人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「ラースと、その彼女」

「Lars and the Real Girl」 2007 USA

リアルドールにマジで恋をした青年と、彼を取り巻く人々の姿を描いたヒューマン・ドラマ。
「ラースと、その彼女」_a0051234_0505474.jpg

ラースに「きみに読む物語/2004」のライアン・ゴズリング。
ラースの兄ガスに「幸せのポートレート/2005」「ジェシー・ジェームズの暗殺/2007」の ポール・シュナイダー。
ガスの妻カリンに「マッチポイント/2005」のエミリー・モーティマー。
ダグマー・バーマン医師に「あぁ、結婚生活/2007」「幸せのレシピ/2007」のパトリシア・クラークソン。
監督はクレイグ・ギレスピー。

雪に埋もれた小さな田舎町。そこに暮らすラースは真面目で純粋で病的にシャイ。女の子に声をかけることすら出来ないそんなラースがとても気がかりな兄夫婦。
しかし、ある日彼は兄夫婦の家を訪ね、ガールフレンドを紹介したいと言い出す。やがて、喜ぶ兄夫婦の前に現れたのはビアンカと言う名のリアルドールだった...
「ラースと、その彼女」_a0051234_0511157.jpg

舞台となった田舎町の住人が全員善人という、最近のアメリカ(ハリウッド)映画では考えられない設定。この舞台が例えばN.Y.とかL.A.だったら、ラースは絶対“Freak(フリーク)!”とか言われちゃって変人扱いされそうだけど、そうではなくって...
予告を観た際、リアルドールのビアンカとどのような展開になるのだろうと?興味深かった。
池袋で観たせいもあるけど、シアター男性が多く、リアルドールに変に?期待した方が多かったのかも知れない。
「きみに読む物語」でとても素敵だったライアン・ゴズリング。彼が出演している、サンドラ・ブロックの「完全犯罪クラブ/2002」や、ユアン・マクレガーの「ステイ/2005」も観ているが、どうも彼の記憶が薄い。この作品でこれから彼の記憶は決して飛ばないだろうと思う。マジでリアルドールに恋する青年役を嫌み抜きで演じている。この役って演じる人によって随分と印象が変わるだろうなと思わずにいられない。
ダグマー・バーマン医師を演じたパトリシア・クラークソン。彼女はどんな役でも、いつもながらの素晴らしい存在感。この方ハリウッドの名脇役女優で大好きである。
相反してUK女優のエミリー・モーティマー。「Dear フランキー/2004」も「マッチ・ポイント」でも同じ彼女。違う役を演じても全く同じに見える。
心温まる一作と言いたいところだけど、私的にはそれほどでもなかったかな?
シネリーブル池袋にて...
by margot2005 | 2009-01-12 01:06 | Comments(0)