フランス映画祭2008...「パリ/PARIS」

a0051234_1829196.jpg「Paris」2007 フランス
“病におかされてはじめて気づく。目に映るすべてのものの素晴らしさ。”という解説のヒューマン·ドラマ。
しかしながらフランス映画なのでしっかりとユーモアを絡めつつ、コメディぽく描いてあるのはナイスだな。
ロマン·デュリス映画ってブログを始めた際に一番最初に書いたレビューが彼の「ルパン/2004」
「パリの確率/1999」以来個性的なロマン·デュリスは今ではフランスを代表する俳優。
Internationalに活躍している「イン・マイ・カントリー/2004」「パリ、ジュテーム/2006」「こわれゆく世界の中で/2006」のジュリエット·ビノシュ。
「アレックス/2002」「ロング·エンゲージメント/2004」「地上5センチの恋心/2006」のアルベール·デュポンテル。
そして「親密すぎるうちあけ話/2004」のファブリス·ルキーニ、「美しき運命の傷痕/2005」のカリン·ヴィアールと豪華な出演陣。
監督、脚本は「パリの確率」のセドリック·クラピッシュ。
a0051234_18295079.jpg

ある日突然、心臓を移植しないと死んでしまうと宣告されたダンサーのピエール(デュリス)。
シングル・マザーの姉エリス(ビノシュ)は、彼をサポートするため3人の子供達を連れてピエールのアパルトマンへ移り住む。
歴史学者で大学教授のローラン(ルキーニ)は、彼の授業で見かけた美少女に心奪われる。彼女の名前はレティシア(メラニー・ローラン)。
ローランの弟フィリップ(フランソワ・クルゼ)は成功した建築家で妻と平和な生活を送っている。
ジーン(デュポンテル)は、別れた妻カロリーヌ(ジュリー・フェリエ)とマルシェで働いている。
おしゃべりなパン屋のマダム(ヴィアール)はちょっと人種差別的なobasan。
他にもストーリーに絡む人物が多々描かれる。
そして、ストーリーはそれぞれの日常を上手く絡ませながら進行していく。
登場人物の多い群像劇って、観ていて話がだんだんややこしくなって行くのだが、このドラマはその辺を上手く描いてあるなぁと感動する。
ラスト、パリジャンのピエールがアパルトマンを出て病院へ向かうタクシーの中から“Paris”の街を眺める。車の窓から見える風景の中にローラン、マダム、カロリーヌたちの姿が映し出されるシーンはニクい。
a0051234_18304281.jpg

今年は5本の作品を観た。映画祭っていってもなんか地味で...六本木でまとめてフランス映画を観た!って感じだが私的には大満足だった。

一番観たかったこの作品。雪が舞うパリへ行きたくなる。
「潜水服は蝶の夢を見る/2007」のジャン・ドミニクように不治の病に侵されたピエールを、暗く描かずフランス人ならではのエスプリを効かせて、コメディ・タッチな描き方で笑える作品でもありとにかく素晴らしいの一言!
毎度のことなのだが、フランス人のsexに対する固執を感じる。
ピエールが”二度とsexする事も出来ない...”と嘆くと、姉のエリスは、ピエールの相手をする女性をアパルトマンへ連れて来る。このシーンもコメディ・タッチで笑える。
ロマン・デュリスも適役で素敵であるが、ローラン役のファブリス・ルキーニがコレまたgood。
今の所配給は付いていないようだが、是非公開して欲しい作品。
TOHOシネマズ六本木ヒルズにて...
a0051234_1831432.jpg
a0051234_18312230.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-03-20 19:27 | 映画祭 | Trackback(6) | Comments(2)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/6919829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from CHEAP THRILL at 2008-06-28 21:43
タイトル : 真・映画日記(2)『パリ』
JUGEMテーマ:映画 (1から) 『ノーカントリー』が終わり、六本木へ移動。 目当ての『パリ』は午後9時からなので、何か別のやつを見ようかとしたが、 うまく時間が合わず、マンガ喫茶で時間を潰す。 で、9時丁度に六本木ヒルズにある「TOHOシネマズ」へ。 またまた「フランス映画祭」である。 今年のボクにちょっとした目標ができた。 映画祭になるべく行く。なるべく、ね。 来週の日曜も「アラブ映画祭」に行くことが決定。前売り券も買ったし。 とにかく映画をガンガン見るのだ。 ...... more
Tracked from NiceOne!! at 2008-12-28 10:52
タイトル : 『PARIS』(2008)/フランス
原題:PARIS監督・脚本:セドリック・クラピッシュ出演:ジュリエット・ビノシュ、ロマン・デュリス、ファブリス・ルキーニ、アルベール・デュポンテル、フランソワ・クリュゼ鑑賞劇場 : ル・シネマ公式サイトはこちら。<Story>ある日、ダンサーのピエール(ロ...... more
Tracked from Art- .. at 2009-02-10 23:17
タイトル : PARIS パリ ー音楽が素晴らしいー
PARIS パリー音楽が素晴らしいー 映画を観ながら、ボードレールの「パリの憂鬱」を思い出す。 「群衆」より 群集浴をすることは、誰にでも許されているわけではない。群衆を享... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2009-08-04 23:01
タイトル : 映画『パリ』を観て
106.パリ■原題:Paris■製作年・国:2008年、フランス■上映時間:129分■字幕:LVT■鑑賞日:12月31日、ル・シネマ(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:セドリック・クラピッシュ□製作:ブリュノ・レヴィ□撮影監督:クリストフ...... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2010-01-06 00:12
タイトル : 「PARIS(パリ)」
登場人物たちの踊ってる姿が印象に残りました... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2010-08-08 17:15
タイトル : PARIS
 『この街が 教えてくれる、 一番大切なこと。』  コチラの「PARIS」は、「スパニッシュ・アパートメント」、「ロシアン・ドールズ」のセドリック・クラピッシュ監督が、「PARIS」を描いた群像ドラマです。  エリーズ(ジュリエット・ビノシュ)とピエール(ロマン・デ...... more
Commented by rose_chocolat at 2008-12-28 11:03 x
TB&コメントありがとう~

>>死期が迫っていてもsexを考える「愛に生きる国民」フランス人は“Amour”なしの人生は考えられないのでしょうね?

そう。そこですよね。
そうじゃない国(!)に住む私たちにしてみれば(→ 一緒にしてすみません^^;)、その感覚って一瞬ひるんだりもしますけど(苦笑)、でも彼らのナチュラルさってすごく自分は魅力的でした。
ビノシュの可愛らしさと言ったら!! ああいう風に、年を重ねても、キラキラと輝いている秘訣って、やっぱり"amour"なんでしょうねw
素敵だわ。。。

デュリスもよかったですけど、デュポンテルのシブさもまたツボで。普通に見えても、愛する人がいると本当に人は輝くんですね。
Commented by margot2005 at 2008-12-30 22:30
rose_chocolatさん、こちらにも書き込みありがとう!
やはりフランス映画は良いですね。これはマイベストに入れたいです。
フランス人て本当に“Amour”がお好きな人種のようですね。世界1sex好き人種に輝いています。
大丈夫、私もそうじゃない人種の一人です。
ロマン君も良い味出す俳優ですね。他の俳優も皆さん素晴らしかったですわ。
<< フランス映画祭2008...「... フランス映画祭2008...「... >>