タグ:キウェテル・イジョフォー ( 6 ) タグの人気記事

「シークレット・アイズ」

「Secret in Their Eyes」2015 USA/UK/スペイン
a0051234_22571638.jpg

2002年、ロサンゼルス。2001年9月に起きた同時多発テロの後、検察局にテロ対策合同捜査班が設置され、ニューヨークからFBI捜査官のレイがやって来る。ある日、事件が起きレイは相棒で親友でもあるジェスと共に現場に駆けつけるが、被害者がジェスの娘と知り愕然となる。やがて怒りに燃えるレイは、就任したばかりのエリート検事補クレアと捜査に乗り出し有力な容疑者を見つけ出すのだった...

レイ・カステンに「キンキー・ブーツ/2005」「インサイドマン/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」「2012/2009」「それでも夜は明ける/2013」「オデッセイ/2015」のキウェテル・イジョフォー。
クレア・スローンに「パディントン/2014」のニコール・キッドマン。
ジェシカ・コブに「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー/2007」「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~/2009」「食べて、祈って、恋をして/2010」「8月の家族たち/2013」のジュリア・ロバーツ。
マーティン・モラレスに「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「シルク/2007」「17歳の肖像/2009」「テンペスト/2010」のアルフレッド・モリナ。
レグ・シーファートに「チェンジリング/2008」「噂のモーガン夫妻/2009」「アジャストメント/2011」のマイケル・ケリー。
マージン/ベックウィズに「17歳のエンディングノート/2012」のジョー・コール。
バンピー・ウィルズに「悪の法則/2013」のディーン・ノリス。
監督/脚本は「ニュースの天才/2003」「アメリカを売った男/2007」のビリー・レイ。

やっと見つけ出した容疑者はテロ対策班の重要な情報屋だった。レイの上司のモラレスは政治的な判断で容疑者を釈放してしまう。全くもって納得できないレイは検察局を去って行く。そして13年後、事件のことを片時も忘れたことのないレイが再び現れる。

「瞳の奥の秘密/2009」のリメイク(正確にはリイマジネーション版)と知っていながら、ストーリーが全く思い出せなくて…ラスト近くのシーンで、あぁ!そうだった!とやっと思い出した。でも「瞳の奥の秘密」のストーリーを記憶していなかったため興味深く見ることができた。結末が解っているサスペンスは面白くない。
でも13年前と現在が頻繁に行ったり来たりする描き方は今一つだった。キウェテルもニコールもジュリアも殆ど同じ風貌で年月が感じられないし、今どっち?なんて思ったりして困った。唯一ディーン・ノリス演じるバンピーが現在は杖をついているのでわかりやすかったな。

スペイン版で殺害されたのは銀行員の妻。本作では検察局捜査官の娘が殺害されるという設定になっている。この二つの作品は全体的な雰囲気が違っていて、リメイクとは思えない別映画のよう。3人の著名俳優が主人公のせいかも知れない。
スペイン版で登場したサッカー・スタジアムを、大リーグのスタジアムに置き変えているところはロサンゼルスが舞台ならではの演出。

TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2016-06-17 23:44 | MINI THEATER | Trackback(7) | Comments(2)

「それでも夜は明ける」

「12 Years a Slave」2013 USA/UK
a0051234_18523067.jpg

ソロモン・ノーサップ/プラットに「キンキー・ブーツ/2005」「インサイドマン/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」「2012/2009」のキウェテル・イジョフォー。
エドウィン・エップスに「悪の法則/2013」のマイケル・ファスベンダー。
フォードに「つぐない/2007」「ブーリン家の姉妹/2008」「戦火の馬/2011」「裏切りのサーカス/2011」「僕が星になるまえに/2010」「ミスティック・アイズ/2011」のベネディクト・カンバーバッチ。
エップス夫人に「カーラの結婚宣言/1999」のサラ・ポールソン。
パッツィーにルピタ・ニョンゴ。
ジョン・ティビッツに「キング 罪の王/2005」「リトル・ミス・サンシャイン/2006」「ゼア・ウイル・ビー・ブラッド/2007」のポール・ダノ。
フリーマンに「幻影師アイゼンハイム/2006」「私がクマにキレた理由(わけ)/2007」「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~/2009」「終着駅 トルストイ最後の旅/2009」のポール・ジアマッティ。
製作/バスに「ツリー・オブ・ライフ/2011」「ジャッキー・コーガン/2012」のブラッド・ピット。
監督/製作に「HUNGER/ハンガー/2008」「SHAME -シェイム-/2011」のスティーヴ・マックイーン。
a0051234_18531233.jpg
a0051234_185347.jpg
a0051234_18525460.jpg

妻子と共にニューヨークに暮らすサイモン・ノーサップは自由黒人。ある日、ヴァイオリン奏者であるサイモンは興行に参加した際、興行主に騙され拉致された後奴隷市場に売られてしまう。奴隷商人フリーマンに何度も何度も自分は自由黒人と訴えるが全く聞き入れてもらえない。そして大農園主フォードに買われていく。奴隷となりプラットと名づけられたサイモンは今迄経験もしなかった過酷な労働に堪えるのだった…

大農場主のフォードは、奴隷ながら有能であることに気付きサイモンを認めるようになる。しかし一方でサイモンは黒人を管理するジョン・ティビッツの辛辣な虐めに絶えられず反抗し始める。怒ったジョンはサイモンを追い込む。しかしフォードはサイモンを哀れみ別の大農園主エドウィン・エップスに売り渡すが、そこの主人に凄まじい虐めを受けることになる。
生き残るため、再び妻子に会うため過酷な労働に堪えるサイモンが辛過ぎる。

奴隷をテーマに描いた映画はスティーヴン・スピルバーグの「アミスタッド/1997」が一番印象深い。本作の主人公ソロモンを演じるキウェテル・イジョフォーは「アミスタッド」でスクリーン・デビューしたそう。今月観た「大統領の執事の涙/2013」も奴隷の姿が描かれた映画だった。

キウェテル・イジョフォーも素晴らしかったが、憎々しげな表情全開で奴隷を虐める白人の鬼主人エップス役のマイケル・ファスベンダーが素晴らしかった。オスカーを逃したのは残念だったが、先週観てきた「ダラス・バイヤーズ・クラブ」のジャレット・レトもオスカー当然の大熱演だったので致し方ない。
とにかく映画を観終わって印象に残るのは気の毒な奴隷役のキウェテルではなく、マイケルの方だった。

とてもジェントルマンなベネディクト・カンバーバッチを見たのは初めてかも知れない。お気に入り俳優に入れたい。もちろん大好きなUK人だし…。

オスカー作品賞受賞も納得の重厚で素晴らしい作品。wowowでオスカーの授賞式を見た時、プロデューサーのブラッド・ピットを始めとして壇上に上がった監督のスティーヴ・マックイーンが飛び上がって歓びを表現していたのを思い出す。監督賞に選ばれなかったのはマイケルの助演男優賞と同様にとても残念。

プロデューサーを勤めるブラッド・ピットの美味しい役柄は当然の成り行きかな?奴隷解放に手を貸すカナダ人大工役のブラッドは50歳になったというのに相変わらずゴージャス。あの長い脚は見惚れるばかり。
15年前にInternetを初め、その頃ブラッド映画は全盛期で夜な夜な“Brad Pitt”のwebsiteを見て回ったものだ。残念なことに本作では数シーンにしか登場しない。

パッツィー役のルピタ・ニョンゴはオスカーに値する素晴らしい演技だった。
a0051234_18544717.png
a0051234_18543411.png
a0051234_18542352.jpg
a0051234_18541377.jpg

日比谷スカラ座にて
[PR]
by margot2005 | 2014-03-16 19:23 | USA | Trackback(19) | Comments(0)

「2012」

「2012」2009 USA/カナダ
a0051234_22592326.jpg

ジャクソンに「理想の恋人.com/2005」「さよなら。いつかわかること/2007」「1408号室/2007」のジョン・キューザック。
科学者エイドリアンに「キンキー・ブーツ/2005」「インサイドマン/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」のキウェテル・イジョフォー。
ジャクソンの妻ケイトに「シリアナ/2005」「X-ファイル:真実を求めて/2008」のアマンダ・ピート。
大統領の側近カールに「カサノバ/2005」「フロスト×ニクソン/2008」のオリヴァー・プラット。
ウイルソン大統領に「ドリームガールズ/2006」「ザ・シューター/極大射程/2007」「ブラインドネス/2008」のダニー・グローヴァー。
大統領の娘ローラに「クラッシュ/2004」「幸せのちから/2006」「ブッシュ/2008」「ロックンローラ/2008」のタンディ・ニュートン。
チャーリーに「ノーカントリー/2007」「7つの贈り物/2008」のウディ・ハレルソン。
チベットの高僧役で「千年の祈り/2007」のヘンリー・オーが出演している。
監督、脚本は「インデペンデンス・デイ/1996」「デイ・アフター・トゥモロー/2004」のローランド・エメリッヒ。
a0051234_22593728.jpg

2009年、L.A.。売れない作家のジャクソンは妻に去られ、二人の子供たちとも離れ、一人寂しくリムジン運転手をしている。ある日、子供たちとイエローストーン公園へキャンプに出かけたジャクソンは、そこで怪しい男チャーリーから“地球は滅亡に向かっている!”と聞かされ驚くが、政府は既にその事実を知っていた。やがて地球上の至る所で天災が起こり始める...

繰り返し予告を観たのと、“これは、映画か。”と書かれた街中のどデカいポスターも気になった。最後にお気に入り俳優ジョン・キューザックとキウェテル・イジョフォーが主演だから、行ってみようかな?のノリで観に行った。
アメリカ合衆国はあの船を作ろうと考えているかも知れない...いやいや既に作って保存してあったりして...。
ディザスター映画がお得意のハリウッド。監督エメリッヒの「インデペンデンス・デイ」も「デイ・アフター・トゥモロー」もシアターで観ている。大統領が戦闘機に乗ってエイリアンと戦う「インデペンデンス・デイ」は中々良かったが、N.Y.が氷河に覆われる「デイ・アフター・トゥモロー」は頂けなかった。
こちらの作品もどうかな?延々とストーリーが続く(2時間38分)ので“早くエンディング行って!”と切望したが、CGを駆使した映像を楽しむなら素晴らしいと思う。
ニコラス・ケイジ主演の「ノウイング/2009」の映像もスゴかったが、破壊されていくビル郡の間を小型飛行機がすり抜けて行く様は“スター・ウオーズ”のノリ。しかし大迫力のCGには圧倒される。
果敢に挑み頑張りまくるお父さん役のジョン・キューザックと、心優しい科学者役のキウェテル・イジョフォーは勿論の事、アフリカン・アメリカンの大統領を演じるダニー・グローヴァーと、怪しいチャーリー役のウディ・ハレルソンも良かった。ディザスター映画には珍しく存在感ありの俳優たちが出演しているのがgood。
大統領科学顧問のエイドリアンがジャクソンのファンで、ジャクソンの息子の名前がノア。そして彼のボスがロシアの大富豪と言う設定もナイス。
険悪だった妻とも和解し、親子4人の未来が始まりつつあるエンディングはアメリカ映画だな実に。
ワーナー・マイカルシネマズ板橋にて
[PR]
by margot2005 | 2009-12-03 23:12 | USA | Trackback(21) | Comments(2)

「アメリカン・ギャングスター」

a0051234_04133.jpg「American Gangster」2007 USA
実話を元に、ブラック系(アフリカン・アメリカン)のギャングスターとユダヤ系の刑事が対決する犯罪サスペンス・ドラマ。
主演の二人は「インサイドマン/2006」「デジャヴ/2006」
のデンゼル・ワシントン&「プロヴァンスの贈りもの/2006」のラッセル・クロウ。
デンゼル演じるフランクの弟ヒューイに「キンキー・ブーツ/2005」「インサイドマン」のキウェテル・イジョフォー。
他、キューバ・グッディング・Jr、を始めとして、ジョシュ・ブローリン、アーマンド・アサンテと豪華俳優が出演している。
監督は「グラディエーター」「プロヴァンスの贈り物」のリドリー・スコット。
デンゼル&ラッセルは「バーチュオシティ/1995」以来の競演。
a0051234_0511100.jpg

a0051234_053331.jpg

1968年ニューヨーク。黒人であるギャングのボス バンピーが亡くなる。彼を慕い、彼の片腕だったフランク(ワシントン)は、ボスの後を引き継ぎ自ら巨大な組織を作りあげようと誓う。やがてフランクは高密度のヘロインを仕入れるため、ベトナムに駐留する従兄弟を訪ねる。そして彼は秘密裏にそれらを持ち帰るルートを考えだす。
アメリカにやって来たヘロインはフランクによって“ブルー・マジック”と命名され市場で売りさばかれるようになる。
一方で、ニュージャージーの警察に所属する刑事リッチー(クロウ)は妻と離婚寸前。熱血漢のリッチーは汚職警官が多々いるこの時代、クリーンな刑事を貫いていた。そのため孤立した存在でもあった。そんな彼はニューアーク (ニュージャージー州)麻薬捜査班のチーフに抜擢される。そして巷に蔓延する“ブルー・マジック”の捜査を初めていくのだった...
a0051234_04276.jpg

“これぞ男の美学!!”の世界。
ギャング フランクの場面と刑事リッチーの場面が交互に描かれ、ラスト、ミサが終わった教会から姿を現したフランクとリッチーが初めて出会う。その後二人の対決が上手く描かれていて滅茶ナイスであった。
デンゼルもラッセルも大好きな俳優だが、やはりコレではデンゼルが滅茶かっこ良くてラッセルは霞んでしまう。役柄としてデンゼルの方が美味しい役なので致し方ないが...
アフリカン・アメリカンの人々って皆さん若く見えるのだが、デンゼルはピカ一かも?50才過ぎているというのに、花婿役が似合う(まぁ年に関係なく花婿にはなれるのだが...)若い花嫁の側に立っても遜色なし。
映画の中で元プエルトリコのビューティ・クイーンだったと言うフランクの妻エヴァ役のライマリー・ナダルは実際にプエルトリコ出身で、デンゼルとは親子ほどに年が違うが夫婦役に見える。それほどデンゼルって若く見える。
デンゼルの弟ヒューイ役のキウェテル・イジョフォーも大好きな俳優で、ストーリーが素晴らしい上、出演者たちもナイスで、今年初の私的大ヒット ハリウッド大作にしたい。
ワーナー・マイカルにて...
a0051234_044816.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-02-04 00:41 | USA | Trackback(37) | Comments(9)

「キンキー・ブーツ」

a0051234_084843.jpg「Kinky Boots」2005 USA/UK
監督はジュリアン・ジャロルド。主演はジョエル・エドガートン「ケリー・ザ・ドッグ/2003」とキウェテル・イジョフォー「メリンダとメリンダ/2004」。エドガートンは「キング・アーサー/2004」にも出演していたらしいが記憶にない。イジョフォーは「ラヴ・アクチュアリー/2003」でも「メリンダとメリンダ」でもモテモテの素敵な男性を演じていて今回はびっくりであった...ドラッグ・クイーン役なんて...でも滅茶似合っている。そういやデンゼル・ワシントンの「インサイドマン/2006」にも出演している。
a0051234_0947.jpg

英国中部ノーサンプトン、父親の急死により、先祖代々の靴工場を継ぐはめになったチャーリー・プライス(エドガートン)。都会ロンドンでフィアンセ、ニコラ(ジェミマ・ルーパー)と暮らそうとしていた矢先だった。ノーサンプトンに戻ったチャーリーは会社が経営危機に陥っていた事を知る。途方に暮れる彼は、とりあえずローレン(サラ・ジェーン・ポッツ)を始めとして、従業員を解雇し、そしてこの後どうしようか?と悩む。ある日ロンドンのキャバレーでドラッグ・クイーンでシンガーのローラ(イジョフォー)と知り合う。ローラから靴のアイデアをもらったチャーリーは父親が作った紳士の靴ではない、別のものを作ろうと考える。
a0051234_091515.jpg
実話が元になっていると言うことだが、まぁかなり脚色してあると思う。チャーリーたちが作った靴がミラノ・コレクションで喝采を浴びたというのはスゴイ!musicも素敵だし、何と言ってもドラッグ・クイーン、ローラのパフォーマンスが最高!
a0051234_092955.jpg

ノーサンプトンは以前英国旅行した際に、ロンドンに戻る電車に乗った駅である。借りたレンタカーを返すのに街中をうろうろしたのでなんか懐かしかった。人口の多い大型都市のようだが、この映画では思い切り田舎扱いしているのが笑える。まぁロンドンの都会から見れば田舎であるのには違いないが...
とにかく素敵な、素敵なハートフル・コメディ!
TVでこの映画が話題になっているとかで...一緒に観た友人情報...雨の平日昼下がりにもかかわらずシアター満員であった。私的に今年度NO.1かもの?ミニシアター作品。
a0051234_0113734.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-09-13 00:35 | MINI THEATER | Trackback(32) | Comments(10)

「インサイド・マン」

a0051234_132381.jpg「Inside Man」2006 USA
監督は「マルコムX/1992」のスパイク・リー。
配役は刑事キース・フレージャーに「マルコムX/1992」「ペリカン文書/1993」のデンゼル・ワシントン。銀行強盗ラッセル・ダルトンに「グリーン・フィンガーズ/2000」のクライヴ・オーエン。二人に絡む金持ち弁護士マデリーン・ホワイトに「フライト・プラン/2005」のジョディ・フォスター。
「イルマーレ/2006」のクリストファー・プラマーが強奪される銀行の会長ケイス役。そして、警部ダリウス役に「イングリッシュ・ペイシェント/1996」のウイレム・デフォーという豪華な配役。
a0051234_1375352.jpg

ニューヨーク、マンハッタン信託銀行に4人組の武装強盗が人質を取って占拠する。頭脳明晰の首謀者ラッセル・ダルトン(オーエン)は周到な計画をたてており、次々に実行していく。通報を受けたNY市警のプレージャー(ワシントン)は相棒ミッチェル(キウェテル・イジョフォー)を伴って現場に急行する。一方で、事情を知ったマンハッタン信託銀行会長のケイス(プラマー)は、敏腕弁護士ホワイト(フォスター)に電話をし、秘密裏に頼み事を聞いて欲しいと依頼する。
a0051234_1334565.jpg
デンゼル大ファンであります!もうどの作品(一部ダメなのもあるが...)観てもかっこ良い!!アフリカン・アメリカン俳優NO.1であります。
a0051234_1493262.jpg

この作品はとても楽しみしていた、クライヴ・オーエンも、ジョディーも出演するしで...
クライヴは武装強盗役なのでほとんど生顔見えないのが残念である。
リッチ弁護士役のジョディーは、すってきなデザイナーズ・スーツと、ピン・ヒールというファッションでyodareが出そう。
ミッチェル役のキウェテル・イジョフォー「キンキー・ブーツ/2006」ではゲイを演じていたが、どんな役を演じても素敵な俳優で好きである。
a0051234_132546.jpg

アメリカは今でもやはりあのtwin towerの事が脳裏から拭い去れないのかも知れない。この映画でも執拗に痛めつけられ、アラヴ人に間違われるシーア派の男が滅茶怒るシーンが登場する。アメリカの人種問題って底深いなと感じるのは、やはり映画の中でスペイン系(南アメリカ)に対する発言にも現れている。
だがしかし、この作品は今迄にちょっとない、素晴らしい展開の、素晴らしい銀行強盗映画である。さすがスパイク・リー!!
a0051234_1335850.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-06-14 01:53 | USA | Trackback(34) | Comments(12)