タグ:パトリシア・クラークソン ( 4 ) タグの人気記事

「ザ・イースト 」

「The East」2013 USA/UK
a0051234_2335341.jpg

脚本、製作、出演(サラ/ジェーン)に「アナザー プラネット/2011」「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け/2012のブリット・マーリング。
ベンジーに「メランコリア/2011」のアレキサンダー・スカルスガルド。
イジーに「JUNO/ジュノ」2007」「ローラーガールズ・ダイアリー/2009」「ローマでアモーレ/2012」のエレン・ペイジ。
ドクに「ロックンローラ/2008」「わたしの可愛い人-シェリ/2009」「悪の法則/2013」のトビー・ケベル。
ルカに「赤ずきん/2011」のシャイロー・フェルナンデス。
サムにオルディス・ホッジ。
サラの上司シャロンに「あぁ、結婚生活/2007」「ラースと、その彼女/2007」「幸せのレシピ/2007」「エレジー/2008」「それでも恋するバルセロナ/2008」「人生万歳!/2009」「ワン・デイ 23年のラブストーリー/2013」のパトリシア・クラークソン。
サラの恋人ティムに「ブッシュ/2008」のジェイソン・リッター。
製薬会社の副社長ペイジ・ウイリアムスに「チェ 28歳の革命/2008」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生/2008」「サベイランス/2008」のジュリア・オーモンド。
監督、脚本は「Sound of My Voice/2011」のザル・バトマングリッジ。

ドラマのオープニング、海に流れ込んだ原油にもがき苦しむ水鳥の映像が流れる…石油会社社長の自宅にタールをばらまき塗り付け、“環境汚染した罪に制裁する!さらに他の他企業もターゲットにしている!”という声明文を出したのは“イースト”と名乗る秘密組織。
元FBIエージェントのジェーンは大企業をクライアントに持つセキュリ ティ会社に雇われる。ある日、環境テロリスト集団“イースト”への潜入捜査を命じられ、サラと名前を変え、恋人ティムにはドヴァイに行くと偽り正体不明の環境テロ集団に潜り込ことに成功する。

両親を亡くし、巨額の富を相続したベンジーは親類からの媚びに嫌気がさし広大なる森にある屋敷を焼きはらって“イースト”の住処としている。
イジーの父親は会社の儲けのためには汚染された水を垂れ流すことさえいとわない企業の経営者。
ドクは実の妹を薬の副作用で亡くしている。

大企業を襲うテロから企業を守る会社があるってとてもアメリカらしい。“イースト”のリーダーを演じるアレキサンダー・スカルスガルド。彼のひげ面(後に長いひげはなくなる)はまるでイエス・キリストのよう。

サラの恋人ティムが“君は何を考えているのかわからない。”と別れを告白する。サラは“ドヴァイへは行かなかったの。”と答える。しかし上司シャロンの命令で再び“イースト”へ潜り込んだサラ。恨みを晴らすためテロを起こしてはいけない。そしてそれを阻止するため潜り込んだサラだったが…ラストのサラの決断は...あのラストには考えさせられた。

なぜか?シアターで本作の予告は見ていない。何度も予告を見た日比谷のTOHOシネマズ・シャンテで「メージーの瞳」を観るつもりが上映時間に間にあわずこちらにした。
スウェーデン出身のアレキサンダー・スカルスガルドの映画が同時に公開されているなんてとても珍しいこと。初日の最終回、シアターの席もうまっていて、かなり興味深く引き込まれる展開のドラマで見応えあり。

「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け」で主人公を演じるリチャード・ギアの娘役で初めてお目にかかったブリット・マーリングは脚本家であり、プロデューサー、監督もこなす才女らしい。おまけに美くしい。本作の役柄も元FBIエージェントという才女役が似合う。

ザル・バトマングリ作品は初めて観たが、とても斬新でスタイリッシュで素晴らしい。未公開ばかりだが過去の他の作品が見てみたい。

TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2014-02-02 23:50 | USA | Trackback(11) | Comments(0)

「エレジー」

「Elegy」2008 USA

イザベル・コイシェが奏でる、ベン・キングズレー&ペネロペ・クルスによる“男と女の愛の物語”。
a0051234_221618.jpg

コンスエラ・カスティーリョに「ノエル/2004」「ボルベール/帰郷/2006」「恋愛上手になるために/2007」のペネロペ・クルス。
デヴィッド・ケペシュに「ガンジー/1982」「シンドラーのリスト/1993」「砂と霧の家/2003」のベン・キングズレー。
キャロラインに「あぁ、結婚生活/2007」「幸せのレシピ/2007」のパトリシア・クラークソン。
ジョージに「イージー・ライダー/1969」「ハートに火をつけて/1989」のデニス・ホッパー。
デヴィッドの息子ケニーに「ニュースの天才/2003」「フライト・プラン/2005」のピーター・サースガード。
監督は「死ぬまでにしたい10のこと/2003」「パリ、ジュテーム/2006」のイザベル・コイシェ。
原作はフィリップ・ロスの“The Dying Animal”。

デヴィッド・ケペシュはTVやラジオに出演する名の知れた大学教授。老人の域に達する彼だが、かつての教え子キャロラインを愛人に持ちsexを謳歌する日々。ある日、彼の授業に現れたラティン美人に目を奪われるデヴィッド。彼女はスペイン系キューバ移民である富豪の娘コンスエラ・カスティーリョ。言葉巧みに30歳も年下のコンスエラを誘い出すデヴィッド。やがてデヴィッドは完璧に美しい肉体を持つコンスエラに夢中になって行く...
a0051234_22162028.jpg
a0051234_22165869.jpg

シンプル、かつ下品に表現すれば、30才も若い、美しい娘の肉欲に溺れたエロ大学教授の恋物語。
しかし原作はアンソニー・ホプキンス主演の「ヒューマン・ステイン(白いカラス)/2003」を書いたピュリッツァー賞作家フィリップ・ロス。陳腐なストーリーであるワケがない。
劇中、デヴィッドの親友で詩人のジョージを、ピュリッツァー賞作家という設定で登場させているのは原作者の意図なのだろうか?
女性監督が描いたラヴ・ストーリーならではのメイク・ラヴのシーン...ベートーヴェンやバッハのピアノ曲が流れ、オペラもバックに使われている。ひたすら美しく、美しく描いている。
そして、何度か登場する恋人たちの海のシーンが哀しくも美しくて印象に残る。
「ガンジー」でオスカーをゲットしたベン・キングズレーって苦手な俳優だけど、名作に多々出演しているので、彼の映画はいっぱい観ている。例によって予告を何度も、何度も観て、なんとなく観たいなぁと思いシアターに行ってしまった。やはりシアターにはペネロペ映画には欠かせないojisamaたちがいた。
デヴィッドが“着衣のマハ”の絵をコンスエラに見せ“君に似ている”と言うシーンがある。ペネロペは映画「裸のマハ/1999」でも絵のモデルではなかったかな?
“裸のマハ”ポーズのトップレスのペネロペは同性から見てもとても、とても美しい!
恋愛=sexを信条に生きて来たデヴィッドはsex相手の女に嫉妬することなどなかった。しかし若いコンスエラに嫉妬心を燃やし、若い男と会ってないかと妄想する。それには老いた男の哀れさがにじみ出ていて悲しい。
パトリシア・クラークソン演じる、愛人のキャロライン。互いに干渉しないでsexだけで繋がっている間柄。しかしキャロラインも又、部屋に自分以外の女がいた証拠を見つけデヴィッドに詰め寄る。仕事に成功し、自由に生きている中年女性のキャロラインも又デヴィッドの影の女の存在に嫉妬している。
人間って“老い”を感じると、現在進行形のものが“最後の恋”と思い嫉妬深くなるのかも知れない。
シアターで観るのは、キアヌーの「スピード/1994」の爆弾男以来か?デニス・ホッパーが懐かしかった。
“老いて朽ちていく男と、病に冒されていく女...”予告で何度も語られたこのフレーズ。感情は肉欲に勝るラストが素敵。
日比谷シャンテ・シネにて...
a0051234_22171825.jpg
a0051234_22182312.jpg

[PR]
by margot2005 | 2009-01-27 22:44 | MINI THEATER | Trackback(14) | Comments(2)

「ラースと、その彼女」

「Lars and the Real Girl」 2007 USA

リアルドールにマジで恋をした青年と、彼を取り巻く人々の姿を描いたヒューマン・ドラマ。
a0051234_0505474.jpg

ラースに「きみに読む物語/2004」のライアン・ゴズリング。
ラースの兄ガスに「幸せのポートレート/2005」「ジェシー・ジェームズの暗殺/2007」の ポール・シュナイダー。
ガスの妻カリンに「マッチポイント/2005」のエミリー・モーティマー。
ダグマー・バーマン医師に「あぁ、結婚生活/2007」「幸せのレシピ/2007」のパトリシア・クラークソン。
監督はクレイグ・ギレスピー。

雪に埋もれた小さな田舎町。そこに暮らすラースは真面目で純粋で病的にシャイ。女の子に声をかけることすら出来ないそんなラースがとても気がかりな兄夫婦。
しかし、ある日彼は兄夫婦の家を訪ね、ガールフレンドを紹介したいと言い出す。やがて、喜ぶ兄夫婦の前に現れたのはビアンカと言う名のリアルドールだった...
a0051234_0511157.jpg

舞台となった田舎町の住人が全員善人という、最近のアメリカ(ハリウッド)映画では考えられない設定。この舞台が例えばN.Y.とかL.A.だったら、ラースは絶対“Freak(フリーク)!”とか言われちゃって変人扱いされそうだけど、そうではなくって...
予告を観た際、リアルドールのビアンカとどのような展開になるのだろうと?興味深かった。
池袋で観たせいもあるけど、シアター男性が多く、リアルドールに変に?期待した方が多かったのかも知れない。
「きみに読む物語」でとても素敵だったライアン・ゴズリング。彼が出演している、サンドラ・ブロックの「完全犯罪クラブ/2002」や、ユアン・マクレガーの「ステイ/2005」も観ているが、どうも彼の記憶が薄い。この作品でこれから彼の記憶は決して飛ばないだろうと思う。マジでリアルドールに恋する青年役を嫌み抜きで演じている。この役って演じる人によって随分と印象が変わるだろうなと思わずにいられない。
ダグマー・バーマン医師を演じたパトリシア・クラークソン。彼女はどんな役でも、いつもながらの素晴らしい存在感。この方ハリウッドの名脇役女優で大好きである。
相反してUK女優のエミリー・モーティマー。「Dear フランキー/2004」も「マッチ・ポイント」でも同じ彼女。違う役を演じても全く同じに見える。
心温まる一作と言いたいところだけど、私的にはそれほどでもなかったかな?
シネリーブル池袋にて...
[PR]
by margot2005 | 2009-01-12 01:06 | MINI THEATER | Trackback(7) | Comments(0)

試写会にて...「幸せのレシピ」

a0051234_0284657.jpg「No Reservations」2007 USA/オーストラリア
主演の女シェフ ケイトに「ターミナル/ 2004」のキャサリーン・ゼダ・ジョーンズ。ケイトの厨房に副シェフとして現れる ニックに「カンバセーションズ/2005」 のアーロン・エッカート。 ケイトの姪ゾーイに「リトル・ミス・サンシャイン/2006」 のアビゲイル・プレスリン。
レストランの経営者ポーラにパトリシア・クラークソン。クラークソンはハリウッド映画に多々出演しているおなじみ女優。最近ではジョージ・クルーニーの「グッドナイト&グッドラック/2005」でお目にかかっている。
a0051234_029784.jpg

監督は「シャイン/1995」で主演のジェフリー・ラッシュにオスカーをもたらしたオーストラリア人スコット・ヒックス。脚本はカロル・フックス。
ドイツ映画「マーサの幸せレシピ/2001」のリメイクだが、かなり忠実にリメイクされている。オープニング、シェフ ケイトが語るシーンから始まり、個人的には、精神分析に通う日々。やがて交通事故で母を亡くした姪を引き取る事になる。
仕事場ではやり手の女経営者に振り回され、厨房には臨月の料理人がいる。
ちょっとしたシーン...考える時は冷蔵庫に籠るとか、階下の隣人とのやり取りとか忠実にリメイクされている。
大きく違うのはケイト&ニックの関係。
ドイツ版の二人はマーサ&マリオ...二人の関係をドイツ版ではさらっと描いているが、ハリウッド版では情熱的な関係のアメリカ映画となっている。
ドイツ版舞台はハンブルグの港町。一方、ハリウッド版ではN.Y.のマンハッタン。
a0051234_0292582.jpg

仕事一筋の女シェフ ケイトはマンハッタンのフレンチ・レストランで働いている。家にいてもメニューの事しか頭になくキッチンに立っては試作料理を作っている。朝は4:30に目覚ましがなり、起きた早々魚市場へと向かう。
そんなケイト(ジョーンズ)は自身のセラピストにまで試作料理を食べさせる始末。
シングルで人間関係が苦手なケイトが、私生活では、ある日突然姪っ子ゾーイ(プレスリン)を引き取るはめになる。そして仕事場では突然彼女の厨房にイタリアかぶれの新しい料理人ニック(エッカート)が現れる...
a0051234_0294199.jpg

私的にはこのハリウッド版の方が好きである。
ここの所主人公が料理人という映画を3本続けて観た。偶然のなせる技だが...この作品は公開されたら観たいなぁ!と思っていた所、試写会に応募し、なんか最近当選するのよね試写会?なぜに?状態?で観に行くことが出来た。
主演のキャサリーンもアーロンもお気に入り俳優という事もあって素敵に感じた作品だが、キャサリーンはホント素敵にシェフを演じておりました。ニック役のアーロンはちょっと添え物って感じ...まぁ仕方がないコレはキャサリーン・ゼダ・ジョーンズの映画だから...
9/29〜シアターで公開予定。
有楽町朝日ホールにて...
トレーラー
[PR]
by margot2005 | 2007-09-13 00:55 | USA | Trackback(38) | Comments(6)