「潜水服は蝶の夢を見る」

a0051234_0235717.jpg「Le Scaphandre et le papillon」...aka「The Diving Bell and the Butterfly」 2007 フランス/USA
原作者であり、主人公のジャン・ドミニクに「キングス&クイーン/2004」「ミュンヘン/2005」のマチュー・アマルリック。
彼の3人の子供たちの母親セリーヌに「フレンチなしあわせのみつけ方/2004」のエマニュエル・セリエ。
言語療法士アンリエットに「みなさん、さようなら/2003」のマリ・ジョゼ・クローズ。
ジャン・ドミニクの自伝をサポートするクロードに「愛されるために、ここにいる/2005」のアンヌ・コンシニ。
担当医ルパージュに「愛されるために、ここにいる/2005」のパトリック・シェネ。
ジャン・ドミニクの父親役にスェーデン出身の名優マックス・フォン・シドー。
監督はアメリカ人のジュリアン・シュナーベル。
プロデューサーはスティーヴン・スピルバーグ作品を多々製作しているキャスリーン・ケネディ。
a0051234_0173355.jpg

ある日、「ELLE」の編集長ジャン・ドミニク・ボビーが脳梗塞に倒れた後昏睡から目覚める。
何が何だか解らないジャン・ドミニク(アマルリック)は、自分が病院にいて、医者たちが話す言葉は聞こえるが、自身は話せない事を知る。やがて彼は身体も動かない事実を知るのだった。しかし動かない身体の中で唯一左の目だけ動かす事が出来た。やがて、病院の言語療法士アンリエット(クローズ)の発案でいやいやながら文章を綴り始めるジャン・ドミニクだった...
a0051234_0165144.jpg

エンド・クレジットが始まり、ラストまで観ないで席を立つ事が多い最近(最終回に観るため...)だが、これは映画に圧倒されてしまって、しばし席を立つ事が出来なかった。
脳梗塞で左目しか動かせないジャン・ドミニクの、左目から見える視野だけを追ってカメラが回る。身体は全く動かないが、彼の脳は完璧に作動していて、想像する事も、過去の出来事を思い返す事も出来る。
中盤前位から、ジャン・ドミニクが想像の世界に思いを馳せるシーンと、彼の過去の映像が描かれ始める。これはもう素晴らしい!!の一言。
この美しいシーンの数々は今年度MY BESTに入れたい作品に値する。
とんでもない難病に侵されたジャン・ドミニク(病院で横たわる&車椅子の姿)。でも、なぜかそれほど暗くもなく、ユーモアを織り交ぜながら、ウイットに富んだフランス映画で素晴らしい!!
“海底2万マイル”風の潜水服に閉じ込められて、身動きが取れないジャン・ドミニクが、一度想像の世界に入ると、そこは花が咲き乱れ蝶が飛ぶ世界...この描き方がとても美しくCool!!
氷山が崩れ落ちて行くスローモーションのショット。後に、同じショットでスローモーションが逆戻りする...あのシーンは主人公の心理を暗示しているのかも知れない。
病院のベッドに横たわる植物人間のジャン・ドミニク。彼をサポートする女性たちの上半身をまるでなめ回すように映される映像は、彼が見つめている映像なのだ。
やはりと言うかさすがと言うのか?植物人間になっても女好きのフランス人(この編集長、父親譲りの女好き)はスゴ過ぎ!
瞬きで文章を綴ったジャン・ドミニクも凄いけど、“E、A、S、R〜”で始まるアルファベットをひたすら発し、書き取った女性たちにも大拍手を送りたい!!
左目だけで演技していたマチューにオスカーあげたい!監督にも!
ちょっと離れた隣にいた男性がエンド・クレジットでウルウル来ていたような気が...これって男性が観ると、自身に置き換えて感動するかも知れない...
シネカノン有楽町2丁目にて...
[PR]
by margot2005 | 2008-02-13 00:57 | フランス | Trackback(44) | Comments(17)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/6787369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Sweet*Days** at 2008-02-13 12:03
タイトル : 『潜水服は蝶の夢を見る』
監督:ジュリアン・シュナベール CAST:マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ 他 第60回カンヌ映画祭 監督賞他受賞 第65回ゴールデン・グローブ賞 最優秀監督賞、最優秀外国語映画賞受賞 第8...... more
Tracked from 映画情報なら「シネトレ」.. at 2008-02-13 16:15
タイトル : 『シネトレ』公認!映画ブロガー募集のおしらせ
シネトレのスタッフよりも、映画を熱く語れる方、大募集です。 いつも映画情報+試写会プレゼント『シネトレ』をご覧いただき、ありがとうございます。 『シネトレ』公認!映画ブロガーを募集します。 応募に関する条件は、 その1:『シネトレ』のスタッフよりも映画... more
Tracked from EDITOREAL at 2008-02-13 19:46
タイトル : 感想/潜水服は蝶の夢を見る(試写)
「何をやったらいいんだ?」「瞬き20万回です」「20万で足りるのか?」(※)。『潜水服は蝶の夢を見る』2月9日公開。『ELLE』編集長だったジャン=ドミニク・ボビーは、突然の脳梗塞で倒れる。めざめた彼は体を動かすことも声を出すこともできなくなっていた。唯一機能しているのは左目のみ。絶望の淵に立たされながらも、ある瞬間、地獄から解き放たれたジャン=ドー。左目の瞬きで1文字ずつコミュニケーションする方法によって、彼は自伝小説を書き始める。 映画『潜水服は蝶の夢を見る』 うお〜、なんだこの生々しく肉...... more
Tracked from 富久亭日乗 at 2008-02-13 20:55
タイトル : 映画「潜水服は蝶の夢を見る」(2007、仏・米)
    ★★★★☆  病に倒れた仏ファッション誌「Elle」の編集長が、 不自由な体で自叙伝を綴った実話の映画化。 原題(英題)は「Le Scaphandre et le papillon(The Diving Bell and the Butterfly )」。  42歳で人生の絶頂にいたJean-Dominique Bauby (Mathieu Amalric)は、 息子と新車でドライブ中、脳幹に梗塞を起こした。 3週間の昏睡状態の後、目覚めたのは病院のベッドの上。 医師が「ロックト・イン・シンド...... more
Tracked from ラムの大通り at 2008-02-14 09:59
タイトル : 『潜水服は蝶の夢を見る』
(原題:Le scaphandre et le Papillon) 「いやあ、久しぶりに見応えある映画を観たね」 ----そうニャの。 これってよく分かんないタイトルの映画だよね。 ある意味、アスミック・エースっぽい気もするけど…。 「うん。確かにそうかも。 この映画、タイトルだけでは想像がつきにくいけど、 これは20万回の目の瞬きで自伝を綴った『ELLE』誌編集長 ジャン=ドミニク・ボビー(通称ジャン=ドー)の 実話を映画化したものなんだ」 ----20万回の目の瞬き… ニャんで、そんな面倒なこと...... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2008-02-14 21:16
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る TIFF鑑賞記その4
いつもエレガントに・・・... more
Tracked from NiceOne!! at 2008-02-15 21:18
タイトル : 『潜水服は蝶の夢を見る』 (2007) / フランス・ア..
原題:LESCAPHANDREETLEPAPILLON/THEDIVINGBELLANDTHEBUTTERFLY監督:ジュリアン・シュナーベル原作:ジャン=ドミニク・ボービー脚本:ロナルド・ハーウッド出演:マチュー・アマルリック、マリー=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー公式サイトはこちら。<S...... more
Tracked from Wilderlandwa.. at 2008-02-15 22:24
タイトル : 「潜水服は蝶の夢を見る(Le Scaphandre et..
アカデミー賞4部門ノミネート作品で、色々と評判の高い映画「潜... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2008-02-16 02:12
タイトル : 『潜水服は蝶の夢を見る』
感動のバタフライ・エフェクト。 まばたきが文字になり、目がカメラになり、僕らは深海から天空に飛び立つ蝶に出逢う。 ファッション誌「ELLE」の編集長ジャン=ドミニク・ボビーは、 脳梗塞で倒れて生死をさまよい、全身が麻痺して左眼だけしか動かせない体となって目覚めた。 ★★★★★米監督組合賞受賞式でスピーチをしたジュリアン・シュナーベル監督に、『ブレードランナー』のレイチェル役のショーン・ヤングがヤジを飛ばしたなんてお騒がせニュースがあったけど、「潜水服は蝶の夢を見る」っていう邦題は、「アンドロ...... more
Tracked from ノルウェー暮らし・イン・.. at 2008-02-16 12:13
タイトル : 「潜水服は蝶の夢を見る」試写会
フランス映画だ。 これぞフランス映画!といってもいい。 ハリウッド映画のように、お涙頂戴しない。 ハリウッド映画のように、ハッピーエンドにしない。 切なく、そして切ない、ひたすら切ないフランス映画だ。... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-02-17 19:53
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る
 『ぼくは生きている。 話せず、身体は動かせないが、 確実に生きている。』  コチラの「潜水服は蝶の夢を見る」は、2/9公開となった"20万回の瞬きで自伝を綴った、脅威の実話!圧倒的な映像美で描く、きらめく愛の感動作"なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  ア...... more
Tracked from 映画コンサルタント日記 at 2008-02-19 00:41
タイトル : 「潜水服は蝶の夢を見る」 第21位
上映スクリーン数: 5  オープニング土日祝興収: 1089万円うち新宿バルト9... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2008-02-19 13:18
タイトル : 魂のはばたき〜『潜水服は蝶の夢を見る』
 LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON  THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY  鼓動とともに、ぼやけた視界が現れる。ここは病院、昏睡状態から醒めたジャン =ドミニク・ボビー;ジャン=ドー(マチュー・...... more
Tracked from ようこそ劇場へ! Wel.. at 2008-02-20 13:05
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る
”Le Scaphandre et le Papillon”原作=ジャン=ドミニク・ボビー『潜水服は蝶の夢を見る』。監督=ジュリアン・シュナーベル。脚本=ロナルド・ハーウッド。撮影=ヤヌス・カミンスキー。「ウィ」は1回、「ノン」は2回、合計20万回の瞬きで自伝を綴った「ELLE」の元編集長ーの実話映画化。☆☆☆☆★★... more
Tracked from Alice in Won.. at 2008-02-20 15:32
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る
今日は前から楽しみにしていた2作品を上映初日に観る事が出来ました。地元の映画館でこの『潜水服は蝶の夢を見る』を上映するとは思っていなかったのですごく嬉しかったのですが、思った通り映画館は初日にも関わらず10人も観客が入っていなかったのは寂しかったですが...... more
Tracked from future world at 2008-02-21 22:17
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る
脳梗塞の一つロックト・インシンドローム(閉じ込め症候群)〜 意識は全く正常なのに身体的自由を全て奪われる・・・ そんな状況で、人は‘記憶と想像力’をどこまで‘生’の糧と出来るのだろうか。 重く身動きのとれない‘潜水服’に縛られてしまった主人公ジャン=ド....... more
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2008-02-23 19:38
タイトル : 失って気付く大切な事。『潜水服は蝶の夢を見る』
脳梗塞で倒れてしまった男性の実話を描いた作品です。... more
Tracked from ゆるり鑑賞 Yururi.. at 2008-02-23 22:38
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る
監督:ジュリアン・シュナーベル (2007年 フランス/アメリカ) 原題:LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON 【物語のはじまり】 ファッション誌「エル」の編集長ジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリッギ..... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2008-02-24 11:22
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る
「潜水服は蝶の夢を見る」 Le Scaphandre et le Papillo... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2008-03-01 09:46
タイトル : 【2008-45】潜水服は蝶の夢を見る(Le Scaph..
人気ブログランキングの順位は? ぼくは生きている。話せず、身体は動かせないが、 確実に生きている。 ジャン=ドミニク・ボビー ELLE編集長、42歳、子供3人の父親。 ある日倒れ、身体の自由を失った。 そして左目の瞬きだけで語り始める。 蝶のように飛び立....... more
Tracked from ラングランド "WaiW.. at 2008-03-02 11:54
タイトル : 『潜水服は蝶の夢を見る』
タイトルからして詩的な、ジュリアン・シュナーベル監督のノンフィクション作品。 雑誌『ELLE』編集長の主人公が、ある日、脳梗塞で倒れ、 左目以外の体の自由を失ってしまう。 絶望の淵から、“まばたき”によってコミュニケーションを取るという伝達手段....... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2008-03-02 23:08
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る
ぼくは生きている。話せず、身体は動かないが、確実に生きている。 「身体は“潜水服”を着たように重くても、ぼくの想像力と記憶は、“蝶”のように自由に羽ばたく__。」実在した奇跡の伊達男、ジャン=ドミニク・ボビー!   順風満帆に輝いていた人生が、ある...... more
Tracked from To pass leis.. at 2008-03-02 23:22
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る
潜水服は蝶の夢を見る 原題: LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON     /THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY 製作年度: 2007年 製作国: フランス/アメリカ 監督: ジュリアン・シュナーベル 出演: マチュー・アマルリック エマニュエル・セニエ マリ=ジョゼ・クローズ アンヌ・コンシニ パトリック・シェネ ニエル・アレストリュプ オラツ・ロペス・ヘルメンディア ジャン=ピエール・カッセル イザック・ド・バ...... more
Tracked from 佐藤秀の徒然\{?。?}.. at 2008-03-05 22:13
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る
ジャン=ドミニック ボービー原作、 ジュリアン・シュナーベル監督、マチュー・アマルリック、マリー=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー。原作者の実体験に基づいた映画で、本来なら「潜水服」というより「潜水鐘」。英訳はDiving Bellだ。最も原始的な潜水装置で...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2008-03-07 21:11
タイトル : 『潜水服は蝶の夢を見る』
□作品オフィシャルサイト 「潜水服は蝶の夢を見る」□監督 ジュリアン・シュナーベル □原作 ジャン=ドミニック・ボービー □キャスト マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリ=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー、ジャン・ピエール=カッセル ■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> まずそのタイトルに興味が沸く。 この作品はカンヌ映画祭で監督賞と高等技術賞を受賞し、今回のアカデミー賞でもジュリアン・シュナーベルが...... more
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2008-03-08 11:57
タイトル : 「潜水服は蝶の夢を見る」(フランス/アメリカ 2007年)
42歳のジャン=ドミニク・ボビー。 3週間の眠りから覚めた彼は身体の自由を失くしていた。... more
Tracked from 空想俳人日記 at 2008-03-09 07:20
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る
瞬きの 紡ぐ人生 羽ばたきの   それにしても、イントロのクレジット(背景がX線写真)から、この映画やるな、そう思わせぶりの作品。と思いきや、本編に入ると、いきなり朦朧とした映像。そうか、観客は主人公の目を通して周囲を見ているんだ。私たちは主人公その人なん... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2008-03-09 23:20
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る☆マチュー・アマルリックの素晴らしい..
  20万回の瞬きで自伝を綴った、驚異の実話! 圧倒的な映像美で描く、きらめく愛の感動作    2月16日、京都シネマにて鑑賞・・・・・。       実在した奇跡の伊達男、ジャン=ドミニク・ボビー 彼はファッション界を左右するフランス版ELLEの名編集長だった。2人の子持ちだった。42歳のとき、突然脳梗塞で倒れて、生死をさまよった後に目覚めると、左目以外は動かない状態になっていた意識、知力は元のままなのに、身体的自由はすべて奪われた状態、ロッ...... more
Tracked from 犬も歩けばBohにあたる! at 2008-03-10 17:52
タイトル : まばたき20万回【潜水服は蝶の夢を見る】
人気ファッション誌「ELLE」の編集長だったジャン... more
Tracked from 映画館で観ましょ♪ at 2008-03-19 17:52
タイトル : 『潜水服は蝶の夢を見る』 2008-No16
実在したフランス版「ELLE」の編集長。 42歳で脳梗塞で倒れてしまう。 身体はまったく動かない・・・唯一動くのは左目だけ。 その唯一動く左目の瞬きで伝え書き上げた自伝。 富も名声も持ち`..... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2008-03-25 07:52
タイトル : 映画『潜水服は蝶の夢を見る』を観て
22.潜水服は蝶の夢を見る■原題:LeScaphandreetlePapillon■製作年・国:2007年、フランス=アメリカ■上映時間:112分■鑑賞日:2月16日、シネマライズ(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ジュリアン・シュナーベル□脚本:ロナルド・ハー...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2008-04-01 18:31
タイトル : 「潜水服は蝶の夢を見る」 静かなる闘い
この映画は難病を題材にしている映画ですが、最近の日本の映画の難病もののように泣け... more
Tracked from eclipse的な独り言 at 2008-04-03 22:13
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る
 この映画、ジョニー・デップでは演じることはできなかったと思います。(2008年... more
Tracked from 自主映画制作工房Stud.. at 2008-04-14 19:03
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る [監督:ジュリアン・シュナーベル]
精神だけが生きているんじゃなく、精神こそ命そのものなんだ。死にいく運命にある難病患者を支える人の気持ちより、死にいく運命そのものを体感させる... more
Tracked from 蛇足帳~blogばん~ at 2008-04-16 21:15
タイトル : 映画『潜水服が蝶の夢を見る』劇場鑑賞
約1ヵ月ぶりに映画館に行きました。ずーっと観たい!と思っていた映画、『潜水服は蝶の夢を見る(原題:LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON/THE DIVING BELL AND THE BUTTERFLY)』を観て来ました。 この作品は実話を基にした物語で、2007年度の外国語映画賞を総なめにした注目..... more
Tracked from 月影の舞 at 2008-04-25 16:48
タイトル : ●「潜水服は蝶の夢を見る」
レイトで「潜水服は蝶の夢を見る」を観た。 予告編を観た時、「ジョニーは戦場へ行った」を 思い出してしまった。 全くテーマは違うのだが、主人公の置かれている立場を みたとき、絶望さが似ている気がした。 でも、シナリオつながりの方の日記で、 こ... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2008-07-19 10:09
タイトル : 「潜水服は蝶の夢を見る」
潜水服は蝶の夢を見る 特別版【初回限定生産】角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 雑誌ELLEの名編集長として人生を謳歌していたジャン=ドミニク・ボビー (マチュー・アマルリック)。病室で目覚めると身体全体の自由を奪われた “ロックト・イン・シンドローム(閉じ込め症候群)”となっていた。 それはまるで重い潜水服を着せられたような状態だった。 意識は鮮明なのにそのことを伝える術がなかったのだが・・・。 ジャンの目線=カメラが主人公になる映像が多くあり、 そのことによって観客に与える共鳴感...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2008-07-29 04:16
タイトル : mini review 08316「潜水服は蝶の夢を見る..
ファッション誌「エル」の編集長として活躍する人生から一転、脳梗塞(こうそく)で左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった男の実話を映画化。原作は主人公のジャン=ドミニック・ボビー自身が20万回のまばたきでつづった自伝小説。『夜になるまえに』のジュリアン・シュナーベルが監督を務めている。主人公を演じるのは『ミュンヘン』のマチュー・アマルリック。シリアスな展開の中に温かいユーモアが味わえる一方、独特の映像美も堪能できる感動の実話だ。[もっと詳しく] 「記憶」と「想像力」は、最後に僕たちに残される人...... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2008-09-20 21:52
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る−(映画:2008年53本目)−
評価:88点 監督:ジュリアン・シュナーベル 出演:マチュー・アマルリック、マリー=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー 脳梗塞により左目だけが動かせるというロックドイン・シンドローム(閉じ込め症候群)になってしまった雑誌編集長が、その左目の動....... more
Tracked from クマの巣 at 2008-10-04 13:24
タイトル : 「潜水服は蝶の夢を見る」
「潜水服は蝶の夢を見る」、DVDで観ました。 ファッション雑誌の編集長ジャンが脳梗塞で倒れる。豊かな人生を謳歌していたジャンは思考は正常なのにまったく動けなくなる。左目以外は……。 フランスが...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-10-11 16:16
タイトル : 『潜水服は蝶の夢を見る』'07・仏
あらすじ昏睡状態から目覚めたものの、左目のまぶた以外を動かすことができないジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)。意識は、はっきりしているにもかかわらず、言葉を発することができない彼に、言語療法士のアンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)はま...... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2009-02-09 00:48
タイトル : 「潜水服は蝶の夢を見る」
ある日、脳梗塞で倒れ、全身麻痺となった雑誌「ELLE」編集長ジャン・ドミニク・ボビーの生き様を実話をもとに描いた感動のヒューマン・ドラマ「潜水服は蝶の夢を見る」(2007年、仏米、ジュリアン・シュナーベル監督、112分)。ボビーは全身の中で唯一動くのは左目の瞬きだけで、言語療法士らの協力により、コミュニケーションを回復し、さらには自叙伝を出版する。彼は想像力と記憶をフルに発揮し、生存の危機から生き続けることの意思を持続させていく。本作はカンヌ国際映画祭監督賞やゴールデングローブ最優秀外国語...... more
Tracked from しぇんて的風来坊ブログ at 2009-07-12 09:12
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る
病気で一箇所以外まったく体が動けなくなった(視聴覚は温存)フランス著名ファッション雑誌編集長が、唯一動く片方の目とその瞬きを使って書いた自叙伝を基にした映画。 その目が追う視線と視覚を味わう映像感覚。 瞬きを文字に当てはめる技を使って丹念に単語を文を記録し、或いはコミュニケートする協力者の(決して悲壮感を漂わさないけれどただならぬ)忍耐。 シニカルな視点で真面目ではない人物と、決して家族だけではなかった恋人の存在。で、父や妻や子供への愛。 不自由さを逆バネにしてできた物語は、絵も音楽も、オトナ...... more
Tracked from むーびーふぁんたすてぃっく at 2010-04-25 04:23
タイトル : 潜水服は蝶の夢を見る - Le scaphandre e..
潜水服は蝶の夢を見る 特別版【初回限定生産】 [DVD] 「潜水服は蝶の夢を見る - Le scaphandre et le papillon -」 感想 20万回の瞬きで自伝を綴った、奇跡の実話! 「ロックトイン・シンドローム」を...... more
Commented by シネトレ at 2008-02-13 16:18 x
【映画情報サイト『シネトレ』公認映画ブロガー募集のお知らせ】

こんにちは。
突然のTB、コメントをお許しください。
映画情報サイト『シネトレ』です。
http://www.cine-tre.com

映画情報+試写会プレゼント『シネトレ』では、
シネトレのスタッフよりも映画のことを熱く!語れる、
『シネトレ』公認映画ブロガーを募集しています。

貴殿のブログを拝見させていただき、是非エントリーをお願いしたく
思い、ご連絡させていただきました。
詳細は、『シネトレ』をご覧ください。宜しくお願いいたします。

シネトレクロスメディアマーケティング
blog@cinevine.jp
Commented by くまんちゅう at 2008-02-15 22:32 x
男はいくつになっても、植物状態でもスケベな物ですだ
心の声は可笑しかったです「美人が近くに居るのに手も出せないとは」
フランス映画を久しぶりに劇場で見ましたけど、
これは良かったです、しかもチネチッタで見たので
不思議体験のオマケつきでした
Commented by CaeRu_noix at 2008-02-16 02:16
margotさん、こんばんは。
パーフェクトな映画でしたねー。
マチューはもちろん、フランス女優も好みのキャスティングで嬉しく。
監督の奥様は何役だったのでしょう??
あ、思うに、この場合は意識があるから、植物人間とは言わない気がしますー
Commented by margot2005 at 2008-02-16 23:04
くまんちゅうさん、こちらにもこんばんは!
そうですか男はいくつになってもですか...
ジャン・ドミニクの心の声哀しかったですね。
でもあのジャン・ドミニクの心の声が、ストーリーを盛り上げていたようにも思えます。
川崎チネチッタですか?
映画の中でイタリア、ローマ、チネチッタの話が出てましたね。
Commented by claudiacardinal at 2008-02-17 04:16 x
マルゴ嬢、早速観られましたね、この作品。私も早く観に行かなくては!!シュナベルは初めジョニー・デップでこの企画を初めていたそうですが、「パイレーツ・オブ・カリビアン」でスケジュールが合わなかった為マチュー・アマルリックになったそう。でコミュニケーションが主題なので結局仏語になったそうです。この2つの要素がちがってたら、全く違った作品になっていたような気がします。
Commented by margot2005 at 2008-02-18 00:37
CaeRuさん、こんばんは!
そうですね意識はあるので植物人間ではありませんね。
映画の中で、ジャン・ドミニクのことを“vegetable”とか“legume”とか言っていたので...それが脳裏に焼き付いてしまった感じでございますわ。
監督の奥様って??映画に出てたんですか??全くもって知りませんでしたわ。
Commented by margot2005 at 2008-02-18 00:46
claudiaさん、こんばんは!
そちらでも(UKorUSA)でも公開中なのでしょうか??
時間が許せば是非ご覧くださいまし。
コレは今年度のMY BESTに入れたい作品ですわ。マチュー最高でした!!
彼の“007"ワル役も期待したいですね。
日本の新聞に監督のコメントがあり、“これは元々フランス人の映画なので、ジョニーじゃなく、フランス人のマチューがフランス語で演じて良かった。”と言うコメントありましたわ。
ホントこの作品、フランス人がフランス語で演じて良かったと感じますわ。
Commented by j'adorelethe at 2008-02-18 22:22 x
香港でも公開中だったのですが、時間がなくて見ずに帰国してしまいました。東京でもまだ上映中でしょうか・・・

もうすぐ東京上陸予定なのですが、よければ東京でおすすめの映画館を教えていただけませんか?福岡だと3つほどしか単館がないのでわかりやすいのですが、東京の映画館は未知の世界なので!
Commented by margot2005 at 2008-02-19 01:01
j'adorelethe さん、こんばんは!
既に帰国されたのですか?
“Welcome home!”でございます。
さてこの作品上映中であります。
JR有楽町駅前に新しく出来た“ITOSIA”というビルの中に“シネカノン有楽町2丁目”という映画館で公開中です。“BIC CAMERA”もすぐ側にあります。
さてシアターですが http://info.movies.yahoo.co.jp/bin/search?pr=13&pro=theaterで都内のシアターを案内しています。
有楽町、日比谷、銀座はお気に入りのミニシアター映画をたっぷりと上映してくれるので通っております。
都内で一番シアターが多いのは渋谷です。メジャーなものからマイナーなものまでたっぷりと上映していますので一度お出かけくださいまし。
Commented by j'adorelethe at 2008-02-22 12:58 x
情報ありがとうございます☆水曜にでも観に行こうと思います!東京は映画館も多いので楽しみです。そして香港より断然に欧州系映画が多いのがうれしいでーす。
Commented by margot2005 at 2008-02-24 02:04
j'adorelethe さん、こんばんは!
日本はヨーロッパ映画ファンが多いようですね?
さて、毎年開催されるフランス映画祭。
来月の13日〜16日まで、都内では六本木のシネコンで開催されます。ネットでのチケットは殆ど完売のようですが、当日チケットがあるかと思えます。もし時間が許されるなら是非六本木へ!私も今年は数本ネットでチケット取りました。六本木はお洒落なスポットでおすすめでございます。
Commented by claudiacardinal at 2008-03-05 18:14 x
マルゴ殿こんにちわ。やっと見ました、この作品。(それにしても相変わらず精力的に映画見てらっしゃりますね!)ホント、植物人間になっても女性をなめまわすように見ているシーンいくつかありましたけど、こういうのが楽しみの一つというか本能がまだ機能しているんですね。やっぱりフランス人だからかしら?それにしても美しい後味のいい作品でした。
Commented by margot2005 at 2008-03-07 00:36
CCさん、こんばんは!
素晴らしい作品でしたね。
精力的ってほどではないのですが...今年は昨年よりもっと、もっとシアターに行けそうで嬉しいです!(ちょっと家庭内の事情により、夜出かけられる機会が増えました...)
フランス映画だからこその展開でしたよね。だからフランス映画って好きなんです。
テーマが、テーマなのに後味が実に良い作品でしたよね。
主演マチューで良かったと思いますわ。
Commented by Bianca at 2008-03-11 23:43 x
クラウディアさん所から、戻ってきました。まだ見られませんが、興味深く感動的な映画のようですね。全身麻痺、瞬きだけで意思疎通をする話は「モンテ・クリスト伯」にもありましたが、やはり仏の文学です。
Commented by margot2005 at 2008-03-12 23:35
Biancaさん、こんばんは!
この作品は素晴らしいです!
脳梗塞で寝たきりとなった人物がフランス人であったため、暗いテーマながら粋に描けたのではないでしょうか?
ご覧になれれば良いですね。
「モンテ・クリスト伯」にも瞬きだけで...読んではいますが記憶になく残念ですわ。
Commented by kimion20002000 at 2008-08-04 02:32 x
TBありがとう。
メイキャップもしているだろうけど、片目を大きく見開いて、口はへし曲がって、ああいう状態の演技も、たいへんなものでしょうね。
Commented by margot2005 at 2008-08-04 22:46
kimion20002000 こんばんは!
いつもTB&コメントありがとうございます!
そうメイクしてはいるもののマチュー・アマルリックは個性派フランス俳優で大好きですわ。
やはり俳優ってスゴイですね。
<< 「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 「ガスパール/君と過ごした季節... >>