「マチルド、翼を広げ」

Demain et tous les autres jours…akaTomorrow and Thereafter2017 フランス

a0051234_23060940.jpg
a0051234_23054151.jpg
a0051234_23054815.jpg

ノエミ・ルボフスキーが自身の母親役を演じる自伝的なファンタジー・ドラマ。


ノエミ・ルボフスキーが監督、脚本、主演した「カミーユ、恋はふたたび/2012」は大人のファンタジーといった展開で素敵なドラマだった。本作はファンタジックではあるのだが、テーマは少々重くて、情緒不安定な母親に振り回される大人びた少女の物語。母がプレゼントしてくれたフクロウが話す(マチルドとしか会話できない)発想がユニーク。


母親が情緒不安定なせいか?マチルドも少々変わった女の子で友達がいない。ある日、学校の授業で骸骨が登場する。服を着ないで一人倉庫に閉じ込められている彼(骸骨は男)に同情したマチルドは内緒で運び出し、ムッシュー、あなたは私の最高の友達ですと言って森に手厚く埋葬する。そうかなり変な女の子なのだ。


水のシーン…夢の中で、マチルドが川に落ちて浮びあがれなくなってしまう様はジョン・エヴァレット・ミレーのオフィーリアを連想する。そしてラスト、大雨の中でダンスをする母と娘が印象的。

マチルドにまるで父親のように助言するフクロウが面白い。マチルド自身、最初は父親がどこかに隠れて喋っているのか?なんて思っていたし


母親の奇行にもめげずたくましく生きようとするマチルドが健気で、演じるリュス・ロドリゲスはナイス・キャスティング。

成長したマチルドが施設にいる母親に会いに行くシーンでエンディングを迎える。この母と娘はなんと深い愛情で結ばれているのだろうと感心する。そして映画はノエミ・ルボフスキーの母親に捧げられている。


基本的にお子様が主人公の映画は避ける傾向にあるが、大好きなマチューが出演しているので見ることにした。出番は少ないながらマチルドの父親役のマチューが、別れた妻にも、もちろん娘にもなんとも優しいキャラで、彼のこのような役柄は初めて見たかも知れない。


マチルドにリュス・ロドリゲス。

監督、脚本、出演(マチルドの母)に「告白小説、その結末/2017」のノエミ・ルボフスキー。

マチルドの父に「バルバラ セーヌの黒いバラ/2017」のマチュー・アマルリック。

教師エスコフィエにエルザ・アミエル。

成長したマチルドに「バード・ピープル/2014」のアナイス・ドゥムースティエ。

フクロウの声に「サンローラン/2014」「グッバイ・ゴダール!/2017」のミシャ・レスコー。


シネマカリテにて



# by margot2005 | 2019-02-12 23:23 | フランス | Comments(0)

「喜望峰の風に乗せて」

The Mercy2018 UK

a0051234_22332626.jpg

1968年の英国は海洋冒険ブームに沸いており、ビジネスマンのドナルド・クローハーストは趣味でヨットを楽しんでいる。そんなある時、事業に行き詰まっていたクローハーストはスポンサーを呼び込むため単独無寄港世界一周ヨットレースゴールデン・グローブ・レースに挑む決心をする...


「喜望峰の風に乗せて」という邦題は描かれるドラマの展開からかなり外れている。原タイトルは「The Mercy」。映画の字幕では常に救いと訳されていたが、救いより 慈悲/情けがドラマの展開や結末に合致している。


単独無寄港世界一周ヨットレースを描く映画の原タイトルがなぜ?「The Mercy」なのか不思議だったが、1か月も経たないのに上映が終了してしまったのはドラマがつまらなかったからに違いない。

コリン&レイチェルが主演だから見たのだけど、映画は確かにつまらなかった。そう、主人公のドナルド・クローハーストの行動が全く理解できなかった。

コリンレイチェルはもちろんデヴィッド・シューリスなど豪華な出演ながら映画には感心できなかった。この映画テーマが悪すぎ?

来週公開されるレイチェルの「女王陛下のお気に入り」が楽しみ!


映画を見終わって、ドナルド・クローハーストはいくら金のためとは言え、アマチュアセーラーが過酷な単独無寄港世界一周ヨットレースに出場するなんてあまりにも無謀だったのではないかと思った。しかしながら本作実話なのだけど...。


ドナルド・クローハーストに「キングスマン ゴールデン・サークル/2017」コリン・ファース。

クレア・クローハーストに「否定と肯定/2015」レイチェル・ワイズ。

ロドニー・ホールワースに「リグレッション/2015」デヴィッド・シューリス。

スタンリー・ベストに「ワン・デイ 23年のラブストーリー/2011」「カフェ・ソサエティ/2016」ケン・ストット。

監督は「博士と彼女のセオリー/2014」ジェームズ・マーシュ。

TOHOシネマズシャンテにて(既に上映終了)



# by margot2005 | 2019-02-06 23:28 | UK | Comments(0)

「家へ帰ろう」

「El último traje」…aka「The Last Suit」2017 アルゼンチン/スペイン

a0051234_23235838.jpg
a0051234_23235095.jpg

ユダヤ人のアブラハムはホロコーストを生き延び、ポーランドからアルゼンチンに移住。戦後は仕立屋として生き抜き88歳となったある日、ポーランドを訪ねる決心をする


アブラハムがポーランドを訪ねる決心をしたのは娘たちに家を追い出されたから。というのも、家を売って足が不自由なアブラハムを病院へ入れようと決めた娘たちの企みに怒り家出をしたのだ。


ホロコーストを生き延びた老人が故郷を訪ねる感動のロードムービー。

ヴエノスアイレスからマドリッドに到着したアブラハムは探し当てた一軒のホテルでマダムマリアと知り合う。夜、飲みに出かけた二人がホテルに戻るとアブラハムの部屋が荒らされ、ヴエノスアイレスから持参したきた数万ドルがなくなっていた。

途方にくれるアブラハムはマリアに押し切られ、些細なことから喧嘩別れしたマドリッドに住む娘クラウディアを訪ねることになる。ひょんなことから知り合ったレオを伴って


やがてマリアとレオに別れを告げたアブラハムは列車でマドリッドからパリに到着。ところがポーランドへ向かうパリの駅で問題が起こる。

列車でフランスからポーランドへ行くには絶対にドイツを通過しなければならない。飛行機で行くなら別だけど

ユダヤ人のアブラハムはホロコーストを起こしたドイツへ足を踏み入れたくないのだ。しかしながら皮肉なことにパリの駅で出会ったドイツ人女性イングリッドに助けられる。初めは憎きドイツ人のイングリッドに嫌悪感を抱いていたが徐々にその気持ちが緩み始める。


クラウディアイングリッド、そしてポーランドの病院の看護師ゴーシャに助けられた上、ラストは少々出来過ぎながらやはり感動してしまった。

88歳の老人を演じる俳優ミゲル・アンヘル・ソラに何か違和感があると思っていたら、60代の彼が老人メイクをしていた。やはり


アブラハムに「タンゴ/1998」のミゲル・アンヘル・ソラ。

マリアに「シチリア!シチリア!/2009」のアンヘラ・モリーナ。

レオにマルティン・ピロヤンスキー。

クラウディアに「屋根裏部屋のマリアたち/2010」のナタリア・ベルベケ。  

イングリッドにユリア・ベーアホルト。  

ゴーシャにオルガ・ボラズ。

監督、脚本はパブロ・ソラルス。


シネスイッチ銀座にて



# by margot2005 | 2019-02-05 23:49 | 中・南米 | Comments(0)

「ナチス第三の男」

HHhH…akaThe Man with the Iron Heart2017 フランス/UK/ベルギー

a0051234_21135361.jpg

ローラン・ビネのベストセラー小説「HHhH プラハ、1942年」の映画化。

同じくエンスラポイド作戦を描いた「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦/2016」では暗殺のシーンにしか登場しなかったラインハルト・ハイドリヒが本作では主人公。そしてもちろんチェコスロバキアのレジスタンスのヨゼフとヤンも登場する。

本作ではラインハルト・ハイドリヒの家族を描いていて興味深い。ラインハルトの妻となるリナはナチ党員で、彼に入党を進める。ヒムラーの面接を受けたラインハルトは自分を売り込み入党後大出世を果たす。

ドラマは前半、後半に分け、前半でラインハルト・ハイドリヒと家族の姿を、後半ではヤンとヨゼフたちのエンスラポイド作戦を描く手法をとっている。


ハイドリヒはヨーロッパ諸国のユダヤ人の数をリストアップし、容赦なく次々とユダヤ人を殺害して行く。その様は、World Wide タイトルの「The Man with the Iron Heart/鉄の心臓を持つ男」を表していて恐ろしい。

リナと結婚する前、軍人の娘との交際のもつれから軍法会議にかけられ不名誉除隊を経験したラインハルト。結婚後も浮気を繰り返した金髪碧眼の男は女好きだったに違いない。


そういえばスクリーンにアドルフ・ヒトラー役の俳優がほとんど映らなかったが、ヒトラー本人のポスターは登場する。

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」よりこちらの方が見応えがあったように思える。描き方のスケールも大きいし。製作費も多そう。ラインハルト・ハイドリヒの壮大なる葬儀のシーンも圧巻。

レジスタンスのヨゼフとヤンの教会でのシーン水攻めもあるが、こちらは意外にもさらっと描かれている。


オーストラリア人俳優ジェイソン・クラークの存在感は大きく金髪の野獣と呼ばれたラインハルト・ハイドリヒを怪演している。

オコンネル&レイナーのダブルジャックそれほど顔が似ているわけでもないのだけどなぜか?時折二人の区別がつかない。

ヨゼフを匿うモラヴェク夫妻。妻役のセリーヌ・サレットはわかったのだけど、夫役のジル・ルルーシュが別人状態で、彼の出演はエンドクレジットで知った。

ヤンとアンナの短い恋もさらっと描いている。


ラインハルト・ハイドリヒに「かごの中の瞳/2016」のジェイソン・クラーク。

リナ・フォン・オステンに「海賊じいちゃんの贈りもの/2014」のロザムンド・パイク。

ヤン・クビシュに「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛/2017」のジャック・オコンネル。

ヨゼフ・ガブチークに「ローズの秘密の頁/2016」のジャック・レイナー。

アンナ・ノヴァークに「クリムゾン・ピーク/2015」のミア・ワシコウスカ。

ヨゼフ・ヴァルチークにトーマス・M・ライト。

ハインリッヒヒムラーに「裏切りのサーカス/2011」「パレーズ・エンド/2012」のスティーヴン・グレアム。

マリーモラヴェクに「めぐりあう日/2015」のセリーヌ・サレット。

ヴァーツラフ・モラヴェクに「 セラヴィ!/2017」「欲望に溺れて/2017」のジル・ルルーシュ。

監督、脚本は「フレンチ・コネクション -史上最強の麻薬戦争-2014」のセドリック・ヒメネス。


TOHOシネマズシャンテにて



# by margot2005 | 2019-02-04 00:03 | フランス | Comments(0)

「シシリアン・ゴースト・ストーリー」

「Sicilian Ghost Story」2017 イタリア/フランス/スイス

a0051234_21133508.jpg
a0051234_21132675.jpg

13歳のルナとジュゼッペはシチリアの小さな町に暮らし同じ学校に通っている。ある日、学校帰りの森で野犬に襲われそうになったルナをジュゼッペが助ける。そしてルナはジュゼッペに恋をする。ところがある時突然ジュゼッペが姿を消してしまうのだった…


ルナは友人のロレダーナと共にジュゼッペ探しを始めるが誰も彼女たちに協力しようとはしない。ジュゼッペの父親は元マフィアだったが警察の協力者となっていて、彼を黙らせるため息子のジュゼッペを拉致したのだ。

シチリア特有のオメルタ(沈黙の掟)風土の中ルナに協力する者はいない。ルナの両親も同様で、ジュゼッペ探しをするルナの頭が変になったと決め付ける始末。


本作は1993年にシチリアで起きた出来事を寓話的な恋物語として描いている。

ファンタジーとかラヴ・ストーリー...と書いている映画評もあるが、私的にはちょっと無理かな?少年ジュゼッペがマフィアに捉えられ、廃屋で鎖に繋がれた様が生々しいと感じるから。しかしスゴく幻想的に描かれているオープニングはまるでファンタジー・ドラマが始まるような雰囲気に包まれているし、エンディングはとても爽やかで、ルナは夢を見ていたのだろうか?と思わせる

何となくポスターに見覚えがあると思っていたらイタリア映画祭2018で上映されていたことを思い出した。


イタリア映画祭2009で鑑賞した「運命に逆らったシチリアの少女/2008」では、父と兄を殺害したマフィアと闘った少女を描いている。こちらもやはり実際に起きた出来事をもとにドラマ化された。


ちょっとネタバレ…

少年の首を切り落とし酢酸に着けて湖に捨てるイタリアンマフィアが強烈過ぎて現実とは思えない。そして2年間監禁されて殺され捨てられた少年は見つからなかった。


ルナにユリア・イェドリコフスカ。

ジュゼッペにガエターノ・フェルナンデス。

ロレダーナにコリーヌ・ムサラリ。

ルナの父に「ジョルダーニ家の人々/2010」のヴィンチェンツォ・アマート。

ルナの母に「夏をゆく人々/2014」のザビーネ・ティモテオ。

監督、脚本は「サルヴォ:狼は暗闇の天使/2013」のファビオ・グラッサドニア。


シネマカリテにて



# by margot2005 | 2019-02-03 00:02 | イタリア | Comments(0)

「私は、マリア・カラス」

Maria by Callas2017 フランス

a0051234_21134550.jpg

20世紀のプリマドンナ、マリア・カラスのドキュメンタリー。

監督はトム・ヴォルフ。「永遠のマリア・カラス/2002」でカラスを演じたファニー・アルダンが朗読を担当している。

マリアとして生きるにはカラスという名が重すぎる!と語るカラス。

名声に飲み込まれないよう努力を重ね、ある時は大賞賛されるが、時折起こるバッシングにも耐えなければならない。

マリアは大ゴシップとなった恋の相手であるギリシャの海運王アリストテレス・オナシスを心から愛していたが生涯結婚することは叶わなかった。憎きジャッキー(JFKの妻)だった?


「永遠のマリア・カラス」は全く記憶がないが「マリア・カラス 最後の恋/2005」はレビューを書いているので読み返してみて少々記憶が戻った。

ドラマには実業家で夫のバティスタ・メネギーニや、生涯愛した恋人アリストテレス・オナシスが登場している。しかし映画は全く良くなかった様子。そうヒロインも良くなかった覚えがある。しかしドラマ的にはかなり忠実にカラスのことを描いていた模様。


本作に戻ってこれはドキュメンタリーなのでカラスのインタビューや、歌うシーンで構成されていてカラス(オペラ)ファンには満足できるかも知れない。私自身カラス(オペラ)ファンではないがたまたまTOHOシネマズのポイントがたまっていたので鑑賞した。


TOHOシネマズ日比谷シャンテにて



# by margot2005 | 2019-02-02 21:25 | フランス | Comments(0)

「アリー/ スター誕生」

A Star Is Born2018

a0051234_22304069.jpg

アリーはウエイトレスとして働きながらシンガーを夢見ている。ある夜、世界的なロックスター、ジャックがアリーの歌うゲイバーに現れる。アリーの歌に惚れたジャックは自分のコンサートに招待するのだった


一気にスターダムを駆け上がるアリーに反して、世界的ロックスター、ジャックが落ちていく姿が悲しい。ジャックのラストは衝撃的だった。


何はともあれブラッドリー・クーパーはシンガーでもOKなくらい歌が上手くてびっくり!そしてレディー・ガガが熱演している。サム・エリオットも例によって飄々とした雰囲気が良いな。

ドラマ的にはまぁまぁって感じながらサウンドトラックは素晴らしい。


1976年のバーブラ・ストライサンド&クリス・クリストファーソン版は見たことがある。そして1954年のジュディ・ガーランドとジェームズ・メイソン版はTVでなんとなく見た記憶がある。本作は1937年の名作「スタア誕生」を原作としているらしいが、1937年版はあることする知らなかった。

1976年版が見たくなったのと、1937年の名作「スタア誕生」が見てみたい。


監督、共同脚本、共同製作、出演(ジャック)に「二ツ星の料理人/2015」のブラッドリー・クーパー。

アリーに「シン・シティ 復讐の女神/2014」のレディー・ガガ。

ボビーに「マイレージ、マイライフ/2009」「ドラフト・デイ/2014」のサム・エリオット。

ロレンツォに「ブルージャスミン/2013」のアンドリュー・ダイス・クレイ。

ジョージ・ヌードルス・ストーンにデイヴ・シャペル。

ラモンにアンソニー・ラモス。

レズに「こわれゆく世界の中で/2006」のラフィ・ガヴロン。


TOHOシネマズ日比谷にて(既に上映終了/丸の内ピカデリー/新宿バルト9にて上映中)


日比谷の新しいスポット、ミッドタウンのライトアップは2/14迄

a0051234_23501155.jpg
a0051234_23494205.jpg


# by margot2005 | 2019-01-31 23:59 | USA | Comments(2)

「アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング」

I Feel Pretty 2018 USA

a0051234_20155672.jpg

レネーは容姿に自信がもてないちょっと太めの女子で、高級コスメ会社リリー・ルクレアのオンライン部門で働いている。本社はマンハッタンの一等地にあるのに、レネーの職場はチャイナタウンにある地下の、まるで倉庫のような小部屋。そして相棒は超冴えない男子のメイソン。そんなある日、ジムでトレーニング中にバイクから転倒して頭を強打する。やがて目が覚めたレネーはスリムな美人に変身していた。しかしそれはレネーだけに見える超現象だった


レネーはクリーニング店でナンパした(されたのではない/彼女から仕掛けた)イーサンと付き合い始める。イーサンももちろんレネーが太めであることを承知しているが、本人はスリムな美人だと思い込んでいる。

レネーだけに見える超現象なので友人のヴィヴィアンとジェーンは呆れ果てて去って行く。でも結局友人は戻り、イーサンはもちろんのこと、エイヴリーの弟グラントやジムで出会ったマロリーがとても良い人。それはとてもありきたりだけど、ちょっと太めで自分に自信を持てない女子が大躍進するサクセス・ストーリーは痛快!だった。


ヒロインを演じるエイミー・シューマーは、彼女を想定してストーリーが書かれかたと思えるほどのナイス・キャスティング。

薄幸っぽい役柄が似合うミシェル・ウィリアムズが、本作ではカラフルなファッションに身を包み、変な声を発していて面白い。

ワンシーンだったか?に出演するナオミ・キャンベルは、40代後半ながら全盛期の彼女とほとんど変化していなくて驚く。

Hollywood Expressで宣伝していて面白そうだと思っていたハリウッド発コメディ。本国では大ヒットしたけれど日本ではミニシアター公開となった。でもでもシアーターはやはり女子でいっぱいだった。


レネー・ベネットに「エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方/2015」のエイミー・シューマー。

エイヴリー・ルクレアに「ゲティ家の身代金/2017」のミシェル・ウィリアムズ。

イーサンにローリー・スコーヴェル。

グラント・ルクレアにトム・ホッパー。

メイソンに「LIFE!/ライフ/2013」のアドリアン・マルティネス。

マロリーに「ゴーン・ガール/2014」のエミリー・ラタコウスキー。

ヴィヴィアンにエイディ・ブライアント。

ジェーンに「ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)/2011」ザ・ギフト/2015」ビジー・フィリップス。

リリー・ルクレアに「アメリカン・ジゴロ」1980」のローレン・ハットン。

ヘレンにナオミ・キャンベル。

監督、脚本は「君への誓い/2012:脚本」「ワタシが私を見つけるまで/2016:脚本、原案」のアビーコーン&マーク・シルヴァースタイン


ヒューマントラストシネマ有楽町にて



# by margot2005 | 2019-01-31 20:41 | MINI THEATER | Comments(0)

「未来を乗り換えた男」

Transit2018 ドイツ/フランス

a0051234_20491533.jpg
a0051234_20492427.jpg

祖国ドイツを追われた青年ゲオルクは、ドイツ軍が迫るパリから脱出しフランス南部の港町マルセイユに辿り着く。ゲオルクはパリのホテルで自殺した亡命作家ヴァイデルの遺品を預かっていた。一方で亡くなった友人の家族を訪ね、彼の一人息子ドリスと親交を深めていく


ひょんなことから亡命作家ヴァイデルに成りすましたゲオルクは謎の美女マリーと出会う。あろうことかマリーは亡くなったヴァイデルの妻だった。夫を探し続けるマリーにヴァイデルの死を告げるが信じようとはしない。マリーに魅かれるゲオルクは苦悩する。


ナチスによる悪夢的史実と現代の難民問題を驚くべき発想で重ね合わせた野心作!”

とあるように、現代に置き換えて描いているドラマはとても興味深かった。

過去と現代を超越して描かれるドラマは意外にも違和感なく感動を呼ぶ。

街中にあるゲオルクの後ろ姿にマリーが夫と間違えるシーンが印象的。

スクリーンが一瞬パッと暗くなり唐突に迎えるエンデイングも印象的だった


主演のフランツ・ロゴフスキはホアキン・フェニックスに似ているなぁ。

マリーを演じるパウラ・ベーアは「婚約者の友人」同様憂いを帯びた表情が似合う。


ゲオルクに「ハッピーエンド/2017」フランツ・ロゴフスキ。

マリーに「ルートヴィヒ/2012」「婚約者の友人/2016」のパウラ・ベーア。

リヒャルトにゴーデハート・ギーズ。

ドリスにリリエン・バットマン。

監督、脚本は「あの日のように抱きしめて/2014」「東ベルリンから来た女/2012」のクリスティアン・ペッツォルト。


新宿武蔵野館にて


# by margot2005 | 2019-01-16 21:33 | ドイツ | Comments(0)

「おとなの恋は、まわり道」

Destination Wedding 2018 USA

a0051234_20461531.jpg

互いにシングルのフランクとリンジーはリゾート・ウエディングに招待され同じ飛行機に乗り合わせる。やがてフランクは新郎の絶縁中の異父兄弟で、リンジーは新郎の元フィアンセということが判明する


フランクとリンジーは新郎のキースからそれぞれの悪い噂ばかり聞かされていた相手。これでは互いに好感が持てるわけがない。アンラッキーで奇妙な出会いの中行動を共にするしかない二人は、毒のある会話を交わしまくる。

とにかくセリフが多い。登場人物はほぼ二人なので当然なのだけど喋る、喋る、特にウィノナが喋りまくっていて可笑しかった。キアヌは吠えるしあの変な唸り声は何なんだ?と思ったけど


元美男美女で現在は少々わびしいキアヌ&ウィノナの中年コンビが可笑しい。大人の淡々と進むラブ・ストーリーは全然盛り上がらない。でもラストできっちり収まるところがニクい。


二人の最初の共演は「ドラキュラ/1992」。ウィノナはとても美しく、キアヌは超キュートだったのを覚えている。あれから26変化するのは当たり前ながら、二人とも今なおチャーミング。

若い頃のキアヌはラヴストーリーが似合ったが、「イルマーレ/2006」以降は路線変更。で、最近のキアヌ映画は「ノック・ノック/2015」と「ジョン・ウィック:チャプター2/2017」が最高!


リンジーに「50歳の恋愛白書/2009」「ブラック・スワン/2010」THE ICEMAN 氷の処刑人/2012」のウィノナ・ライダー。

フランクに「砂上の法廷/2016」のキアヌ・リーヴス。

監督、脚本は「5時から7時の恋人カンケイ/2014」のヴィクター・レヴィン。


新宿武蔵野館にて


# by margot2005 | 2019-01-04 23:10 | MINI THEATER | Comments(0)