ドイツ映画祭2008...「クララ・シューマンの愛」

「Geliebte Clara」...aka「Clara」2008 ドイツ/フランス/ハンガリー
a0051234_1242198.jpg

クララ・シューマンに「善き人のためのソナタ/2006」のマルティナ・ゲデック。
ロベルト・シューマンに「譜めくりの女/2006」「エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜/2007」のフランス人俳優パスカル・グレゴリー。
ヨハネス・ブラームスにフランス人俳優のマリック・ジディ。
監督、脚本にヘルマ・ザンダース・ブラームス。

19世紀半ば、度重なる演奏活動の末デュッセルドルフに移住して来たロベルトとクララ・シューマン夫妻。ある夜、“ブラヴォー!”の喝采の下、ピアノ コンサートを成功させたシューマン夫妻。そこにはクララの弾くピアノ演奏を熱心に見つめる一人の若者がいた。そしてある日、彼はヨハネス・ブラームスと名乗り自作のスコアーをシューマン夫妻に届ける。彼の天才的な才能を見抜いたロベルトは自身の後継者にしようと彼を家に招き入れる。夫妻の子供たちがブラームスに懐き始め、クララとロベルトは同時にブラームスの才能に惚れこみ3人は奇妙な関係となって行く。しかし3人一緒に暮らせないと感じたブラームスはシューマン家を去っていく。ちょうどその頃ロベルトは精神を病み始めていた...
a0051234_1245445.jpg

原タイトルは“恋人(愛する人)クララ”。
映画はとにかく素晴らしかった!ブラームスやシューマンのピアノ曲がたっぷりと演奏されクラシック・ファンにも十分に楽しめるかと思える。
クラシックには疎い私でも知ってるピアノ曲や、ブラームスの子守唄など流れて音楽映画の世界にどっぷりと浸る事が出来て幸せだった。
クラシック音楽には疎いけれど“クララ・シューマンとヨハネス・ブラームスの恋”については知っている。クララはブラームスより10才以上年上(映画では20才のブラームスがクララと出会い、クララはロベルトに彼の二倍も年上の私と言っている)。互いに強く惹かれ合った二人だが、ロベルトの生前も死後もプラトニックな関係だったという。
8人も子供(亡くなった子供もいる)を産んだクララ。彼女は子育てをしながら病気の夫ロベルトを支え続け、生活のため演奏活動もこなしたというスーパー・ウーマン。
今の時代でも指揮者って男の世界。この時代に精神を病むロベルトの代わりにタクトを振った女性音楽家クララは、楽団員の侮蔑的な眼差しにもめげない強い女性だった。
そのクララを演じたマルティナ・ゲデック、この方どんな役を演じても存在感たっぷりの素晴らしいドイツ人女優。
ロベルト役のパスカル・グレゴリーも精神を病む役柄を演じて上手い。こういった彼は「王妃マルゴ/1994」のアンジュー役を彷彿とさせる。ドイツ語の台詞を喋るグレゴリー...口と声が合ってない感じで、長い台詞の時は顔が映らないようにしていたが、彼の台詞は吹替え?
ブラームス役のフランス俳優マリック・ジディはドイツ語喋っていた。
ブラームス監督はヨハネス・ブラームスの子孫。
a0051234_1243786.jpg

「マーサの幸せレシピ/2001」や「善き人のためのソナタ」で日本でも顔が知れてるマルティナ・ゲデックがクララ・シューマンを演じているからか、それとも音楽ファンが多く集まったのか?定かではないが、2回の上映ともチケット完売だったようだ。この映画は10/31に前売りチケットを無駄にしていたが、やっぱり観たくてシアターに行った。
“ぴあ”で前売りを買って手数料を入れると、当日チケットの1500円より高くなる。それって?不思議??当日チケットを上映2日前からシネコンのカウンターで売っていたらしい。それに気がつかなかったなんて...まぁでも観れたのだから良しとしよう。
新宿バルト9にて...
[PR]
by margot2005 | 2008-11-06 01:39 | ドイツ | Trackback(7) | Comments(0)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/7635272
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 癒しのクラシック音楽 at 2008-11-07 16:51
タイトル : 癒しのクラシック音楽
心を癒してくれるすてきなクラシック音楽を紹介しています。 クラシック音楽でほっとするひとときを過ごしましょう。... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2008-11-11 22:43
タイトル : 「ドイツ映画祭2008」 
ドイツ映画祭で3本鑑賞。今年はドイツ映画祭なくなったの? って、春頃に話題にしていたのだけど、ちゃーんと開催されました。 ただ今年は、いつものように朝日新聞が主催じゃなくなって、会場も開催時期も期間も変わってたのでした。 上映作品数が減ったのは寂しいけれど、開催時期が休日が主になったことと、会場が好環境のバルト9になったことはよかったなって。 去年なんて、観たい作品はあれども、平日昼間の上映ばかりだったりして全然観られなーいっていう状況でしたもの。 当初あまり惹かれる作品はなかったものの、せ...... more
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2008-11-13 00:23
タイトル : ブレンデルのシューマン:ピアノ協奏曲/幻想曲(新盤)
ここでブレンデルが聴かせてくれるのは、青春のロマンティシズムではなく、いわば熟年のそれ。 ... more
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2008-11-14 00:15
タイトル : アシュケナージのシューマン : ピアノ名曲集
アシュケナージの、知情意のバランスのとれた演奏は、隙のない美しさを印象づけると同時に、爽やかな後味を残す。 ... more
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2008-11-24 06:52
タイトル : カッチェンのブラームス/ピアノ曲全集
カッチェンのブラームスの特質は、表現に聴かれる音楽的な思索性の深さである。 ... more
Tracked from Cartouche at 2009-08-08 08:43
タイトル : *クララ・シューマン 愛の協奏曲*
{{{   ***STORY***             2008年 ドイツ=フランス=ハンガリー 満員の聴衆を集めたハンブルグのコンサートホールで、ピアノを演奏するクララを見守る二人の男がいた。名作曲家として名高いクララの夫、ロベルト・シューマンと、無名の天才作曲家であるヨハネス・ブラームス。ヨハネスはその才気と奔放な性格でたちまちシューマン一家に気に入られ、デュッセルドルフで共に暮らすことになった。この奇妙な同居生活の中で、クララ、ロベルト、ヨハネスの心は激しく揺れ動くのだった…。  ...... more
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2009-09-08 23:51
タイトル : 『クララ・シューマン 愛の協奏曲』・・・ ※ネタバレ有
2008年:ドイツ+フランス+ハンガリー合作映画、ヘルマ・サンダース=ブラームス 監督&脚本&共同プロデューサー、マルティナ・ゲデック、パスカル・グレゴリー、マリック・ジディ共演。... more
<< ドイツ映画祭2008...「T... ドイツ映画祭2008...「ノ... >>