タグ:ジェフリー・ラッシュ ( 4 ) タグの人気記事

「ジャコメッティ 最後の肖像」

Final Portrait2017 UK

a0051234_22201974.jpg

1964年のパリ。アメリカ人作家ジェイムズ・ロードは美術評論家でもある。ある日、友人のアルベルト・ジャコメッティから”肖像画(下写真)のモデルになってくれないか?”と頼まれる。やがてロードはジャコメッティの”1日で終わるから~”という言葉を信じてアトリエに…


しかしながらロードのモデルは1日で終わらなかった。帰国する予定だった彼はそれを延期して肖像画のモデルを務めたのだ。

アトリエにはジャコメッティの愛人カロリーヌが突然やって来て作品作りが中断したり、気がのらないと描くのをやめて散歩に出かけたりする。結局作品が完成するのに18日が費やされた。


ジャコメッティは肖像画が完成しかけると白い絵の具でキャンバスを塗りつぶしまた一から描き始めるのだ。同じことが何度も何度も繰り返されロードは困惑してしまう。

ある時、ロードはアトリエに出入りするジャコメッティの弟ディエゴに”いつまでたっても肖像画が完成しないで困っている”と相談。そして兄をよく知るディエゴのアドバイスに従った所、画家はキャンバスを塗りつぶさないで筆を置きとうとう肖像画が完成する。


アルベルト・ジャコメッティについては良く知らないが20世紀を代表する芸術家の一人で、ドラマの中でピカソと交友があったことなどさりげなく語られている。

主演のジェフリー・ラッシュが本人(下二番目写真)に似ている。

気まぐれな天才画家と、生真面目そうな作家が対照的で面白い。それぞれのキャスティングも素晴らしい。

舞台はパリながらロケのシーンは全て英国ロンドン。

a0051234_22201114.jpg
a0051234_22195903.jpg

アルベルト・ジャコメッティに「キング・オブ・エジプト/2016」のジェフリー・ラッシュ。

ジェイムズ・ロードに「ノクターナル・アニマルズ/2016」のアーミー・ハマー。

ディエゴ・ジャコメッティに「1408号室/2007」トニー・シャルーブ。

アネットに「黄色い星の子供たち/2010」のシルヴィー・テステュー。

カロリーヌに「127時間/2010」のクレマンス・ポエジー。

監督、脚本は「美女と野獣/2017」のスタンリー・トゥッチ。


TOHOシネマズシャンテにて



[PR]
by margot2005 | 2018-01-21 22:46 | UK | Trackback | Comments(4)

「鑑定士と顔のない依頼人」

「La migliore offerta」…aka「The Best Offer」2013 イタリア
a0051234_082757.jpg

ヴァージル・オールドマンに「シャイン/1995」「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマン・チェスト/2006」「エリザベス:ゴールデン・エイジ/2007」「英国王のスピーチ/2010」のジェフリー・ラッシュ。
ロバートに「ワン・デイ 23年のラブストーリー/2011」のジム・スタージェス。
クレアにシルヴィア・フークス。
ビリーに「針の目/1981」「プライドと偏見/2005」「ハンガー・ゲーム/2012」のドナルド・サザーランド。
監督、脚本は「題名のない子守唄/2006」「シチリア!シチリア!/2009」のジュゼッペ・トルナトーレ。
a0051234_093872.jpg
a0051234_09313.jpg
a0051234_092060.jpg
a0051234_091095.jpg


ある日、天才的鑑定士ヴァージル・オールドマンの元へ、亡くなった両親の屋敷に残された絵画や家具を鑑定して欲しいという依頼が入る、しかし依頼人の女性は決してヴァージルに前に姿を現さなかった...

ジュゼッペ・トルナトーレの前作「シチリア!シチリア!」は日本人にとって少々とりつきにくい映画だったが、本作は「ニュー・シネマ・パラダイス/1986」同様素晴らしいストーリーで、ドラマを多いに楽しんだ。
あっと驚く!ラストの展開もナイス。してやられたヴァージル…大ラス、チェコ、プラハのレストランでヴァージルの元へクレアは現れたのだろうか?時計だらけのあのレストランはスゴかった。

ロマンスにも分類されている本作...クレアを愛し、愛されていると思った孤独な主人公のヴァージルを演じるジェフリー・ラッシュが完璧。あの役柄は他に思い浮かばない。
特にオークションのシーンは最高。ヴァージルは競売人として壇上に立ち競りを始める。競り落とす人々が掲げる金額を舌をかみそうな早口(日本語に比べて英語の数字の綴りは長いし...)で次から次へと言い放つシーンは圧巻。さすがのオスカー俳優ジェフリー・ラッシュならではの演技は素晴らしい!の一言。

オークションに持ち込まれる絵画もそうだが、とにかく秘密の部屋に飾られた肖像画がもうもうスゴい!ヴァージルが心から愛する肖像画...その部屋に入ると肖像画たちが彼を見つめることになる。孤独なヴァージルはそれらを見つめ、見つめられ癒されていたんだろうなきっと(あまりにも寂し過ぎるけど...)。
そういやエンドクレジットに蒼々たる絵画の巨匠たちの名前が羅列されているのに目が点だった。

舞台はイタリアの何処かの設定(ロケ地はもちろんイタリア)。
世界中を飛び回る天才的鑑定士ヴァージルは潔癖性で食事の時すら手袋を外さない。行きつけのレストランには彼の名前を冠したグラスと皿が保管されている有様。で、当然人との付き合いは苦手なわけ。ヴァージルが出会ったクレアは“広場恐怖症”という精神疾患で部屋に閉じこもったまま出て来れない。二人は共にアブノーマルな人間であり、結ばれる運命にあるのは自然だったかも知れない。親子ほどの年齢差は気になったが...。

映画を観た後、ヴァージルを陥れるにはあの辺りの設定が不可欠だったことがわかった。
配給会社の宣伝にこうある…“もう一度見ると味わい一変”と…その誘いにのってシアターに行くかも知れない。
しかしながら、肖像画もスゴかったけど、クローゼットに並べられた手袋もスゴかったな。

何度も、何度も予告を見て、なぜ?依頼人は姿を隠しているのか?と、スゴく不思議だったけど、このような結末になるなんて全く想像もしなかったのであのラストにはしびれた。

クレアを演じるシルヴィア・フークスは初めてお目にかかったオランダ人女優。ミステリアスなクレアが似合っている。
ロバート役のジム・スタージェスも良かったし、ドナルド・サザーランドは相変わらずの貫禄。

TOHOシネマズシャンテにて(12月鑑賞)
[PR]
by margot2005 | 2014-01-08 00:35 | イタリア | Trackback(22) | Comments(6)

「英国王のスピーチ」

「The King's Speech」 2010 UK/オーストラリア/USA
a0051234_22192847.jpg

ジョージ6世に「シングルマン/2009」のコリン・ファース。
ライオネル・ローグに「ミュンヘン/2005」「キャンディ/2006」「エリザベス:ゴールデン・エイジ/2007」のジェフリー・ラッシュ。
エリザベスに「ファイト・クラブ/1999」「カンバセイションズ/2005」のヘレナ・ボナム・カーター。
エドワード8世に「L.A.コンフィデンシャル/1997」「ハート・ロッカー/2008」「ザ・ロード/2009」のガイ・ピアース。
ウィンストン・チャーチルに「美しき家、わたしのイタリア/2003」「魔法にかけられて/2007」のティモシー・スポール。
大司教コスモ・ラングに「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」のデレク・ジャコビ。
ローグ夫人に 「抱擁/2002」「高慢と偏見/1995」のジェニファー・イーリー。
ジョージ5世に「華麗なる恋の舞台で/2004」「グッド・シェパード/2006」「恋愛上手になるために/2007」のマイケル・ガンボン。
監督に「エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~/2005」のトム・フーバー。
a0051234_22193759.jpg

幼い頃から吃音というコンプレックスに悩まされてきたジョージ。彼は父ジョージ5世に命じられ様々な式典でスピーチをするが、どれもこれも悲惨なものに終わる。妻エリザベスはなんとか夫を救おうと、ロンドンの街中に住むスピーチ矯正の専門家ライオネルを訪ねる…

コリン・ファースがアカデミー主演男優賞をゲットした。授賞式の中継をwowowで見た際、オスカー像を手にしたコリンが“嬉しくてダンスを踊りそう!”と言い、ホントに踊りだすのか?なんて思ったけど…そうはならず残念だった。

英国の人々も良く知らなかったというジョージ6世の逸話。私的にジョージ6世の存在とは現エリザベス二世の父親だったことくらい。逆に”王冠をかけた恋”で有名な兄エドワードの方が知っているし、ジョージの妻で、101歳まで生きたエリザベス皇太后も知っている。なぜジョージ6世を良く知らないのかと思ったら、1952年に56歳で亡くなっていた。しかしジョージ6世は英国では人気のあった国王だそうだ。
ジョージ5世の次男ジョージ。彼には長男エドワードがいるため次期国王になる予定は全くなかった。しかしエドワードが王位を捨て民間人と結婚してしまい、ひょんなことから王位を継がねばならない境遇に陥ってしまう。その時のプレッシャーて相当なのものだったに違いない。ましてや人前で話すのが苦手な彼だったのだから。

後に国王ジョージ6世となるヨーク公ジョージ。吃音を直すため様々な治療を試みるが、どれも上手く行かない。お手上げ状態の頃、妻エリザベスはスピーチ矯正の専門家でオーストラリア人のライオネルの家を訪ねる。平民のライオネルはジョージを愛称(バーディ)で呼び“私たちは平等だ”と宣言し、タバコを吸おうとするバーディに“喫煙はやめなさい”と注意する。無遠慮な態度を取るライオネルに怒りを覚えるバーディだが、次第に彼のペースに乗せられて行く。ラスト、ライオネルが見守る前でラジオでの“英国王のスピーチ”はちょっとした感動を呼ぶ。
エンドクレジットにジョージとライオネルの親交は互いが亡くなるまで続いたと記されていた。

オスカー主演男優賞に輝いたコリンはもちろんのこと、やはりオスカー俳優であるジェフリー・ラッシュ、そしてエリザベスを演じたヘレナ・ボナム・カーターの存在は素晴らしかったと思う。出番は少ないがライオネルの妻ローグ夫人役のジェニファー・イーリーは相変わらず古典が似合う女優だ。
ワーナー・マイカル・シネマズ板橋にて

<東北関東大震災の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申しあげます。
報道を見る度被災された人々がお気の毒でなりません。11日以降も別の地域でも何度も地震が起き、都内でも揺れることしばしばです。なんとなく落ち着かなくてレビューを書く気持ちにもならず、上の映画も観てからずいぶん日にちが経過した次第。閉鎖されたシアターや、上映時間が短縮された映画館が続出しており、気持ち的にも当面シアターへは行かないと思います。そして計画停電は娯楽施設から。>
[PR]
by margot2005 | 2011-03-15 23:03 | UK | Trackback(25) | Comments(6)

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」

a0051234_23195794.jpg「Elizabeth: The Golden Age」2007 UK/フランス/ドイツ
エリザベス1世に「エリザベス/1998」「あるスキャンダルの覚え書き/2006」「バベル/2006」のケイト・ブランシェット。
「エリザベス」でもエリザベスの側近フランシス・ウォルシンガムを演じた「ミュンヘン/2005」「キャンディ/2006」のジェフリー・ラッシュが老境に達したウォルシンガムを演じている。
後にエリザベスから“Sir”の称号をもらう航海士ウォルター・ローリーに「インサイドマン/2006」のクライヴ・オーエン。
エリザベスのお気に入り侍女ベスに「プロヴァンスの贈りもの/2006」「キャンディ」のアビー・コーニッシュ。
スコットランド女王メアリーに「Jの悲劇/2004」のサマンサ・モートン。
数シーンにしか出て来ないが、やはり「Jの悲劇」のリス・エヴァンスが出演している。
監督は「エリザベス/1998」のシェカール・カプール。
a0051234_2321638.jpg

1585年、この時代世界最強の国はスペインであった。スペインはカトリック国。プロテスタント国イングランドをも手中に納めようと考えるスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)と、正統な王位継承権は自分にあると主張する従姉にあたる幽閉中のスコットランド女王メアリー(モートン)。エリザベス(ブランシェット)にとって二人の存在は日々脅威であった。
ある日、エリザベスのもとにニュー・ワールド(アメリカ大陸)から戻ってきた航海士ローリー(オーエン)が現れる。彼に惹かれ始めるエリザベス。しかしローリーはエリザベスのお気に入りの侍女ベス(コーニッシュ)と愛し合うのだった...
a0051234_23204495.jpg

ケイト・ブランシェットを初めとして、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーエン、アビー・コーニッシュ、そしてサマンサ・モートン。彼らはそれぞれに適役で、演技も素晴らしいのだが、どうもこのストーリー中途半端じゃなかろうか??
エリザベスの側近中の側近フランシス・ウォルシンガムの存在はあったが、それ以外のエリザベスにまつわる人物は出て来ない。
「クイーン/2006」でエリザベスを演じ、オスカーもゲットしたヘレン・ミレンのUSA/UK TVドラマ「エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜/2005」の方がストーリー的には良かった。エリザベス1世の姿がしっかりと描かれていたし...
まぁでも114分で、国民の女王としてのエリザベスと、一人の恋する女としてのエリザベスを描くには無理があったかとも思える...残念。
史実に基づくと“ヴァージン・クイーン”と呼ばれたのは、ただ結婚しなかった(夫がいなかった)だけで、生涯寵愛した男は多々いた模様。その辺ももうちょっと突っ込んで描いて欲しかったが、114分でエリザベスの政治と恋を描くには無理があったのかも知れない。
エリザベスの着るドレスやウィッグは見応えあるし、全編UKで撮影されたシーンも美しく、もうちょっとインパクトのあるストーリーにして欲しかった気がする...ひつこいかも...
しっかし、C・ブランシェットってオーラのある女優だなぁとしみじみ感じる。
エリザベスのお気に入り侍女ベス役のアビー・コーニッシュは「キャンディ」の役とは打って変わった時代物役だが、とても素敵なアビー。コレからの彼女にますます期待したい。色んな作品で華を咲かせて欲しい女優である。
クライヴ・オーエンはいつもゴージャスで大好きな俳優。
ワーナー・マイカルにて...
a0051234_23202367.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-02-18 00:06 | UK | Trackback(37) | Comments(8)