にモテモテなのは理解出来るが、なぜか?女性にもてるデブのデイヴが摩訶不思議。
自由奔放に生きて来た雰囲気のカールのママが乗船して来たり、誰だか分らなかったカールの実の父親は×××だったとか...騒動も織り交ぜて実に楽しく、可笑しく描いている。
ビル・ナイは60年代のファッションもバッチリ似合って、この方ホント素敵なUK俳優で大好き!
大臣ドルマンディ&トゥワット コンビがコレまた良いのだ。ジャック・ダヴェンポートのコメディぽい役は初めて観た気がするが、結構イケてる。

ブリティッシュ・サウンド大好き人間にはたまらない映画だった。60年代のサウンドは古いけど今聞いてもナイス!
予告は何度か観ていたが、ビル・ナイとP.S.ホフマン以外、誰が出演しているのかあまり気にしてなかったので、ビル・ナイは勿論の事、リス・アイファンズ、トム・ウィズダム、そしてジャック・ダヴェンポートとお気に入りUK俳優が出演しているのに嬉しい悲鳴。
エマ・トンプソンと、絡みはないが、彼女の元夫ケネス・ブラナーがそれぞれの役柄実にgood。

“When I said, I needed you You said you would always stay It wasn't me who changed, but you And know you've gone away〜♪”で始まるダスティ・スプリングフィールドの名曲“You Don't Have To Say You Love Me/この胸のときめきを”はホント名曲。DJが最高の白人ソウル・シンガーって言っていたけどその通り。
サウンド・トラックが欲しい!
平日の夜のシアターは若い人〜中高年まで結構入っていた。
日比谷 みゆき座にて
[PR]
by margot2005 | 2009-11-09 00:40 | UK | Trackback(21) | Comments(4)

「ワルキューレ」

「Valkyrie」...aka「Operation Walküre - Das Stauffenberg-Attentat」 2008 USA/ドイツ
a0051234_22221737.jpg

シュタウフェンベルク大佐に「M:i:III/2006」「大いなる陰謀/2007」のトム・クルーズ。
オルブリヒト将軍に「Jの悲劇/2004」「ナイロビの蜂/2005」「あるスキャンダルの覚え書き/2006」のビル・ナイ。
フロム将軍に「理想の女/2004」「フィクサー/2001」「ロックンローラ/2008」のトム・ウイルキンソン。
オットー・エルンスト・レーマー少佐に「ヒトラー 〜最期の12日間〜/2004」「ウォンテッド/2008」のトーマス・グレッチェン。
ルートヴィヒ・ベックに「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール/2001」「ウオンテッド」「ゲットスマート/2008」のテレンス・スタンプ。
ヘニング・フォン・トレスコウ少将に「スルース/2007」のケネス・ブラナー。
メルツ・フォン・クヴィルンハイム大佐に「ヒトラー 〜最期の12日間〜」「フライト・プラン/2005」「ブラックブック/2006」のクリスチャン・ベルケル。
シュタウフェンベルク大佐の妻ニーナに「ブラックブック/2006」のカリス・ファン・ハウテン。
アドルフ・ヒトラーに「ミス・ポター/2006」のデヴィッド・バンバー。
製作、監督は「ユージュアル・サスペクツ/1995」「スーパーマン・リターンズ/2006」のブライアン・シンガー。

第二次世界大戦下のドイツ。アフリカ戦線でシュタウフェンベルク大佐は左目を失うという重傷を負いながらドイツに戻る。祖国を愛する彼もヒトラーの独裁政権に反感を抱いている一人だった。彼は同志を集め綿密な計画を練りヒトラー暗殺を企てようとする...
a0051234_2224345.jpg

世界を又にかけるビジネスマンみたいでトム・クルーズはどうも苦手。しかし、ナイスなUK&ドイツ人俳優が多々出演しているので観に行った次第。
何度もヒトラー暗殺を企てた事実は知っていたが、“ワルキューレ作戦”について詳しくは知らなかった。
実際、40数回ヒトラー暗殺が企てられたそうだが、一度も成功しなかったのは、ヒトラーの護衛(今ならシークレット・サービス)に関しては確固たるものがあったのだろう。
ビル・ナイ、トム・ウイルキンソン、トーマス・クレッチマン、テレンス・スタンプ、クリスチャン・ベルケル、ケネス・ブラナー、とそうそうたる顔ぶれで、彼らの出演には見応えがある。
ビル・ナイとトム・ウイルキンソンはお気に入りの英国俳優。ケネス・ブラナーの出番がちょっと少なくて寂しかった。
とにかく、トム・クルーズにドイツ人は無理!軍服も似合わないし...トーマス・クレッチマンの軍服姿にはホレボレする。同じくドイツ人のクリスチャン・ベルケルも“ヒトラー&ナチス”映画できらりと光る素晴らしい俳優。
やはりドイツの歴史はドイツ製作が良いなぁと切に感じる。ドイツ製作のTVドラマ「オペレーション・ワルキューレ(Stauffenberg)/2004」が俄然観たくなった。
ワーナー・マイカルにて...
[PR]
by margot2005 | 2009-04-07 23:49 | USA | Trackback(8) | Comments(6)

「Jの悲劇」

a0051234_0415785.jpg「Enduring Love」2004 UK

原作“愛の続き”はブッカー賞作家イアン・マーキュアンの世界的ベストセラー小説。
監督は「ノッテイング・ヒルの恋人/1999」のロジャー・ミッチェル。脚本はジョー・ペンホール。
“悲劇のJ”を演じる二人...ジョー役はnewジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグ「ロード・トゥ・パーデッション/2002、シルヴィア/2003」、もう一人のJ・ジェッド役は、やはり「ノッテイング・ヒルの恋人」で印象深いリス・エヴァンス。
ジョーの恋人役クレアにサマンサ・モートン「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと/2002」。他に「ラヴ・アクチュアリー/2003」でoyajiシンガー ビルを演じたビル・ナイがジョーの友人ロビン役で出演している。

クレイグは「シルヴィア」の時素敵だなと思った。その前の「ロード・トゥ・パーディション」ではポール・ニューマン演じるやくざの親分の情けないおぼっちゃま役で悲惨だった。
毎度のことだが、特にサスペンスものなので、公式サイトは観なかったが、あのような展開には!!!??であった!!栄えあるブッカー賞(日本の芥川賞のようなものか?)受賞作品とのことだが、心理描写の多いストーリーなので、本で読んだ方が良いかなと感じた。いつものことだが、羊が散歩しているUKの長閑な田園景色が美しい!

恋人クレア(モートン)と素敵な午後を過ごそうと、ロンドンからオックスフォード郊外にやって来た大学教授のジョー(クレイグ)。ジョーとクレアが乾杯しようとシャンペンのボトルを開けようとした、まさにその時、気球が静かな草原に落下してきたのである。その気球には一人の少年が乗っていた。彼は恐怖で気球から飛び降りることが出来ない。少年の乗った気球のバスケットを押さえ込もうとジョーは走った。他にも近くにいた3人の男たちが急いで走り、彼らがバスケットを押さえた瞬間突風が吹き、気球は天へと上昇して行ったのである。バスケットにぶら下がった男たちは上へ上へと...。しかし力尽きた男たちはバスケットから手を離し、自ら草地へと飛び降りた。しかし気がつくとロープに捕まったままの男が一人空高く舞い上がって行くのが見えた。もうどうにもならない、ただ見ているだけの男たち...そして力尽きた気球の男は、ジョー、クレアたちが見守る中落下して行ったのである。

友人ロビン(ナイ)の家で夕食を共にしたジョーとクレア。ジョーはロビンと妻のレイチェル(スーザン・リンチ)に、このとんでもない悲劇について語り、精神的に辛い思いをしていると告白する。気球はその後無事着陸し、少年は無事であった。
ある日男から電話が入る。彼の名前はジェッド(エヴァンス)。オックスフォードの田舎で一緒に気球を助けようとした彼である。ここからが原題の“愛の続き”が始まるのだが、ネタばればれになってしまうので書くのはよそう。

始めにも書いたが、映画のタイトル(原題)も熟知しないで観にいったので、タイトルが出た時に??どういうことになるんだろうストーリーは?と思った。
食事のシーンが多くって、特にクレイグさん、何度も食べるの大変だろうなと思うが、これが実に美味しく食べている。あれも演技なのだ...と関心した。
new007(下写真)のクレイグはナイス・バディである。それで選ばれたのかな?とも思ってしまったが、素敵なボンドになるのではないかと思う。サマンサ・モートンちょっと太ったのかな?いやかなりかも。リス・エヴァンスってストーカーっぽい変な役似合い過ぎなんだが...。ロビン役のビル・ナイが暗くなるストーリーのなかで、あのひょうきんな...良い味出してるこの方!原作読んでみたくなる一作である。
a0051234_219495.jpg

a0051234_043972.jpg

a0051234_21102919.jpg

[PR]
by margot2005 | 2005-11-23 22:52 | UK | Trackback(12) | Comments(13)