「フロスト×ニクソン」

「Frost/Nixon」2008 USA/UK/フランス

“楽園か荒野か──人生を賭けた闘いが始まった!”...フロストとニクソンのバトル・トーク。
a0051234_20222370.jpg

37代アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンに「グッドナイト&グッドラック/2005」「スーパーマン・リターンズ/2006」のフランク・ランジェラ。
英国人TV司会者デビッド・フロストに「クィーン/2006」「ブラッド・ダイヤモンド/2006」のマイケル・シーン。
ニクソンの側近ジャック・ブレナンに「秘密のかけら/2005」のケヴィン・ベーコン。
フロストが飛行機で出会うキャロラインに「プレステージ /2006」のレベッカ・ホール。
プロデューサー、ジョン・バードに「プライドと偏見/2005」のマシュー・マクファディン。
フロストのブレーンで、過去にニクソンものを書いたノンフィクション作家ジェームズ・レストンに「ジェシー・ジェームズの暗殺/2007」のサム・ロックウェル。
同じくフロストのブレーンでジャーナリスト、ボブ・ゼルニックに「カサノバ/2005」のオリヴァー・プラット。
ニクソンの代理人スイフティー・リザールに「ラヴェンダーの咲く庭で/2004」「エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜/2005」のトビー・ジョーンズ。
監督は「ダ・ヴィンチ・コード/2006」のロン・ハワード。
製作総指揮/原作戯曲/脚本に「クイーン」「ラストキング・オブ・スコットランド/2006」「ブーリン家の姉妹/2008」の脚本家ピーター・モーガン。
a0051234_20241916.jpg

1974年、リチャード・ニクソンは“ウォーターゲート事件”により、アメリカ史上初めて任期途中で辞職する大統領となった。その後国民に謝罪もなく沈黙を守ったリチャード・ニクソン。
一方で、アメリカ進出を狙っている英国人の人気TV司会者デビッド・フロストはニクソンの単独インタビューを企画する...
a0051234_20234336.jpg
a0051234_20223565.jpg

ハリウッドのベテラン俳優フランク・ランジェラ×「クイーン」でブレア首相を演じたマイケル・シーン。二人の対決!はとても、とても見応えあり!
「ダウト 〜あるカトリック学校で〜/2008」と同じく、東京ではミニシアターで公開されたが、平日の最終回、席はかなりうまっていた。
英国のコメディアンまがいの司会者に大物政治家とのインタビューなぞ成功する分けがない...などと非難され、3大ネットワーク(ABC/CBS/NBC)に中継を断られ、誰もスポンサーになってくれない。資金繰りに失敗し全資産をつぎ込んで自主制作し、ニクソンとの単独インタビューを成功させたフロストの執念に拍手を送りたい。
政治スキャンダル“ウォーターゲート事件”は知っているが、この頃(70年代)世界のニュースが中継されるCNNなぞなかったし、このようなインタビューがあったということを初めて知った。
インタビュー間際、フロストにキャロラインと彼との関係を露骨に言い当て動揺させる狡猾なニクソン。しかし、当初フロストを買ってなかったジェームズがラストに入念なリサーチで彼を救う。
最終インタビューの前、夜、ニクソンがフロストに電話をかける。とても個人的な事をフロストに話すニクソン。あのシーンは良いなぁ。
フランク・ランジェラはニクソンに似てないが、上にも書いた電話のシーンや、罪を認めるインタビューのシーンで、苦渋に満ちたアップはリチャード・ニクソンと重なる。オスカーにノミネートされたランジェラの演技が素晴らしかったのは言うまでもない。
マイケル・シーンにはなぜか?可笑しさを感じて、「クイーン」のトニー・ブレアを思い出したりして...彼の顔が災いするのか、このようなシリアスな作品でも、どうも彼の顔を見ると笑いがこみ上げて困った。
フロストが飛行機の中で知り合うキャロライン役のレベッカ・ホールは「プレステージ」のサラとは全く別人の妖艶さでびっくりした。さすが女優!
ニクソンをサポートする側近のジャック・ブレナン役のケヴィン・ベーコン。彼はお気に入り俳優の一人であり、ハリウッド名脇役の一人で、これでもしっかと存在感ありで素晴らしい!俳優。
日比谷 TOHOシネマズ シャンテにて...
[PR]
by margot2005 | 2009-04-05 20:42 | MINI THEATER | Comments(4)
Commented by MACHI at 2009-04-06 17:33 x
双方のスタッフたちの様子とか、舞台裏も面白かったですね。
私もこんなインタビューがあったなんて、知りませんでした。
Commented by margot2005 at 2009-04-07 23:23
MACHI さん、こんばんは!
これは期待通りに面白かったですね。とても見応えありましたわ。
とにかく出演俳優たちが素晴らしかったです。
Commented by 真紅 at 2009-04-09 10:52 x
margot2005さん、こんにちは!
恒例(?)のまとめTBさせていただきました。返信はお気遣いなく。。
この映画、本当に見応えありましたね。
自分の記事では言及しなかったのですが、私もケヴィン・ベーコン本当にいい役者さんだと思います。
『フットルース』の頃から顔が変わってないですよね(笑)。
賞レースとは無縁ですが、貴重な俳優さんだと思っています。
ではでは、また来ます~。
Commented by margot2005 at 2009-04-10 23:43
真紅さん、こんばんは!
TBありがとう!私も恒例...でお返しをいたしましたわ。
楽しみにしていた一作でしたが、期待通りで満足でした。
ケヴィンはいつも味な俳優で好きです!
そういやいつまでも顔若いですよね?
真紅さんのとこに書き込むの忘れたのですがMr.ダーシー老けててビックリしました。髪の色のせかも??
ではではまたお出でくださいまし。
<< 「ワルキューレ」 「リリィ、はちみつ色の秘密」 >>