<   2018年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「ガザの美容室」

Dégradé2015 パレスチナ/フランス/カタール

a0051234_22202516.jpg

パレスチナ自治区、ガザにあるクリスティンの美容室は女性客で賑わっている。そして集まった女たちは今日もお喋りに興じているが、突然銃声が響きガザの通りは殺戮と炎に包まれ彼女たちは美容室に監禁状態となる


映画のシーンは99%美容室で、ワンシチュエーションで描いている。外は戦争状態で銃声が轟いているがその映像は全く映し出されない。

時折、戦争が日常にある国の女たちの口からハマス/イスラム主義組織という言葉が発せられる。


ハマス政府とマフィアの戦闘が繰り広げられるガザの通りでライオンを連れて人々を威嚇するマフィアの集団。

ウィダドの夫はマフィアの一員で、彼女は外で繰り広げられる争いが気がかりで仕事に集中できない。

今夜結婚式が予定されている花嫁サルマは式に出られそうもない。

臨月の妊婦ファティマは子供が生まれそうになっているが救急車を呼んでもらうこともできない。


争う男たちにうんざりしている女たち。ラスト近く、私たちだけで政府を作ろう!と提案し、それぞれに閣僚を任命するサフィアが興味深かった。

International女優のヒアム・アッバスが貫禄たっぷり。

映画を観終わって平和ボケの日本では考えられない日常を送る女たちの姿に驚くしかない。


離婚調停中の主婦エフィティカール「エクソダス:神と王/2014」「ブレードランナー 2049/2017」のヒアム・アッバス。

美容室経営者クリスティンにヴィクトリア・バリツカ。

美容室アシスタント、ウィダドにマイサ・アブドゥ・エルハディ。

夫からの暴力に悩む女性サフィアにマナル・アワド。

敬虔なムスリム、ゼイナブにミルナ・サクラ。

結婚式準備中の花嫁サルマにディーナ・シュハイバー。

花嫁の母で、喘息持ちのワファにリーム・タルハミ。

臨月の妊婦ファティマにサミラ・アル・アシール。

監督、脚本はタルザン・ナーセル&アラブ・ナーセル。


シネマカリテにて(既に上映終了/アップリンク渋谷にて上映中)



[PR]
by margot2005 | 2018-07-22 22:37 | アジア | Trackback | Comments(0)

「セラヴィ!」

Le sens de la fête…akaC'est la vie!2017 ベルギー/カナダ/フランス

a0051234_20084543.jpg
a0051234_23293015.jpg

ある日、この道30年のウェディングプランナー、マックスの下に17世紀の古城を使った豪華絢爛な結婚式のプロデュース依頼が舞い込む。新郎新婦のため最高のウェディングセレモニーにしようと意気込むマックスだったが


新郎のピエールは超面倒くさいわがまま男。

ウエディングシンガーのジェームスは自分が主役と勘違いしている

マックスの妻の弟ジュリアンはかつて同僚だった花嫁ヘレナと再会し、彼女への思いが募り心穏やかでない。

カメラマン、ギイは撮影そっちのけでゲストの女性を口説きまくっている。

そしてアデルが連れて来たサミーはウエイター経験ゼロだった。


就労ビザのない人々の手を借りなくては事業が成り立たない現実がとても今っぽい。ラスト、多国籍スタッフが手を組んでパーティを盛り上げるシーンがtrès bien!だった。


妻がいるマックスはスタッフのジョジアーヌと浮気しているし、意見の食い違いで互いを罵り合っていたジェームスとアデルが、謝罪し合った後激しく惹かれあってしまうとか、アムールの国フランスならではの展開が面白い。

くだらないといえばそうなのだけど、久々のフレンチ・コメディに大笑いした。

ジャン=ピエール・バクリ久しぶり!

歌うジル・ルルーシュを初めて見たけど上手くて驚く。

ヴァンサン・マケーニュの飄々とした雰囲気は最高。


マックスに「ムッシュ・カステラの恋/1999」「みんな誰かの愛しい人/2004」のジャン=ピエール・バクリ。

ジェームスに「プレイヤー/2012」「友よ、さらばと言おう/2014」のジル・ルルーシュ。

ギイに「ダリダ~あまい囁き~/2017」のジャン=ポール・ルーヴ。  

ジュリアンに「夜明けの祈り/2016」のヴァンサン・マケーニュ。

アデルにアイ・アイダラ。

ジョジアーヌに「Mommy/マミー/2014」のスザンヌ・クレマン。

サミーにアルバン・イヴァノフ。

ピエール(新郎)にバンジャマン・ラヴェルネ。

ヘレナ(新婦)に「女の一生/2016」のジュディット・シュムラ。

新郎の母に「サンバ/2014」のエレーヌ・ヴァンサン。

監督、脚本は「最強のふたり/2011」「サンバ/2014」のエリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ。


シネマカリテにて


[PR]
by margot2005 | 2018-07-17 20:43 | フランス | Trackback | Comments(2)

「レディ・バード」

Lady Bird2017 USA

a0051234_22293058.jpg
a0051234_22292151.jpg

2002年カリフォルニア州サクラメント。堅苦しいカトリック系高校に通うクリスティンは自身をレディ・バードと名乗っている。両親とは上手くいっていなくて、特に母親には反発しまくる日々。クリスティンとって親友のジュリーが唯一の理解者。そんなある日、授業の一環で演劇が催されることになりダニーという青年と出会う。次第に親密になっていく二人だったが、ある時、彼がゲイであることが判明。クリスティンの恋は暗礁に乗り上げてしまう…


母親は娘を地元の大学に進学させたいと願っているが、クリスティンはこの閉塞的な街から逃れたくてたまらない。彼女は大都会ニューヨークの大学に行きたいと願っていたのだ。それを知った父親は密かにクリスティンを手助けする。

ラスト、うるさい母親や閉塞的な街から逃れることに成功したクリスティンが、電話で母親に謝罪し愛していると告げるシーンが素敵だった。

高校生役のシアーシャ・ローナンに違和感はない。彼女幼い雰囲気あるのかな?

ルーカス・ヘッジズとティモテ・シャラメがナイス・キャスティング


wowowで放送しているハリウッド映画案内で何度も取り上げられていてちょっと気になっていた一作。

オリジナル脚本はグレタ・ガーウィグの自伝的要素を織り込んでいるそうで、映画を見ていてグレタ・ガーウィグとレディ・バードが被った。

最近wowowで「29歳からの恋とセックス/2012」「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ/2015」「20センチュリー・ウーマン/2016」を鑑賞。グレタ・ガーウィグはかなりイケてる女優だと思う。イケてる女優は監督でもかなりイケてると思った。


クリスティン・レディ・バード・マクファーソンに「ブルックリン/2015」シアーシャ・ローナン。

マリオン・マクファーソンに「マドンナのスーザンを探して/1985」「リービング・ラスベガス/1995」のローリー・メトカーフ。

ラリー・マクファーソンに「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書/2017」のトレイシー・レッツ。

ダニー・オニールに「スリー・ビルボード/2017」のルーカス・ヘッジズ。

カイル・シャイブルに「君の名前で僕を呼んで/2017」のティモテ・シャラメ。

ジュリー・ステファンスにビーニー・フェルドスタイン。

リバイアッチ神父に「マンチェスター・バイ・ザ・シー/2016」「フェンス/2016」のスティーヴン・ヘンダーソン。

シスター・サラ・ジョアンに「ハリウッドランド/2006」のロイス・スミス。

監督、脚本は「フランシス・ハ/2012「ローマでアモーレ/2012」「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命2016」のグレタ・ガーウィグ。


TOHOシネマズシャンテにて



[PR]
by margot2005 | 2018-07-15 22:49 | USA | Trackback | Comments(2)

「ピーターラビット」

Peter Rabbit2018 オーストラリア/USA

a0051234_22390358.jpg
a0051234_22385491.jpg

ビアトリクス・ポターの名作絵本をCGと実写で映画化したコメディ・アドベンチャー。


かなり前に見たのだけどレビュー書くのをすっかり忘れていた。かつて湖水地方を訪れたことがある。ビアトリクス・ポター/「ミス・ポター/2006」ピーターラビットも大好きで楽しみにしていた一作。

下は湖水地方のピーターラビットのお店

a0051234_23232512.jpg

CGと実写が上手く合成されていて素晴らしかった。

トーマスが湖水地方の玄関ウィンダミアに向かうシーンがあるが、ロケーションはオーストラリア。

心優しい画家ビアがトーマスに庭はもともとウサギたちのものだったのよ。というセリフがニクい。

ビアが大好きなピーターがトーマスに嫉妬して意地悪したり、潔癖症で動物嫌いのトーマスがあの手この手でピーターたちを追い詰めていく。それらがエスカレートしていく様が面白くて大笑いした。

ドーナル・グリーソンはコメディが似合う!

髭もじゃのサム・ニールが別人で驚き

ピーターラビットの声を担当するジェームズ・コーデンをはじめとして、他のラビットたちの声が豪華でナイス。


ピーターラビット(声)に「イントゥ・ザ・ウッズ/2014」のジェームズ・コーデン。

モプシー(声)に「マクベス/2015」のエリザベス・デビッキ。

ナレーション、フロプシー(声)/に「ターザン:REBORN/2016」のマーゴット・ロビー。

カトンテール(声)に「オリエント急行殺人事件/2017」のデイジー・リドリー。

ベンジャミンに「ナルニア国物語/3: アスラン王と魔法の島/2010」のコリン・ムーディー。

トーマス・マグレガーに「ブルックリン/2015」「スター・ウォーズ/フォースの覚醒/2017」のドーナル・グリーソン。

ビアに「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命/2012」「X-MEN:アポカリプス/2016」のローズ・バーン。

ミスターマグレガーに「トレイン・ミッション/2018」のサム・ニール。

監督、脚本、原案、製作に「ステイ・フレンズ/2011」「ANNIE/アニー」のウィル・グラック。


TOHOシネマズ日比谷にて(シアターのある4階から見下ろした東京の街の緑が綺麗)

a0051234_23110332.jpg
a0051234_23111222.jpg


[PR]
by margot2005 | 2018-07-06 23:20 | UK | Trackback | Comments(4)