「JUNO/ジュノ」

a0051234_21495453.jpg「Juno」2007 USA/カナダ
望まない妊娠をした16才の高校生をめぐる騒動を描く青春コメディ。

主演JUNOに「ハード・キャンディ/2005」のエレン・ペイジ。
JUNOの同級生ポーリーに「オーロラの彼方へ/2000」のマイケル・セラ。
ヴァネッサに「デアデビル/2003」のジェニファー・ガーナー。
マークに「ハニーVSダーリン/2006」のジェイソン・ベイトマン。
JUNOの親友リアにオリヴィア・サールビー。
父親に「サンキュー・スモーキング」のJ.K.シモンズ。
継母ブレンに「めぐりあう時間たち/2002」のアリソン・ジャネイ。
監督は「サンキュー・スモーキング/2005」のジェイソン・ライトマン。
脚本は2007年度のオスカーをゲットしたディアブロ・コーディ。
a0051234_21501399.jpg

同級生のポーリーと興味本位でSEXし妊娠してしまったJUNO。
一度は中絶しようと考えるが、思い直し、養子に出そうと考える。
親友のリアと新聞広告で“とても品の良いカップル”を見つけ、里親になってもらおうと父親を伴い彼らを訪ねる。
ミュージック・ビジネスで成功したマークと、美しい妻ヴァネッサは郊外の素晴らしい家に住んでいた。
JUNOは生まれて来た子供を二人に託すと約束する...
a0051234_21504332.jpg

何度観た事かこの映画の予告。
単なる青春ストーリーではないよねぇ?まさか?と思いながら観て来たが...やはりで...満足であった。
今年21才になったJUNO役のエレン・ペイジ。エキセントリックで生意気な16才の高校生役も、すっごく幼く見える彼女には適役。
しかしコレを観て驚いたのは、アメリカの高校って妊婦になっても退学にならずに普通に登校出来るんだと、大学ならいざ知らず...日本の高校は妊婦を受け入れているのだろうか?
JUNOが隠す事なく親に妊娠を伝え、それをサポートする父親と継母。
この辺の感覚は日本人にはちょっとないかも?やはりアメリカンだなぁと思ってしまう。
里親制度が日常的なものになっている事も、望まないで妊娠してしまった若い女性たちには助かるなぁと感じる。
JUNOが選んだ里親夫婦はリッチでナイスなカップル。ヴァネッサは綺麗好きでお洒落な女性。夫のマークは成功したヤッピー。
JUNO自身&家族と、このリッチな夫婦が対照的で面白い。
エキセントリックなJUNOも自身が生んだ大切な赤ちゃんを、大事に育ててくれる人に託したいと願う姿をとてもいじらしく感じた。若く(16才)てもやはり母性なのかな?
日比谷シャンテ・シネにて...
a0051234_2150285.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-06-24 22:04 | MINI THEATER | Comments(8)
Commented by あすか at 2008-06-25 11:17 x
こんにちは。
ごらんになりましたか~。
本当にエレン・ペイジはこの役適役でしたよね~。
童顔ですし、高校生でも全然いける!
ちょっと癖のあるキャラクターってのも面白かったと思います。
サントラも素敵だし、これはお気に入りの一作です。
Commented by margot2005 at 2008-06-26 23:21
あすかさん、こんばんは!
観てまいりました!
エレン・ペイジいけてますね!
エキセントリックという言葉がこの少女&エレン・ペイジにぴったしなのですが...実際のエレン・ペイジはTVのインタビューで見ましたが、シャイな感じの女性でしたね。
私も今年のベストに入れたいなぁなんて思っております。
Commented by はっち at 2008-06-29 06:47 x
お邪魔します~♪
>この辺の感覚は日本人にはちょっとないかも?やはりアメリカンだなぁと思ってしまう。
ドライというか、クールというか、合理的というか・・・
日本では、高校生の妊娠自体も、養子縁組自体も、もっと暗い印象で
語られますよね?この違いが吃驚だった~♪ 高校生の妊娠を肯定
するつもりはないけど、日本もちょっとは真似できたらエエんとちゃう
のやろかな・・・
Commented by sabunori at 2008-07-01 07:18
margotさん、こんにちは。
最近ヨーロッパ映画からすっかり離れてしまっているので
なかなかお邪魔できません・・・。
この作品、観終わってみればジュノよりもヴァネッサが印象的な作品でした。
彼女が友人の子供と遊ぶシーンの嬉しそうな顔(いつもおすまし顔なのに)に
思わず涙が出そうになりました。
親子関係に血のつながりは必須とは思っていない私はものすごく共感できる
作品でしたー。
Commented by margot2005 at 2008-07-02 00:23
はっち さん、こんばんは!
かめれすで申し訳ありません。
アメリカと日本の高校生の妊娠て...ちょっと比較してみたくなりました。
日本人は昔から隠したがる民族なので致し方ないかと思いますが...ここまでオープンに、暗くなる事なく語られるって羨ましいですね。
Commented by claudiacardinal at 2008-07-02 16:22 x
こんにちわ。この作品なかなかよく出来てましたよね、題材はシリアスなのになかなか笑えると思えば各キャラクターの心情もうまく掴んで、よかったです。
アメリカの高校生妊娠がコメントで話題になってますが、日本に比べると断然多いし、学校側(公立)もそれなりに穏便ではないでしょうか。変に退学!とかすると逆に訴えられそうです。まあ勿論16歳以下だと軽犯罪にもひっかかりますから男性側も気をつけないとですよね。
Commented by margot2005 at 2008-07-03 00:48
sabunoriさん、こんばんは!
ヨーロッパ映画はやはり上映が少ないですね?
もっと、もっとシアターにかけて欲しいといつも願っているのですが....
そうヴァネッサの存在は素敵でしたね。
子供と遊ぶ彼女の姿はホント印象的でした。
親子関係に血のつながりは必須ではない...成る程わかります。
アメリカやヨーロッパと違って日本では、養子や、里子は非日常的なのでこういった世界を見ると素晴らしいなぁと感じます。
Commented by margot2005 at 2008-07-03 00:54
CCさん、こんばんは!
単なる青春ものとはちょっと違って上手く作ってありました。
ジュノの両親や、親友、ボーイフレンドたちも含め、コメディ・タッチで描かれる様もナイスでしたわ。
日本人の感覚だと妊婦の高校生って想像できないのですが、逆に訴えられるってさすがアメリカですね。なんか解ります。弁護士立てそうで...
<< 「奇跡のシンフォニー」 「ぼくの大切なともだち」 >>