「シャネル&ストラヴィンスキー」

「Coco Chanel & Igor Stravinsky」2009 フランス
a0051234_0154262.jpg

ココ・シャネルに「そして、デブノーの森へ/2004」のアナ・ムグラリス。
イゴール・ストラヴィンスキーに「しあわせな孤独/2002」「アフター・ウエディング/2006」「007/カジノ・ロワイヤル/2006」「誰がため/2008」のマッツ・ミケルセン。
カトリーヌ・ストラヴィンスキーにエレーナ・モロゾーワ。
ココの親友ミシアにナターシャ・リンディンガー。
アーサー“ボーイ”カペルに「007/慰めの報酬/2008」アナトール・トーブマン。
監督に「ドーベルマン/1997」のヤン・クーネン。
原作、脚本にクリス・グリーンハルジュ。
a0051234_0152218.jpg

1913年、パリ。シャンゼリゼ劇場でニジンスキーの振り付けによるバレエ曲“春の祭典”を初演したストラヴィンスキー。19世紀のクラシック・バレエでは考えられない振り付けによるパフォーマンスと音楽に場内は騒然となる。しかしシアターには今迄にない斬新なスタイルに共鳴した一人の女性がいた。彼女の名前はココ・シャネル。
7年後、デザイナーとしては成功を収めたが、最愛の男ボーイを自動車事故で亡くしたココ・シャネルは哀しみに打ちひしがれていた。そんな折、ロシアより家族共々亡命して来たストラヴィンスキーと出会う...
a0051234_014529.jpg
a0051234_015699.jpg

「ココ・シャネル/2008」「ココ・アヴァン・シャネル/2009」に続くココ・シャネル第三弾。
台詞はフランス語とロシア語。
ストラヴィンスキーの才能に惚れ込み家族共々自身の別荘に迎え入れたシャネル。彼の妻カトリーヌは病弱で、4人の子供を抱えていた。
夫とマドモアゼル、シャネルが浮気をしていると感じ取ったカトリーヌは、彼女に“貴女には良心の呵責もないの?”と尋ねる。しかしココの答えは一言“ノン!”。
“夜も君と過ごしたい!”と言うストラヴィンスキーに“わたしは貴方の愛人じゃないのよ!”と返すシャネル。
いやいや強い女性だとしみじみ思う。
しかし自身もアーティストだと思っていたココはストラヴィンスキーに“君は洋服屋だ!”と言われる始末。プライドの高い彼女はきっと傷ついたことだろう。
ラストにシャネルが亡くなるまでの住処であった“リッツ・パリ”の客室が映る。パリ郊外のシャネルの別荘。ボーイ亡き後喪に服したシャネル。部屋は勿論のこと、館の窓枠にまで黒を使っている。ファッションは当然ながら黒と白。
ファッション、アクセサリーは勿論の事、シャネルのアパルトマンまで忠実(本物)に描いたそうだ。
シャネルが愛したただ一人の男ボーイ。彼が自動車事故で亡くなった後から始まる物語。ボーイはオープニングとエンディングに現れる。
このドラマと同じ時代のココ・シャネルを演じた二人、バルボラ・ボブローヴァとオドレイ・トトゥ。
アナ・ムグラリスはシャネルのミューズ。纏うファッションは彼女にマッチして素晴らしかったが、ストラヴィンスキー役のマッツ・ミケルセンと同じくらい背の高いアナ。シャネルを着るアナはスゴくゴージャスだがシャネルっぽくないイメージ。実際のシャネルは決してスーパーモデル並みのバディではなかったと想像する。
で、バルボラとオドレイを比べたりして...勝手に結論づけた。3人の中でシャネルに一番しっくりきたのはオドレイだと...。
R18+指定だったので恐らくとは思ったが、シャネルの恋愛伝説の1ページに登場するストラヴィンスキー。シャネルが愛人ではないと断言する彼との関係をかなり赤裸裸に描いている。
“ココ・シャネル”ものは映画「ココ・アヴァン・シャネル」の原作でエドモンド・シャルル・ルーの“ココ・アヴァン・シャネル 愛とファッションの革命児”と、藤本ひとみが書いた“シャネル”の2冊を読んだ。どちらにもストラヴィンスキーは登場する。しかし二人の関係はさらっとしか書かれていない。この映画の原作でクリス・グリーンハルジュの“シャネル&ストラヴィンスキー”は是非読んでみたい。
GWに公開予定のサム・ワーシントン主演「タイタンの戦い/2010(Clash of the Titans )」にマッツが出演するらしい。「キング・アーサー/2004」以来のマッツの古典ものは楽しみである。勿論サム・ワーシントンも。
シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2010-01-29 00:21 | フランス | Trackback(10) | Comments(4)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/9795930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2010-02-01 20:23
タイトル : シャネル&ストラヴィンスキー
1920年、パリ。 一流デザイナーとしての地位を手にしながらも、恋人を事故で亡くし、悲しみにくれるココ・シャネルは、ロシア革命後、全ての財産を失って難民となり、パリで亡命生活を送る音楽家イゴール・ストラヴィンスキーと出会う。 彼の才能に惚れ込んだシャネルは、作曲に専念できるよう妻子と共に自分の別荘で暮らすことを提案するが…。 実話に基づくラブストーリー。... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2010-03-05 19:04
タイトル : シャネル&ストラヴィンスキー
1913年のパリ、シャンゼリゼ劇場。 新作「春の祭典」の初日を迎えるイゴール・ストラヴィンスキー(マッツ・ミケルセン)だが、観客は斬新な内容についていけず、激しいブーイングが起きる。 7年後、デザイナ...... more
Tracked from 映画と出会う・世界が変わる at 2010-03-09 09:28
タイトル : シャネル&ストラヴィンスキー■クリエイターとしてのシャネ..
「ココ・アヴァン・シャネル」、「ココ・シャネル」に次いで3作目のシャネルものであるが、私はこの作品が一番好きである。前2作品と大きく違うところは、クリエイターとしての彼女の生き方、考え方に重点を置いて描いている点である。恋愛ドラマとしての要素もあるが、...... more
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2010-03-20 16:05
タイトル : *『シャネル&ストラヴィンスキー』* ※ネタバレ少々
2009年:フランス映画、ヤン・クーネン監督、マッツ・ミケルセン、アナ・ムグラリス主演。... more
Tracked from シネマな時間に考察を。 at 2010-04-06 16:56
タイトル : 『シャネル&ストラヴィンスキー』 
大胆で容赦のない芸術、そして愛。 革新的な美の追求はスキャンダラスな愛に似て。 彼の楽譜と彼女のデザインに下書きは、ない。 『シャネル&ストラヴィンスキー』 COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY 2009年/フランス/119min 監督・脚色:ヤン・クーネン 出演:... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2010-04-17 00:17
タイトル : シャネル&ストラヴィンスキー
COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY 遅まきながら、鑑賞して来ました。ジャック・メスリーヌに続き、これもフランス映画でした。シャネルシリーズ第三弾、これがシャネルシリーズ最後の作品となります。さてシャネルシリーズ、皆さんはどれが好みでしょうか?前作の2作はシャネルの生い立ちや生きざまなどが描かれていましたが、今回はそうではありません。むろんシャネルの仕事にも少しふれていましたが、ほんの僅かです。本作はシャネルとストラヴィンスキーの愛だけに焦点が当てられています。2人の官...... more
Tracked from C'est joli〜こ.. at 2010-05-09 23:24
タイトル : シャネル&ストラヴィンスキー
シャネル&ストラヴィンスキー’09:フランス◆原題:COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY◆監督:ヤン・クーネン「ドーベルマン」◆出演:マッツ・ミケルセン、アナ・ムグラリス、エレーナ・モロゾヴァ、ナターシャ・リンディンガー、グリゴリイ・マヌロフ◆STORY◆191...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2010-06-28 15:59
タイトル : シャネルさん
「ココ・アヴァン・シャネル」 「ココ・シャネル」 「シャネル&ストラヴィンスキー」 ... more
Tracked from 虎猫の気まぐれシネマ日記 at 2010-06-29 23:34
タイトル : シャネル&ストラヴィンスキー
今年はシャネルの伝記的な作品を3本も観たが,この作品が一番好きかな。(ちなみに一番イマイチに感じたのがオドレイ・トトゥのココ・アヴァン・シャネル)それに比べればこの「シャネル&ストラヴィスキー」は,シャネルの生涯のうちでも,ストラヴィンスキーとの恋愛に焦点を絞って描かれていたので,その分人物描写が深... more
Tracked from いやいやえん at 2015-09-18 10:04
タイトル : シャネル&ストラヴィンスキー
【概略】 1913年のパリ。「春の祭典」の初演で失意に打ちひしがれたストラヴィンスキーは、悲しみに暮れるシャネルと出会い恋に落ちる。 ドラマ マッツ・ミケルセンがみたくて借りました。 ストラヴィンスキーは作曲家で、ココ・シャネルは「シャネルの創業者だよね?」くらいの知識しかない状態での鑑賞(ブランド品に興味ないので)。 シャネルの援助を受けはじめたストラヴィンスキーとその家族。しかしシャネルとストラヴィンスキーが、ちょっとピアノの連弾した位で急速に接近して、その後すぐに情事、情事...... more
Commented by C.C at 2010-01-29 19:26 x
こんばんは。日本に滞在している時この作品のトレーラーを見て気になってましたが、すでに遅しで私はロンドンです(涙)多分既に上映してしまったようでこれはDVDです。ストラビンスキーとシャネルとはなんともいえない2人の関係、パワーゲームだったんですね。恐ろしそう・・・ 。そしてオドレイの方も未見・・・これはケーブルでやってるので早速見なくては!!シャネルではシャーリー・マックレーンのもありますよ、ご覧になられました?私はDVDで見たのですがこれが仏語だけだったので半分もわかったのかどうか??怪しい処です(笑)
Commented by margot2005 at 2010-01-31 20:42
C.C.さん、こんばんは!
そうですかロンドンでは上映終了なのですね。
ストーリー的にはどうってことありませんでしたが、モノトーンのドレスや館は中々見応えがありました。
愛人や恋人がたくさんいたシャネル。そして売れない芸術家を援助する彼女は、それが自身の成功のステータスだったように思えます。この二人の関係もゲームっぽかったですね。
オドレィ版もご覧でなかったのですか?
S.マクレーン版が一番最初に公開されました。日本では英語で公開でしたが、シャネルものはやはり仏語が雰囲気でますね。
私的にはオドレィ版のシャネルが一押しですね。機会があればご覧くださいまし。
Commented by なな at 2010-06-29 23:33 x
お久しぶりです
マッツの映画だから楽しみにしていました。
シャネルものとしては私は一番好きな映画です。
ヒロインのアナが美しすぎて,違和感はあるのですが
(それを言うならマッツもマッチョすぎ)
それでも美しいヒロインを見るのは眼福ですね。
シャネルとストラヴィンスキーの関係って
実際はどうだったんだろう?と
いろいろ考えながら見てしまいました。
ストラヴィンスキーはシャネルに振り回されもしたけど
あの「洋服屋」の台詞や妻子と別れなかったことなどで
シャネルのプライドを傷つけた存在だったのかもしれませんね。
Commented by margot2005 at 2010-07-06 20:48
ななさん、こんばんは!
レスが遅くてごめんなさい。
さてマッツのお好きなななさんは満足されたようで良かったです。
シャネルの自伝を何冊も読みましたが、彼女には常に愛人がいて、結婚を望んだ人もいましたが、誰とも長続きはせず、結局シングルのまま孤独に亡くなった“恋する女”だったのでしょうね。
ストラヴィンスキーも幼なじみだった妻とは別れアメリカに渡って長生きしたみたいです。シャネルも長命でしたね。
<< 「ユキとニナ」 「ミレニアム ドラゴン・タトゥ... >>