フランス映画祭2009...「コード」

「Le Code a changé」...aka「Change of Plans 」2008 フランス

“楽しいはずの夕食会に集まった人々の本音とは?”...
a0051234_1114110.jpg

ピョトルに「ぼくの大切なともだち/2006」のダニー・ブーン。
マリーに「美しき運命の傷痕/2005」「パリ/2007」のカリン・ヴィアール。
アランにパトリック・ブリェル。
メラニーにマリーナ・フォス。
ルーカスに「ディディーヌ/2007」「モンテーニュ通りのカフェ/2006」のクリストファー・トンプソン(脚本も)。
サラに「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜/2007」のエマニュエル・セニエ。
イーワンに「愛されるために、ここにいる/2005」「潜水服は蝶の夢を見る/2007」のパトリック・シェネ。
ジュリエットに「レディ・チャタレー/2006」のマリナ・ハンズ。
ジャン・ルイにローラン・シュトッカー。
マニュエラにブランカ・リ。
マリーとジュリエットの父親アンリにピエール・アルディティ。
監督、脚本は「モンテーニュ通りのカフェ」のダニエル・トンプソン。
a0051234_1102619.jpg
a0051234_1104253.jpg

失業中のピョトルと弁護士の妻マリー夫婦が夕食会を開催する。
訪問したメンバーは、ガン専門ドクターのアランと産婦人科医のメラニー夫婦。弁護士のルーカスと主婦サラ。ジュリエットとイーワンのカップル。そして室内装飾家ジャン・ルイとダンサー、マニュエラ。
a0051234_1105540.jpg
a0051234_1103196.jpg

a0051234_112624.jpg

“コード”とはアパルトマンの門を開ける際の暗唱番号。舞台になったのは多分パリのど真ん中に建つアパルトマンの1室かと想像する。
パリの街では大道りに面したビルの壁にアパルトマンの門を良く見かける。それはかなり大きな門(ドア)で、そこから一歩入ると花が植えられた中庭があり、通り抜けるとそれぞれの家の玄関が存在する。
パリに住むちょっとリッチな人々の夕食会。
マリーは室内装飾家と、メラニーは乗馬のインストラクターとそれぞれ浮気中。
ルーカスとサラは上手くいってなくて、車の中で大喧嘩。
数年ぶりに夕食会で再会したピョトルとサラはとっさにバスルームで互いに求めあう。
ジュリエットとイーワンは年の差30歳のカップルで愛し合っている。
こんな人々が集まって食事をするものだから、腹の探りあいっていうのか、話が合うわけない。
フランス人気俳優総出演ブラック・コメディで中々楽しめる。
TOHOシネマズ六本木ヒルズにて...
[PR]
by margot2005 | 2009-03-19 01:25 | 映画祭 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/8080360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from シャーロットの涙 at 2009-03-20 19:44
タイトル : コード LE CODE A CHANGE
フランス映画祭2009にて その2... more
Tracked from NiceOne!! at 2009-10-10 09:13
タイトル : 【FFFアンコール】『コード』(2008)/フランス
原題:LECODEACHANGE 監督:ダニエル・トンプソン出演:ダニー・ブーン、パトリック・ブリュエル、エマニュエル・セニエ、クリストファー・トンプソン撮影:ジャン=マルク・ファーブル鑑賞劇場 : TOHOシネマズららぽーと横浜フランス映画祭2009公式サイトはこちら。...... more
<< フランス映画祭2009...「... フランス映画祭2009...「顧客」 >>