フランス映画祭2009...「華麗なるアリバイ」

「Le Grand Alibi」2007 フランス

アガサ・クリスティの「ホロー荘の殺人」を映画化したサスペンス・ドラマ。
a0051234_20171799.jpg

精神科医ピエールに「ラクダと針の穴 /2002」ランベール・ウイルソン。
ピエールの妻クレールに「灯台守の恋/2003」「愛されるために、ここにいる/2004」のアンヌ・コンシニエ。
上院議員アンリに「プロヴァンスの恋 /1995」「コード/2008」のピエール・アルディティ。
アンリの妻エリアーヌに「輝ける女たち/2005」「恋愛睡眠のすすめ/2005」のミュゥ・ミュゥ。
彫刻家エステルに「ラクダと針の穴 」「5 x 2 / ふたりの5つの分かれ路/2003」 「ぼくを葬る/2004」のヴァレリア・ブルーニ・テデスキ。
酒びたりの作家フィリップに「恋は足手まとい/2005」のマチュー・ドゥミ。
妖艶な女優レアに「コルシカン・ファイル /2003」のカテリーナ・ムーリノ。
刑事に「パリ/2007」のモーリス・ベニシュー。
監督、共同脚本は「Mの物語/2003」「ランジェ公爵夫人/2007」の脚本家パスカル・ボニゼール。
a0051234_20165756.jpg

a0051234_20174087.jpg

上院議員のアンリと妻エリアーヌはフランスの小さな村ヴェトゥイユの大邸宅に住んでいる。ある日、彼らに招待された客は次々と到着し、最後に現れたのはイタリア人女優のレア。レアを見て驚いたのはピエール。レアは一時期ピエールと愛し合っていた。
一方でエステルもピエールと恋愛中。ピエールには美しい妻クレールと二人の子供がいる。
そんな折、一発の銃声と共に殺人事件が起こる。人々が駆けつけた時、屋敷のプールには銃で撃たれたピエールとその妻クレール、そしてエステルの姿があった...
a0051234_20155167.jpg
a0051234_20145123.jpg
a0051234_2015142.jpg

アガサ・クリスティの小説は大好きで、映画の原作である「ホロー荘の殺人」は読んでいる。
「アガサ・クリスティーの奥様は名探偵/2005」「ゼロ時間の謎/2007」に続きフランス版クリスティもの3作目。
「ゼロ時間の謎」はとても面白かった。この作品はそれほどでもなかったかな?しかしフランス人気俳優が多々出演し、リッチな人々を背景に描く映画は、撮影に使われた豪邸や、女性たちのファッションがとても素敵で見ていて楽しめる。
邦題の“華麗なるアリバイ”って?どこが華麗なのか??殺されたピエールの愛人関係が華麗であるからかな?まぁ仮題なので、一般公開の際には違ったタイトルになってるかも知れない。原題の“大いなるアリバイ”というのもピント来ない。
フランス人は大人の楽しみには子供を伴わない。「コード/2008」では、集まった夫婦にはそれぞれ子供が存在したが、一切子供の姿は映らなかった。この作品でもピエールとクレールの子供たちがワンシーン登場しただけ。大人たちが楽しんでいる間、小さな子供たちはどうしているのだろうか?ちょっと気になるけど、大人の世界と子供の世界をきっちりとわけているフランス人て羨ましいことこの上ない。

映画祭のオープニングは観てないのでジュリエット・ビノシュの姿は見れなかったが、アンヌにはお目にかかれた。映画での形相とは全く違うとってもチャーミングなフランス女優。
2010年に渋谷Bunkamuraル・シネマにて公開予定。
TOHOシネマズ六本木ヒルズにて...
[PR]
by margot2005 | 2009-03-22 20:27 | 映画祭 | Trackback(9) | Comments(2)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/8093481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2009-03-26 00:00
タイトル : 「フランス映画祭2009」
恒例のフランス映画祭ー。規模は縮小化する一方で、かつての華やかさを思うとこの地味さは寂しい限りではありましたが、鑑賞した映画自体はどれもよかったです。 にしても、せっかくこの機会にしか観られないような映画が上映されるのに、シアター数がほぼ1つというずいぶんと不親切なスケジュールで、本数が少ない割には、観たいものもれなく鑑賞することが困難というのは残念ー。 「フランス映画祭2009」 今年の団長は、日本でも知名度の高いジュリエット・ビノシュだったわけですが、オープニングにはいつも行けないし、日...... more
Tracked from 象のロケット at 2010-07-18 19:52
タイトル : 華麗なるアリバイ
フランスの小さな村ヴェトゥイユで暮らす上院議員アンリ・パジェスと妻のエリアーヌは、週末になると大邸宅で友人たちをもてなす。 しかし、この週末、館は緊張感に包まれていた。 精神分析医のピエールと彼の妻クレール、ピエールの現在の愛人や元愛人までもが、ディナーを共にすることになったのだ。 翌朝プールサイドでピエールの遺体が発見される…。 ミステリー。... more
Tracked from Cartouche at 2010-07-23 20:52
タイトル : *華麗なるアリバイ*
[[item(http://www.youtube.com/v/lQcf3NguCkE&hl=ja_JP&fs=1,480,385,)]] 映画『華麗なるアリバイ』予告   フランスの小さな村にある上院議員の邸宅に、招待客が次々とやってきた。精神分析医のピエールはクレールと結婚してからも、何人もの女性と関係を持っていた。その夜には現在の愛人である彫刻家のエステルばかりか、過去の愛人で女優のレアもやって来た。さらにエステルを愛する作家のフィリップ、フィリ...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2010-08-01 06:30
タイトル : 華麗なるアリバイ
 あるフランス映画を見ようと思って出かけたところが、狙った時間帯には上映されていないことがわかり、それなら別のフランス映画を見ようということになって、『華麗なるアリバイ』を渋谷のル・シネマで見てきました。 (1)邦題を見て、この映画はいわゆる“アリバイ崩し”物かもしれないと思い、それも「華麗なる(grand)」というわけですから、ポアロ探偵も酷くてこずるのではと大層期待させます(アガサ・クリスティの原作によっていることが前もってわかりましたから)。  ですが、実はそんなことは全然ありません。まず、...... more
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2010-08-01 23:58
タイトル : 『華麗なるアリバイ』... ※ネタバレ含
2007年:フランス映画、パスカル・ボニゼール監督、アガサ・クリスティー原作(『ホロー荘の殺人』)、ミュウ=ミュウ、ランベール・ウィルソン、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ出演。... more
Tracked from Art-Millー2 at 2010-08-02 23:42
タイトル : 華麗なるアリバイ
タイトルと物語とがどう結びつくのかよくわからない作品。 でも確かにゴージャス感はたっぷりである。 それがクリスティー。 アガサ・クリスティの世界は色彩鮮やかで、ファッショナブルで、そしてゴージャス。富裕層がわんさか出て来て、愛憎劇を繰り返す。生活に余裕があるんだから、そこまでガツガツ漁らなくてもいいのにと思うくらい、女アサリ、金アサリ、地位あさりなどなどととにかく浅ましい。これは持たざる者のひがみかとも思うが、金持ち人間の愛と欲望を題材にしたサスペンスがクリスティーの世界である。それを映画化...... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2010-08-06 21:36
タイトル : 華麗なるアリバイ
フランスの小さな村の上院議員宅に親しい間柄の友人たちが集まる。 精神分析医とその妻、女流彫刻家、男性小説家、女優・・・。 その翌日この家のプールで精神分析医のピエールが殺され、 その傍らには呆然と座り込む妻の姿があった・・・。 最近のバカみたいな暑さのせいだろうか。 やたら映画館で映画鑑賞中に居眠りしてしまうことが多い。 実は暑さのせいではないのはわかっている。 自分にとって面白さを感じられない作品だと判断すると、 万年睡眠不足の私の頭が勝手に睡眠時間に割り振って「寝てもよし」...... more
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2010-09-30 21:36
タイトル : 「華麗なるアリバイ」(フランス 2008年)
プールサイドに響く一発の銃声と女の悲鳴。... more
Tracked from いやいやえん at 2011-01-26 09:52
タイトル : 華麗なるアリバイ
アガサ・クリスティ原作の推理小説「ホロー荘の殺人」を映画化。ポアロものだがポアロは出てこない愛憎劇ですね。 ちょっと火サスみたいな感じです。男女9人の愛情や嫉妬、憎しみなどの感情が渦巻く心理劇。 題名からアリバイが重要視されているようにみえますが、全然そんなことはありませんでした^; フランスの田舎で上院議員アンリの大邸宅。メンバーはアンリ夫妻の親戚や、精神分析医のピエールとその妻、彫刻家、作家、女優たち。それぞれが、親しい関係にある…というかピエールは節操がない医者で女に手が早い。それぞれ...... more
Commented by sabunori at 2010-08-06 21:41
margotさん、こんばんは。
margotさんは昨年のフランス映画祭でご覧になられていたんですね!
邦題・・・そのときのままでしたね。
確かに何が華麗なのかしら??
というか、そもそも途中居眠りをしてしまったので華麗かどうか
判断できないわけでして。(笑)
集まった皆さんの職業はそれぞれ華麗でしたね。
Commented by margot2005 at 2010-08-08 00:31
sabunoriさん、こんばんは。
ほんと邦題そのままでした。
原作の「ホロー荘の殺人」は読んでいるのですが、昔、昔のことなのでストーリーはさっぱり忘れてます。
アガサ・クリスティの小説もフランス版になるとうーんとオシャレで豪華になってしまうみたいですね?
職業も交遊関係も華麗なる彼らでした。確かに。
<< フランス映画祭2009...「... フランス映画祭2009...「... >>