フランス映画の秘宝...「刑事物語」

a0051234_21451371.jpg「Police」1985 フランス

妻を亡くした子持ちの刑事と、チュニジア人の麻薬密売人の恋人。二人が麻薬絡みの捜査で出会い、恋愛関係に発展するフリック・ストーリー。

刑事マンジャンに 「あるいは裏切りという名の犬/2004」「ダニエラという女/2005」のジェラール・ドパルデュー。
麻薬密売人の恋人ノリアに「暗闇の女たち/2007」のソフィー・マルソー。
マンジャンの友人で弁護士のランベールにリシャール・アンコニナ。
娼婦リディに「親密すぎるうちあけ話/2004」「灯台守の恋/2004」のサンドリーヌ・ボネール。
監督、脚本はジェラール・ドパルデュー主演の「パパと呼ばないで/1995」のモーリス・ピアラ。
a0051234_2156404.jpg

日本でビデオになった際「ソフィー・マルソーの刑事物語」というタイトルが付けられている。
ドパルデューはこれ以前に「料理は冷たくして/1979」「終電車/1980」「隣の女/1981」etc.と優れた作品に出演している。マルソーも「ラ・ブーム/1980」「ラ・ブーム2/1982」でブレイクしたばかり。当時二人の共演でフランス本国ではヒットした作品らしい。
しかし映画はかなり地味。日本で公開されなかったのは頷ける。
ストーリーが盛り上がり、見せ場たっぷりの“刑事(フリック)もの”ではなく、妻を亡くした刑事マンジャンの心情を描くストーリーとなっている。
サンドリーヌ・ボネールがフル・ヌードで19才の娼婦を演じていてびっくり。この後「仕立て屋の恋/1989」で有名になった彼女の初期作品。
撮影時、マルソー17才、ボネール16才と二人ともとっても、とっても初々しい。
ドパルデュー映画はたくさん観て来たが、この方、中年となった今もフランス映画は勿論、ハリウッド映画でも活躍している素晴らしい俳優。
有楽町 朝日ホールにて...
a0051234_21562266.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-09-15 22:01 | 映画祭 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/7489437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フランス映画の秘宝...「曳き船」 「わが教え子、ヒトラー」 >>