ドイツ映画祭2008...「THE WAVE ウェイヴ」

a0051234_227933.jpg「Die Welle」...aka「The Wave 」2008 ドイツ
高校教師ライナー・ヴェンガーにユルゲン・フォーゲル。
ティムにフレデリック・ラウ。
マルコにマックス・リーメルト。
カロに「みえない雲/2006」のジェニファー・ウルリッヒ。
監督、脚本はデニス・ガンゼル。



ドイツのある街。高校教師のライナー・ヴェンガーは“独裁政治”をテーマとしたクラスを担当する。1990年代に生まれた生徒たちは“独裁政治”などもはや存在することではない遠い昔のことと全く興味を示さない。そこでライナーは“この授業の期間中クラスの誰かを指導者にしないか?”と提案する。多数決で決まった“指導者”その人は他でもない担任のライナーだった。次の授業でライナーは“独裁政治”の要素を取り入れ、それを実践して行こうではないかと持ちかける。そしてライナーが決めたルールに生徒は従って行かねばならなかった。最初は反撥していた生徒たちもこの試みに引きこまれて行くのにそう時間はかからなかった...
a0051234_2272615.jpg

最初に“この映画は実話に基づいている”という字幕が出る。ドイツで起こった実話だと誰もが思うが、そうではなくアメリカの高校教師が行った“実践”を元に原作が書かれ映画となった。
友だちもいないオタクのティム、家庭に問題を抱えるマルコ、そして裕福な家庭の少年や、トルコ人少年と、環境の違う少年、少女たちが一団となって“実践”をエスカレートさせて行く。
生徒たちは教師ライナー・ヴェンガーを、第三帝国時代の“ハイル・ヒトラー”ならぬ、“ハイル・ヴェンガー”と呼び、白いシャツにジーパンというクラスのユニフォームを取り入れたり、映画のタイトルとなっている“ザ・ウェイヴ”のウェブ・サイトを立ち上げ、設定したロゴマークを街の至る所に貼付けて回る。やがて、一体化した彼らと他の生徒たちの間で摩擦が起き始め、賛同出来ず、このクラスを去った少女カロは学校新聞で“ザ・ウェイヴ”を批判するがもみ消されてしまう。
アメリカではなく、かつて“独裁国家”が存在したドイツで作られた映画だけに非常に衝撃的でインパクトがあった。
“指導者”となったライナーにもコンプレックスがあったという設定も面白い。
ラストはあっと!驚く展開でビックリする。それは事実とは違った描き方となっている。
a0051234_228433.jpg

a0051234_228942.jpg

今回のドイツ映画祭、今年製作された4本の映画を観る事が出来た。どれもコレも骨太な作品で観応えがあった。3作は時代物で、山岳映画「ノース・フェイス アイガー北壁」にしても、音楽映画「クララ・シューマンの愛」にしても、地元ドイツならではの作品。
来年のドイツ映画祭も楽しみにしたい!
新宿バルト9にて...
[PR]
by margot2005 | 2008-11-07 22:30 | ドイツ | Trackback(6) | Comments(2)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/7640222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2010-03-15 13:59
タイトル : THE WAVE◆◇ ウェイヴ あるクラスの暴走
揺れる高校生たちの心を支配したものとは? ドイツ全土を席巻! 240万を動員! ドイツ国内映画興行成績第1位! 京都みなみ会館にて鑑賞。3月4日〜10日の1週間限定上映ということもあって、多くのお客さんでした。さてこの話は実際に起きた事件を基に、ドイツで映画化された作品です。それにしても、凄い話ですね。一瞬にして人間の心理ってこんな風に変ってしまうのでしょうか? 始まりは、ごく普通の高校生たちが軽い気持ちで始めた、独裁政治を摸した体験授業だった。クラスの皆で決めた“独裁者”には何と“様”をつけて...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2010-07-17 18:48
タイトル : THE WAVE ウェイヴ
 『高校生たちが熱狂した、恐るべき心理実験』  コチラの「THE WAVE ウェイヴ」は、「es[エス]」のモデルとなった1971年スタンフォード大学で行われた実験よりも先に、1967年カリフォルニア州パル・アルトの高校で実際に行われた実験をモトに映画化したPG-12指定のサスペ....... more
Tracked from サーカスな日々 at 2010-08-26 04:18
タイトル : mini review 10482「ウェイブ」★★★★★..
独裁政治を学ぶ体験授業をきっかけに洗脳されていく高校生たちの姿を描き、ドイツで大ヒットを記録した心理スリラー。アメリカで起こった実話をドイツの高校に置き換え、『エリート養成機関 ナポラ』のデニス・ガンゼルがメガホンを取った。主演には『エーミールと探偵たち』などに出演するドイツの俳優ユルゲン・フォーゲル。単純な興味や好奇心、ゲーム感覚から、あっという間に集団狂気に変化していく様子は、実話ならではのリアルさを帯び、身の毛もよだつほどのラストも衝撃的だ。[もっと詳しく] どんな集団性にも、この「体験授業...... more
Tracked from Subterranean.. at 2011-02-02 02:07
タイトル : ウェイヴ (Die Welle)
監督 デニス・ガンゼル 主演 ユルゲン・フォーゲル 2008年 ドイツ映画 108分 ドラマ 採点★★★★ 高い失業率から来る将来への不安や社会への不満、外国人に対する嫌悪や恐怖、極端な右翼化とと左翼化。そんなのがグチャグチャに混じり合った重たい空気漂う状況に…... more
Tracked from 映画の話でコーヒーブレイク at 2011-02-04 16:24
タイトル : ウェイヴ  THE WAVE
先日テレビの番組で集団真理の一つである「傍観者効果」を検証する実験を見ました。 人は自分以外に目撃者(傍観者)がいる時には行動を起こさないという心理です。 誰かが荷物を沢山持って落としたとき、自分一人が目撃者の場合82%の人が助けるのに、 2人、3人と目撃者が...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2011-04-06 00:47
タイトル : ウェイヴ
独裁政治を学ぶ体験授業をきっかけに洗脳されていく高校生たちの姿を描き、 ドイツで大ヒットを記録した心理スリラー。アメリカで起こった実話を ドイツの高校に置き換え、『エリート養成機関 ナポラ』のデニス・ガンゼル がメガホンを取った。主演には『エーミールと探…... more
Commented by mezzotint at 2010-03-15 14:04 x
こんにちは。
すみません!他の記事をTBしてしまいました(汗)
ご面倒ですが、削除宜しくお願い致します。
ドイツが舞台とうのがやはりインパクトありました。
Commented by margot2005 at 2010-03-17 21:03
mezzotintさん、こんばんは!
お気になさらずに...わたしもたまにやりますわ。
題材も映画化したのもドイツですが、ストーリーの元はアメリカの高校というのが興味深いですね。
<< 「恋愛上手になるために」 ドイツ映画祭2008...「ク... >>