<   2018年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「グレイテスト・ショーマン」

The Greatest Showman2017 USA

a0051234_19521884.jpg

19世紀半ばのアメリカ。貧しい暮らしのP・T・バーナムはある日、仕立屋の父親と共に大富豪の家に赴く。屋敷のお嬢様チャリティに一目惚れしたバーナムは恋心を募らせ、大人になって結婚を申し込む。二人の娘が生まれ家庭生活は幸せそのものだったが、日々の暮らしは楽ではなかった。そんなある時、バーナムは娘の発案から前代未聞のショーを作ることを思いつく…


すっかり忘れていて見てから一ヶ月以上たってしまったけどまだ上映している。

上手いのは知っているけど、ヒュー&ザックの歌の上手さを再認識。キアラ・セトル&ゼンデイヤも上手い。レベッカ・ファーガソンは上手すぎ!と思っていたらやはり口パクだった。ミッシェルの歌声がとても素敵でと思ったけど「マリリン 7日間の恋/2011」でも素敵に歌っていたのを思い出した。

ヒューのダンスパフォーマンスは素晴らしくて見惚れる。


ミュージカル・エンタテインメントって滅多に見ることができない。本作は「ラ・ラ・ランド/2016」でアカデミー歌曲賞を受賞した作詞作曲家チームとタッグを組んで作られたそう。「ラ・ラ・ランド」も良かったけど、こちらもすごく良くて感動した。たまにいきなり歌いだすミュージカルを見ると気分が明るくなってgood

P・T・バーナムは実在の人物とのこと。彼は幼なじみのお嬢様チャリティ一筋!だった。ジェニー・リンドの誘惑にも負けなかったバーナムは心から妻を愛していたに違いない。

ヒューは最高だけどザック・エフロンもナイス!何と言っても彼はミュージカルが似合う俳優。


P・T・バーナムに「レ・ミゼラブル/2012」「イーグル・ジャンプ/2016」のヒュー・ジャックマン

チャリティ・バーナムに「マンチェスター・バイ・ザ・シー/2016」のミシェル・ウィリアムズ。

フィリップ・カーライルに「ペーパーボーイ 真夏の引力/2012」「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間/2013」「ダーティ・グランパ/2016」のザック・エフロン。

ジェニー・リンドに「マダム・フローレンス! 夢見るふたり/2016」のレベッカ・ファーガソン。

アン・ウィーラーに「スパイダーマン:ホームカミング/2017」のゼンデイヤ。

レティ・ルッツにキアラ・セトル。

W・D・ウィーラーにヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世。

監督はマイケル・グレイシー。 


TOHOシネマズ 新宿にて


オープンしたTOKYO MIDTOWN HIBIYA。このビルの4階にTOHOシネマズ日比谷がある。まだ外観しか見てないけどこれからこのシアターで映画を見るのが楽しみとなった(オープンの前日に撮影)。

a0051234_19555195.jpg
a0051234_19560889.jpg
a0051234_19555970.jpg

[PR]
by margot2005 | 2018-03-31 20:37 | USA | Trackback | Comments(4)

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」

The Killing of a Sacred Deer2017 UK/アイルランド/USA

a0051234_22140710.jpg
a0051234_22134398.jpg

心臓外科医のスティーブンは美しい眼科医の妻アナと二人の子供と共に郊外の豪邸に住んでいる。満たされた日常を送っているように見えるが、本当は家族に言えない悩みを抱えていた…


<”4つの悲劇を用意した--->ギリシャの奇才ヨルゴス・ランティモス描くサイコスリラー。

映画のオープニングはとてもリアルな心臓手術のシーン。やがて手術が終わり血の付いた手袋を脱ぎ捨てる心臓外科医スティーブンが映し出される。シーンは変わってスティーブンが少年マーティンに高価な腕時計をプレゼントしている。喜んだマーティンはハグして良い?と聞き抱きしめるが、スティーブンはどこかぎこちない。

別の日、マーティンがスティーブンの病院に姿を表す。麻酔科医マシューと鉢合わせしたスティーブンは彼は娘キムと同じ学校に通う高校生でドクターを目指していると紹介する。しかしそれは嘘で、突然思いついた言いわけだった。


映画のタイトル「聖なる鹿殺し」はギリシャ悲劇「アウリスのイピゲネイア」をモチーフとしている。女神アルテミスキムの逆鱗に触れたトロイアのアガメムノーンが長女イピゲネイアを生贄にささげなくてはならない事態に陥るという物語。ドラマの生贄はスティーブンの妻子。キムが学校で「イピゲネイア」のエッセイを書く件も用意されている。


ミヒャエル・ハネケの「ファニーゲーム/1997」のような展開になるのか?と想像していたが、そうではなく父親を殺された息子のリベンジ・ドラマだった。

ギリシャの奇才と言われる監督ヨルゴス・ランティモスの頭の中はどのようになっている?”と「ロブスター」のレビューに書いた。奇想天外さは前作よりましかも知れない。とも書いている。前作とは「籠の中の乙女/2009」のこと。でもやはり本作も奇想天外で強烈。


「ロブスター」に続き主演はコリン・ファレル。コリンは大好きな俳優なので、今月は「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」と本作を続けて見ることができて大満足。

コリン映画は「タイガーランド/2000」以来ほぼ全て見ていて、中でも一押しは「フォーン・ブース/2002」かな?


映画を見ていて逆立ちしてもコリンが心臓外科医に見えないで困ったのは事実。まぁアル中の心臓外科医ではあったけど

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」に続いて共演はニコール・キッドマン。二人は夫婦役で、実際にはニコールの方が年上だからか?コリンはあごひげを生やしてかなり老け顔になっている。


異常者を演じるバリー・コーガンがぞっとするほどハマっていて、彼の存在がドラマを文句なしに盛り上げている。そして懐かしのアリシア・シルヴァーストーンの出演に驚き!


オフィシャルサイトに心理的に追いつめていく音楽とあるように、独特のMusicが恐怖心を一層盛り上げる。そう確かに恐怖心を盛り上げてはいるのだけど、あまりにも理不尽な4つの悲劇恐怖心を通り越して笑いを誘ってしまう。

ラスト近く、マーティン呪いストップさせることができないと知ったスティーブンが自暴自棄になり泣き出すシーンにも笑ってしまった。

完璧なまでに白けた雰囲気が漂うレストランでのラスト・シーン奇才には申しわけないけどやはり笑うしかなかった。

サイコスリラーって見ようによっては笑える?


スティーブンに「The beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ/2017」のコリン・ファレル。

アナに「The beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」のニコール・キッドマン。

マーティンに「ベルファスト71/2014」「ダンケルク/2017」のバリー・コーガン。

娘キムに「トゥモローランド/2015」のラフィー・キャシディ。

息子ボブにサニー・スリッチ。

マーティンの母に「タイムトラベラー/きのうから来た恋人/1999」「恋の骨折り損/1999」のアリシア・シルヴァーストーン。

マシューに「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/2014」のビル・キャンプ。

監督、脚本、製作は「籠の中の乙女/2009」「ロブスター/2015」のヨルゴス・ランティモス。


新宿シネマカリテにて



[PR]
by margot2005 | 2018-03-25 21:18 | UK | Trackback | Comments(2)

「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」

The Beguiled2017 USA

a0051234_22135440.jpg

1864年、南北戦争最中のアメリカ合衆国バージニア州。深い森の中にあるファーンズワース女子学園には校長のミス・マーサと教師のエドウィナ、そして5人の少女たちが暮らしている。ある日、キノコ狩りに出かけたエイミーが負傷した北軍兵士マクバニーを発見し学園に連れ帰る。やがてマクバニーは女性ばかりが暮らす学園の招かれざる客となる


エドウィナに愛している、結婚しよう!おまけに”今夜君の部屋に行く!”なんて言っておきながら、アリシアのベッドに潜り込んだマクバニー。女の園に男は自分だけ。よりどりみどりならそりゃ若い方が良いに決まっている。でもエドウィナに見つかってしまって階段から突き落とされた後はあれよあれよと言う間に足を切断され、最後は毒キノコを食べさせられてしまった。

マクバニーの遺体を包む布を縫うシーン…”ステッチは細かくねなんて指示するミス・マーサが魔女風で笑いそうだった。演じるキッドマンはモロ魔女の雰囲気でナイス・キャスティング。

笑えるドラマではないのだけど、俳優たちの真剣な表情を見ていると、あらゆるシーンでなぜか?笑えてマジで困った。


ソフィア・コッポラ映画はwowowで鑑賞したスティーヴン・ドーフ&エル・ファニングの「SOMEWHERE2010」以来。

本作は1971年のクリント・イーストウッド主演の「白い肌の異常な夜」のリメイクとのこと。しかしその映画を全く知らなかった。クリント・イーストウッドって監督としては素晴らしいのだが、俳優となるとどうも苦手で彼の映画は”ダーティハリー”シリーズとマカロニウエスタンくらいしかTVで見ていない。唯一「マディソン郡の橋/1992」はシアターで鑑賞している。


イーストウッドの役をコリン・ファレルが演じたなんてなんかしっくりこないけど、本作のマクバニー伍長コリンはナイス・キャスティングだったと思う。

「白い肌の異常な夜」は男性の視点から描いているが、こちらは女性側から描いている。監督&脚本女性だし

あの眉毛のせいなのか?顔つきのせいなのか?コリンは情けないキャラが実に似合う俳優。


本作はカンヌ国際映画祭2017で監督賞を受賞。19世紀の女性たちの衣装や館は美しく映像は素晴らしかったけど、ドラマはそれほどでもなかったかな?


ジョン・マクバニーに「ロブスター/2015」「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅/2016」のコリン・ファレル。

ミス・マーサに「LION ライオン 25年目のただいま/2016」のニコール・キッドマン。

エドウィナに「ドリーム/2016」のキルステン・ダンスト。

アリシアに「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男/2015」「ネオン・デーモン/2016」のエル・ファニング。

エイミーに「サウスポー/2015」のウーナ・ローレンス。

ジェーンに「ナイスガイズ!/2016」のアンガーリー・ライス。

マリーにアディソン・リーケ。

エミリーにエマ・ハワード。

監督、脚本、製作は「マリー・アントワネット/2006」のソフィア・コッポラ。


TOHOシネマズ 新宿(既に上映終了/池袋シネマロサで上映中)にて


[PR]
by margot2005 | 2018-03-24 21:03 | USA | Trackback(1) | Comments(4)

「シェイプ・オブ・ウォーター」

The Shape of Water2017 USA

a0051234_20514573.jpg
a0051234_20513739.jpg

1962年、米ソ冷戦下のアメリカ合衆国。話すことができない孤独な女性イライザは政府の極秘研究所航空宇宙研究センターで清掃員として働いている。隣人でゲイのジャイルズと、一緒に働く黒人のゼルダに支えられ平穏な日々を送っているが、恋人がいない寂しさを抱えていた。そんなある日、研究所の水槽に閉じ込められている不思議な生きものを見つける


イライザが見つけた不思議な生きものは、アマゾンの奥地で原住民に神と崇められていたという。そういえばラストで、ストリックランドがお前は神か?というシーンがあった。


ある日、航空宇宙研究センターにホフステトラー博士が生物の入ったタンクを運び込んでくる。エリート軍人ストリックランドがタンクに入った不思議な生きものを粗末に扱ったところ、その生きものが怒りを爆発させ彼の指を食いちぎってしまう。そしてイライザは汚れた部屋を掃除するため呼ばれるのだった。


イライザはランチのゆで卵をそっと差し出し、レコードをかける。恋人がいない彼女は両生類のような半漁人のカレに心奪われてしまったのだ。カレに手話が通じるとはとても思えないがファンタジー・ラヴ・ロマンスとして見れば二人のシーンはとても素敵。


話すことができない孤独な女性と両生類の究極のラヴ・ストーリー。

本年度のオスカー作品賞と監督賞をゲットしたギレルモ・デル・トロは、授賞式で、話すことができない女性と両生類の恋物語の企画なんて通るのか?と思ったと語っていた。

よくは知らないけど、ダグ・ジョーンズってモンスター役俳優の第一人者らしい。IMDbによるとギレルモ・デル・トロ作品にしばしば出演とあり、どうやら監督のお気に入りの様子。

一方でサリー・ホーキンスはマイク・リー作品にしばしば出演している。憂いを帯びた悲しい表情が似合うサリー。唯一パディントンミセス・ブラウン役は明るいキャラで似合っていた。

残念ながらオスカーはフランシス・マクドーマンドに持って行かれたけど、本作のサリーはキュートだった。


イライザに「パディントン2/2017」のサリー・ホーキンス。

ストリックランドに「ノクターナル・アニマルズ/2016」のマイケル・シャノン。

ジャイルズに「親愛なるきみへ/2010」「スポットライト 世紀のスクープ/2015」のリチャード・ジェンキンス。

半漁人に「パンズ・ラビリンス/2006「ゲンズブールと女たち/2010」「クリムゾン・ピーク/2015」のダグ・ジョーンズ。

ゼルダに「gifted/ギフテッド/2017」のオクタヴィア・スペンサー。

ホフステトラー博士に「女神の見えざる手/2016」のマイケル・スタールバーグ。

フレミングに「猿の惑星:創世記(ジェネシス)/2011」のデヴィッド・ヒューレット。

ホイト元帥に「マネーボール/2011」のニック・サーシー。

監督、脚本、製作、原案は「パンズ・ラビリンス/2006」「パシフィック・リム/2013「クリムゾン・ピーク/2015」ギレルモ・デル・トロ。


シネリーブル池袋にて


[PR]
by margot2005 | 2018-03-17 22:15 | MINI THEATER | Trackback(1) | Comments(6)

「花咲くころ」

Grzeli nateli dgeebi」…aka「 In Bloom」2013 ジョージア/ドイツ/フランス

a0051234_20512658.jpg

1992年春、ジョージアの首都トビリシ。ソ連から独立した後に起こった内戦で不安定な政治情勢が続いている地に暮らす14歳の少女エカとナティアは親友同士。

エカは父親不在で、母親と何かと干渉してくる姉との三人家族。ナティアの家庭は酒に酔っては暴れる父親のせいで荒んでいる。生活物資が不足しているためパンも配給制で今日も長い列ができているが、そんな時、二人は楽しいおしゃべりに興じるのだった。ある日、ナティアは彼女に好意を持つ青年ラドから護身用に拳銃をプレゼントされる…


エカが少年からいじめに合っていることを知っているナティアは彼らを銃で脅すよう命じる。エカはナティアが銃を持っていることに終始反対していた。しかしある時、ナティアの弟が少年にいじめられているのを目の当たりにし銃で彼らを脅してしまう。

程なくナティアは青年ラドではなく、しつこく結婚しようと迫る青年コテと結婚する。

14歳で結婚って!それも誘拐されての結婚!ドラマを見て誘拐婚というものがあることを知った。


双方の親が盛り上がる披露宴で鬱ぎ込むナティア。エカは親友ナティアの結婚が理解できない。やがてダンスに興じる人々の仲間入りしたエカが突然踊りだしたのだ。あのシーンには驚いたがとても素敵だった。

ナティアはコテとの結婚も宿命と諦め悲しい現実を受け入れる。そして不在だった父親に会いに刑務所を訪ねるエカのシーンでラストを迎える。


旧ソ連ジョージアの隣国はトルコ。本作を見てトルコの黒海沿岸の小さな村を舞台に描いた「裸足の季節/2015」を思い出した。男性や親に逆らえない少女たちが哀れだ。

主演の二人はサラエボ映画祭で最優秀主演女優賞に輝いた。1999年と1998年生まれの主演の二人が瑞々しい美しさでタイトルにぴったり。


岩波ホール創立50周年記念作品第一弾と銘打って公開された。神保町の岩波ホールに映画を見に行くようになって20年くらいたつかな?と思う。公開される映画は圧倒的にヨーロッパ映画。で、岩波ホールはヨーロッパ映画好きな私のお気に入り映画館。


エカにリカ・バブルアニ。

ナティアにマリアム・ボケリア。

コテにズラブ・ゴガラーゼ。

ラドにダタ・ザカレイシュヴィリ。

監督はナナ・エクフティミシュヴィリ&ジモン・グロス。


岩波ホールにて 3/16まで



[PR]
by margot2005 | 2018-03-16 23:57 | ヨーロッパ | Trackback | Comments(0)

「ナチュラルウーマン」

Una Mujer Fantástica…akaA Fantastic Woman」チリ/ドイツ/スペイン/USA

a0051234_18064380.jpg

チリのサンティアゴに暮らすウエイトレスのマリーナには年の離れた恋人オルランドがいる。音楽家の指導を受けながら時折ナイトクラブで歌うマリーナ。優しく誕生日を祝ってくれるオルランドとの生活は幸せそのものだった。しかし夜中に突然自宅で倒れたオルランドが運び込まれた病院で亡くなってしまう。死因は動脈瘤だった


ドラマのオープニングは美しいイグアスの滝で、オルランドがマリーナと旅に出ようと思っていた場所。しかしイグアスの滝へ行くことは叶わなかった。


マリーナはオルランドの死を知らせるため、彼の弟ガボに連絡を取る。ガボはマリーナの存在を知っていた。しかしオルランドにはマリーナの存在を知らない息子と別れた妻がいたのだ。

ある時、マリーナが住んでいるアパートにオルランドの息子がいきなりやって来て軽蔑の眼差しで見つめる。そして父親のアパートから出て行け!とマリーナを脅すのだった。マリーナは最愛の人オルランドとの思い出が詰まったアパートを去らなければならない現実に打ちのめされる。やがてオルランドの別れた妻から連絡があり、元夫の車を返して欲しいと言われた後、葬儀には参列しないで欲しいと告げられる。

一方でオルランドの突然死に疑問を抱いた刑事がトランスジェンダーであるマリーナを疑い始める。


トランスジェンダーのマリーナがオルランドの親族(ガボだけはマリーナを理解している)から嫌がらせや差別を受ける。しかしそれに向かって闘い抜き、新しい生き方を見つけるまでを描いた感動のドラマ。

ボクシングのパンチングボールを思い切り叩いてストレスを発散するマリーナがナイス!

本年度のアカデミー外国語映画賞を受賞し、マリーナを演じたダニエラ・ベガも艶やかなローズピンクのドレスに身を包んで登場した。その後、映画「君の名前で僕を呼んで」を紹介。ドレス姿のダニエラ・ベガってスゴく妖艶で驚くばかり。


マリーナにダニエラ・ベガ。

オルランドに「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者/2016」のフランシスコ・レジェス。

ガボに「NO/2012」のルイス・ニェッコ。

監督、脚本は「グロリアの青春/2013」のセバスティアン・レリオ。

a0051234_18034063.jpeg
シネマカリテにて


[PR]
by margot2005 | 2018-03-11 20:38 | 中・南米 | Trackback | Comments(2)

「ウイスキーと2人の花嫁」

Whisky Galore2016 UK

a0051234_21410435.jpg

第二次世界大戦最中のスコットランドの小さな島、トディー島。戦争のせいでウイスキーの配給が止まってしまい、ウイスキーが大好きな島民たちはがっくりきてしまう。そんなある日、島の近くで貨物船の座礁事故が起こる…


島の郵便局長ジョセフと彼の二人の娘を軸にドラマは進んでいく。

ウイスキーが大好きなのは男性だけではなく女性も…スコットランドの大人は皆ウイスキーが大好き!ということがわかった。

邦題についている”2人の花嫁”ジョセフの娘たちのこと。”ウイスキーのない結婚式なんてありえない!”と、言い切るジョセフさすがスコッチ・ウイスキーの本場!と納得した。


島民は貨物船が沈没する前にウイスキーを救おうと立ち上がり、なんとか洞窟に隠すことに成功。しかし禁制品のウイスキーを回収する関税消費税庁の役人がやって来る。島民一団となって役人を騙す様が痛快!


本作は実話。ニューヨークに向かう貨物船が座礁し、積荷は5万ケースものウイスキーだった…なんてあまりにもタイムリーで驚く。

英国のエドワード8世と結婚したウォリス・シンプソンの秘密の手紙が積み込まれていた件も語られるが、それは実際にあったこと?


ジョセフ・マクルーンに「ラブ・アクチュアリー/2003 「ヴェニスの商人 /2004」のグレゴール・フィッシャー。

ワゲット大尉に「オーシャンズ13/2007」「アクロス・ザ・ユニバース/2007」「ワルキューレ/2008」のエディ・イザード。

オッド軍曹に「ハリー・ポッターと秘密の部屋/2002」「フローズン・タイム/2008」のショーン・ビガースタッフ。

ペギー・マクルーンにナオミ・バトリック。

カトリーナ・マクルーンに「17歳の肖像/2007」のエリー・ケンドリック。

ジョージ・キャンベルに「サンシャイン/歌声が響く街/2013」のケヴィン・ガスリー。

アンガスに「名犬ラッシー/2006」のブライアン・ペティファー。

マカリスター牧師に「ユアン少年と小さな英雄/2005」「T2 トレインスポッティング/2017」のジェームズ・コスモ。

監督は「グッバイ・モロッコ/1998」のギリーズ・マッキノン。


新宿武蔵野館にて


[PR]
by margot2005 | 2018-03-09 22:20 | UK | Trackback | Comments(0)

「ロープ 戦場の生命線」

A Perfect Day2015 スペイン

a0051234_18005948.jpg

1995年、停戦直後のバルカン半島。ある日、ある村で井戸の中に死体が浮いているのが発見される。国際援助組織国境なき水と衛生管理団のマンブルゥは死体の引き上げを試みるが重さに耐えかねたロープが切れてしまう。やがて大切な水が汚染されて困っている村人たちの前に、水を高値で売る犯罪組織のトラックが現れる


オープニングにバルカン半島のどこか…”の案内が出る。ロケーションはスペイン。

井戸の中に死体を投げ込んだのは犯罪組織の仕業で、マンブルゥたちがロープを探しに地雷の埋まる危険地帯を右往左往する1日を描いたブラックコメディ。

国際援助組織国境なき水と衛生管理団と称する彼らがマジでオカシイ。ラストで現タイトル「A Perfect Day」が語られる。彼らにとってその日はまさにA Perfect Day」だった。


国際援助組織のメンバーは、実際にプエルトリコ、フランス、ウクライナ、スペイン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、そしてアメリカ合衆国出身とスーパーinternationalな出演者たち。

ベニチオ・デル・トロはお気に入り俳優の一人。そしてティム・ロビンスが懐かしい!「いとしい人/2007」シアターで見てるんだけどティム・ロビンスが彼自身で出演しているシーンの記憶が飛んでいる。数々のフランス映画に出演するセルジ・ロペスの出番がもう少しあれば良かったのだけど


エンディングに、ピート・シーガーが作り、60年代に世界中で大ヒットした反戦歌”花はどこへ行った/Where Have All The Flowers Gone?”が流れ、改めてその美しくも悲しい歌詞に圧倒される。

カンヌ国際映画祭の公式上映では、スタンディングオベーションが10分間続いて絶賛されたそう。そして世界中で大ヒットした傑作とのこと。

戦争映画をユーモアたっぷりで描いた本作は確かに傑作。


マンブルゥに「エスコバル 楽園の掟/2014」「ボーダーライン/2015」のベニチオ・デル・トロ。

ビーに「あなたになら言える秘密のこと/2005」「ショーシャンクの空に/1994」のティム・ロビンス。

ソフィーに「ラルゴ・ウィンチ/2008」「ザ・ダンサー/2016」のメラニー・ティエリー。

カティヤに「ある天文学者の恋文/2016」のオルガ・キュリレンコ。

ダミールにフェジャ・ストゥカン。

ゴヨに「タンゴ・リブレ 君を想う/2012」のセルジ・ロペス。

監督、脚本、製作は「カット!/1996」のフェルナンド・レオン・デ・アラノア。


新宿武蔵野館にて


[PR]
by margot2005 | 2018-03-07 21:32 | スペイン | Trackback | Comments(2)

「ローズの秘密の頁」

The Secret Scripture2016 アイルランド

a0051234_18010934.jpg

老女ローズはアイルランドの精神病院に40年もの間収容されている。ある日、その聖マラキ病院が取り壊されることが決まり引越し作業が始まっていた。そんな折、ドクター・グリーンがローズの担当医となりミステリアスな老女の話に看護師と共に耳を傾け始める。

一方で第二次世界大戦中のアイルランド。故郷の田舎町に暮らすローズは魅力的な女性で男たちの注目の的。あろうことか神父のゴーントまでローズに付きまとっている。やがて、ローズは英国空軍に志願し、裏切り者呼ばわりされるマイケルと出会い恋に落ちる


年老いたローズはドクター・グリーンと看護師相手に自らの過去を語り始める。ローズの回想に合わせて40年代の若いローズが現れドラマは進んでいく。

ローズは大切に持っていた聖書に日記を書き綴っていた。そしてドクター・グリーンは日記から真実を解明していく。戦争のせいで精神病院に閉じ込められてしまったローズが気の毒でならなかった。ラストはとても衝撃的だったけど感動で胸が震える。


ヒロインのルーニー・マーラ(1940年代)とヴァネッサ・レッドグレーヴ(1980年代)はもちろん、ジャック・レイナー、テオ・ジェームズ、そしてお気に入り俳優のエリック・バナ、すべての俳優たちが皆適役で素晴らしい。


ローズに「LION ライオン 25年目のただいま/2016」のルーニー・マーラ。

レディローズに「アンコール!!/2012」「大統領の執事の涙/2013」「フォックスキャッチャー/2014」のヴァネッサ・レッドグレイヴ。

マイケル・マクナルティに「シング・ストリート 未来へのうた/2015」「フリー・ファイアー/2016」のジャック・レイナー。

ゴーント神父に「恋のロンドン狂騒曲/2010」「ダイバージェント/2014」のテオ・ジェームズ。

ドクター・グリーンに「ブーリン家の姉妹/2008」「キング・アーサー/2017」のエリック・バナ。

看護師に「Jの悲劇/2004」のスーザン・リンチ。

監督、脚本、製作は「マイ・レフトフット/1989」「父の祈りを/1993」「マイ・ブラザー/2009」「ドリーム・ハウス/2011」のジム・シェリダン。


新宿武蔵野館にて



[PR]
by margot2005 | 2018-03-06 21:54 | UK | Trackback | Comments(2)