カテゴリ:MINI THEATER( 233 )

「ブレイン・ゲーム」

Solace2015 USA

a0051234_23281950.jpg
a0051234_23283054.jpg
a0051234_23284062.jpg

FBI特別捜査官のジョー・メリウェザーは相棒のキャサリンと連続殺人事件の捜査に当たっているが中々解決に至らず、ある日、元同僚で今では隠遁生活を送るジョンの家を訪ねる


ジョンの参加で容疑者が浮上してくる。その男はジョンと同じく優れた予知能力を持っていた。やがてジョンと男の戦いが始まる。

超能力を信じていないFBI特別捜査官のキャサリン・コウルズと、精神科医を信じていないアナリスト兼医師のジョン・クランシー博士。ずば抜けた予知能力を持つジョンと精神科医の資格を持つFBIのキャサリンの組み合わせが面白い。


映像がスタイリッシュで、展開も素早くて観客を釘付けにする。とてもスリリングなサスペンスだがテーマはかなりアブノーマルでよくぞ公開されたと思う。容疑者チャールズが神は関係ない!と言っていたが、劇中十字架が繰り返し登場し、チャールズ自ら体を十字にするシーンもあり宗教からは切り離せないイメージ

そしてDVDスルーにならずに一般公開されたのは出演陣のせい?


大好きなコリン出演作ながら彼は中盤以降にしか登場しないのが残念。何となくコリンが前公開作品より若いと思っていたら映画は2015年製作だった。

アビーは「スリー・ビルボード」では地味なキャラだったが本作ではスゴくかっこいい!ので大満足。彼女は大のお気に入り女優。

実はアンソニー・ホプキンスは大の苦手。コリンとアビーが出演していなかったら見送っていた可能性が高い。しかしながらホプキンスは予知能力を持つジョンがハマっている。

映画を見終わってロマン・デュリスの人の死期が分かる男を描いた「メッセージ そして、愛が残る/2008」を思い出した。


ジョン・クランシー博士に「ハイネケン誘拐の代償/2014」のアンソニー・ホプキンス。

ジョー・メリウェザーに「ウォッチメン/2009」「悪党に粛清を/2015」のジェフリー・ディーン・モーガン。

キャサリン・コウルズに「スリー・ビルボード/2017」のアビー・コーニッシュ。

チャールズ・アンブローズに「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア/2017」のコリン・ファレル。

監督はアフォンソ・ポヤルト。


新宿武蔵野館にて


[PR]
by margot2005 | 2018-10-17 00:02 | MINI THEATER | Comments(0)

「タリーと私の秘密の時間」

Tully2018 USA

a0051234_22185504.jpg

3人目が生まれそうなマーロは忙しい日々を送っている。娘のサラには手がかからないが、息子のジョナは情緒不安定な性格で、小学校の校長から転校を提案される。そしてドリューは仕事一筋で家事に全く参加しない。そうこうするうち3人目のベビーが生まれマーロはますます忙しくなり途方に暮れてしまう


リッチな兄クレイグがマーロの出産祝いに贈ったのは夜間専属のベビーシッター。マーロは何事も自分でやらないと気がすまない完璧主義者だが、自らの限界を感じてベビーシッターを受け入れることにする。やって来たのはイマドキの若い女の子タリー。そして戸惑うマーロお構いなしにベビーの面倒をみるからゆっくり休んで!と宣言する。

ベビーの面倒をみるのは夜間のみというのが少々不思議だった。見ていてなぜ?と何度も思ったがそうかなるほどと理解した。


コメディ映画に分類されているけど笑えない。白けた笑いしかなかったかな?そして面白くない。こちらも最近見たフランス映画で描かれていた妄想ドラマ。

シャーリーズは18キロも体重を増やして頑張っているけど、盛り上がりには欠けるし何とも中途半端なドラマだった。子育て経験はあるがあまりにも前なので感情移入するのは難しい。子育て奮闘中のママなら感情移入できるかも知れない。


過去のジェイソン・ライトマンの映画は「サンキュー・スモーキング/2006」とか「マイレージ、マイライフ/2009」などスゴく良い映画だった。この監督の映画はだんだん冴えなくなっていくような気がする。

綺麗なシャーリーズは良いけどデブのシャーリーズはもうやめて欲しい。TOHOシネマズのたまったポイントで鑑賞だったのでなんとか許した。

そうそう「ヤング≒アダルト/2011」のレビューにも我ながらなぜこの映画を観てしまったのか?と書いている。


マーロに「ダーク・プレイス/2015」「スノーホワイト/氷の王国/2016」のシャーリーズ・セロン。

タリーに「あなたとのキスまでの距離/2013」「オデッセイ/2015」「ブレードランナー 2049/2017」のマッケンジー・デイヴィス。

夫ドリューに「きみがぼくを見つけた日/2009」のロン・リヴィングストン。

兄クレイグに「犬と私とダンナのカンケイ/2012」のマーク・デュプラス。

息子ジョナにアッシャー・マイルズ・フォーリカ。

娘サラにリア・フランクランド。

監督、製作は「ヤング≒アダルト/2011」「とらわれて夏/2013」のジェイソン・ライトマン。


TOHOシネマズ・シャンテにて(既に上映終了/新宿シネマカリテで上映中)


[PR]
by margot2005 | 2018-09-16 22:51 | MINI THEATER | Comments(2)

「きみへの距離、1万キロ」

Eye on Juliet2017 カナダ/フランス/モロッコ

a0051234_18513168.jpg

デトロイトに住む青年ゴードンは1万キロ離れた北アフリカの砂漠地帯にある石油パイプラインを見張るため小さなクモ型ロボットを操作し石油泥棒を監視している。仕事は順調だが私生活では大失恋をしたばかりで心に大きな穴が空いていた


死ぬほど愛しているんだ!と伝えたにも関わらず去っていった彼女。落ち込むゴードンを見て友人がSNSで何人かの女性を紹介する。一人の女性とデートしたけどなぜかその気になれない。ゴードンは元カノが忘れられないのだ。そんなある日、北アフリカで深く愛し合う男女を知る。

一方で、アユーシャから父親ほど年の離れた男と無理矢理結婚させられそうになっていると聞いた恋人のカリムは、”ヨーロッパへ逃げよう!”と提案する。しかし資金が足りない。そこでカリムは誘われるまま危険な仕事に手を出してしまう。


ゴードンはロボットを通してアユーシャと話すことに成功する。やがて思いつめたゴードンは同僚のピーターのコーヒーに睡眠薬を入れて眠らせアユーシャと再び会話。しかしピーターにバレてしまって上司に報告すると迫られてしまう。

この辺りの展開にはハラハラしたがピーターが良い人で良かった。


ゴードンは小さなクモ型ロボットを操作するオペレーター。デートした女性から仕事の内容を聞かれて話したところそれってマジ?みたいな返事が返ってくる。私も映画を見ていて?マジ!と思ってしまった。

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場/2015」でも虫型小型ドローンが登場したが、こちらは話すし(英語はもちろんアラビア語もOK)トコトコ歩いて愛嬌がある。


女性のうなじの匂いを嗅いて気に入ったなら愛している証拠と、杖をついた盲目の老人から教わったことを実践するパリでのエンディングは感動もの。


現タイトルはジュリエットの目。ゴードンがアユーシャに教えるパスワードがロミオ&ジュリエットも中々素敵だ。ドラマはまるでファンタジーのようで、これって究極のラヴ・ストーリーである。

ジョー・コール良いな。


ゴードンに17歳のエンディングノート/2012「シークレット・アイズ/2015」のジョー・コール。

アユーシャにリナ・エル・アラビ。

カリムにファイサル・ジグラ。

杖をついた盲目の老人にムハンマド・サヒー。

ピーターにブレント・スカグフォード。

監督は「魔女と呼ばれた少女/2012」のキム・グエン。


シネマカリテにて



[PR]
by margot2005 | 2018-04-27 21:45 | MINI THEATER | Comments(2)

「ザ・シークレットマン」

Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House2017 USA

a0051234_16541808.jpg

1972年、ワシントンD.C.。長年FBIに君臨してきたフーバー長官が亡くなる。副長官のマーク・フェルトは自他共に次期長官と目されていたが、ニクソン大統領に近い司法次官のパトリック・グレイが長官代理に就任し、彼は大きな失望感を味わうことになる。そんな折、ワシントンD.C.の民主党本部に盗聴器を仕掛けようとした男たちが逮捕される事件が起こる…


2005年に自らが”ディープ・スロート”であると公表したマーク・フェルト。

ウォーターゲート事件は「大統領の陰謀/1976」という映画になり、ロバート・レッドフォードがワシントン・ポストの記者ボブ・ウッドワードを演じ、ディープ・スロートが登場している。この映画今一度見たくなった。

本作でもフェルトがウォーターゲート事件の調査報道をしたワシントン・ポストの記者ボブ・ウッドワードと密会するシーンがあり興味深かった。


長年FBIに貢献してきたにも関わらず次期長官になれなかった夫。そんな夫マークをなじる妻オードリー。

マーク・フェルトは95歳まで生き娘に看取られて亡くなったが、妻オードリーは46歳で自殺している。そしてフェルトの娘がヒッピーだったことが時代を感じる。


リーアム・ニーソンは「96時間/2008」以来アクション俳優に変身。「シンドラーのリスト/1993」の彼はどこへ?先週公開され鑑賞済みの「トレイン・ミッション/2018」でもまたまた同じパターンのキャラ。本作でのFBI副長官は中々似合っていた。

CIAエージェント役のエディ・マーサンはワンシーンにしか出てこなくて残念。


マーク・フェルトに「ラン・オールナイト/2015」のリーアム・ニーソン。

オードリー・フェルトに「ボンジュール、アン/2016」のダイアン・レイン。

L. パトリック・グレイに「ラビング 愛という名前のふたり/2016」のマートン・ソーカス。

アンジェロ・ラノに「スーサイド・スクワッド/2016」のアイク・バリンホルツ。

エド・ミラーに「メカニック/2011」のトニー・ゴールドウィン。

チャーリー・ベイツに「ポセイドン/2006」「リンカーン弁護士/2011」「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声/2014」のジョシュ・ルーカス。

サンディ・スミスに「パパが遺した物語/2015」「ゴールド/金塊の行方/2016」「キングスマン ゴールデン・サークル/2017」ブルース・グリーンウッド。

ジョン・ディーンに「ペイチェック 消された記憶/2003」「キル・ユア・ダーリン/2013」のマイケル・C・ホール。

ロバート・カンケルにブライアン・ダーシー・ジェームズ。

ビル・サリバンに「救命士/1999」のトム・サイズモア。

CIAエージェントに「人生はシネマティック!/2016」のエディ・マーサン。

ボブ・ウッドワードにジュリアン・モリス。

監督、脚本、製作は「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間/2013」「コンカッション/2015」のピーター・ランデズマン。


ヒューマントラストシネマ有楽町にて(4/6まで)



[PR]
by margot2005 | 2018-04-06 20:44 | MINI THEATER | Comments(0)

「あなたの旅立ち、綴ります」

The Last Word2017 USA

a0051234_23105193.jpg

ビジネスに成功し、リッチな老後を送るハリエットは新聞で他人の立派な訃報記事に目を留め自分の記事の内容を知りたいと思い立つ。縁のある地元新聞社に乗り込み交渉を始めたところ若手記者アン・シャーマンを紹介される。ハリエットの訃報記事の担当となったアンは取材を始め、彼女と関わりのある人物を尋ねて回るが、全ての人に嫌われている事実が判明する。真実を伝えたところハリエットは最高の訃報記事にするため自分を変えてみせる!と宣言する


生き方を変えることにしたハリエットは地域のコミュニティセンターで出会った女の子ブレンダに目をつけ行動を共にする。そしてアンお勧めのラジオ番組に乗り込み無償でDJをやりたい!と交渉し朝一のDJを始める


ビジネスで成功したとはいえハリエットには思い通りにならないことが多々あった。それは家庭生活においても同じ。しかし今は自分の思うように行動でき、おまけに自由である。

ある日、ハリエットはアンとブレンダを伴い娘エリザベスに会いに行く。何年も会っていなかったエリザベスは優秀な精神科医となり男の子の母親でもあった。しかしハリエットにとってエリザベスとの再会は惨めなものだった。精神分析された上、今の状態では孫に会わせられないと言われてしまったのだ。

夫エドワードと諍いの後離婚し、一人娘のエリザベスとは音信不通で、リッチな老後を送っているはずのハリエットの心は全くリッチではなかった。


アンはハリエットのお葬式でお別れの言葉を読みあげ、亡き人を絶賛する。そのラストはちょっと感動してウルウルしてしまった。

シャーリー・マクレーンってマジでクソババア(bitch)が似合う女優。記者役のアマンダ・セイフライドと、ブレンダ役のアンジュエルがとても良かった。アン・ヘッシュ懐かしい!


ハリエット・ローラーに「トレビの泉で二度目の恋を/2014」のシャーリー・マクレーン。

アン・シャーマンに「パパが遺した物語/2015」のアマンダ・セイフライド。

ブレンダにアンジュエル・リー。

ロビン・サンズに「わたしに会うまでの1600キロ/2014」のトーマス・サドスキー。

エドワードに「ゾディアック/2005」のフィリップ・ベイカー・ホール。

ロナルド・オドムに「ラ・ラ・ランド/2016」のトム・エヴェレット・スコット。

エリザベスに「ボルケーノ/1997」「6デイズ/7ナイツ/1998」のアン・ヘッシュ。

監督、製作は「プロフェシー/2002」のマーク・ペリントン。


シネスイッチ銀座にて



[PR]
by margot2005 | 2018-04-03 23:24 | MINI THEATER | Comments(2)

「シェイプ・オブ・ウォーター」

The Shape of Water2017 USA

a0051234_20514573.jpg
a0051234_20513739.jpg

1962年、米ソ冷戦下のアメリカ合衆国。話すことができない孤独な女性イライザは政府の極秘研究所航空宇宙研究センターで清掃員として働いている。隣人でゲイのジャイルズと、一緒に働く黒人のゼルダに支えられ平穏な日々を送っているが、恋人がいない寂しさを抱えていた。そんなある日、研究所の水槽に閉じ込められている不思議な生きものを見つける


イライザが見つけた不思議な生きものは、アマゾンの奥地で原住民に神と崇められていたという。そういえばラストで、ストリックランドがお前は神か?というシーンがあった。


ある日、航空宇宙研究センターにホフステトラー博士が生物の入ったタンクを運び込んでくる。エリート軍人ストリックランドがタンクに入った不思議な生きものを粗末に扱ったところ、その生きものが怒りを爆発させ彼の指を食いちぎってしまう。そしてイライザは汚れた部屋を掃除するため呼ばれるのだった。


イライザはランチのゆで卵をそっと差し出し、レコードをかける。恋人がいない彼女は両生類のような半漁人のカレに心奪われてしまったのだ。カレに手話が通じるとはとても思えないがファンタジー・ラヴ・ロマンスとして見れば二人のシーンはとても素敵。


話すことができない孤独な女性と両生類の究極のラヴ・ストーリー。

本年度のオスカー作品賞と監督賞をゲットしたギレルモ・デル・トロは、授賞式で、話すことができない女性と両生類の恋物語の企画なんて通るのか?と思ったと語っていた。

よくは知らないけど、ダグ・ジョーンズってモンスター役俳優の第一人者らしい。IMDbによるとギレルモ・デル・トロ作品にしばしば出演とあり、どうやら監督のお気に入りの様子。

一方でサリー・ホーキンスはマイク・リー作品にしばしば出演している。憂いを帯びた悲しい表情が似合うサリー。唯一パディントンミセス・ブラウン役は明るいキャラで似合っていた。

残念ながらオスカーはフランシス・マクドーマンドに持って行かれたけど、本作のサリーはキュートだった。


イライザに「パディントン2/2017」のサリー・ホーキンス。

ストリックランドに「ノクターナル・アニマルズ/2016」のマイケル・シャノン。

ジャイルズに「親愛なるきみへ/2010」「スポットライト 世紀のスクープ/2015」のリチャード・ジェンキンス。

半漁人に「パンズ・ラビリンス/2006「ゲンズブールと女たち/2010」「クリムゾン・ピーク/2015」のダグ・ジョーンズ。

ゼルダに「gifted/ギフテッド/2017」のオクタヴィア・スペンサー。

ホフステトラー博士に「女神の見えざる手/2016」のマイケル・スタールバーグ。

フレミングに「猿の惑星:創世記(ジェネシス)/2011」のデヴィッド・ヒューレット。

ホイト元帥に「マネーボール/2011」のニック・サーシー。

監督、脚本、製作、原案は「パンズ・ラビリンス/2006」「パシフィック・リム/2013「クリムゾン・ピーク/2015」ギレルモ・デル・トロ。


シネリーブル池袋にて


[PR]
by margot2005 | 2018-03-17 22:15 | MINI THEATER | Comments(6)

「gifted/ギフテッド」


gifted2017 USA

a0051234_13214063.jpg

7歳の少女メアリーは叔父のフランクと暮らしている。メアリーの母親は数学者で娘も母親の血を引き数学に天才的な才能を持っていた。フランクがメアリーの面倒を見ているのは自殺した姉に頼まれていたから。

やがて学校へ通いだしたメアリーは周りに馴染めず孤立し始める。それは彼女が天才で普通ではないということ。フランクは学校から天才児の英才教育で名高い私学への転校を勧められるがこれを拒否。彼はメアリーを普通の子供として育てたいと願っていた


「(500)日のサマー」がナイスな映画だったのでちょっと期待していた。でも期待以上のドラマで満足した。「キャプテン・アメリカ」のクリス・エヴァンスのヒューマン・ドラマも中々イケてる。そして天才少女メアリー役のマッケナ・グレイスの演技力がスゴイ!

祖母イブリンの出現にどうなるのか?とハラハラしたが、エンディングは想像どうり。隣人ロバータの存在が良いな。フランクがメアリーの担任ボニーと出来ちゃうのは物語的に必要だった?


クリス・エヴァンスの映画を初めて見たのはキム・ベイシンガー主演の「セルラー/2004」。爽やかな青年役が印象的だった。その後「キャプテン・アメリカ」で有名になったクリスながら、上にも書いたようにヒューマン・ドラマが似合う素敵な俳優。


映画は公開されてほぼ1か月。巷で好評を得ているのか?終了日未定で来週も日比谷で上映される予定。


フランクに「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー/2011」のクリス・エヴァンス。

メアリーにマッケナ・グレイス。

イブリンに「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/2014」のリンゼイ・ダンカン。

ボニーにジェニー・スレイト。

ロバータに「ドリーム/2016」のオクタヴィア・スペンサー。

監督は「500日のサマー/2009」マーク・ウェブ。


TOHOシネマズシャンテにて


[PR]
by margot2005 | 2017-12-21 22:00 | MINI THEATER | Comments(6)

「ノクターナル・アニマルズ」

「Nocturnal Animals」2016 USA

a0051234_18185756.jpg
a0051234_18184128.jpg
a0051234_18182950.jpg

アート・ディーラーとして成功を収めながらも夫との結婚生活は冷え切り、満たされない日々を送るスーザン。ある日そんな彼女のもとに、20年前に離婚した元夫エドワードから彼の著作『夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)』が送られてくる。”


スーザン・モローに「メッセージ/2016」エイミー・アダムス。

トニー・ヘイスティングス/エドワード・シェフィールドに「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う/2015」ジェイク・ギレンホール。

ボビー・アンディーズに「ラビング 愛という名前のふたり/2016」マイケル・シャノン。

レイ・マーカスに「アンナ・カレーニナ/2012」アーロン・テイラー=ジョンソン。

ローラ・ヘイスティングスに「お買いもの中毒な私!/2009」アイラ・フィッシャー。

インディア・ヘイスティングスに「高慢と偏見とゾンビ/2016」のエリー・バンバー。

ルーに「ストーンウォール/2015」「ネオン・デーモン/2016」のカール・グルスマン。

ハットン・モローに「フリー・ファイアー/2016」アーミー・ハマー。

アン・サットンに「ハドソン川の奇跡/2016」ローラ・リニー。

アレシアに「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/2014」アンドレア・ライズブロー。

カルロスに「パッセンジャー/2016」マイケル・シーン。

監督、脚本、製作は「シングルマン/2009」トム・フォード。


「シングルマン」に続くトム・フォード作品。予告編はシアターで何度か見たが、ストーリーがどのような展開になるのかは全く予測できなかった。公開が始まって気になったのは上映館が少ないこと。都内では現在日比谷・シャンテとシネマート新宿のみ。トム・フォード映画が万人受けするとは思えないが、ヒロインは万人受けしそうなエイミー・アダムス。しかし相手役はジェイク・ギレンホールで、一癖も二癖もあるマイケル・シャノンも出演している。で、やはりであった。本作は今年鑑賞した映画の中で一番後味の悪いドラマかも知れない。

原作はオースティン・ライトのミステリー小説“ノクターナル・アニマルズ“。“夜の獣たち”と言う名のドラマはとても怪しかった。


予想通りのエンディング。スーザンが待つレストランにエドワードはなぜ現れなかったのだろう?と考えた。

映画を見た後公式サイを覗いたら...

”20年前に別れた夫から送られてきた小説。それは愛なのか。復讐なのか。”とあった。


別れた夫エドワードから送られてきた小説を読み、小説のトニーとエドワードがスーザンの中でダブる。スーザンとエドワードの過去も取り入れながら進むストーリーは極めて斬新。

ある時、エドワードの子供を中絶し、泣き崩れるスーザンを慰めるハットン。しかしエドワードの小説に登場するトニーの娘と、スーザンが電話で話す娘が同一人物だったのは?と謎が残る。


美を愛でるデザイナー、トム・フォード作品だけあってスーザンが纏うファッションが素晴らしく美しい!完璧にメイクアップしたエイミー・アダムスもとても綺麗。彼女が暮らす屋敷もスーパー・ゴージャスだし、出演人もゴージャス!ローラ・リニー、アンドレア・ライズブロー、マイケル・シーンに至ってはワンシーンしか出演していない。そしてアーロン・テイラー=ジョンソンはワルが似合う!似合う!

オープニングのグロテスクなアートはトム・フォード好み??


TOHOシネマズ・シャンテにて



[PR]
by margot2005 | 2017-11-19 20:08 | MINI THEATER | Comments(2)

「ボンジュール、アン」

Bonjour Anne…akaParis Can Wait2016 USA

a0051234_18453980.jpg

カンヌからパリまで美しいフランスの景色が楽しめるロード・ムービー。


アン・ロックウッドに「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男/2015」ダイアン・レイン。

ジャック・クレマンに「メトロで恋して/2004:監督、脚本、製作」のアルノー・ヴィアール。

マイケル・ロックウッドに「アリスのままで/2014」アレック・ボールドウィン。

監督、脚本、製作はエレノア・コッポラ。


アンはアメリカの著名な映画プロデューサー、マイケル・ロックウッドの妻。夫と共にカンヌ国際映画祭にやって来た彼女はその後のバカンスを楽しみにしていたが、マイケルに急な仕事が入りブダペストへ行かなくてはならない事態が起こる。しかし耳の調子が悪くて飛行機に乗る気がしないアンは電車でパリに戻ることを選ぶ。そんな折、マイケルの仕事仲間のジャックが、パリまで一緒に車で戻るのはどう?と誘いかけてくる…


子育ても一段落したアンはこれからの人生をどう生きよう!と思っていたところ。そんな折、タイムリーに出会ったのが人生を楽しむ術を知り尽くすフランス人独身男性のジャックだった。


カンヌからパリまで車を飛ばせばその日中に到着する。しかしジャックは美味しいものを食べて景色を楽しもうじゃないかと提案してくる。そんなわけでホテルに一泊し、ゴージャスな料理を堪能する。


ローマ時代に作られた水道橋ポン・デュ・ガール、プロヴァンスのサント・ヴィクトワール山、ヴェズレーのサント=マドレーヌ大聖堂と、世界遺産に登録されたスポットが登場し、リヨンでリュミエール博物館を訪れるシーンは特に印象深い。リヨンは映画発祥の地であり食通の街でもある。


スティーヴ・クーガンの「イタリアは呼んでいる/2014」というロード・ムービーもあったけどこちらの方が断然ナイス!

レディース・デイ(先週)に見に行ったらなんと!なんと!完璧に満席だった。

Paris Can Wait/パリは待ってくれる」の方がドラマにふさわしいかな?


TOHOシネマズ・シャンテにて

[PR]
by margot2005 | 2017-07-28 19:08 | MINI THEATER | Comments(2)

「アメリカン・バーニング」

American Pastoral2016 USA

a0051234_13481040.jpg

かつてアメリカン・フットボールのスター選手として活躍したスウィードは父親から手袋製造会社を継ぎ、美しい妻ドーンと娘メリーと共にニュージャージーのカントリー・サイドで幸せな日々を満喫していた。しかし16歳になったメリーがニューヨークの学校に通う内ベトナム戦争反対を掲げる過激派グループに加入してしまう。そんな折、地元の郵便局で爆弾テロ事件が起こる...


シーモア(愛称スウィード)、監督に「美女と野獣/2017」ユアン・マクレガー。

ドーンに「ハッピーエンドが書けるまで/2012」「ノア 約束の舟/2014」ジェニファー・コネリー。

メリーに「リリィ、はちみつ色の秘密/2008」「ラスト・スキャンダル~あるハリウッドスターの禁じられた情事~/2013」のダコタ・ファニング。

父ルーに「舞台よりすてきな生活/2000」のピーター・リーガート。

弟ジェリーに「アレクサンドリア/2009」のルパート・エヴァンス。

ヴィッキーにウゾ・アブダ。

リタにバロリー・カレー。

作家ネイサン・ザッカーマンに「テンペスト/2010」「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章/2015」デヴィッド・ストラザーン。

原作は「白いカラス/2003「エレジー/2008」のフィリップ・ロス。


物語は作家のネイサン・ザッカーマンが母校の同窓会に現れるシーンから始まる。棚に飾られた晴れやかなスウィードの写真を見て懐かしい思いに浸っている時一人の男と出会う。彼はスウィードの弟ジェリーだった。その後回想でスウィードの波乱の人生ドラマが始まる。


テロ事件直後行方がわからなくなったメリー。そしてスウィードはある時、ドーンの浮気現場を目の当たりにする。ビジネスに成功し、愛する妻子と幸せな日々を謳歌していたスウィードの人生は完璧なまでに崩壊してしまう。


ある日、スウィードの工場に仕事がしたいという名目でリタと言う娘がやって来る。しかしリタは職探しに来たわけではなくメリーと繋がっていた。メリーに会いたくてたまらないスウィードは居場所を詰問する。

メリーを疑うFBIがスウィードの邸宅を盗聴したり、リタがスウィードをニューヨークにおびき寄せたりするシーンを挟みながら描かれる様はサスペンスフルながら淡々と進むのでそれほどの盛り上がりはないかも知れない。


壊れてしまった家族を元のさやに戻そうと奔走するスウィードが気の毒過ぎる。演じるユアン・マクレガーが好演。

ジェニファー・コネリーを久方ぶりに見た。元ミス・ニュージャージーを演じる彼女は相変わらず美しい。ダコタ・ファニングも頑張っている。

でも英国人のユアン・マクレガーの初めての監督作品が、ユダヤ系アメリカン人の60年代を描いたドラマとは何となくユアンらしくないかな?


カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017にて期間、時間限定で公開中)



[PR]
by margot2005 | 2017-07-23 18:46 | MINI THEATER | Comments(2)