カテゴリ:USA( 200 )

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

The Post2017 USAUK

a0051234_22113201.jpg
a0051234_22114343.jpg

1971年、ベトナム戦争は泥沼化し、アメリカ国内では反戦ムードが増幅していた。国防総省(ペンタゴン)はベトナム戦争に関する文書を作成していたが、戦争の長期化によりその機密文書は7000枚に膨れ上がっていた…


ニューヨーク・タイムズは機密文書ペンタゴン・ペーパーズについてスクープする。ライバル紙に先を越されたワシントン・ポストの編集主幹ベン・ブラッドリーは文書の入手に奔走することになる。

70年代ワシントン・ポストは地方新聞で、ニューヨーク・タイムズに遅れを取っていた。ブラッドリーが若手記者をニューヨーク・タイムズに送り込み偵察させる様が面白い。

PCが存在しない時代に7000枚の文書をチェックして記事にするなんて…それも1日の間で…。それはとても記者魂を感じるシーンだった。

スピルバーグ映画にハズレはない…で、本作も見ごたえがあった。

報道の自由に信念をかけたワシントン・ポストの編集主幹と社主。演じるオスカー俳優メリル・ストリープ&トム・ハンクスに圧倒される。


夫の死後キャサリン・グラハムは史上初の女性発行人となったわけだが、その経緯を少しは描いて欲しかった気がする。彼女はピューリッツァー賞を受賞し、アメリカで最も影響力のある女性の一人だったそう。


実を言えば「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」&「トレインミッション」はTOHOシネマズ日比谷で見たかった。しかし何処かで”オープン間もなくは混雑が予想される...”との記事を読んで諦めた。GWにイタリア映画祭2018を鑑賞した帰りにTOKYO MIDTOWN HIBIYAに寄った。やはりというかすごい人。六本木の時もそうだったけど、ほとぼりが冷めたら混雑もそれほどでもなくなるからそれまで待つことにしよう。そして以前より格段に大きくなったゴジラの像だけ写真に収めてきた。


キャサリン(ケイ)・グラハムに「マダム・フローレンス! 夢見るふたり/2016」のメリル・ストリープ。

ベン・ブラッドリーに「王様のためのホログラム/2016」のトム・ハンクス。

トニー・ブラッドリーに「キャロル/2015」のサラ・ポールソン。

ベン・バグディキアンに「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅/2013」のボブ・オデンカーク。

フリッツ・ビーブに「アンダーカバー/2016」のトレイシー・レッツ。

アーサー・パーソンズに「ウォルト・ディズニーの約束/2013」「アイ・ソー・ザ・ライト/2015」のブラッドリー・ウィットフォード。

ロバート・マクナマラに「ザ・シークレットマン/2017」のブルース・グリーンウッド。

ダニエル・エルズバーグに「二ツ星の料理人/2015」のマシュー・リス。

監督、製作は「ブリッジ・オブ・スパイ/2015」のスティーヴン・スピルバーグ。


新宿バルト9にて(既に上映終了)

a0051234_22121911.jpg
a0051234_22121161.jpg

[PR]
by margot2005 | 2018-05-06 22:39 | USA | Trackback | Comments(6)

「グレイテスト・ショーマン」

The Greatest Showman2017 USA

a0051234_19521884.jpg

19世紀半ばのアメリカ。貧しい暮らしのP・T・バーナムはある日、仕立屋の父親と共に大富豪の家に赴く。屋敷のお嬢様チャリティに一目惚れしたバーナムは恋心を募らせ、大人になって結婚を申し込む。二人の娘が生まれ家庭生活は幸せそのものだったが、日々の暮らしは楽ではなかった。そんなある時、バーナムは娘の発案から前代未聞のショーを作ることを思いつく…


すっかり忘れていて見てから一ヶ月以上たってしまったけどまだ上映している。

上手いのは知っているけど、ヒュー&ザックの歌の上手さを再認識。キアラ・セトル&ゼンデイヤも上手い。レベッカ・ファーガソンは上手すぎ!と思っていたらやはり口パクだった。ミッシェルの歌声がとても素敵でと思ったけど「マリリン 7日間の恋/2011」でも素敵に歌っていたのを思い出した。

ヒューのダンスパフォーマンスは素晴らしくて見惚れる。


ミュージカル・エンタテインメントって滅多に見ることができない。本作は「ラ・ラ・ランド/2016」でアカデミー歌曲賞を受賞した作詞作曲家チームとタッグを組んで作られたそう。「ラ・ラ・ランド」も良かったけど、こちらもすごく良くて感動した。たまにいきなり歌いだすミュージカルを見ると気分が明るくなってgood

P・T・バーナムは実在の人物とのこと。彼は幼なじみのお嬢様チャリティ一筋!だった。ジェニー・リンドの誘惑にも負けなかったバーナムは心から妻を愛していたに違いない。

ヒューは最高だけどザック・エフロンもナイス!何と言っても彼はミュージカルが似合う俳優。


P・T・バーナムに「レ・ミゼラブル/2012」「イーグル・ジャンプ/2016」のヒュー・ジャックマン

チャリティ・バーナムに「マンチェスター・バイ・ザ・シー/2016」のミシェル・ウィリアムズ。

フィリップ・カーライルに「ペーパーボーイ 真夏の引力/2012」「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間/2013」「ダーティ・グランパ/2016」のザック・エフロン。

ジェニー・リンドに「マダム・フローレンス! 夢見るふたり/2016」のレベッカ・ファーガソン。

アン・ウィーラーに「スパイダーマン:ホームカミング/2017」のゼンデイヤ。

レティ・ルッツにキアラ・セトル。

W・D・ウィーラーにヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世。

監督はマイケル・グレイシー。 


TOHOシネマズ 新宿にて


オープンしたTOKYO MIDTOWN HIBIYA。このビルの4階にTOHOシネマズ日比谷がある。まだ外観しか見てないけどこれからこのシアターで映画を見るのが楽しみとなった(オープンの前日に撮影)。

a0051234_19555195.jpg
a0051234_19560889.jpg
a0051234_19555970.jpg

[PR]
by margot2005 | 2018-03-31 20:37 | USA | Trackback | Comments(4)

「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」

The Beguiled2017 USA

a0051234_22135440.jpg

1864年、南北戦争最中のアメリカ合衆国バージニア州。深い森の中にあるファーンズワース女子学園には校長のミス・マーサと教師のエドウィナ、そして5人の少女たちが暮らしている。ある日、キノコ狩りに出かけたエイミーが負傷した北軍兵士マクバニーを発見し学園に連れ帰る。やがてマクバニーは女性ばかりが暮らす学園の招かれざる客となる


エドウィナに愛している、結婚しよう!おまけに”今夜君の部屋に行く!”なんて言っておきながら、アリシアのベッドに潜り込んだマクバニー。女の園に男は自分だけ。よりどりみどりならそりゃ若い方が良いに決まっている。でもエドウィナに見つかってしまって階段から突き落とされた後はあれよあれよと言う間に足を切断され、最後は毒キノコを食べさせられてしまった。

マクバニーの遺体を包む布を縫うシーン…”ステッチは細かくねなんて指示するミス・マーサが魔女風で笑いそうだった。演じるキッドマンはモロ魔女の雰囲気でナイス・キャスティング。

笑えるドラマではないのだけど、俳優たちの真剣な表情を見ていると、あらゆるシーンでなぜか?笑えてマジで困った。


ソフィア・コッポラ映画はwowowで鑑賞したスティーヴン・ドーフ&エル・ファニングの「SOMEWHERE2010」以来。

本作は1971年のクリント・イーストウッド主演の「白い肌の異常な夜」のリメイクとのこと。しかしその映画を全く知らなかった。クリント・イーストウッドって監督としては素晴らしいのだが、俳優となるとどうも苦手で彼の映画は”ダーティハリー”シリーズとマカロニウエスタンくらいしかTVで見ていない。唯一「マディソン郡の橋/1992」はシアターで鑑賞している。


イーストウッドの役をコリン・ファレルが演じたなんてなんかしっくりこないけど、本作のマクバニー伍長コリンはナイス・キャスティングだったと思う。

「白い肌の異常な夜」は男性の視点から描いているが、こちらは女性側から描いている。監督&脚本女性だし

あの眉毛のせいなのか?顔つきのせいなのか?コリンは情けないキャラが実に似合う俳優。


本作はカンヌ国際映画祭2017で監督賞を受賞。19世紀の女性たちの衣装や館は美しく映像は素晴らしかったけど、ドラマはそれほどでもなかったかな?


ジョン・マクバニーに「ロブスター/2015」「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅/2016」のコリン・ファレル。

ミス・マーサに「LION ライオン 25年目のただいま/2016」のニコール・キッドマン。

エドウィナに「ドリーム/2016」のキルステン・ダンスト。

アリシアに「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男/2015」「ネオン・デーモン/2016」のエル・ファニング。

エイミーに「サウスポー/2015」のウーナ・ローレンス。

ジェーンに「ナイスガイズ!/2016」のアンガーリー・ライス。

マリーにアディソン・リーケ。

エミリーにエマ・ハワード。

監督、脚本、製作は「マリー・アントワネット/2006」のソフィア・コッポラ。


TOHOシネマズ 新宿(既に上映終了/池袋シネマロサで上映中)にて


[PR]
by margot2005 | 2018-03-24 21:03 | USA | Trackback(1) | Comments(4)

「オリエント急行殺人事件」

Murder on the Orient Express2017 USAUK/マルタ/カナダ

a0051234_19083115.jpg

名探偵 エルキュール・ポアロはイスタンブールでの休暇を切り上げ急遽ロンドンへ向かう国際列車オリエント急行に乗車する。列車には多種多様な乗客がいたが、ある時、アメリカ人富豪ラチェットから、脅迫を受けているので身辺警護を頼めないかと持ちかけられる。しかしポアロはこれを拒否。やがて深夜、殺害されたラチェットが発見される…

エジプトのナイルで殺人が起こったとの報告を受け、ポアロが現地へ向かう所でエンディングを迎える。ケネス・ブラナーは「ナイル殺人事件」も作るのかな?そして頭の中で「オリエント急行殺人事件」と「ナイル殺人事件」の登場人物が完璧にごっちゃになっているなと思った。

ストーリーは進んで行くが犯人が誰だか?全く思い出せない。ドラマの中でポアロは何人もの乗客に事情聴取しているが解決しない様子。その辺りでそうかそうだったんだと思い出してスッキリした。

1974年版の記憶がないので何とも言えないが、サスペンスドラマ的には1974年版の方が見応えがあったような気がする。今一度1974年版が見てみたい!

でも客室を真上から撮るカメラワークや、ポアロが乗客全員を集めて謎解きを披露するシーンはまるでダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の様子で斬新。


見たとはいえ1974年版はほとんど記憶に残っていない。ちょっと調べてみたら登場人物の名前が若干違っていることに気がついた。

一時期アガサ・クリスティにハマって小説を読んだが数十年前なので登場人物の名前など覚えているわけがない。そしてクリスティの本を家の本棚に探したがやはりなかった。文庫本はとっくに処分済みだった。


それにしても出演陣がゴージャスこの上ない。ジュディ・デンチ、デレク・ジャコビにウィレム・デフォー。ペネロペ・クルスに、いつまでも若くてびっくりのミシェル・ファイファーなどなど。そうそうジョニー・デップ忘れてた…。全く笑わないジョニーが可笑しくて笑える。

驚いたのは超有名なバレエダンサー、セルゲイ・ポルーニンが出演していること。ポルーニンが演じるルドルフ・アンドレニ伯爵がオリエント急行乗車の際に記者に取り囲まれ怒り爆発!彼らにバレエダンス的に廻し蹴りするシーンに笑ってしまった。

デイジー・リドリーは「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のイメージが強くて、彼女の周りにアンドロイドが見えそうで少々困った。


ブークに「ダ・ヴィンチと禁断の謎 シリーズ/20132014」のトム・ベイトマン。

ハバード夫人に「わたしの可愛い人-シェリ/2009」のミシェル・ファイファー。

ピラール・エストラバドスに「悪の法則/2013」のペネロペ・クルス。

ゲアハルト・ハードマンに「きっと、星のせいじゃない/2014」のウィレム・デフォー。

ドラゴミロフ公爵夫人に「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章/2015」のジュディ・デンチ。

ヒルデガルデ・シュミットに「ロブスター/2015」のオリヴィア・コールマン。

エドワード・マスターマンに「ブラナー・シアター・ライブ2016/ロミオとジュリエット/2010」のデレク・ジャコビ。

ヘクター・マックイーンに「美女と野獣/2017」のジョシュ・ギャッド。

メアリ・デブナムに「スター・ウォーズ/フォースの覚醒/2015」のデイジー・リドリー。

ドクター・アーバスノットにレスリー・オドム・Jr.

マルケスに「マグニフィセント・セブン/2016」のマヌエル・ガルシア=ルルフォ。

ルドルフ・アンドレニ伯爵にセルゲイ・ポルーニン。

エレナ・アンドレニ伯爵夫人に「シング・ストリート 未来へのうた/2015」のルーシー・ボーイントン。

ピエール・ミシェルに「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女/2017」のマーワン・ケンザリ。

ラチェットに「ブラック・スキャンダル/2015」のジョニー・デップ。

監督、製作、出演(エルキュール・ポアロ)「ダンケルク/2017」ケネス・ブラナー


TOHOシネマズ日劇にて



[PR]
by margot2005 | 2017-12-27 21:04 | USA | Trackback | Comments(4)

「ドリーム」

Hidden Figures2016 USA

a0051234_19350317.jpg

a0051234_19351258.jpg
1961年、ヴァージニア州ハンプトン。NASAのラングレー研究所ではソ連と熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた。ロケットを打ち上げる際には入念なる計算が必要となる。そんな折、少女の頃から数学の天才だったキャサリン・G・ジョンソンが宇宙特別研究本部のメンバーに採用される

キャサリン・G・ジョンソンに 善き人に悪魔は訪れる/2014のタラジ・P・ヘンソン。

ドロシー・ヴォーンに「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~/2011 「フルートベール駅で/2013」「パパが遺した物語/2015」のオクタヴィア・スペンサー。

メアリー・ジャクソンに 「ムーンライト/2016」ジャネール・モネイ。

アル・ハリソンに「カンパニー・メン/2010」「マン・オブ・スティール/2013」ケヴィン・コスナー。

ヴィヴィアン・ミッチェルに「マリー・アントワネット/2006」「メランコリア/2011」「オン・ザ・ロード/2012」「ギリシャに消えた嘘/2014」キルステン・ダンスト。

ポール・スタフォードにジム・パーソンズ。

ジム・ジョソンに「ベンジャミン・バトン 数奇な人生/2008」「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命/2012」 「ムーンライト/2016」マハーシャラ・アリ。

監督、脚本、製作は「ヴィンセントが教えてくれたこと/2014」セオドア・メルフィ。


人種差別が色濃い1960年代に奮闘した女性たちが素晴らしい!見終わって感動を覚えた。

IBMのコンピューターに人間(キャサリン)が勝つ!件はスゴかった!あの頃のコンピューターってまだまだ役立たずだった様子。

キャサリンの頭脳に唖然とするポールが可笑しい。

そして女性たちの60年代のファッションがとっても素敵だった。


本作は3人の黒人女性が主人公。3人の女性の存在感は圧倒的!しかしながら脇を固めるケヴィン・コスナーとキルステン・ダンストがスゴく良かった。

キャサリンのために必死でトイレの看板をたたき割るケヴィン最高!


かつてケヴィン・コスナーのファンだった。主演&監督の「ダンス・ウィズ・ウルブズ/1990」はケヴィンの傑作。その後「ウォーターワールド/1995」でこけてしまったけど、「メッセージ・イン・ア・ボトル/1999」辺りで復活。今は亡きポール・ニューマンと親子役で競演したこの映画はケヴィン映画の中で一番好きかも知れない。そういえば本作の背景はケネディ大統領の時代。ダラスで暗殺された現代史ミステリー「JFK1991」の主演もケヴィンで、刺激的で見応えのある映画だった。ケヴィンも60歳を過ぎて味な俳優になっている。

そしてもう一人のキルステン・ダンスト。ちょっとイヤミなミセス・ミッチェルを演じたキルステンも良かった。


10月の始めに鑑賞。まだ上映が終了していないのでレビューを書くことにした。

昨日、鑑賞したTOHOシネマズ・シャンテのスケジュール情報を調べてみたらなんと満席!今日もちょっと見てみたら満席状態。あのシアターはGWは常に満席だけど、今回3連休ってこともあるので混んでいるのかも知れない。目と鼻の先のホテルにトランプ大統領の娘が泊まっていたから周辺の警備がスゴい!のじゃないか?と思ったけど一昨日出かけた池袋と新宿のJR他乗り場周辺にも警察官が多数いた。明日からはトランプ本人が来るから警備はいっそう激しくなるので都心のシアターは避けた方が良さそう。


話はそれたが、全米、カナダでは今年の1月に公開され大ヒットしたらしい。昨年以来wowowのハリウッド映画案内番組で何度も紹介されていてちょっと気になる映画だったけど期待以上に素晴らしいドラマだった。


TOHOシネマズ・シャンテにて


[PR]
by margot2005 | 2017-11-04 20:06 | USA | Trackback(4) | Comments(6)

「フィフティ・シェイズ・ダーカー」

Fifty Shades Darker2017 USA

a0051234_22585655.jpg

大学を卒業し、念願だった出版社に就職したアナは巨大企業の若きCEOクリスチャン・グレイに“戻ってきて欲しい!”と懇願され受け入れる。そしてルールと秘密のない関係を要求する...


クリスチャン・グレイに「マリー・アントワネット/2006」「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ/2015」ジェイミー・ドーナン。

アナスタシア・スティールに「ブラック・スキャンダル/2015」「胸騒ぎのシチリア/2015」ダコタ・ジョンソン。

ジャック・ハイドにエリック・ジョンソン。

ミア・グレイに「サウスポー/2015」のリタ・オラ。

エリオット・グレイにルーク・グライムス。

ケイト・キャヴァナーにエロイーズ・マンフォード。。

レイラ・ウィリアムズに「Re:LIFE~リライフ~/2014」「高慢と偏見とゾンビ/2016」のベラ・ヒースコート。

ホセに「ヘイヴン/堕ちた楽園/2004」ヴィクター・ラサック。

テイラーに「パシフィック・リム/2013」のマックス・マーティーニ。

Dr.グレース・トレヴェリアン・グレイに「トレビの泉で二度目の恋を/2014」「マジック・イン・ムーンライト/2014」マーシャ・ゲイ・ハーデン。

エレナ・リンカーンに「ドア・イン・ザ・フロア/2004」「あの日、欲望の大地で/2008」「ナイスガイズ!/2016」キム・ベイシンガー。

監督は「パーフェクト・ストレンジャー/2007」のジェームズ・フォーリー。


アナはクリスチャンとヨリを戻し“No more rules”を主張する。しかしながらこの女性やはりマゾヒスト以外の何ものでもない。クリスチャンはサディストなのだから二人は正にパーフェクト・カップル。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ”から始まる3部の原作は長編小説。一作目は中々素敵な展開だったが、とぎれとぎれに描かれる本作は冴えなくて全くキレがなかった。


1作目にでてきたアナの両親(実母と義父)が全く登場しないのが摩訶不思議だった。

長編小説を2時間のドラマにするにはやはり無理がある。物語は端折り過ぎて切れ切れになっている様子。このドラマはTVシリーズで延々と描いた方が良かったのじゃないかな?。


ジャック・ハイド、エレナ・リンカーン、レイラ・ウィリアムズ以外は全て前作に出演している。

キム・ベイシンガーは「ナイスガイズ!」では若い!と思ったけど本作ではもうおばあさんの風貌(現実にそうだけど)で、エレナ・リンカーン役はちょっと無理があったかも?でも1年間で女性ってあんなに変化するってちょっとばかりショック。


今年の2月上旬にアメリカ、カナダやヨーロッパ、南米、アジアで公開された。しかしなぜか?日本では公開されず先週ようやく公開。アメリカではもちろんTop10入りした。マミーポルノと呼ばれる本作ながら、若い女性は少なくシアターは男性が多くてちょっと驚いた。前作は女性でいっぱいだったのに…。公開1週間で既にシアターはガラガラ(平日夕方の回)。TOHOシネマズのポイントで鑑賞したけどお金払っていたらきっと許せなかったに違いない。来年、続の公開はあるのかな?

TOMATOMETER前作の24%よりはるかに少なくて何と10%

TOHOシネマズ・シャンテにて


[PR]
by margot2005 | 2017-07-01 23:28 | USA | Trackback | Comments(2)

「キング・アーサー」

King Arthur: Legend of the Sword2017USA

a0051234_22555341.jpg

中世のイングランド。アーサーは王ユーサー・ペンドラゴンの一人息子でありその後継者だったが、叔父ヴォーティガンに父を殺されてしまう。しかしからくも生き延びスラムで育ったアーサーは逞しい青年に成長する…


アーサーに「パシフィック・リム/2015「クリムゾン・ピーク/2015」のチャーリー・ハナム。

ベディヴィアに「ブラッド・ダイヤモンド/2006」「テンペスト/2010」「ターザン:REBORN/2016」ジャイモン・フンスー。

メイジに「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉/2011」のアストリッド・ベルジュ=フリスベ。

ビルに「シャドー・ダンサー/2011」「ブリッツ/2011」「ある神父の希望と絶望の7日間/2014」のエイダン・ギレン。

ヴォーティガンに「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ/2015」ジュード・ロウ。

ユーサーに「ミュンヘン/2005」「ラッキー・ユー/2007」「ブーリン家の姉妹/2008」エリック・バナ。

監督、脚本、製作は「ロックンローラ/2008」「コードネームU.N.C.L.E./2015」ガイ・リッチー。


アーサー王伝説を現代的かつスタイリッシュに描いたアクション・ファンタジー・ドラマ。

ガイ・リッチーお得意のスローモーションあり、瞬間ストップありの後、怒濤の早回しが続き見ているものを飽きさせない。そして何といってもCGがスゴい!オープニングでの巨大なゾウと建物のシーンはとてつもない迫力!だった。


聖剣エクスカリバーを引き抜いたことにより自らの出自を知ったアーサーは父ユーサー王の敵討ちを誓う。激しい闘いの後アーサーが王となりあの円卓が登場してエンディングを迎える。

ロケされた北ウェールズの景色が神秘的で美しい。


アーサーを演じるチャーリー・ハナムはもちろん、恐怖政治を貫く暴君が似合うジュード・ロウと、王が限りなく似合うエリック・バナがナイス・キャスティング。アーサーと共に戦うベディヴィア役のジャイモン・フンスーと、ビルを演じるエイダン・ギレンも良かったな。


アーサー王”をテーマにした映画は色々とあるが、本作はスラムで育ったアーサー王になるまでを描いたドラマで、映像もBackMusicも迫力たっぷりでまるでゲームの世界だった。


丸の内ピカデリーにて


[PR]
by margot2005 | 2017-06-19 23:22 | USA | Trackback(1) | Comments(2)

「メッセージ」

Arrival」2016 USA

a0051234_23514557.jpg

ある日、宇宙からやって来た巨大な楕円形の飛行体が地球の12ヵ所に現れる。攻撃もせずただ上空にふんわりと浮かんだまま動かない。目的は?何のために地球にやって来た?やがて世界中に動揺と不安が広がリ始める。

言語学者ルイーズ・バンクスは一人娘ハンナを亡くした孤独な女性。ある夜、訪ねて来たアメリカ軍のウェバー大佐に言語学者として米政府の仕事をして欲しいと頼まれる。基地に到着すると、同じく依頼を受けてやって来た理論物理学者のイアンを紹介される…


ルイーズ・バンクスに「ビッグ・アイズ/2014」エイミー・アダムス。

イアン・ドネリーに「ジェシー・ジェームズの暗殺/2007」「ハート・ロッカー/2008」「ザ・タウン/2010」「アメリカン・ハッスル/2013」「エヴァの告白/2013」「ヘンゼル&グレーテル/2013」のジェレミー・レナー。

ウェバー大佐に「バンテージ・ポイント/2008」「大統領の執事の涙/2013」「96時間/レクイエム/2014」フォレスト・ウィテカー。

ハルペーンに「完全なるチェックメイト/2015」「スティーブ・ジョブズ/2015」「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男/2015」「ドクター・ストレンジ/2016」マイケル・スタールバーグ。

マークス大尉にマーク・オブライエン。

シャン上将に「チェーン・リアクション/1996」「ラッシュアワー/1998」のツィ・マー。

監督は「複製された男/2013」「ボーダーライン/2015」ドゥニ・ヴィルヌーヴ。

原作はテッド・チャンの「あなたの人生の物語」。


広大な農地に霧が立ちこめる中、巨大なフットボールが姿を見せる。それは地球にやって来た飛行体で良く見ると丸くはなく平べったい殻のような形をしている。

あのシーンは素晴らしく美しくてうなりそうだった。密かにおぉ!って言ったかも知れない。

本作を見たのはwowowで放送しているハリウッドの最新映画情報番組で何度も紹介されていたから。映像の美しさにこれはシアターで見る映画とインプットした。アカデミー作品賞にも、監督賞にもノミネートされていたし


今迄とはちょっと違ったテイストの宇宙映画はとても見応えがあった。元々UFO映画好きだし。原作のタイトルが「あなたの人生の物語」と知ってますます普通のUFOものではないと思ったし、世界各地に現れた飛行体の数が12個とは何かとても宗教的雰囲気。異星人が7本足で吐き出す墨のようなモノを使って、”書”のような絵(文字)を書き出す様もタコの墨で描いているように見えて面白い。


ルイーズとイアンは自分たちの名前を告げた後、ツインの異星人にお笑いコンビ”アボットとコステロ”と命名しコンタクトを始める。その様はとても興味深かった。

そしてこんなに美しい宇宙映画は初めて見た。

前から読んでも後ろから読んでも同じアルファベットが並ぶルイーズの娘ハンナ(Hannah)の名前はドラマの展開と重なって素敵だ。

主演のエイミー・アダムスが好演している。


ドゥニ・ヴィルヌーヴは作品ごとに違った世界を描く多彩な監督。「灼熱の魂/2010」は初めて見たヴィルヌーヴ映画で素晴らしかった。その後全く違ったジャンルの「プリズナーズ/2013」の後も複製された男」「ボーダーライン」と続き今回はSF。次作「ブレードランナー 2049/2017」の公開も楽しみとなった。


ちょっとネタバレ…


ルイーズと娘のエピソードはオープニングに描かれる。

ドラマが進む中、ルイーズの頭の中で何度も何度もハンナの映像がフラッシュバックしていたように見えたが、あれは過去ではなく未来に起こることだったわけ。そして大ラスでルイーズとイアンの未来が映し出され納得する。


allcinemaで映画「メッセージ」を検索したらロマン・デュリスが人の死期が分かる主人公を演じる「メッセージ そして、愛が残る/2008」のタイトルも...人の死期が分かる自分の未来がわかるの差はあるが何か共通のイメージを感じる。


TOHOシネマズ日本橋にて



[PR]
by margot2005 | 2017-05-25 00:10 | USA | Trackback(4) | Comments(4)

「カフェ・ソサエティ」

Café Society 2016 USA

a0051234_23143792.jpg
a0051234_23142824.jpg

1930年代のハリウッド。ある日、業界の大物エージェントのフィルはニューヨークに住む姉ローズからの電話を受け、次男のボビーがハリウッドで働きたいと言っているので面倒をみてやってくれないかと頼まれる。ハリウッドにやって来たボビーは叔父のフィルから秘書のヴォニーを紹介され一目惚れしてしまう...


ローズに「いちご白書/1970」のジーニー・バーリン。

フィルに「リトル・ミス・サンシャイン/2008」「ゲットスマート/2008」「フォックスキャッチャー/2014「マネー・ショート 華麗なる大逆転/2015」のスティーヴ・カレル。

ボビーに「ハンティング・パーティ/2007」「ソーシャル・ネットワーク/2010」「ローマでアモーレ/2012」「エージェント・ウルトラ/2015」のジェシー・アイゼンバーグ。

ヴェロニカに「ニューヨーク、アイラヴユー/2008」「50歳の恋愛白書/2009」「ザ・タウン/2010」「野蛮なやつら/SAVAGES/2012」「アデライン、100年目の恋/2015」「ロスト・バケーション/2016」のブレイク・ライヴリー。

ヴェロニカ(ヴォニー)に「イン・トゥ・ザ・ワイルド/2007」「ニュームーン/トワイライト・サーガ/2009」「オン・ザ・ロード/2012」「アリスのままで/2014」「アクトレス ~女たちの舞台~/2014」クリステン・スチュワート。

ラッド「スーパーマン・リターンズ/2006」「ブロークン・イングリッシュ/2007」「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札/2014」「教授のおかしな妄想殺人/2015」パーカー・ポージー。

ベンに「ミッドナイト・イン・パリ/2011」「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~/2014」「ブラック・スキャンダル/2015」「ダーク・プレイス/2015」コリー・ストール。

マーティに「ホビット シリーズ/20122014「ワン・デイ 23年のラブストーリー/2011」のケン・ストット。

監督、脚本は「教授のおかしな妄想殺人/2015」ウディ・アレン。


ハリウッドの街を案内してくれたヴォニーにすっかり心奪われたボビーは恋心を打ち明けるが残念なことに彼女には恋人がいた。謎の恋人の存在は気になるがヴォニーを忘れることもできない。しかし紆余曲折の末ヴォニーと別れたボビーはニューヨークへ戻ってくる。ギャングの兄ベンが経営するナイトクラブで働き始めたボビーはやがて支配人となりクラブは大反響を呼ぶ。そんな折、ヴェロニカという名前の美しい女性と出会い恋に落ちる。


ヴォニーはヴェロニカのニックネーム。美しい二人のヴェロニカの間を彷徨うモテモテのボビー。あの切ないラストの続きは?


「教授のおかしな妄想殺人」が全く面白くなかったので期待しないで見に行ったところ中々面白くて大満足。単なる恋愛映画で終わらないところがウディ・アレン流。

ユダヤ人、ギャング、殺し屋、ジャズ、そしてハリウッドとNYのナイトクラブなんて正にウディ・アレンの世界!で、映画を楽しむことができた。


30年代のハリウッド・セレヴのゴージャスな邸宅や衣装を見ているだけでも楽しめる。

ヴォニーのフェミニンと言うのか、ガーリーっぽいファッションがとても素敵。クリステン・スチュワートが上手く着こなして似合っている。そしてブレイク・ライヴリーにはゴージャスなシャネルが似合う。

時折ヘブライ語でぶつくさ言うユダヤ人一家のママ、ローズと、ギャングのベンの存在が何となくアレン映画を盛り上げているような気がした。


TOHOシネマズ みゆき座にて



[PR]
by margot2005 | 2017-05-11 00:02 | USA | Trackback(4) | Comments(4)

「美女と野獣」

Beauty and the Beast2017 USAUK

a0051234_21155631.jpg

ディズニー・アニメ”美女と野獣”を実写で描いたファンタジー・ラヴ・ミュージカル。


ベルに「ウォールフラワー/2012「ノア 約束の舟/2014」のエマ・ワトソン。

野獣に「靴職人と魔法のミシン/2014」「誘拐の掟/2014」「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密/2014」「クリミナル・ミッション/2015」のダン・スティーヴンス。

ガストンに「ブリッツ/2011」「推理作家ポー 最期の5日間/2012」「ドラキュラzero/2014」「ハイ・ライズ/2016」「ガール・オン・ザ・トレイン/2016」ルーク・エヴァンス。

モーリスに「声をかくす人/2011」「パリ3区の遺産相続人/2014」「幸せをつかむ歌/2015」のケヴィン・クライン。

ル・フウに「ラスベガスをぶっつぶせ/2008」ジョシュ・ギャッド。

ルミエールに「T2 トレインスポッティング/2017」ユアン・マクレガー。

カデンツァに「プラダを着た悪魔/2006」「モネ・ゲーム/2012」「ヴェルサイユの宮廷庭師/2014」「スポットライト 世紀のスクープ/2015」スタンリー・トゥッチ。

ポット夫人に「ウォルト・ディズニーの約束/2013」「二ツ星の料理人/2015」「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期/2016」エマ・トンプソン。

チップにネイサン・マック。

プリュメットに「砂上の法廷/2016」ググ・ンバータ=ロー。

マダム・ド・ガルドローブに「幸せをつかむ歌」のオードラ・マクドナルド。

コグスワースに「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「X-MEN:フューチャー&パスト/2014」のイアン・マッケラン。

監督は「ドリームガールズ/2006」ビル・コンドン。


優美な城に住む美しい王子は傲慢な振る舞いをしたため、魔女に呪いをかけられ野獣の姿に変えられてしまう。呪いを解く方法は真実の愛を見つけること。それは魔女が残した赤い薔薇の花びらが全て散ってしまう前になさねばならなかった。一方で美しい女性ベルは進歩的な考えの持ち主で小さな村に父親と暮らしている。ある日、父親のモーリスが森で迷い、避難した古城の主人である野獣に捕らえられてしまう。


呪いで家財道具に変えられてしまった召使いたち…出演人はユアン・マクレガー、エマ・トンプソン、スタンリー・トゥッチにイアン・マッケランと、とても豪華でびっくり。彼らはラストに姿を見せるだけでほぼ声の出演。ミュージカル仕立てなので歌う俳優たちが上手い!そして所々に織り込まれるファンタジーっぽいシーンは正にディズニー風。CGを駆使した映像と音楽は素晴らしかった。


映画を見終わって案の定フランス版「美女と野獣/2014」と比較してしまって…本作スゴい人気なのだけど、少々お子様っぽくてフランス版の方が良かった。ベル役のエマ・ワトソンは可愛いのだけど少々魅力にかける。野獣役のダン・スティーヴンスはプリンス・チャーミングがとっても似合ってナイスながら、90%は野獣の姿で残念だった。ルーク・エヴァンスのミュージカルなんて想像できなかったけど、歌が上手くて役柄もぴったり。


wowowで見た「クリミナル・ミッション」のダンは痩せていて最初誰だかわからないくらい魅力に欠けていたが、「ナイト ミュージアム~」のランスロット役は「ダウントン・アビー」シリーズのマシューを彷彿とさせて、この俳優やはり古典ものが似合う?

アニメの「美女と野獣」が今一度とても見たくなった。


TOHOシネマズ日劇にて



[PR]
by margot2005 | 2017-04-25 21:31 | USA | Trackback(7) | Comments(4)