「君のためなら千回でも」

a0051234_22355095.jpg「The Kite Runner」 2007 USA
アフガニスタンから父親と共にアメリカに亡命、作家となった男が償いの旅に出る感動の人間ドラマ。
主演の作家アミールにハリド・アブダラ。
アミールの父親にホマユーン・エルシャディ。
少年時代のアミールにゼキリア・エブラヒミ。同じく少年時代のハッサンにアフマド・ハーン・マフムードザダ。
アミールの妻となるソラヤにアトッサ・レオーニ。
アミールの恩人ラヒム・ハーンに「クラッシュ/2004」「マリア/2006」のショーン・トーブ。
監督は、主演のハル・ベリーにオスカー主演女優賞をもたらした作品「チョコレート/2001」、ジョニー・デップの「ネバーランド/2004」、ユアン・マクレガーの「スティ/2005」、「主人公は僕だった/2006」のドイツ出身マーク・フォースター。
原作はアフガニスタン、カブール出身のカーレド・ホッセイニの“The Kite Runner”。
a0051234_2238826.jpg

ある日、サンフランシスコに住む作家のアミール(アブダラ)の元へ一本の電話がかかる...それは遠い祖国からだった...
物語は20年前のアフガニスタンへと戻る...
裕福な家庭で何不自由無く育つアミール(エブラヒミ)には、親友とも呼べる召使いの息子ハッサン(マフムードザダ)がいた。
しかしある冬の日、凧揚げ大会の後事件が起こる。それはアミールにとって生涯の汚点となる出来事だった。
やがソ連侵攻が始まり、アミールの父親は亡命を決意する。亡命先はアメリカだった。アメリカに渡って父と共に生き延びたアミールは大学を卒業し、少年時代から憧れていた作家になろうと決心する...
a0051234_2352355.jpg
予告を何度も見、公開されたらすぐに観に行く予定だった。しかし公開後かれこれひと月も経ってしまってからやっと観る事が出来た。
ミニシアター系作品で、すぐに上映終わってしまうのか?なんて思っていたが、評判を呼んでいるのか、都内数カ所のシアターでまだ上映されている。
人種、宗教、戦争、移民がテーマとなった重い作品で、少年時代の二人の姿は愛らしくも哀しい。
終盤で少年時代を償うかのように描かれるアミールの姿が素敵に映る。
ロケされた、タジキスタン、アフガニスタン、中国にまたがるパミール高原の美しい姿(映像)に圧倒される。
少年時代を演じたアフガニスタン、カブール生まれの二人の少年。彼らはこの作品で映画デビューのようだが、特にハッサンを演じたアフマド・ハーン・マフムードザダの演技が光る。
主演のハリド・アブダラは「ユナイテッド93/2006」のテロリスト役で映画デビューしたそうだが、「ユナイテッド93」はwowowで放映の際途中で挫折したのでハリド・アブダラの記憶はない。アブダラはテロリスト役躊躇したらしいが、以外に似合っていたかも?今一度見なきゃ...
a0051234_23531117.jpg

シネコンでも、銀座でも上映していた作品だが、どうも時間が合わなくて、駅から遠いといえば多分ここが一番かと思える“恵比寿ガーデン・シネマ”で観て来た。今回感じた“恵比寿ガーデン・シネマ”のお勧め!は...「ぜんぶフィデルのせい」もここで観たのだが、このシアター水曜割引が男女両方OKなことと(他にもOKなシアターあり)、水曜割引にも関わらず最終回は混んでないという事実。「ぜんぶフィデルのせい」も水曜日(最終回)に観たが満席ではなかった。これからこのシアターの水曜日割引活用したいと思う。
恵比寿ガーデン・シネマにて...
a0051234_22373820.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-03-07 00:05 | MINI THEATER | Comments(4)
Commented by MACHI at 2008-03-08 10:07 x
以前は恵比寿でかかる映画は、都内ではほかに上映してなかったりしましたが、最近は他でも上映されていたりするので、以前よりすいているみたいですね。わたしも恵比寿はめったに行かなくなりました。
Commented by margot2005 at 2008-03-09 00:32
MACHI さん、こんばんは!
恵比寿は映画を観に行くスポットではないですね。ここはお洒落なスポットで大好きなのですが、映画は滅多に観に行きませんね。
しかし水曜割引でも空席が多いって??やはり駅から遠いせいでしょうかしらね??
Commented by なな at 2008-08-28 20:43 x
ハリド・アブダラはユナイテッド93でとても印象的な演技をしてましたよ。
彼の演技が光ったのはラストの墜落のシーンなので
最後まで見ないと心に残らないでしょうね~。
後ろめたそうな瞳の演技が上手いのよ~,この方。
だから,テロリストも似合ってました。(ちょっと気弱そうなテロリストでしたが)
Commented by margot2005 at 2008-08-30 00:40
ななさん、こんばんは!
「ユナイテッド93」のハリド・アブダラは少々軟弱なテロリストでしたが、彼存在感ありましたよね。
最初「ユナイテッド93」をDVDで見た時は途中挫折したのですが、もう一度トライした折にはちゃんと最後迄見ました。
墜落のシーンが光りましたか?成る程ね。
そうそうあの後悔しているような彼の目は辛かったですね。
目で演技できる俳優かと思います。同感。同感。
<< 「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」 「地上5センチの恋心」 >>