「美しすぎる母」

a0051234_19585380.jpg「Savage Grace」2007 スペイン/USA/フランス

実際に起こった事件を元にした禁断のクライム・ストーリー。

大富豪ブルックスの妻バーバラに「ブギー・ナイツ/1997」「シッピング・ニュース/2001」「アイム・ノット・ゼア/2007」のジュリアン・ムーア。
夫ブルックスに「GOAL!/ゴール!/2004」「ヘイヴン/堕ちた楽園/2005」のスティーヴン・ディレイン。
息子トニーに「グッド・シェパード/2006」「エリザベス:ゴールデン・エイジ/2007」のエディ・レッドメイン。
スペイン人女性ブランカにエレナ・アナヤ。
「ジェイン・オースティンの読書会/2007」「いつか眠りにつく前に/2007」のヒュー・ダーシーがバーバラのゲイの友人役で出演している。
監督はトム・ケイリン。
a0051234_20221095.jpg

一代で財をなしたアメリカ人実業家のブルックス・ベークランド。
彼の妻となったバーバラは貧困の出であったが、美貌と持ち合わせた社交的な性格で上流階級を謳歌していた。
やがて一人息子トニーが生まれ、家族はその後パリに移住する。
そしてスペイン、バルセロナに移った頃トニーはハンサムな青年に成長していた。
ある日、トニーがビーチでスペイン女性のブランカと出会う。
母バーバラはトニーとブランカが結ばれるよう図るが、ブランカを愛したのは父親ブルックスだった..
a0051234_20245311.jpg
a0051234_20301421.jpg

実の息子が母を殺すというとんでもない題材で、きっとドロドロした凄まじいストーリーかな?と観るのをためらっていたが、渋谷に行った際に観てきてしまった。
想像よりはドロドロしていなくて良かった。
“息子にとって母は最初の恋人。母にとって息子は最後の愛人。”と表現した女流作家(名前は出て来ない)がいたが素晴らしい表現だと感じる。まさにその通りだから...
映画のエンディングでトニーの末路が語られるがいやはやそうなって当然だろうの結末。

20代になっても母親を“マミー”と呼ぶ息子が“バーバラ”と呼んだその時、どのような感情を抱いていたのだろうか?
夫に捨てられた惨めなバーバラと、怠惰な生活をおくるゲイの息子トニーの組み合わせが、このような展開になってしまったのかも知れない。
上流志向の母親に嫌悪感を抱きながら、夫に捨てられた惨めな彼女を父親のように捨てる事が出来ないトニーが可哀相に思える。彼も父親に捨てられて傷ついていたのに...
夫は妻を簡単に捨てる事が出来るが、息子はそうはいかない哀れさを痛切に感じる。
10代前半頃のトニーにバーバラが“お金があると働かなくとも良いのよ。”と語るシーンにはぞっとする。
余りにも非現実的な出来事で、なんとも言いようがないが、仕事もしないで生活できるリッチな人も幸せはお金で買えないのだとしみじみ思う。
ジュリアン・ムーアってあまり好きな女優ではないが(しかし観ているこの方の映画...)、こういった情緒不安定な過激な女役はとても似合う。
パリ、バルセロナ(マヨルカ島)、パリ、そしてロンドンと住まいを変え、この夫婦の20代から40代の人生を描いたストーリー。
ブルックス役のスティーヴン・ディレインはきっちりと年月を物語る風貌に変化しているが、バーバラ役のジュリアン・ムーアは何年経っても全く同じでチョイ違和感。
ロンドン出身のUK俳優エディ・レッドメインはトニー役がとても似合う。
相変わらずの邦題で...“野蛮(残忍)な優美さ”という原タイトルはそのものズバリでgood。
Bunkamura ル・シネマにて...
[PR]
by margot2005 | 2008-07-21 20:38 | スペイン | Comments(2)
Commented by あすか at 2008-07-22 00:22 x
こんにちは。
これみたいと思いつつまだ未見なんです。
DVD待ちで…。実話ってのがまたなんだか生々しいですよね。
拝見したらまたお邪魔させてください~。
Commented by margot2005 at 2008-07-22 20:33
あすかさん、こんばんは!
生々しいのですが、思っていたよりドロドロしてなくて観て良かったですね。
あの母子の行動は異常で理解することは出来ませんが、ああいった世界に住んでる方って理解を超える行動にでるんだと感じましたわ。
DVDになったらご覧になってくださいませ。
<< 「帰らない日々」 「近距離恋愛」 >>