「シルク」

a0051234_23401670.jpg「Silk」2007 カナダ/フランス/イタリア/UK/日本
19世紀、フランスから極東、日本へ渡った妻子ある男と、日本で出会った謎の美少女との運命的な純愛を描いたラヴ・ストーリー。
原作は「海の上のピアニスト/1999」のイタリア人小説家が書いた“Silk”。
主演のエルヴェに「ドリーマーズ/2003」のマイケル・ピット。エルヴェの妻エレーヌに「プライドと偏見/2005」のキーラ・ナイトレイ。
製糸工場のオーナー、バルダビューに「ダ・ヴィンチ・コード/2006」のアルフレッド・モリナ。繭の密売人、原十兵衛に「バベル/2006」の役所広司。少女に芦名星。マダム、ブランシェに中谷美紀。
監督、脚本はカナダ出身のフランソワ・ジラール。
a0051234_23404055.jpg

19世紀、フランス。戦争から帰って来たエルヴェ(ピット)はエレーヌ(ナイトレイ)と結婚する。愛し合う二人は幸せな新婚生活を送っていた。
その頃、彼らが住む村の製糸工場で蚕の疫病が発生する。
そこで製糸工場のオーナー、バルダビュー(モリナ)は、世界で一番美しい絹糸を吐く繭の卵を買い付けようとする。
そこは極東、日本であった。日本に行き、新鮮な繭を買い付ける使命を受けたのは他ならぬエルヴェだった。
フランスを出発し、ウイーンより列車でロシアに着いたエルヴェは、広大な雪原のシベリアから日本へとたどり着く。
そしてエルヴェは繭の密売人、原十兵衛(役所)に招かれた家で謎めいた美しい少女(芦名)に出会うのだった...
a0051234_23411523.jpg

a0051234_2342059.jpg

仕事が忙しくなると(ストレス溜まるから...)映画が観たくなる現象が...他に観たい作品はあるのだが、ここのとこ寒いし...とりあえず最終上映時間がナイスだったのと、帰りが混まない沿線にあるシアターという理由でこの作品を期待しないで観に行った。
多分スローな、盛り上がりのない、退屈なドラマではなかろうか?と想像しながら...
しかしながら、以外や、映像の美しさと、坂本龍一musicに癒される作品だった。

新婚の美しい妻がいるにも関わらず、日本で出会った謎の美少女に一目惚れ(この表現がgoodだと思う)してしまう主人公エルヴェ。
純愛というのか、フィジカルな関係には至らないが...逆に純愛ほど怖いものはない。
男の身勝手な純愛で残された妻が哀し過ぎる...
再び日本に行こうとするエルヴェ...最後は自費でも行きたいと言うなんて、少女に逢いたいがためにである。男ってホント身勝手...
主演のマイケル・ピットはスゴくアメリカンのイメージだが、「ドリーマーズ」でもイタリア人監督に起用されており、彼ってヨーロッパ系に受けるのかな?
ただし、彼がフランス人というシチュエイションはちょっと違和感ありかな??
キーラ・ナイトレイは病弱で、ひたすら夫を待つ妻を演じているが全然似合わない。
繭の密売人Hara役の役所広司ってオーラある俳優で素晴らしい!
少女役の芦名星と、娼館のマダムを演じた中谷美紀はそれなりに良かった気がする。
ワーナー・マイカルにて...
a0051234_23405935.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-01-25 01:10 | フランス | Trackback(24) | Comments(4)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/6715821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Cartouche at 2008-01-25 01:25
タイトル : *シルク*
{{{   ***STORY***           2007年  カナダ=イタリア=日本 19世紀フランス。戦地から故郷に戻った青年、エルヴェは、製糸業を営むヴァルダヴューから、蚕卵を入手するためアフリカ行きを依頼される。危険な旅を経て、蚕卵を持ち帰ると、それで得た富で美しい女性、エレーヌと結婚。自らも製糸工場を経営し、結婚生活は順風万帆であった。しかし、アフリカの蚕が病気にやられ、新婚のエルヴェに再び買い付けの依頼が。しかも、行く先はアフリカより遥かに遠い日本だった…。gooより}}}...... more
Tracked from EDITOREAL at 2008-01-26 01:12
タイトル : 感想/シルク(試写)
後悔の物語でしたか。『シルク』1月19日公開。19世紀フランス。エルヴェはエレーヌと出逢って恋に落ち、結婚。村に養蚕産業を持ち込み製糸工場を再建したバルダビューの命を受けて、良質な蚕の卵を求め極東の国、日本へ渡ることに。未知なる道をいきたどりついたそこは幕末日本。蚕の密売人、ハラジュウベエが導いた雪の中の小さな村で、エルヴェは絹のごとく美しき少女と出会う。 映画「シルク」公式サイト まさに叙情詩的な美しき情景。フランスの輝く緑、日本の深い雪景色、そしてその道中とビューティフルな情景がたっぷりと...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-01-26 18:25
タイトル : シルク
 『愛は運命に紡がれ、そして永遠となる』  コチラの「シルク」は、アレッサンドロ・バリッコの叙事詩的小説「絹」を国際色豊かに映画化したPG-12指定のエピック・ラブ・ロマンで、1/19公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  昨日の「スウィーニー・トッド...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2008-01-26 18:26
タイトル : 映画「シルク」
原題:SILK まるで絹の糸のように、繊細で幻想的な、これは一人の男の内に秘めたる迷い悩み憧れ、そして知る・・ゆり(Lily)の花言葉は純潔、貞操、無邪気、処女性・・ 1860年代フランス、戦場から休暇で村に戻った若き兵士のエルヴェ(マイケル・ピット)を待っていたのは村... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2008-01-26 20:50
タイトル : シルク
1860年代のフランス。 蚕の疫病が発生し、世界で最も美しい絹糸を吐く蚕の卵を求め 幕末の日本へ向かうエルヴェ(マイケル・ピット)。 辛く長い旅の末たどり着いた日本で蚕産業者の原十兵衛(役所広司)が連れていた 絹のような肌をもつ少女(芦名星)と出会う。 無事蚕の卵の買い付けを終えて妻エレーヌ(キーナ・ナイトレイ)の待つ フランスに戻るものの、エルヴェは少女のことが忘れられない。 在仏日本人マダム・ブランシュ(中谷美紀)の力を借り、再びエルヴェは日本へ。 友達に誘われて観た作品。...... more
Tracked from アートの片隅で at 2008-01-27 21:46
タイトル : シルク
「シルク」の試写会に行って来ました。... more
Tracked from shinuma de c.. at 2008-01-28 00:45
タイトル : 「シルク」なぜ人は愚かなのか
心に深く入りこむ幻想的で悲しい映画でした。 ロマンスがあって盛り上がったりするような激しい映画ではありません 静かで心にしみ入って、悲しいまでにせつない映画でした。 日本の風景が、独特で、 坂本龍一 の音楽がとってもあっていました。 本当に水墨画のような美しい映画です。 日本の女性も夢のようにきれいでした。 私は、とにかく泣きましたーー。 せつなくって悲しくって泣きました。 なぜ気がつけないんでしょう 一番大事なことにーー 一番大事な物にーー。 人は本当に大切なものは 失ってから気づくんです。 愚...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2008-01-28 09:37
タイトル : 心を残して〜『シルク』
  SILK  軍隊から故郷の村に帰ってきた青年エルヴェ(マイケル・ピット)は、美しい女性 エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)と出会い、結婚する。村で製糸工場を営むバルダビュ ー(アルフレッド・モギ..... more
Tracked from 夫婦でシネマ at 2008-01-28 13:09
タイトル : シルク
19世紀後半にヨーロッパの芸術界で起こったジャポニズムブーム。少女の幻影を追い求める青年の姿に神秘の国、日本への憧憬をだぶらせて描いた映画です。... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2008-01-29 09:16
タイトル : シルク
イマイチ主役に興味をそそられないが・・・まぁ〜観てみようかな【story】1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は、美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して日本へと旅立つ。幕末の日本に到着したエルヴェは、蚕業者の原(役所広司)が連れていた“絹”のように白い肌の少女(芦名星)と出会う。以来、エルヴェは少女が頭から離れなくなってしまう―     監督 : フランソワ・ジラール 『レッド・バイオリン』    &nbsp...... more
Tracked from 利用価値のない日々の雑学 at 2008-01-29 23:01
タイトル : シルク
良質な卵を求めての極東への行程だから、シルクロードを通るのかと思ったら、とんでもないところを通って行ったものだ。 確かに孵化してしまわない様に帰路は寒いところを通るのは分かるが、行きはシルクロードでいいじゃないかと思っていたら、そうかこの時代は日本にはないがヨーロッパには1832年にフランス、1835年にはドイツにも鉄道が敷かれ、更には馬車なるものが普通にあった訳だ。これならもしかしたらウラジオストク迄よりも、そこから先の方が時間が掛ったに違いない。 しかし、相変わらず酷い時代考証で、この...... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2008-01-30 22:12
タイトル : 【2008-11】シルク(SILK)
人気ブログランキングの順位は? 海を越えてめぐり逢う、 美しく切ない純愛 愛は運命に紡がれ、そして永遠となる ... more
Tracked from Akira's VOICE at 2008-01-31 11:16
タイトル : シルク
滑り落ちた余韻は,絹の肌触りのよう・・・。 ... more
Tracked from 映画と秋葉原と日記 at 2008-02-03 13:07
タイトル : 『シルク』2008・1・27に観ました
(C) 2006 Jacques-Yves Gucia/ Picturehouse Productions 『シルク』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は除隊後、美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して、蚕... more
Tracked from 富久亭日乗 at 2008-02-03 16:43
タイトル : 映画「シルク」(2007年、加・伊・日)
     ★★☆☆☆  蚕を捜しに日本に来たフランス人青年が日本娘に恋をする物語。 原題は「Silk」。  19世紀のフランス。Hervé Joncour (Michael Pitt )は Hélène(Keira Knightley)と幸せな新婚生活を送っていたが、 蚕を求めて日本へ旅立つ。 そこで美しい少女(芦名星)に出会い、 帰国してもその少女が忘れられなくなる。 そんなある日、日本語の恋文が届く。 Hervéは日本の少女が送ってきたのだと思い、 ますます少女への思いは募る。  やがて妻Hélè...... more
Tracked from MY HIDEOUT〜私.. at 2008-02-04 16:43
タイトル : 「シルク」(2007/加・仏・伊・英・日)
只今、公開中です。"SILK""SETA""SOIE"監督・・・フランソワ・ジラール原作・・・アレッサンドロ・バリッコ『絹』(白水社刊)出演・・・マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、芦名星、中谷美紀、アルフレッド・モリナ、國村隼、本郷奏多、ケネス・ウェルシュ...... more
Tracked from My Favorite .. at 2008-02-09 23:58
タイトル : シルク を観ました。
試写会のチケットがあったのに、年末忙しくて観られなかった作品です。... more
Tracked from +++ Candy Ci.. at 2008-02-14 22:50
タイトル : 【シルク】
【SILK/SETA/SOIE】 ※PG-12  公式サイト   監督 フランソワ・ジラール   脚本 フランソワ・ジラール / マイケル・ゴールディング     原作 アレッサンドロ・バリッコ 『絹』(白水社刊)   荻..... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2008-06-28 23:18
タイトル : 「シルク」 水墨画と印象派
この映画を観た女性の方の感想が聞きたい。 女性にとってこの映画は、納得できるもの... more
Tracked from サーカスな日々 at 2008-07-13 03:36
タイトル : mini review 08311「シルク」★★★☆☆☆..
19世紀のフランスを舞台に、美しい妻と日本で出会った少女との間で純愛を紡ぐ軍人の心の旅を描くラブロマン。『海の上のピアニスト』の原作者アレッサンドロ・バリッコの同名傑作小説を、『レッド・バイオリン』のフランソワ・ジラール監督が映像化した。マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、中谷美紀、アルフレッド・モリナら国を越えた豪華キャストの迫真の演技、愛の巡り合わせを彩る坂本龍一の楽曲が胸に熱く迫る。[もっと詳しく] 蜃気楼のような映像を求めたせいなのか、物語そのものが、なんともつかみどころがない...... more
Tracked from ピロEK脱オタ宣言!…た.. at 2008-09-29 22:58
タイトル : 【映画】シルク…コリンズ監督も観たのかなぁ?コレ??
{/kaeru_fine/} タイトルはコリンズ監督ですが、ソフトバンクの王監督も辞任表明しましたねぇ。 野球{/baseball/}が好きな訳ではないのですが、福岡県の経済への影響が心配なピロEKです{/face_gaan/} 昨日{/kaeru_fine/}今季初めて長袖シャツを着ました。 私の住む北部九州地方、随分涼しくなってきましたよ。9月も終盤にきてやっと秋の雰囲気に…{/fallen_mov/} 涼しいので(久しぶりに{/face_ase2/})自転車にでも乗って買い物に行こうと思った...... more
Tracked from 郎女迷々日録 幕末東西 at 2008-10-10 16:31
タイトル : 夢の国の「シルクと幕末」
見ようかどうしようか、相当に迷ったのですが、シルク、幕末、フランスとお題がそろいまして、この私が、見ないわけにもいかないような気になってしまい、つい、見てしまいました………。この映画。 シルク スペシャル・エディション角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る レッド・バイオリンの監督さんとは、知りませんでした………。ちがいすぎ!!! キーラ・ナイトレイが出ていたとは、知りませんでした………。似合わない!!! もう、なんといえばいいんでしょうか、「ファンタジーだと思えというのね」と自...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2009-01-16 07:09
タイトル : 『シルク』'06・日・加・伊
あらすじ1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したためエルヴェ(マイケル・ピット)は美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して、日本へと旅立つ。幕末の日本に到着したエルヴェは蚕業者の原(役所広司)が連れていた、“絹”のように白い肌の少女(芦名星)と出会う。以来...... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2009-03-23 08:35
タイトル : 『シルク』を観たぞ〜!
『シルク』を観ました19世紀のフランスを舞台に、美しい妻と日本で出会った少女との間で純愛を紡ぐ軍人の心の旅を描くラブロマンです>>『シルク』関連原題: SILK    SETA[伊]    SOIE[仏]ジャンル: ロマンス/ドラマ製作年・製作国: 2007年・カナダ/フラン...... more
Commented by sabunori at 2008-01-26 20:54
margotさん、今年は1月から奇跡的に(笑)TBが交差していますね!
しかーし、私とはことごとく波長があわない作品でした・・・。
おっしゃる通りキーナ・ナイトレイはただひたすら待ち続ける妻役が
しっくりしませんでしたね。
Commented by margot2005 at 2008-01-27 19:09
sabunoriさん、今年は年頭から交差して嬉しいですわ。
映像は美しかったですが、ストーリーはいただけませんでしたわね。
キーラには気性の激しい役をどんどんやってもらいたいですね。
待つ女は似合いませんわ実に。
Commented by kimion20002000 at 2008-07-17 19:11 x
TBありがとう。
ピット君も、着物・袴姿で、日本ロケでは、さぞ、はしゃいだんじゃないかな?(笑)
Commented by margot2005 at 2008-07-18 23:16
kimion20002000さん、いつもTB&コメントありがとうございます!
私的にはマイケル・ピットもキーラもちょっとミス・キャストかなと思ったのですが...
<< 「そして、デブノーの森へ」 「ゼロ時間の謎」 >>