人気ブログランキング |

「マルタのやさしい刺繍」

「Die Herbstzeitlosen」...aka「Late Bloomers」 2006 スイス
a0051234_20183150.jpg

マルタにシュテファニー・グラーザー。
リージにハイジ・マリア・グレスナー。
フリーダにアンネマリー・デューリンガー。
ハンニにモニカ・グブザー。
監督、原案にベティナ・オベルリ。

長年連れ添った愛する夫を亡くした80才のマルタ。マルタには3人の友人がいる。老人ホームで暮らすフリーダ、身体が不自由な夫を抱えるハンニ、そして娘と美容院を経営するリージ。
亡くなった夫の亡霊と生きているマルタを救い出そうと、ある日リージはマルタの家を訪ねる。マルタのクローゼットから亡き夫の衣類を処分しようとしていた所、若い頃にマルタがデザインし、刺繍したランジェリーの箱が出て来た。“ランジェリー・ショップを開くのが夢だったの”と言うマルタに“今からでも遅くはないわ”と言うリージ。マルタはリージの力を借りて村にランジェリー・ショップを開く。しかし昔気質の保守的人間が多い村人たちはマルタを非難し始めるのだった...
a0051234_20185429.jpg

巷(銀座で...)で評判のこの映画。全くもって評判通りの素晴らしい!ドラマ。“80才でも夢が叶う!”というのが素敵!美しい村に美しい刺繍の入ったランジェリー。とても、とても素敵な物語。
80才のマルタを演じたシュテファニー・グラーザーは撮影時86才。歩く姿はとてもその年齢には見えないし、ヒールのある靴なんか履いちゃって大丈夫か?
マルタの息子は村の神父にも関わらず妻の目を盗んで浮気しているし、ハンニの息子は身体の不自由な父親は顧みないくせに、老人ホームの集まりでは、お年寄りあっての我々の村...なんて演説する偽善者。息子たちに反撃するマルタとハンニに拍手を送った。
元気な3人のおばあちゃんとリージ。アメリカかぶれのリージは中年女性。ちょっとネタバレ気味で申し訳ないが、3人より若いリージが病気で先に亡くなってしまうのもおばあちゃん元気映画だからかな?
a0051234_201913100.jpg

二週続けて金曜日のレディース・ディは満員札止めだったシネスイッチ銀座(ラストとラストの一つ前上映)。というのも観ようと思って二週続けて金曜日にシネスイッチに行ったからわかった。
ここのレディース・ディは通常価格の半分の900円。コレは安い!誰もがこの日に照準を合わせて観に行こうとするのは当然の事。でもここまで割り引きディに女性が集まったのって?今迄にないかも知れない。金曜日はあきらめて他の日に観に行った。いや良かった!スッゴイ良かった!スイス発、ばあちゃん元気になる感動のドラマ。
舞台となった、山に囲まれた小さな、小さなその村、それは、それは最高に美しい!
原タイトルは花の名前“コルチカム”。“遅咲きの人(大器晩成型の人)”と付けられたEnglishタイトルは絶妙。
by margot2005 | 2008-11-11 20:34 | スペイン | Comments(6)
Commented by CaeRu_noix at 2008-11-11 22:42
margot さん、ぐーてん。
レディース・ディはそんなに大盛況だったんですかー!
私は金曜に銀座には行けないので他の日に観たのですが、900円っていうのは魅力的ですもんね。
リージのことも大好きだったので、彼女が先に去ってしまうのはショックでした。
でも、本当に心温まる素敵な作品でしたねー。
ポスターの印象が全然違うのがおもしろく。
Commented by MACHI at 2008-11-12 08:37 x
シネスイッチのレディースデイはすごい混みようで、勤め帰りには絶対無理と、何年も前から友人も言ってましたね。特に女性受けする映画は、めちゃくちゃ混みますよねえ。この映画、初回から満員でしたよ。朝一上映を見に結構早めに行ったつもりでしたが、すでに予想以上に人がいて驚きましたよ。
Commented by margot2005 at 2008-11-13 23:26
かえるさん、こんばんは!
ここのレディース・ディは上映作品によって満員になるようです。
とてもナイスな女性映画なので人が集まったのでしょうね?
リージは素敵な女性でした。母娘の関係が羨ましいくらいgoodでしたわ。
ポスターわたしもちょっとビックリしました。
Commented by margot2005 at 2008-11-13 23:32
MACHI さん、こんばんは!
場所が場所ですからお勤め帰りの女性には格好のスポットですよね。
うーんと前に確か?「リトル・ダンサー」上映の時もすっごい混みようだったのを思い出しました。
Commented by 真紅 at 2008-12-10 09:32 x
margot2005さん、こんにちは!
東京でもこの映画ヒットしているのですね。
大阪でも単館公開なのですが、ロングランしています。
とっても素敵な映画で、本当に観てよかったと思いました。
スイス映画って珍しいですよね(私が観てないだけ)?
女性が元気な映画はいいです♪
ではでは、また来ます~。
Commented by margot2005 at 2008-12-11 23:33
真紅さん、こんばんは!
この映画こちらでもまだ上映中です。
銀座4丁目のシアターなので、観た時もお勤め帰りの女性たちでいっぱいでしたね。
全然期待しないで観に行って素敵な映画って得した気分になれますよね。ホント女性が元気な映画は大好きですぅ!!
又またおい出下さいましぃ〜。
<< 「X-ファイル:真実を求めて」 「レッドクリフ Part I」 >>