タグ:ジェイミー・ドーナン ( 4 ) タグの人気記事

「ルイの9番目の人生」

The 9th Life of Louis Drax2016 UK/カナダ/USA

a0051234_18205784.jpg

サンフランシスコの海辺に暮らす少年ルイは、9歳の誕生日に両親とピクニックに出かけた際崖から転落して大怪我を負ってしまう。病院へ運ばれるが生体反応がなく死亡が確認される。しかし奇跡的に蘇生し昏睡状態に…


ドラマは昏睡に陥る前のルイの姿を挟みながら進んで行く。

ナタリーは難産の末ルイを生んだ。彼女の夫ピーターはルイの実父ではない。ルイは養父ピーターを軽視している様子だが、ピーターは心から息子を愛している。そして母親のナタリーは息子ルイが生き甲斐。

担当医Drパスカルに”ルイと私は繋がっているの…”と話しているが、それはルイを深く愛していると言いたいからに他ならない。

一番怪しくない人がというケースが多いサスペンス・ミステリー。途中で何となく感じはしたが、ラストを迎えてやはり!だった。幾度となく自分の身に降りかかる災難…なぜ?ルイはわかっていたのだ。


Dr.アラン・パスカルは子供の頃からの夢遊病者で、時折悪夢にうなされる。昏睡状態のルイが見る夢…ルイはDr.パスカルとリンクしているのではないだろうか?と思った。

監督はホラー映画が好きらしい。過去に見たのはイライジャ・ウッド主演の「マニアック」のみ。本作はホラーではないが、見ようによってはホラーかも知れない。


原作はリズ・ジェンセンによる世界的ベストセラー。小説を読んだら面白いかも?と思ったけど結末がわかってしまったのでやめたほうがよさそう。小説は世界的ベストセラーらしいが映画にはそれほど魅力を感じなかった。


Dr.アラン・パスカルに「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦/2016」のジェイミー・ドーナン。

ルイ・ドラックスにエイデン・ロングワース。

ナタリー・ドラックスに「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出/2015」のサラ・ガドン。

ピーター・ドラックスに「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場/2015」のアーロン・ポール。

Dr.ペレーズに「シェフ 三ツ星フードトラック始めました/2014」のオリヴァー・プラット。

ダルトン刑事に「ザ・ロード/2009」「アメリカン・バーニング/2016」のモリー・パーカー。

ヴァイオレット・ドラックスに「ブラック・スワン/2010」のバーバラ・ハーシー。

監督、製作は「マニアック/2012(脚本)」のアレクサンドル・アジャ。


ヒューマントラストシネマ有楽町にて



[PR]
by margot2005 | 2018-02-07 20:08 | UK | Trackback(1) | Comments(0)

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」

Anthropoid2016 チェコ/UK/フランス

a0051234_23315713.jpg

1941年、ナチス占領下のチェコスロバキア。ある時、イギリス政府とチェコスロバキアの亡命政府が協力して極秘作戦を練り、パラシュートを使って二人の軍人ヨゼフ・ガブチークとヤン・クビシュを現地へ送り込む。二人に与えられた使命はナチスNo.3と言われるラインハルト・ハイドリヒの暗殺だった…


ヨゼフ・ガブチークに「プルートで朝食を/2005」「麦の穂をゆらす風/2006」「フリー・ファイアー/2016」キリアン・マーフィ。

ヤン・クビシュに「マリー・アントワネット/2006」「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ/2015」「フィフティ・シェイズ・ダーカー/2017」ジェイミー・ドーナン。

マリー・コヴァルニコヴァーに「フレンチ・ラン/2013」「マダム・マロリーと魔法のスパイス/2014」シャルロット・ルボン。

レンカ・ファフコヴァーにアニャ・ガイスレロヴァ。

アドルフ・オパルカに「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/2011」ハリー・ロイド。

ヤン・ゼレンカ=ハイスキー「奇蹟がくれた数式/2015」「五日物語 3つの王国と3人の女/2015」トビー・ジョーンズ。

ミセス・モラヴェツにアレナ・ミフロヴァー。

アタ・モラヴェツに「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分/2013」ビル・ミルナー。

監督、脚本。製作、撮影は「ブロークン/2008」ショーン・エリス。


報復を恐れて暗殺に反対する者もいる中ヨゼフとヤンは作戦実行に向かって偵察し情報収集に奔走する。ヨゼフとヤンを匿うレジスタンスのミセス・モラヴェツと、二人をサポートするマリーとレンカの存在を忘れてはならない。

やがて密告者が現れ多数の罪もない市民が殺されてしまう。ハイドリヒの暗殺に関わった人物を躍起になって探しまわるナチス・ドイツの威力が凄まじい。


インハルト・ハイドリヒの暗殺計画を描いた「暁の7人/1975」というアメリカ映画がある。それは見たような気もするし、原作を読んだような気もする。でもインハルト・ハイドリヒのことは全く記憶に残っていない。そして本作を見て“暁の7人”の意味を理解した。

本作を見たのはキリアンとジェイミーが出演していたから…。

映画は16ミリフィルムで撮影された模様。セピアカラーで描かれた1940年代のチェコスロバキアがドラマに重厚さを与えている。そしてキリアンとジェイミーが熱く演じている。

ラストの銃撃戦はスゴい!の一言!ナチスの報復は余りにも恐ろしい。

又一つナチス・ドイツの起こした酷い史実を知った。


昨年の秋にリニューアルした新宿武蔵野館の最近のラインアップは私的に大満足の作品ばかり、以前よりヨーロッパ映画の上映が多いような気がする。最近ここで見る映画はどれもこれも混んでいて、本作は連日満員(お盆休みってこともある?)で驚くばかり。現在都内では新宿のみの上映(8/19から渋谷のシアター・イメージフォーラムで上映あり)。

アメリカやヨーロッパではヒットした作品ながら、著名俳優が出演しない地味な作品は結局ミニシアターでしか上映されないのが寂しい。


新宿武蔵野館にて



[PR]
by margot2005 | 2017-08-17 23:51 | ヨーロッパ | Trackback(1) | Comments(2)

「フィフティ・シェイズ・ダーカー」

Fifty Shades Darker2017 USA

a0051234_22585655.jpg

大学を卒業し、念願だった出版社に就職したアナは巨大企業の若きCEOクリスチャン・グレイに“戻ってきて欲しい!”と懇願され受け入れる。そしてルールと秘密のない関係を要求する...


クリスチャン・グレイに「マリー・アントワネット/2006」「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ/2015」ジェイミー・ドーナン。

アナスタシア・スティールに「ブラック・スキャンダル/2015」「胸騒ぎのシチリア/2015」ダコタ・ジョンソン。

ジャック・ハイドにエリック・ジョンソン。

ミア・グレイに「サウスポー/2015」のリタ・オラ。

エリオット・グレイにルーク・グライムス。

ケイト・キャヴァナーにエロイーズ・マンフォード。。

レイラ・ウィリアムズに「Re:LIFE~リライフ~/2014」「高慢と偏見とゾンビ/2016」のベラ・ヒースコート。

ホセに「ヘイヴン/堕ちた楽園/2004」ヴィクター・ラサック。

テイラーに「パシフィック・リム/2013」のマックス・マーティーニ。

Dr.グレース・トレヴェリアン・グレイに「トレビの泉で二度目の恋を/2014」「マジック・イン・ムーンライト/2014」マーシャ・ゲイ・ハーデン。

エレナ・リンカーンに「ドア・イン・ザ・フロア/2004」「あの日、欲望の大地で/2008」「ナイスガイズ!/2016」キム・ベイシンガー。

監督は「パーフェクト・ストレンジャー/2007」のジェームズ・フォーリー。


アナはクリスチャンとヨリを戻し“No more rules”を主張する。しかしながらこの女性やはりマゾヒスト以外の何ものでもない。クリスチャンはサディストなのだから二人は正にパーフェクト・カップル。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ”から始まる3部の原作は長編小説。一作目は中々素敵な展開だったが、とぎれとぎれに描かれる本作は冴えなくて全くキレがなかった。


1作目にでてきたアナの両親(実母と義父)が全く登場しないのが摩訶不思議だった。

長編小説を2時間のドラマにするにはやはり無理がある。物語は端折り過ぎて切れ切れになっている様子。このドラマはTVシリーズで延々と描いた方が良かったのじゃないかな?。


ジャック・ハイド、エレナ・リンカーン、レイラ・ウィリアムズ以外は全て前作に出演している。

キム・ベイシンガーは「ナイスガイズ!」では若い!と思ったけど本作ではもうおばあさんの風貌(現実にそうだけど)で、エレナ・リンカーン役はちょっと無理があったかも?でも1年間で女性ってあんなに変化するってちょっとばかりショック。


今年の2月上旬にアメリカ、カナダやヨーロッパ、南米、アジアで公開された。しかしなぜか?日本では公開されず先週ようやく公開。アメリカではもちろんTop10入りした。マミーポルノと呼ばれる本作ながら、若い女性は少なくシアターは男性が多くてちょっと驚いた。前作は女性でいっぱいだったのに…。公開1週間で既にシアターはガラガラ(平日夕方の回)。TOHOシネマズのポイントで鑑賞したけどお金払っていたらきっと許せなかったに違いない。来年、続の公開はあるのかな?

TOMATOMETER前作の24%よりはるかに少なくて何と10%

TOHOシネマズ・シャンテにて


[PR]
by margot2005 | 2017-07-01 23:28 | USA | Trackback | Comments(2)

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」

「Fifty Shades of Grey」2015 USA/カナダ
a0051234_23582641.jpg

ある日、大学生のアナは学生新聞の取材で友人ケイトの代わりに若き実業家クリスチャン・グレイをインタビューすることになる。グレイ本社に乗り込んだ内気なアナはハンサムで謎めいたクリスチャンに一目で惹かれてしまう。そしてクリスチャンもそんなアナに興味を抱くのだった…

クリスチャン・グレイに「マリー・アントワネット/2006」のジェイミー・ドーナン。
アナ(アナスタシア)・スティールに「クレイジー・イン・アラバマ/1998」「憧れのウェディング・ベル/2012」のダコタ・ジョンソン。
グレースに「イン・トゥ・ザ・ワイルド/2007」「ローラーガールズ・ダイアリー/2009」のマーシャ・ゲイ・ハーデン。
カーラに「高慢と偏見/1995」「抱擁/2002」「英国王のスピーチ/2010」「ゼロ・ダーク・サーティ/2012」のジェニファー・イーリー。
ケイトにエロイーズ・マンフォード。
クリスチャンの兄エリオットに「96時間/リベンジ/2012」のルーク・グライムス。
監督は「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ/2009」のサム・テイラー・ジョンソン。
原作、製作にE・L・ジェイムズ。

アナが眠るベッドの側で“4歳の時に亡くなった母親は娼婦だった。”と告げるクリスチャン。そしてある時には、“ヘリに乗せたのも、一緒のベッドで眠ったのも君が初めてだ!”と宣言する。
アブノーマルな方法でしかsexを楽しめない男に恋をしてしまったウブな女の子...映画を観終わって、これって究極のロマンス映画じゃないかと思った。原作本はきっとそれ以上のロマンス本であるかと想像する。そしてシアターは想像どうり女性がほとんど。

継母グレースやアナの母親に接するクリスチャンは正にジェントルマン。アブノーマルな人間って性格に二面性があるのかも知れない。アナが困っている時に突然現れ助け出したりする反面、ことあるごとに“Come!” “Eat!”と命令かつ支配する。犬じゃないんだから...と思ったりしたけど。そしてそんな支配欲満載の彼は、母親カーラに会いに行ったアナの元へ駆けつけ“君に会いたくてたまらなかった!”と宣う。
ここまで支配されるってどのような気持ちだろう?と、考えてみたりする。
SMプレイのやり方はもちろん、生活習慣からピルの処方まで、微に入り細に入り交わされる契約書が見物。

SMシーンも過激ではなく、美しく描いている。でもあの巨大なぼかし… なんとかならないものか?身体が隠れるくら大きいものまであった。
メイク・ラブ、シーンはとても綺麗に描写されていて、女性監督ならではのアレンジがと思った。

閉じるエレベーターの前でそれぞれが“クリスチャン!アナ!”と囁くエンディングに唖然!映画の続はありだろうか?
原作翻訳文庫は上、中、下3巻となっている。次作、次々作と全部で3部作。次作にはミセス・ロビンソンが登場するのだろうか?本屋の棚にいっぱい並んでいる“フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ”...ちょっと気になるけど、ロマンス小説過ぎる展開にお腹がいっぱいで疲れそう。

ソフィア・コッポラが発掘し「マリー・アントワネット」のフェルゼン伯爵役でデビューした北アイルランド、ベルファスト出身のジェイミー・ドーナンはとてもキュート。コリン・ファレルとヘンリー・カヴィルを足して2で割った感じで、二人以上に甘いマスク。彼の優しくて甘いマスクでSMシーンにも嫌悪感がなかったのかも知れない。
ドン・ジョンソン&メラニー・グリフィス夫婦の娘ダコタの体当たり演技に注目。彼女はマザー譲りのナイス・バディ。ダコタもジェイミーもモデル出身なので脱ぎっぷりが良いのかも?
で、TOMATOMETERの24%の低さに驚き。
アメリカが舞台ながらロケーションはカナダ。

TOHOシネマズに日劇にて
[PR]
by margot2005 | 2015-02-20 00:21 | USA | Trackback(7) | Comments(2)