「ゼロ時間の謎」

a0051234_1155758.jpg「L' Heure zéro」...aka「Towards Zero 」2007 フランス
「アガサ・クリスティーの奥様は名探偵/2005」に続く、同じくクリスティの推理小説「ゼロ時間へ/Towards Zero」のフランス版。
主人公ギョームに「ぼくを葬る/2005」のメルヴィル・プポー。
ギョームの叔母カミーラに「8人の女たち/2002」のダニエル・ダリュー。
ギョームの元妻オードに「ラクダと針の穴/2003」のキアラ・マストロヤンニ。
そしてギョームの若き妻カロリーヌにローラ・スメット。
監督は「アガサ・クリスティーの奥様は名探偵」のパスカル・トマ。
a0051234_11614100.jpg

老女カミーラ(ダリュー)が使用人たちと暮らしている、ブルゴーニュの美しい海岸に建つ別荘“かもめ荘”。
ある日、カミーラの甥でテニス・プレーヤーのギョーム(プポー)が新しい、若い妻キャロリーヌ(スメット)を伴ってやって来る。これは毎夏の行事だった。
そして今年は元妻オード(マストロヤンニ)も来る事になっていた。
キャロリーヌはやって来たオードに対して不快感を表す。
キャロリーヌとオードの間で揺れ動くギョーム。そこへキャロリーヌの友人で、遊び人のフレッド(ザヴィエ・ティアム)が姿を現す。一方でカミーラの使用人マリー・アドリーヌ(アレサンドラ・マルティネス)はやはり招待客のトマ(クレマン・トマ)を迎えに車を走らす。かつてオードに恋したトマもカミーラの親戚だった。
やがてカミーラの惨殺死体をメイドが発見する...
a0051234_1163212.jpg

今年初のフランス映画。
「アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵」のレビューにも書いたが、クリスティは大好きな推理小説家で、過去にかなりの作品を読んだ。これもおそらく読んだはず...しかし記憶は彼方へ飛んでいる。
謎解きドラマでフランス語っていうのはキツいかなぁ?と思いながら観た。なにせ字幕に没頭しなくてはストーリーは理解出来ないし...おまけにクリスティの描く推理小説って登場人物が結構多い。でもでもコレに関しては登場人物はそれほど多くはなく、ページが戻せない映画でも、フランス語でもなんとか付いて行く事が出来て面白かった。
a0051234_1164829.jpg

二人の女の間で、それぞれに愛情を表現してやまないメルヴィル・プポーは女性の扱い上手いなぁ(映画の中でだが...)。
キアラ・マストロヤンニは観るたびに素敵な女優になっていく。
母(カトリーヌ・ドヌーヴ)のような妖艶さはないけど、マザーよりしっとりとした雰囲気はナイス。しかしこの方父(マルチェロ・マストロヤンニ)にクリソツ。
ローラ・スメットは初めて観たが、彼女もやはり父ジョニー・アリディー似。
21世紀になってまだまだ頑張ってる往年の美人女優ダニエル・ダリューに拍手を送りたい!
この映画を観にBunkamuraに来るobsamaたちってダニエル・ダリュー・ファンかも??
フランスのほぼ最西端に位置するブルゴーニュ地方ブリタニーで撮影された景色が素晴らしく美しい!
obasama御用達(ここはホント観る人の年齢層高い=特に平日昼間...)渋谷Bunkamuraにて...
[PR]
by margot2005 | 2008-01-17 01:30 | フランス | Trackback(8) | Comments(6)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/6686438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2008-01-18 18:25
タイトル : ゼロ時間の謎
殺人事件は人々をある点に導く物語の結末に過ぎない。 その点こそが「ゼロ時間」なのです。                                        - バタイユ警視 - アガサ・クリスティ原作の傑作ミステリー「ゼロ時間へ」を映画化。 しっとりと落ち着いた大人の映画に仕上がっている。 この作品はクリスティ自身が選んだ生涯のベスト10に入るのだという。 テニスプレイヤーのギョーム(メルヴィル・プポー)と妻のキャロリーヌ(ローラ・スメット)は 毎年恒例の叔母カ...... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2008-01-21 22:25
タイトル : ゼロ時間の謎
「ゼロ時間の謎」 L'HUERE ZERO/製作:2007年、フランス 108分... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2008-02-11 08:49
タイトル : 映画『ゼロ時間の謎』を観て
2.ゼロ時間の謎■原題:L'HeureZero(英題:TowardZero)■製作年・国:2007年、フランス■上映時間:108分■日本語字幕:寺尾次郎■鑑賞日:1月5日、ルシネマ2(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:パスカル・トマ□脚本:クレマンズ・ド・...... more
Tracked from Art- Mill  あ.. at 2008-03-31 00:20
タイトル : ゼロ時間の謎
ゼロ時間の謎HP http://www.zerojikan.jp/ アガサ・クリスティ原作のミステリーはいつもクラッシックファッションで優雅な人たちが主人公。どこか懐メロっぽい雰囲気。見ているこちらも... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2008-04-06 22:35
タイトル : ゼロ時間の謎
殺人は結果であり、物語はそれよりずっと前から始っている。すべての人々、事柄がある点に向かっていく、その点が“ゼロ時間”それは殺人が決行される瞬間!、であるという考えに基づいて書き上げられたミステリーなのです。 避暑地を訪れた若きテニスプレーヤーとその新....... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2008-06-11 09:47
タイトル : 「ゼロ時間の謎」
ゼロ時間の謎ファインフィルムズこのアイテムの詳細を見る テニスプレーヤーのギヨーム(メルヴィル・プポー)は、若い新妻キャロリーヌ(ローラ・スメット)を 連れて、ブルゴーニュ地方の海辺にある大金持ちの叔母カミーラ(ダニエル・ダリュー)の別荘に 出かける。毎夏の恒例だったが、今年はなぜか前妻のオード(キアラ・マストロヤンニ)もやって 来ることに。案の定、新妻と前妻の間には張り詰めた空気が流れ、ギヨームは2人の間を 往ったり来たり。そこへ、昔からオードに恋焦がれていた親戚のトマ(クレマン・トマ)、キャロリー...... more
Tracked from Belle Epoque at 2008-06-18 15:18
タイトル : ゼロ時間の謎(2007)
お気に入り度:★☆☆L'HEURE ZERO 〔監督〕パスカル・トマ 〔原作〕アガサ・クリスティ 〔脚本〕フランソワ・カヴィリオーリ、 ナタリー・ラフォリ、 クレマンス・ドゥ・ビエヴィーユ、 ロラン・デュギ..... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2008-09-30 18:00
タイトル : ゼロ時間の謎♪駅ビルシネマ・フランス映画祭にて
 アガサ・クリスティーの代表作が遂に映画化! 京都シネマで観ることが出来なかった作品です。今回の映画祭で再上映となり、鑑賞できるチャンス到来。9月25日に駅ビルシネマ・フランス映画祭にて鑑賞 何とこの作品は結構人気があるようで、当日行くと前売りにてすでに40名の方が予約をされているという状況でしたお客さんはシニアの方が大半です。この日は満席とまではいかないけど、多くのお客さんで盛況でした。ラッキーなことに午前中の上映だったので、これを鑑賞後、仕事へ行きました。 アガサ・クリスティーといえば、推理...... more
Commented by sabunori at 2008-01-18 18:28 x
margotさーん、今年お初のTBに伺いましたわ!
ファッションもステキだし、別荘も素晴らしいし二転三転するストーリーも
観ごたえがあってワンダホーでした。
俳優陣もしっとり落ち着いてステキでしたね。
クルクル回りながらの演奏隊もロマンチックでしたー。
Commented by margot2005 at 2008-01-19 00:23
sabunoriさぁん!こんばんは!
今年初TBありがとうございます!
フランス映画ってやはりファッションはナイスですよね。どの映画でもファッションを堪能させてくれます。
ロング・ショットで撮られた別荘が建つ景色もBeautiful!でした。
俳優人、それぞれに良い味だしてましたよね。
あの演奏...あれさすがフランスと言うのか??さすが避暑地というのか...ヨーロッパ人の発想でしょうか?
Commented by JT at 2008-01-19 20:55 x
もう、ご覧になったんですか!って公開1ヶ月たってるんですが(笑)
2月8日までなんでまだ時間があるので、観てみたいです。
キアラ・マストロヤンニの演技にも興味ありますし、
結構たのしめたみたいですね。
でも、渋谷も寒くありませんでした?
夜の鑑賞が多いので、マフラーを手放せなくなりました。
ここ数日は冷蔵庫の中を歩いてるようで(笑)
Commented by margot2005 at 2008-01-20 02:11
JTさん、お寒うございます!
もう、というのか...そうですね昨年〜公開されてますね。
昨年中に観たかった作品の一つですが2008年となってしまいました。
中々素敵なフレンチ・サスペンスでしたわ。
渋谷は、映画を観た後、だだ混みの山の手線に乗らなきゃ家に帰れないので、ほんと勇気入ります最終回。
ラスト上映はなるたけ行きたくないですね。
今回は休みが取れた平日の昼間に、友人とフレンチを観てイタリアンを食べての世界で幸せでしたわ。
夜の渋谷は好きじゃないですね。
そうそう明日は東京も雪マークなので寒いです。
マフラーしてお出かけくださいまし。
本日私も新宿or恵比寿で上映の映画を観たかったのですが、寒くて...明日も家に籠りそうです。
Commented by claudiacardinal at 2008-01-22 02:51 x
こんばんわです。「ジェシー・ジェームス」に投稿するかこっちに投稿するか迷ったのですが・・・やっぱりキアラ・マストロヤンニに来てしまいました。彼女の演技って見た事ないのでとても興味があります!!これだけの俳優を両親に持っているから、どうなんでしょうね???ライザ・ミネリのように凄い素質なんでしょうか???とはいいつつこういうプレッシャーでつぶれる2世代俳優も多いですよね。うーん、この作品興味あります。

で「ジェシー」の方は見逃してるのでこれもDVD待ちです・・・
Commented by margot2005 at 2008-01-22 20:20
claudiaさん、こんばんは!
「ジェシー・ジェイムズ〜」は正直言ってノレませんでした。彼は日本では全然知られていない人なので仕方ないですね。
DVDでご覧になって感想お聞かせ下さいまし。
アガサ・クリスティ作品、フランス語バージョン中々お洒落ですね。
キアラ・マイトロヤンニは「クレーヴの奥方」が最初に観た映画でした。その後フランス映画祭にかかった「ラクダと針の穴」を観て...この方って両親が余りにも有名(素質ありのライザはこの間倒れたようですが...)過ぎて、持って生まれたDNA なんかスゴイと思いますが、なんともはや地味な役が似合う女優さんです。
とてもオーラなど感じられない、その辺にいそうなフランス女性って感じが好きですわ。
<< 「シルク」 「ジェシー・ジェームズの暗殺」 >>