人気ブログランキング |

「お買いもの中毒な私!」

「Confessions of a Shopaholic」 2009 USA
a0051234_1831922.jpg

レベッカ・ブルームウッドにアイラ・フィッシャー。
ルーク・ブランドンに「エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜/2005」「美しすぎる母/2007」「ジェイン・オースティンの読書会/2007」「いつか眠りにつく前に/2007」のヒュー・ダンシー。
レベッカの親友スーズに「幸せになるための27のドレス/2008」のクリステン・リッター。
レベッカの母ジェーンに「スクール・オブ・ロック/2003」「セックス・アンド・マネー/2006」のジョーン・キューザック。
レベッカの父グレアムに「ビヨンドthe sea〜夢見るように歌えば〜/2004」「エバン・オールマイティ/2007」のジョン・グッドマン。
ルークの母アレットに「ルパン/2004」「ブーリン家の姉妹/2008」のクリスティン・スコット・トーマス。
ルークの上司エドガー・ウェストに「愛についてのキンゼイ・レポート/2004」「ドリームガールズ/2006」のジョン・リスゴー。
監督に「ミュリエルの結婚/1994」「ベスト・フレンズ・ウェディング/1997」のP・J・ホーガン。

ニューヨーク、地味な園芸雑誌の編集部で働くレベッカは華やかな一流ファッション誌の記者になるのが夢。日々のストレスは“お買い物”で解消している。しかしカード会社から支払いの督促が来て、やっと自分の懐具合を知る事となる。そうこうするうち勤める会社が倒産し職を失って焦るレベッカ。転職活動を開始した彼女は何かの間違いでお堅い経済誌に雇われることに...
a0051234_18305133.jpg

25歳役のアイラ・フィッシャーは小柄で、ベビー・フェイスゆえ30過ぎだというのにとっても可愛い。
「魔法にかけられて/2007」のエイミー・アダムスと同じく脳天気っぽいキュートなキャラがぴったりハマっている。
アイラ・フィッシャーの映画は本邦初公開かと思える。
ヒュー・ダンシーがとても素敵な役柄で、彼ってこんなにチャーミングな男性だったのか?と再認識してしまった。
脇を固める俳優たちもジョーン・キューザック〜ジョン・リスゴーまで性格俳優勢揃いで楽しめる。
映画そのものはどうって事のないストーリーだが、気分転換には持ってこいで楽しむ事が出来た。
毎度の事ながらアメリカンって集団セラピーがお好きな人種。“買い物中毒”に打ち勝つため集まるセラピーなんてものまで存在するってスゴ過ぎ。
過去に少々お買い物中毒だった私もレベッカの気持ちは良く解る。お買い物でストレス晴らすのって最高だし、今でもストレス解消にはやはりお買い物かな?カードにサインする時って、その時点では支払いの事など考えないから後から大変な事になってしまうのだけど...。
物語の中で重要な役割を果たす緑のスカーフ。あのスカーフお洒落!
有楽町マリオンの丸の内OL御用達デパート西武&阪急。ゴールデン・ウイークに両デパートの間にまたがってこの映画の巨大な天幕ポスターが出現した。マリオンで観ようと有楽町に向かったが、上映時間に間に合わず諦め、後日いつものシネコンで観た。
ワーナーマイカル 板橋にて...
by margot2005 | 2009-06-07 18:35 | USA | Comments(0)
<< 「路上のソリスト」 「消されたヘッドライン」 >>