「白い馬/赤い風船」

a0051234_2034670.jpg巷で評判になっているのか?7月の終わりに公開されて以来、今でもシアターにかかっている短編名作2本立て。どちらもカンヌ国際映画祭グランプリ(パルムドール)受賞作品。
公開されたら観に行こうと思いながら、他の映画を観ているうち、すっかりこの映画の事を忘れてしまっていたが、やっと観る事が出来た。
観て納得の素敵なフランス、クラッシック映画である。
少年と馬、幼い男の子と風船。それぞれの友情が描かれたファンタジックなストーリーで、ラストは馬と少年、風船と男の子が一体化して素晴らしい!

「白い馬」1953 フランス
「Crin blanc: Le cheval sauvage」...aka「White Mane: The Wild Horse」
監督、脚本はアルベール・ラモリス
漁師の少年ファルコにアラン・エムリイ。

馬飼いの牧童たちに捕われようとしている白い馬を助けた少年ファルコは、白い馬と友だちになり、ラストは海へと向かう感動のストーリー。

ナレーションで物語は進行し、白い馬が疾走する水辺の音や、馬のいななき、そして、風にそよぐ葦...
牧童たちが話すシーンがあるが、台詞など必要ではない。
コレはモノクロ作品。しかしあえてモノクロにしたような気もする。時代的にカラー作品には出来ただろうが、映画の背景は“白い馬”“少年”そして“葦、川&海”。
色付ける必要は何処にもない。
カラーで作られたら違ったイメージの作品になったかも知れない。
フランス南部を流れ、地中海に注ぐローヌ川の三角州カマログ地帯の荒涼とした景色と、白い裸馬にまたがり疾走する少年の姿は目に焼き付く。
原タイトルは“白いたてがみ”。白い馬の目が隠れるくらい長い“白いたてがみ”が印象的。
a0051234_19583296.jpg

a0051234_19585265.jpg

a0051234_19591794.jpg

「赤い風船」1956 フランス
「Le Ballon rouge」...aka「The Red Balloon」
監督、脚本はアルベール・ラモリス。
男の子パスカル役は監督の息子パスカル・ラモリス。
a0051234_19595948.jpg
a0051234_2002435.jpg

こちらはモンマルトルを舞台に“赤い風船”を見つけた幼い男の子パスカル。彼が風船と戯れる姿を描いた心温まるファンタジー。
パスカルが風船と話す他、台詞はほとんどない。
観ている間、誰もが赤い風船から目が離せない。
SFXも何もない時代に、男の子にまとわりついて離れない、あの赤い風船はどのようにして撮影したのか不思議?
1950年生まれのパスカルは撮影時5、6才で、風船と戯れる彼の表情が抱きしめたくなるくらい可愛い。
シネスイッチ銀座にて...
[PR]
by margot2005 | 2008-09-07 20:23 | フランス | Trackback(6) | Comments(4)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/7465732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from La Vie en Ro.. at 2008-09-08 18:56
タイトル : La Vie en Rose~フランス女優たち
ヌーヴェルヴァーグから、最近まで・・・可愛く美しくコケティッシュなフランスの女優さん達。アンナ・カリーナ・・・ロマーヌ、ブリジット、ジュリエット・ビノシュ・・・... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2008-09-08 23:11
タイトル : どこか遠い空〜『赤い風船』
 LE BALLON ROUGE  THE RED BALLOON  少年パスカルは、ある朝街灯に絡みついた赤い風船を見つける。灰色のパリの 街をゆく、パスカルと赤い風船・・・。  1956年に発表され、カンヌ映画祭でギ..... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2008-09-08 23:12
タイトル : 波の彼方、海の向こう〜『白い馬』
 CRIN BLANC  南仏の湿地帯に暮らす漁師の少年フォルコ(アラン・エムリー)は、野性の馬の リーダーである白い馬に魅せられる。彼は、馬飼いたちに追われる白い馬を助け ようとするのだが・・・。 ...... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2008-09-08 23:50
タイトル : 赤い風船
このファーストシーンの美しさに心を奪われた。 いつものように学校へ行こうと外へ出たパスカル少年(パスカル・ラモリス)は 街灯に引っかかりユラユラ揺れる赤い風船を見つける。 スルスルッと街灯へよじ登り(本当に見事な登りっぷりなのだ!) 赤い風船を手にするパスカル少年。 あやまって手を離してしまっても風船はずっとついてくる。 どうやらこの風船には意志があるみたいだ。 モーニングショーで鑑賞したのだが劇場内はほぼ満席。 モーニングショーに来る客というのは「なんとなくフラッと」来る...... more
Tracked from 映画:AOLブログトーク at 2008-09-21 10:09
タイトル : 「赤い風船/白い馬」
リバイバル上映中の「赤い風船(’56)/白い馬(’53)」(←関連サイトです)は、春頃新宿伊勢丹のフランス展に行った際、会場にこの作品チラシが置いてあって上映を知ったのですが、 「赤い風船」は36分の短編で、パリが舞台、ほとんど科白なく、ふと街灯で見つけた風船の行方を追う少年、というシンプルなストーリーのシネマ・ポエムの世界、日本ではいわさきちひろのベストセラー絵本作品もあり、DVD化はされていないようで、いずれ見てきたいと。 カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作で、余り上映の機会がない伝説の作品でし...... more
Tracked from .. at 2009-03-21 01:08
タイトル : 赤い風船
http://ballon.cinemacafe.net/ 1956年作のアルベール・ラモリス監督の名作短編。 デジタルマスターによって蘇る。 かって観た当時の思い出が蘇る。 あまりの鮮やかさに50年前の... more
Commented by sabunori at 2008-09-08 23:56
margotさーん、こんばんは。
「赤い風船」はグレイがかった風景に真っ赤な風船が美しく、
「白い馬」はモノクロの中で白い馬の美しさが際立つ・・・
どちらもどのシーンを切り取っても素晴らしいショットとなり得る作品でした。
鑑賞したものの「白い馬」は感想をUPしていませんが、どちらもステキでしたね!
Commented by margot2005 at 2008-09-09 00:49
sabunoriさん、そうですよね。
ロードショーのチケット代で30分の短編1本じゃ詐欺ですわね。失礼いたしました。
さて「赤い風船」もとっても素敵でしたが、私は最初に上映された「白い馬」の少年と白い馬の出会いが素晴らしく胸打たれました。ラスト、地中海へと向かった彼らはどうなったのでしょう?
Commented by j'adorelethe at 2008-09-09 09:19 x
これまだやってたら見に行きたいです。「赤い風船」は香港でアート系の人たちがいい、といっていて気になっていたんですよね~。

香港では夜遅くても平日映画見れたのですが、東京は広くてなかなかそうはいかないです・・・
Commented by margot2005 at 2008-09-10 20:07
j'adorelethe さん、こんばんは!
短編ながら、さすがカンヌで賞を取っただけの素晴らしい作品ですね。
私は先週観たのですが、今週からシネスイッチは午前のみの上映のようです。
確かにどちも“アート”系で美しい映像に感動しました。
都内には映画館が点在していますが、地下鉄を利用すればどの街のシアターにも行けるので便利かと思えますが如何でしょう?
<< フランス映画の秘宝...「誰で... 「画家と庭師とカンパーニュ」 >>