「ジェシー・ジェームズの暗殺」

a0051234_20274715.jpg「The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford 」 2007 USA
19世紀、西部開拓時代に生きたアウトロー、ジェシー・ジェイムズと、彼を暗殺した若者ロバート・フォードの物語。
ジェシー・ジェイムズに「バベル/2006」のブラッド・ピット。
彼に憧れ、最後はジェシー暗殺犯人となるロバート・フォードに「オーシャンズ13/2007」のケーシー・アフレック。
ジェシーの兄フランクに「アメリカ,家族のいる風景/2005」のサム・シェパード。
「フライド・グリーン・トマト/1991」のメアリー・ルイーズ・パーカーがジェシーの妻ジーを演じている。
監督、脚本はアンドリュー・ドミニク。
長ったらしい原タイトル...ロバート・フォードの前に“臆病な(勇気のない)”と付いているのがニクい。
a0051234_2033613.jpg

1881年、アメリカ、ミズーリ州。
南北戦争から戻って以来、15年もの間、兄フランク(シェパード)を始めとした仲間と共に、銀行や、列車強盗を重ねてきたジェシー(ピット)は34才になっていた。
長い逃亡生活に疲れた彼はフランクと共に最後の列車強盗を計画していた。
ある日、フランクの元へロバート(アフレック)という青年が現れ仲間に入れて欲しいと懇願する。ロバートは19才。フランクに軽くあしらわれたロバートは、めげずにジェシーに仲間に入れて欲しいと頼んだところ、ジェシーの答えは”Yes!”だった。
ジェシーはロバートが幼い頃から憧れる、彼の中でのヒーロー...しかし、仲間になったロバートはその後思いもよらぬ運命に翻弄されていくのだった...
a0051234_20324934.jpg

アメリカ人にとっては伝説のヒーローで、ロビン・フッドのように例えられることもあるようだが、日本人=アジア人(ヨーロッパで彼は知られているのだろうか??)にとっては殆ど知らない人に属し...映画に描かれたジェシー・ジェイムズ...なぜに?ヒーローなの?と軽い疑問...
2001年にコリン・ファレルがジェシー・ジェイムズを演じた「アメリカン・アウトロー」という作品がある。これでのジェシーは農民たちのヒーローとして描かれていて中々かっこ良かった。
しかし、ブラッド・ピットが演じた本作は、15年もの間強盗を繰り返した後、34才になったジェシーが名前を変え、職業を偽って逃亡する日々を描いている。
なのでかっこ良いジェシーは登場しない。疲れ果てたジェシーだけ...
いつ仲間に裏切られるのか?いつ暗殺されるか?と心配の日々を送るジェシー晩年の姿を描いた世界なので、ストーリー展開ははっきり言ってつまらない...それとだが、2時間40分の上映時間は長過ぎる...
“描かれるのは英雄の偶像ではなく実像だ。”と某新聞の映画解説欄に書いてあったのも頷ける。
a0051234_20322848.jpg

ヴェネチア国際映画祭(2007)で主演男優賞をゲットしたブラッド・ピット。
罪も無い少年を羽交い締めにして脅したり、自分に嘘をついていると直感した相手に、背後から容赦なく銃を向け殺してしまう。
そんな情け容赦ない極悪人を演じるブラッド・ピットも中々good。
ブラッド・ピット狙いで観る映画ではない。連休中、レイトショーではあったが、女性客は殆どいなく、oyajiのみ...
ロバートを演じるケーシー・アフレックの苦悩する姿が真に迫る。
「フライド・グリーン・トマト」のイジー役もナイスだったが、メアリー・ルイーズ・パーカーって時代物似合う。
ブラッド・ピットはミズーリ州で育ったらしい...この映画の舞台となったミズーリは、彼にとって庭みたいなものかと想像したが、撮影場所はカナダ、アルバータ州。
池袋シネマ・サンシャインにて...
a0051234_20321230.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-01-15 23:18 | USA | Comments(4)
Commented by Bianca at 2008-01-24 18:08 x
マルゴさん、お久し振りです。列車強盗のジェシー・ジェイムズ・・どこかで聞いたような気がします。TVの歴史番組?でも見たと思いますが・・・最期は暗殺されて、暗殺者は、彼を慕っていた青年だったのですね?!素敵な映画が出来そうな気がするんですが、マルゴさん、のれなかったんですか?
Commented by margot2005 at 2008-01-26 00:49
Biancaさん、こんばんは!
お元気でお過ごしでしょうか?
さてジェシー・ジェイムズってアメリカではロビンフッドのように例えられた伝説のヒーローのようなのですが、日本人にとっては全然知られてない人物だと思います。
私もコリン・ファレルが演じたジェシーを観た限りで...
アメリカには、ジェシーを崇拝していた人物が、彼を暗殺してしまうというとてつもない歴史が残されているようです。
Commented by なな at 2008-07-13 19:25 x
こんばんは
ジェシーについて,知識が皆無なうえに,確かに出てきたときは
もうすでにくたびれちゃってるジェシー・・・・
英雄とあがめられている理由が,いまいちわからないまま,物語が進んでゆきましたね。
「どんな人間なのかはっきりしない・・・」という難役をブラピは頑張っていたと思いますが
私はやはりケイシーの演じたボブの方が印象に残ったかな~
Commented by margot2005 at 2008-07-14 00:16
なな さん、こんばんは!
ジェシー・ジェイムスを描く映画は、コリン・ファレルの「アメリカン・アウトロー」の方が素敵ですね。くたびれる前のジェシーが描かれてますから..まぁでもブラッド・ピットが演じるのでくたびれた(それでも34才)役じゃないとキャスティング合わないでしょう。
ボブ役のケーシー・アフレックは光ってましたね。
<< 「ゼロ時間の謎」 「街のあかり」 >>