人気ブログランキング |

「ジェイン・オースティンの読書会」

「ジェイン・オースティンの読書会」_a0051234_0102113.jpg「The Jane Austen Book Club」2007 USA
アメリカの女性の間で流行っているという“読書会”。ジェイン・オースティンの6冊の本をテーマにした“読書会”で語り合う女性たちの素敵な群像劇。
「ジェイン・オースティンの読書会」_a0051234_0105163.jpg

読書会の5人の女性に「コールド・マウンテン/2003」「美しい人/2005」のキャシー・ベイカー、「サンキュー・スモーキング/2006」のマリア・ベロ、「プラダを着た悪魔/2006」のエミリー・ブラント、「美しい人」のエイミー・ブレネマン、そしてマギー・グレイス。
読書会に参加する唯一の男性グリッグに「いつか眠りにつく前に/2007」のヒュー・ダーシー。
プルーディーのクレージーなママに「上海の伯爵夫人/2005」のリン・レッドグレイヴ。
「トランス・アメリカ/2005」のケヴィン・ゼガーズがプルーディーの教え子トレイを演じている。
監督、脚本はロビン・スウィコード。
「ジェイン・オースティンの読書会」_a0051234_011681.jpg

6回の結婚歴があるバーナデット(ベイカー)は、愛する犬を亡くしたばかりのブリーダーである親友ジョスリン(ベロ)を元気づけるため“ジェイン・オースティンの読書会”を開催しようと思い付く。オースティンの小説は彼女たちにとっての“人生の解毒剤”であった。
ジェイン・オースティンの書いた小説は“分別と多感”“高慢と偏見”“マンスフィールド・パーク”“エマ”“ノーサンガー僧院”“説得”の6冊。
離婚歴を誇るバーナデット。男より犬が好きな独身主義のジョスリン。夫と別居したばかりのシルヴィア(ブレネマン)。教師のプルーディー(アダムス)は趣味の合わない夫より、教え子トレイ(ゼガーズ)に心惹かれている。シルヴィアの娘アレグラ(グレイス)はレズビアン。
彼女たちはそれぞれに問題を抱かえていた...
「ジェイン・オースティンの読書会」_a0051234_0112165.jpg

ジェイン・オースティンの本によって再生されていく女性たちを描く群像ドラマ。
オースティンを語る女性たち...彼女たちの人生はオースティンの小説のようには進まない。
彼女たちによって小説が語られる中、それらの登場人物が頻繁に出てくる。あぁ、もっと小説を読んでいれば、彼女たちの会話について行けるのにとちょっと後悔。過去に読んだのは“エマ”と“高慢と偏見”だけなので、この機会に俄然読みたくなったのは”説得”。
生真面目な女教師プルーディーが教え子トレイを語る際に、予告でも登場した“彼がスプーンで、私がアイスクリームのように感じるの。”という台詞スゴく理解出来るその気持ち。
最近ハリウッド(アメリカ)映画で見かけるようになったUK俳優のヒュー・ダーシーは爽やかな、爽やかな青年役が似合う。
5人の女性を演じた女優たち...皆さんとてもチャーミング。
「サンキュー・スモーキング」で主人公の友人役を演じたマリア・ベロ。彼女この作品では主役級で出演しており、とても素敵な女優である。
「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラントは、これでもぎすぎすしたイメージの役柄で、こういった役柄が定着してしまうのかな?と思ってしまう。
エンディングはやっぱりアメリカ映画で良い感じ。
日本では子供たち対象の“読書会”なら存在するけど、大人対象の読書会ってあるのだろうか?でもこの“読書会”って中々良いなぁ。
何度も、何度も予告を観ていたので公開されたら一番に観に行きたいと思っていたが...やっと観ることが出来た。
どこかに“ジェイン・オースティンの小説を知らなくとも楽しめる。”と書いてあったが、知らないより知っていた方がより楽しめるのは言うまでもない。
渋谷のBunkamura、今月より“火曜日割引”が出来、案の定スゴい人だった。それもほとんど女性...
「ジェイン・オースティンの読書会」_a0051234_0103419.jpg

by margot2005 | 2008-04-25 00:53 | MINI THEATER | Comments(12)
Commented by MACHI at 2008-04-26 20:01 x
おお 火曜日がサービスデイになったのですね。これまで1日に行かれないとレンタル待ちになったりしたので、うれしいです。
ゴールデンウィークを避けて、鑑賞できればと思います。
Commented by margot2005 at 2008-04-27 22:04
MACHIさん、こんばんは!
そうです!今月から“火曜日割引”始まりましたの。
いつもシアターにぎりぎりで駆け込む私にとってはかなりキツいですが、火曜日は休める週があるのでコレから活用しようと思いますわ。
Commented by rose_chocolat at 2008-05-03 22:59 x
こんばんは^^
ル・シネマの火曜割引ですか! 
これは殺到しそうですね。今まで水曜レディースデーなかったですから。。。
Commented by margot2005 at 2008-05-05 00:50
rose_chocolatさん、こんばんは!
今月より火曜割引始まりましたね。
今回、観たい午後の回は既に売り切れで、夕方のを観ました。
友人と一緒だったので、ランチが出来てちょうど良かったですが...
次回からの火曜日は覚悟して参りますわ。
Commented by JT at 2008-05-10 19:44 x
こんばんはー、先日みてきました。
俄然オースチンの作品を読みたくなってしまいました。
結婚するまでの男女の紆余曲折をテーマとして6つの長編小説を書いたそうですけど、私は1冊も読んでないんです。
唯一、「高慢と偏見」の概要は映画の「プライドと偏見」で知ってるだけでした。映画「プライド・・」は、予想以上によかったので、小説は結構行けてるのかなと思ってましたが、一度読んでみたいですね。
グリッグ みたいに、分厚い全集でも買おうかななんて(笑)
女優さんでは、キャシー・ベイカーとマリア・ベロがとってもよかってです。
グレッグ役のヒュー・ダンシー は、おっしゃるようにほんと爽やかな役がピッタリ!
どの俳優も、どこかで見たことのあるなじみのメンバーというかんじで、安定した演技力の持ち主ばかりでした。
それと、読書会自体に興味が湧きましたよ。うん。
PS
たまたま、時間帯がわるかったのかな。
TBが入らなかったので、また後でトライしてみまっす♪
Commented by margot2005 at 2008-05-11 01:31
JTさん、こんばんは!
TB飛ばないですか??
exciteってこちらから飛ばす時、飛んで行かないブログが少々あるんですが、飛んで来ないのもあるという事ですね。当たり前ですが...
またトライしてみてくださいませ。
読書会って良い響きですね?
たまたま友人と観たのですが、帰り道、私たちもいつか何人か集まってワインとお料理で読書会やりたいわね...なんて興奮しましたが...本選びとか難航しそうですわ。
さて俳優さんたちの誰もが素敵でしたね。
キャステイング・ディレクターが頑張って選んだ事でしょう。
キャシー・ベイカーは「コールド・マウンティン」で息子を亡くす母親を演じていて素晴らしかったです。
それとマリア・ベロさん良いですね。
Commented by MACHI at 2008-05-14 12:13 x
レンタル待ちかなと思っていましたが、王妃様のおかげで火曜がサービスデイと知り、見にいけました。ありがとうございます。
女性におすすめの映画ですね。見に行ってよかったです。
Commented by margot2005 at 2008-05-16 23:39
MACHIさん、こんばんは!
とうとう割引ディを設けたル・シネマですね。
ご覧になられて良かったです。中々素敵な作品でしたね。
Commented by ALICE at 2008-05-20 12:26 x
こんにちは☆
私もこの心待ちにしていた作品、すごく良かったです。
主人公それぞれがチャーミングで人生を懸命に生きているところが
共感を感じました。日本でもこんな読書会があれば面白いのにね。
Commented by margot2005 at 2008-05-22 22:36
ALICEさんこんばんは!
コメントありがとうございます!
素敵な映画で、出演陣も皆さんチャーミングで素敵でしたわ。
日本ではどうも大人の読書会って聞かないですよね?
私も友人と集まってこんな会催してみたいなぁと思いました。
Commented by なな at 2008-12-01 00:49 x
こんばんは!
すごい!margotさん,オースティンお読みなんだ~!
これは確かに絶対読んでいた方が楽しめますよね。
私は「いつか晴れた日に」の映画を観ていたので
やっと,「分別と多感」の会の時の会話に少しついていけただけで
あとは,読書会でのやりとりはまったくピンと来なくって
そこだけ残念でした!
でもそれでもこの作品の心地よい魅力は味わえましたけどね!
Commented by margot2005 at 2008-12-03 22:11
ななさん、こんばんは!
オースティンの小説って貴族の怠惰な生活を描いたものが殆どで、つまんないと言えばつまんないのですが...欧米の女性には共感を覚えるものがきっとあるのでしょう??
「いつか晴れた日に」は素敵な映画でしたね。大好きです!
この作品は小説を読んでいればもっと楽しく、面白く観れただろうなと感じましたが、心地よい気持ちになられたななさん、良かったですね。
<< 「ラフマニノフ ある愛の調べ」 「つぐない」 >>