「ジャック·メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック·エネミー)No.1と呼ばれた男」

Part 1 ノワール編
「L'instinct de mort」...aka「Mesrine: Killer Instinct」 2008 フランス/カナダ/イタリア
a0051234_22293930.jpg

ジャック·メスリーヌに「アレックス/2002」「スパイ·バウンド/2004」「オーシャンズ13/2007」のヴァンサン·カッセル。
ジャンヌに「ロシアン·ドールズ/2005」「モンテーニュ通りのカフェ/2005」のセシル・ドゥ・フランス。
ギドに「DISCO ディスコ/2008」のジェラール·ドパルデュー。
ソフィアに「アラトリステ/2006」「美しすぎる母/2007」のエレナ·アナヤ。
幼なじみポールに「世界でいちばん不運で幸せな私/2003」「ナルコ/2004」「ラヴ·イズ·イン·ジ·エアー/2005」
「パリ/2008」のジル·ルルーシュ。
ジャン·ポール·メルシエに「みなさん、さようなら/2003」のロイ·デュプイ。
父親に「サン·ピエールの生命(いのち)/1999」「親密すぎるうちあけ話/2004」のミシェル·デュショーソワ。
シルヴィアに「ぼくの妻はシャルロット·ゲンズブール/2001」「情痴アヴァンチュール/2005」「パリ、ジュテーム/2006」のリュディヴィーヌ·サニエ。
監督、脚本に「アサルト13 要塞警察/2005」のジャン·フランソワ·リシェ。

1959年。アルジェリア戦争からパリに戻ったジャック·メスリーヌ。幼なじみのポールにギャングのボス、ギドを紹介され、犯罪の道に足を踏み入れる。強盗に成功したメスリーヌはポールとスペインに高飛びし、美しいスペイン女性ソフィアと出会い結婚、子供をもうける。しかしソフィアとの堅気の生活は続かず、銀行強盗に失敗し服役の後出所した彼は妻子を捨てて悪の世界に戻る事になる。後に娼婦ジャンヌと出会ったメスリーヌは次々に犯罪を重ねて行く...

実在の人物であり、原作者はジャック·メスリーヌ本人。
しかしながら映画冒頭に“全ての映画にはフィクションの要素があり、一人の男の人生を忠実に描くことは出来ない..”という案内が出る。
映画解説に“大西洋を股にかけ、“社会の敵No.1”と呼ばれた伝説のギャング、ジャック·メスリーヌの壮絶な人生を映画化した犯罪ドラマ...”とある。フランスでは有名な人物らしい。メスリーヌ役のヴァンサン·カッセルはパーフェクト級に適役。
カッセル以下、Part1で殺されてしまうジェラール·ドパルデューを始めとして、Part2で登場するマチュー·アマルリック、オリヴィエ·グルメ、サミュエル·ル·ビアンにジェラール·ランヴァン。そして女性陣はセシル·ドゥ·フランス、リュディヴィーヌ·サニエ、アンヌ·コンシニとフランス映画界人気俳優がこぞって出演しているのも見応えあり。
セシル·ドゥ·フランスはこの上なくキュートだった「モンテーニュ通りのカフェ」とは別人。髪の色がブルネットなのでますます違って見える。メスリーヌが愛した女性は皆ブルネットの髪。ブロンドはキライだったのか?
32回の強盗と4回の脱獄を果たしたメスリーヌはフランスでは神話化した人物であるそう。次々と女性に愛された彼にはカリスマ的な魅力があったように見える。
女性にもてる男だったメスリーヌ。スペインで出会ったソフィアと結婚の後、彼に堅気生活が続くはずもなくギャングに戻って行く。しかしソフィアと別れた後3人の子供は自身の両親に預けている。刑務所に娘が訪ねて来るシーンで、子供の成長を気にし、愛していたメスリーヌに父親の姿を見た。
ソフィアと別れなかったら彼は堅気の生活を守れたかも?なんて思ったりもした。
50年代の終わりから始まる物語は、昔流行ったフランスのフリック・ストーリー(刑事もの)を彷彿とさせる。

Part 2 ルージュ編
「L'ennemi public n°1」...aka「Mesrine: Public Enemy No. 1」2008 フランス/カナダ
a0051234_23272841.jpg

フランソワ·ベスに「キングス&クイーン/2004」「ミュンヘン/2005」「潜水服は蝶の夢を見る/2007」「007/慰めの報酬/2008」のマチュー·アマルリック。
チャーリー·ボーエルに「輝ける女たち/2006」「シークレット·ディフェンス/2007」のジェラール·ランヴァン。
ミシェル·アルドワンに「DISCO ディスコ」のサミュエル·ル·ビアン。
ブルサール警視に「ロルナの祈り/2008」「ゴー·ファースト 潜入捜査官/2008」のオリヴィエ·グルメ。
メスリーヌの弁護士に「灯台守の恋/2004」「愛されるために、ここにいる/2005」「潜水服は蝶の夢を見る」のアンヌ·コンシニ。
誘拐される大富豪に「愛されるために、ここにいる」のジョルジュ·ウィルソン。

1973年。カナダよりフランスに戻ったメスリーヌは銀行強盗を繰り返し、またもや捕まってしまうが脱走に成功する。しかし、メスリーヌを執拗に追いかけるブルサール警視によって隠れ家を襲撃され逮捕される。法廷で20年の刑を言い渡され、刑務所でフランソワ·ベスと出会う...

映画はとにかく過激、過激。メスリーヌが殺されるシーンはオープニングより繰り返し映し出される。
囚人に虐待を繰り返す看守たちがいるカナダの刑務所。脱獄したのその刑務所を襲撃するシーンは皆殺し状態で圧巻!
変装の名人で“千の顔を持つ男”と呼ばれたメスリーヌが、死の床につく父親の病院にドクターの変装で現れるシーンはよくぞバレなかったと関心する。
Part2で40代を演じたヴァンサン・カッセル(本人も40過ぎだが...)やけにお腹が出てるなぁと思いきや...なんと20キロも増量したそう。顔はあまり変化してなかったが、中年おやじの雰囲気は出ていた。
捕まっても、捕まっても、脱走し、また犯罪に手を染めるって何か彼なりのポリシーがあったのか?メスリーヌ?
フランソワ·ベス役のマチュー·アマルリック。この方はホントにスクリーンにいるだけで絵になる俳優。寡黙で、脱獄の名人ベスが似合っているのは語るまでもない。
シアターにはかつてのフリック・ストーリー(ジャン・ギャバンやアラン・ドロンの世界)ファンのojisamaも多くいた。
映画サイトにも同時上映と書いているように二本立て映画ではない。一日に二回(Part1とPart2)しか上映していない。Part1とPart2を違う日に観るなんて考えられないので一気に観るしかない。シアターにはきっと同じ人が座っていたに違いない。
TOHOシネマズ 日比谷シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2009-11-17 23:20 | フランス | Trackback(10) | Comments(0)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/9262040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Cartouche at 2009-11-25 10:07
タイトル : *ジャック・メスリーヌ/フランスで社会の敵(パブリック・..
{{{   ***STORY*** part1*1959年、アルジェリア戦争に行ったジャック・メスリーヌは上官の命令で初めて人を殺した。その後、パリに戻ったメスリーヌは、幼なじみのポールに誘われて歓楽街へ繰り出し、娼婦サラと出会い関係を持つ。そして父親が紹介してくれた堅気の仕事もさぼり、ポールの“闇商売”=強盗に手を出し始めたメスリーヌは、元締めのギドを紹介してもらい、さらに犯罪に手を染めていく…。 part2*1973年3月、フランスに舞い戻ったメスリーヌは、旧友の“空母”ミシェル・ア...... more
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2009-12-04 12:37
タイトル : 憎めない男。『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(..
フランスに実在した伝説のギャングスター、ジャック・メスリーヌを姿を描いた作品です。... more
Tracked from NiceOne!! at 2009-12-06 20:52
タイトル : 『ジャック・メスリーヌフランスで社会の敵(パブリック・エ..
原題:MESRINE:L'INSTINCTDEMORT/MESRINE:PART1-DEATHINSTINCT (ノワール編)   MESRINE:L'ENNEMIPUBLICN°1/MESRINE:PART2-PUBLICENEMY#1 (ルージュ編)監督:ジャン=フランソワ・リシェ出演:ヴァンサン・カッセル、セシル・ド・フランス、ジェラール・ドパルデ...... more
Tracked from Movies 1-800 at 2009-12-07 22:24
タイトル : ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれ..
L'instinct de mort (2008年) 監督:ジャン=フランソワ・リシェ 出演:ヴァンサン・カッセル、セシル・ドゥ・フランス、ジェラール・ドパルデュー 60~70年代のフランスで、社会の敵No.1と呼ばれた実在の犯罪者の半生を描いたドラマの前編。 映画が始まる前に、フィクションも含むというようなことを表示している割には、主人公の犯罪記録と女遍歴を並べただけという作りで、ドラマ性に欠け、面白みが少ない。 きっと、後編が本編で、本作はその序章に過ぎないのであろうと解釈し、後編に期待。 ... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2009-12-20 19:08
タイトル : ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エ..
フランスとカナダで<社会の敵No.1>と呼ばれた伝説のギャング、 ジャック・メスリーヌのがギャングになったところから射殺されるまでの 壮絶な人生を映画化したクライムドラマ。 Part1・2の2部作で構成されており、Part1では、メスリーヌが ギャングの仲間..... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2009-12-20 22:07
タイトル : ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エ..
フランスとカナダで<社会の敵No.1>と呼ばれた伝説のギャング、 ジャック・メスリーヌのがギャングになったところから射殺されるまでの 壮絶な人生を映画化したクライムドラマ。 Part1・2の2部作で構成されており、Part2では、メスリーヌが カナダからフラ..... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2010-04-15 10:46
タイトル : ジャック・メスリーヌ☆社会の敵No.1と呼ばれた男 Pa..
 MESRINE: PART 1 - DEATH INSTINCT 京都シネマにて初日鑑賞!パブリックエネミ―と言えば昨年公開されたジョニー・デップ主演のパブリック・エネミ―ズを思い出しますね。やはり比較しちゃいますよね。ジョニーの作品は、はっきり言って今一つだった。だからこの作品が良いと評価するつもりではありませんが。。。。でも本作の方が断然良かったと思います。何がどう違うんだろうか?私的に、徹底してリアリティがあるところじゃないかなと思うんです。もちろんジャック・メスリーヌも、ジョン・デリンジャ...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2010-04-15 10:46
タイトル : ジャック・メスリーヌ★社会の敵(パブリック・エネミー)N..
いろんなメスリーヌに出会える♪ 1979年11月2日。40人の警官、21発の銃弾ーーー男の美学、完結 パート1鑑賞から一週間後にパート2の上映が始まりました。先日鑑賞して来ました。ラストがどうなるかは皆さん、ご存じだと思いますが。。。。。 さてジャックは、再びフランスに舞い戻ります。パート2の舞台は1973年のフランスからです。 STORY(allcinemaからも抜粋) 1973年。フランスに舞い戻ったメスリーヌは、旧友の“空母”ミシェル・アルドワン(サミュエル・ル・ビアン)と銀行強盗を繰...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2010-05-25 20:50
タイトル : ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれ..
 『1959年、犯罪王の覚醒。 32回の銀行強盗、 4回の脱獄を繰り返した男。』  コチラの「ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part1 ノワール編」は、フランスとカナダという大西洋をまたぐ2つの大陸で「社会の敵No.1」と呼ばれた伝説のギャングを....... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2010-05-26 20:26
タイトル : ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれ..
 『1979年11月2日。 40人の警官、21発の銃弾─ 男の美学、完結。』  コチラの「ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part2 ルージュ編」は、「ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part1 ノワール編」の後編です。前編の後の...... more
<< 「ドゥーニャとデイジー」 ハリウッド、ヒット作3本...... >>