タグ:エマニュエル・セニエ ( 5 ) タグの人気記事

「告白小説、その結末」

D'après une histoire vraie…akaBased on a True Story2017 フランス/ポーランド/ベルギー

a0051234_20282271.jpg
a0051234_20281386.jpg

心を病んで自殺した母のことを書いた小説がベストセラーとなった女流作家デルフィーヌはサイン会で大成功を収める。しかし次回作は全く書けなくてスランプに陥っていた。そんな折、サイン会で出会った謎の美女エルから連絡が入る


エルの仕事はゴーストライターで、デルフィーヌのアパルトマンが見える距離に住んでいる。そしてデルフィーヌのアパルトマンにやって来たエルはPCに届いていたデルフィーヌ宛の大量のメールに勝手にレスをする。その後エルはデルフィーヌのアパルトマンに転がり込んでくる。やがて共同生活が始まりデルフィーヌに災難が降りかかる。


ちょっとネタバレ...


まず、精神安定剤の服用。

階段から落ちて骨折。

依頼されていた高校の講演会にデルフィーヌの代わりにエルが出席するというが、エルは出席していなかったことが判明。

止めは、食事に殺鼠剤が入っていたこと。


これはサスペンスか?と思われる展開だったが、エルはデルフィーヌの妄想?と理解した。

デルフィーヌがエルにプレゼントした真っ赤なストールとエルの真っ赤なルージュがインパクトあり。


最近公開されるフランス映画はあまり面白くないが、本作は私的に久しぶりのヒット作となった。

監督であるロマン・ポランスキーの妻エマニュエル・セニエはお気に入りフランス人女優の一人。

キレる役を演じたら右に出る者はいないほどハマるエヴ・グリーンがキレまくっていた。

デルフィーヌのパートナー、フランソワ役のヴァンサン・ペレーズが素敵。


デルフィーヌに「ヴィクトル・ユゴー 笑う男/2012「毛皮のヴィーナス/2013」のエマニュエル・セニエ。

エル「悪党に粛清を/2015」「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち/2016」のエヴァ・グリーン。

フランソワに「ダリダ~あまい囁き~/2017」のヴァンサン・ペレーズ。

レイモンに「パリ3区の遺産相続人/2014」のドミニク・ピノン。

展覧会の責任者に「カミーユ、恋はふたたび/2012」 パリ3区の遺産相続人」のノエミ・ルボフスキー。

監督、脚本は「おとなのけんか/2011」毛皮のヴィーナス」のロマン・ポランスキー。


ヒューマントラストシネマ有楽町にて



[PR]
by margot2005 | 2018-06-29 21:21 | フランス | Comments(0)

「毛皮のヴィーナス」

「La Vénus à la fourrure」…aka「Venus in Fur」2013 フランス/ポーランド
a0051234_2343548.jpg

a0051234_23441027.jpg
a0051234_2344317.jpg
a0051234_23433522.jpg
a0051234_23432487.jpg
a0051234_23431425.jpg

ドラマは舞台演出家のトマが新しい舞台劇のために女優をオーディションするところから始まる。会場にうーんと遅れてやって来た無名の女優ワンダ。トマは追い返そうとするがワンダは決して帰ろうとしない。あきらめ境地のトマは仕方なしにオーディションを始める。トマを相手に台詞を語り始めるワンダ。やがてトマはワンダの演技に魅せられて行く...

ワンダ・ジュルダンに「フレンチなしあわせのみつけ方/2004」「エディット・ピアフ~愛の讃歌~/2007」「潜水服は蝶の夢を見る/2007」「危険なプロット/2012」「母の身終い/2012」のエマニュエル・セニエ。
トマ・ノヴァチェクに「グランド・ブタペスト・ホテル/2013」のマチュー・アマルリック。
監督、脚本は「おとなのけんか/2011」「ゴーストライター/2011」のロマン・ポランスキー。

原作“毛皮のヴィーナス”を書いたレオポルド・フォン・ザッヘル=マゾッホとは“マゾヒズム”の語源となった人物らしい。
本作はブロードウェイで大ヒットした二人芝居“毛皮のヴィーナス”をモチーフに作られている。そういえば監督の「おとなのけんか」も舞台劇だった。でも本作の出演者はエマニュエル・セニエ&マチュー・アマルリックの二人だけ。二人の延々と続くやりとり(台詞)の間にトマの恋人からかかる電話や、ワンダがかける電話の話に中断されるが、その他は全く二人だけの世界。その延々と続く台詞は舞台劇での台詞…いつも思うのは、あのような膨大な言葉(台詞)を俳優はどのようにして記憶するのか!?ということ。もうただただ感心の一言。一つのシーンだけで構成されるドラマなのだが、何日かけて撮影したのか?妙に知りたくなる。とにかく二人の俳優が素晴らしい!

エンドクレジットが始まると、パリのルーヴルやオルセー、そしてフィレンツェのウッフィツィなどにある巨匠の描いた“ヴィーナス”の絵画が登場する…ボッティチェッリ、ティツィアーノ、ドラクロワ、アレクサンドル・カバネルetc.で、ラストはやはり“ミロのヴィーナス”だった。

マチューの大ファン。本作の予告はシアターで何度も見ている。ちょっと興味深い作品かな?と思って楽しみにしていた一作。期待どうりの素晴らしいドラマだった。エマニュエル・セニエは昨今脇役ばかりで…本作でヒロインを演じる彼女も文句無しに素晴らしい。40代後半のエマニュエルが実に妖艶で驚く。

ハリソン・フォード主演のロマン・ポランスキー監督作品「フランティック/1988」にヒロインで監督夫人のエマニュエル・セニエが出演していたのを思い出す。パリが舞台のあのサスペンスはトレ・ビアン!だった。同じくポランスキー作品でエマニュエルがヒロインの「赤い航路/1992」もかなり前に見た作品なので今一度見てみたい。
マチュー映画は今週末公開されるベニチオ・デル・トロ共演の「ジョルジュ 心の欠片を探して/2013」が楽しみ。

ヒューマントラストシネマ有楽町にて
[PR]
by margot2005 | 2015-01-10 00:07 | フランス | Comments(0)

「潜水服は蝶の夢を見る」

a0051234_0235717.jpg「Le Scaphandre et le papillon」...aka「The Diving Bell and the Butterfly」 2007 フランス/USA
原作者であり、主人公のジャン・ドミニクに「キングス&クイーン/2004」「ミュンヘン/2005」のマチュー・アマルリック。
彼の3人の子供たちの母親セリーヌに「フレンチなしあわせのみつけ方/2004」のエマニュエル・セリエ。
言語療法士アンリエットに「みなさん、さようなら/2003」のマリ・ジョゼ・クローズ。
ジャン・ドミニクの自伝をサポートするクロードに「愛されるために、ここにいる/2005」のアンヌ・コンシニ。
担当医ルパージュに「愛されるために、ここにいる/2005」のパトリック・シェネ。
ジャン・ドミニクの父親役にスェーデン出身の名優マックス・フォン・シドー。
監督はアメリカ人のジュリアン・シュナーベル。
プロデューサーはスティーヴン・スピルバーグ作品を多々製作しているキャスリーン・ケネディ。
a0051234_0173355.jpg

ある日、「ELLE」の編集長ジャン・ドミニク・ボビーが脳梗塞に倒れた後昏睡から目覚める。
何が何だか解らないジャン・ドミニク(アマルリック)は、自分が病院にいて、医者たちが話す言葉は聞こえるが、自身は話せない事を知る。やがて彼は身体も動かない事実を知るのだった。しかし動かない身体の中で唯一左の目だけ動かす事が出来た。やがて、病院の言語療法士アンリエット(クローズ)の発案でいやいやながら文章を綴り始めるジャン・ドミニクだった...
a0051234_0165144.jpg

エンド・クレジットが始まり、ラストまで観ないで席を立つ事が多い最近(最終回に観るため...)だが、これは映画に圧倒されてしまって、しばし席を立つ事が出来なかった。
脳梗塞で左目しか動かせないジャン・ドミニクの、左目から見える視野だけを追ってカメラが回る。身体は全く動かないが、彼の脳は完璧に作動していて、想像する事も、過去の出来事を思い返す事も出来る。
中盤前位から、ジャン・ドミニクが想像の世界に思いを馳せるシーンと、彼の過去の映像が描かれ始める。これはもう素晴らしい!!の一言。
この美しいシーンの数々は今年度MY BESTに入れたい作品に値する。
とんでもない難病に侵されたジャン・ドミニク(病院で横たわる&車椅子の姿)。でも、なぜかそれほど暗くもなく、ユーモアを織り交ぜながら、ウイットに富んだフランス映画で素晴らしい!!
“海底2万マイル”風の潜水服に閉じ込められて、身動きが取れないジャン・ドミニクが、一度想像の世界に入ると、そこは花が咲き乱れ蝶が飛ぶ世界...この描き方がとても美しくCool!!
氷山が崩れ落ちて行くスローモーションのショット。後に、同じショットでスローモーションが逆戻りする...あのシーンは主人公の心理を暗示しているのかも知れない。
病院のベッドに横たわる植物人間のジャン・ドミニク。彼をサポートする女性たちの上半身をまるでなめ回すように映される映像は、彼が見つめている映像なのだ。
やはりと言うかさすがと言うのか?植物人間になっても女好きのフランス人(この編集長、父親譲りの女好き)はスゴ過ぎ!
瞬きで文章を綴ったジャン・ドミニクも凄いけど、“E、A、S、R〜”で始まるアルファベットをひたすら発し、書き取った女性たちにも大拍手を送りたい!!
左目だけで演技していたマチューにオスカーあげたい!監督にも!
ちょっと離れた隣にいた男性がエンド・クレジットでウルウル来ていたような気が...これって男性が観ると、自身に置き換えて感動するかも知れない...
シネカノン有楽町2丁目にて...
[PR]
by margot2005 | 2008-02-13 00:57 | フランス | Comments(17)

「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜」

a0051234_1295077.jpg「La Môme」...aka「La Vie en Rose」、「The Passionate Life of Edith Piaf 」 2007 フランス/UK/チェコ・リパブリック
主演エディット・ピアフに「ラヴ・イズ・イン・ジ・エアー/2005」「プロヴァンスの贈りもの/2006」のマリオン・コティヤール。
ピアフの親友モモーヌにシルヴィー・テステュー。
マネージャー的存在のルイ/パリエに「ブラウン夫人のひめごと/2002」「ルパン/2004」のパスカル・グレゴリー。
ピアフが愛したボクサー マルセルにジャン・ピエール・マルタンス。
娼婦ティティーヌに「フレンチなしあわせのみつけ方/2004」のエマニュエル・セニエ。
そして、ピアフを発掘するクラヴのオーナー ルイ/ルプレに「あるいは裏切りという名の犬/2004」「ダニエラという女/2005」のジェラール・ドパルデュー。
監督。脚本は「クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち/2004」のオリヴィエ・ダアン。
a0051234_147616.jpg

1915年に生まれたエディット・ジョヴァンナ・ガション。
エディットの母親は生活費を稼ぐため路上で歌を歌う日々。娘エディットを育てる事が出来ないと悟った父親は、彼の母にエディットを預け兵役に付く。エディットの祖母は娼館を経営していた。そこで出会った娼婦ティティーヌ(セニエ)に溺愛されるのもつかの間、迎えに来た父親に引き取られて行く。
ある日、大道芸人である父親の芸の後、請われるまま歌を歌ったエディットは、路上の人々からブラヴォーの拍手を浴びる。
1935年、20才になったエディット(コティヤール)は母と同じく日銭を稼ぐためモンマルトルの路上で歌を歌っていた。
ある日、エディットの歌を聴いたクラヴのオーナー ルイ(ドパルデュー)は彼女の歌に魅せられる。ルイにスカウトされたエディットはクラヴで歌い、客の拍手喝采を浴びる。
やがてエディットはピアフと名付けられスターとなっていくのだった...
a0051234_14616100.jpg

原題は“子供/小さな”という意味で、ピアフを発掘したルイが付けた“La Môme Piaf”に由来する。
最近DVDばかりで、フランス映画をシアターで観るのは「恋愛睡眠のすすめ/2006」以来で、4ヶ月もフランス映画をシアターに観に行かなかったんだと我ながら驚いた。
ヒロイン ピアフを演じるマリオン・コティヤールが出演する「TAXi/1997」はDVDで観たが、マリオンを初めてシアターで観たのは「世界で一番不運で幸せな私/2003」。なんとキュートなフランス女優かとファンになった。その後「ビッグ・フィッシュ/2003」「ロング・エンゲージメント/2004」そしてフランス映画祭(2006年度)で「ラヴ・イズ・イン・ジ・エアー」を観て、又またキュートなマリオンにお目にかかれた。
マリオンがラッセル・クロウと共演した「プロヴァンスの贈り物」は記憶に新しい。
「プロヴァンスの贈り物」ではキュートなイメージから脱却し、素敵な大人の女性役で益々素敵なマリオン。
この作品でのマリオンの存在感は圧倒的である。
映画観る前に映画評は読みたくないのだが、目に入ってしまって...某新聞は“貧しくても希望に輝いていた20才から、名声と愛を手にして....(中略)...47才ながら老婆のような姿で亡くなるまでを演じたマリオン・コティヤールが素晴らしい...(中略)...ピアフが乗り移ったかのようだ。”と絶賛してあるが...同感である!
来年度のオスカーをゲットするかも?のマリオンの演技はマジで素晴らしい!
マリオンの口パクの歌(まぁ誰もピアフのように歌えるワケないだろうが?)がピアフ本人の歌(声)と合って素晴らしい!雰囲気はエディット・ピアフそのものかもしれない。
a0051234_1551065.jpg

ただ一つ難を言えば、5才のエディットから始まり、10才の少女に成長し、その後モンマルトルで歌う20才のエディット。劇途中、晩年のエディットや、絶頂期のエディットのシーンがめまぐるしく行き来して少々疲れるが、マリオンの演技でカヴァーしてしまった。
なんか久々に映画を観て感動してしまった。
ピアフの生き様には凄まじいものがあり、back musicがソレを素晴らしく盛り上げている(それは他でもないピアフの歌うシャンソンなのだが...)。
大昔エディット・ピアフのシャンソンをレコードで聞いた覚えがある。
余りにも有名な数々のシャンソンはアメリカでもヒットし、劇中(設定は1950年代)でもピアフが英語バージョンで“ラ・ヴィアン・ローズ”を歌うシーンがある。
ピアフの生き様と、流れるピアフの歌に、なんか感動してしまって久方ぶりにウルウルしてしまった。
コレを観た誰もがエディット・ピアフのシャンソンを聴きたくなる事でしょう!
ワーナー・マイカル板橋にて...トレーラー
[PR]
by margot2005 | 2007-09-30 01:57 | フランス | Comments(8)

「フレンチなしあわせのみつけ方」

a0051234_20388100.jpg
「Ils se marièrent et eurent beaucoup d'enfants」 ...aka「And They Lived Happily Ever After」2004 フランス

セルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキン(今ではエルメスのバーキン・バッグとして有名だが...)の娘シャルロットと、パートナーであるイヴァン・アタルのコンビ作。監督、脚本はアタルである。アタルはハリウッド映画「インタープリター/2005」にちょい役で出演している。シャルロットは「21グラム/2003」でショーン・ペンと共演した。有名カップルの娘として生まれたシャルロットは10代で「なまいきシャルロット/1985」に主演し、子供ながら確かな演技と評された。

映画は端的に言えば、共稼ぎ夫婦の子育て、家事の苦悩(それほだ大変だとは思えないが...)を描いたドタバタ・コメディ。フランス人は結構男が威張っていて、家のことは女がするといった雰囲気が強いらしい。大昔、王(男)が常に実権を握っていた名残か?そういや、この国にはクイーンはいなかった。そういったことって影響されてるのかな?と感じる。かつては女性は家にいて夫を待ち家事に励んだ。が、しかし、今では男も育児や、家事に参加するというふうに変わって来ている。だが、この映画ではやはりというか...。

車のセールスマンである夫のヴァンサン(アタル)は仕事だけで家のことはしない。休みの日は職場の友人とサッカーし、夜は夜で友人たちとトランプゲームに興じる。妻のガブリエル(ゲンズブール)は不動産屋で働くキャリア・ウーマン。ヴァンサンの自分勝手な行動が許せないガブリエルは夫を攻めるが、反省しないばかりか浮気までしている。

二人が派手な喧嘩をするシーンがすごくリアルで楽しい。あれだけ派手にやればストレス発散できるだろうが...あとの片付けが大変(まあ映画だから良いけど...)。やはり二人のコンビで描いた(設定は違っている)「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール/2001」の続のような作品である。
不動産屋のガブリエルが案内するアパルトマンのお客にジョニー・デップが出演しているのには驚いた。このデップとのラスト・シーンがお洒落!
a0051234_20412047.jpg

[PR]
by margot2005 | 2005-11-15 22:24 | フランス | Comments(4)