ドイツ映画祭2009...「冬の贈りもの」

「Im Winter ein Jahr」...aka「A Year Ago in Winter」 2008 ドイツ/USA
a0051234_23502553.jpg

リリー·リヒターにカロリーネ·ヘアフルト。
マックス·ホランダーにヨーゼフ·ビアビヒラー。
エリアーネ·リヒターにコリンナ·ハーフォウヒ。
トーマス·リヒターに「ヒルデ ー ある女優の光と影/2009」のハンス·ツイッシュラー。
アレクサンダー·リヒターにシリル·シェーストレーム。
アルドにミシェル·マティチェヴィッチ。
トビアス·ホランダーに「ウェイヴ あるクラスの暴走/2008」のヤーコプ·マツェンツ。
監督、脚本は「名もなきアフリカの地で/2001」のカロリーネ·リンク。
「みえない雲/2006」「クラバート - 謎の黒魔術/2008」のパウラ·カレンベルクがトビアスのガールフレンド、ステラ役でワン·シーンに出演している。
a0051234_2350893.jpg

a0051234_23504030.jpg

ある日、画家マックス·ホランダーのアトリエに一人の女性が訪ねて来る。その人は娘リリーと息子アレクサンダーの肖像画を描いて欲しいと依頼する。リリーは大学で音楽とダンスを学んでいるが、アレクサンダーは猟銃自殺で亡くなったと言う。
そして絵のモデルになるためリリーがマックスのアトリエにやって来る。絵の製作に乗り気でないリリーは、亡くなった人間をインテリアとして飾りたくないとマックスに訴える。おまけにアレクサンダーは事故ではなく自殺したと告白するのだった...
a0051234_23493244.jpg
a0051234_23494859.jpg

オープニング、雪の舞う中、i Pod(多分)で音楽を聴きながらダンスをするかのように身体を動かすハンサムな少年。その彼を執拗なまでにビデオ撮影するエレガントな女性。女性は彼の母親で、二人は終始楽しく笑いながら雪の中で戯れる...
エンディング、クリスマス·シーズンのミュンヘンの街。リリーは雪がハラハラと落ちて来る空を見上げ、天国にいるアレクサンダーに向かい語りかける...
雪が舞うシーンで始まり、そして終わる、心に響くヒューマン·ドラマ。

ミュンヘン郊外の瀟洒な家に住むリヒター家。父親トーマスは大学教授で、母親エリアーネは室内装飾家。亡くなった息子アレクサンダーはスキーの英才教育を受けるため山の上の寄宿舎で学んでいた。娘リリーは大学で音楽とダンスに打ち込む日々。
リリーは両親の多大なる期待がプレッシャーであり、弟の死も乗り越えられず、ダンスに集中出来ない。とうとう主役から降ろされたリリーはバーで知り合った画家アルドに夢中になる。しかし常に束縛するリリーに耐えられなくなったアルドは別れを宣言する。
両親からのプレッシャーに反撥を抱くリリーは自虐的な行動を起こそうとしていたように見える。
マックスに対しても始めは反抗的な態度を取っていたリリーだが、時間を共有する事によって心を開き、終盤では信頼を寄せるようになる。リリーの哀しい心を理解し優しく包んだのはマックスかも知れない。完成した絵のリリーはマックスによってとても優しく、美しく描かれていた。
リリーの両親は社会的な体裁を気にする仮面夫婦。妻は夫の浮気を知っているが無関心を装っている。有能で完璧主義者の両親。あのような両親の子供って息抜く暇もなく辛いだろうなとお察しする。

マックスにも息子との間に確執があった。大学のプールで飛び板飛び込みの練習をする息子を遠くから密かに見守る父親。
マックスは亡くなった人の写真とビデオ映像から絵を描く画家。彼のアトリエに飾ってある人物画を見て、リリーは“死んだ人の絵に囲まれて奇妙な気がしない?”と問いかける。この人物は生きているとマックスが示した絵。プールの中で微笑む青年はとても印象的。完成したそれはラスト近く、マックスが大学の寮を訪ねるシーンで息子トビアス自身の絵だと分る。寮の前でトビアスのガールフレンド、ステラと会ったマックスはステラに“絵を大事にして”と告げ去って行く。マックスとトビアスの未来が開けそうなあのシーンはナイスだった。

「SOUL KITCHEN」「ヒルデ ー ある女優の光と影」「ブッデンブローク家の人々」と観て来た今年のドイツ映画祭。それぞれに全く違ったテイストの映画4本。ラストに観たこれは映画祭の大ラス作品にふさわしい見応えのあるヒューマン・ドラマだった。
新宿バルト9にて
[PR]
by margot2005 | 2009-10-27 00:07 | ドイツ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/9159799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ひだまりのお話 at 2009-10-28 22:55
<< 東京国際映画祭2009 WOR... ドイツ映画祭2009...「ブ... >>