「ボーン・アルティメイタム」

a0051234_1281486.jpg「The Bourne Ultimatum」2007 USA
シリーズものは1作目には適わない....当たり前なのだが、やっぱり納得のシリーズ最終作。
1作目の「ボーン・アイデンティティー/2002」はアメリカの人気作家ロバート・ラドラムの原作“暗殺者”を過去に読んでいたので実に面白かった。
しかし、2作目の「ボーン・スプレマシー/2004」ははっきり言ってつまらなかった。
そして本作...
複雑な展開はなく、ジェイソン・ボーンの自分探し復讐劇で、パリ、ロンドン、マドリッド、タンジール(モロッコ)、そしてラストNYが舞台のハデなアクション、カーチェイスありのスパイもの。
主演は「グッド・シェパード/2006」のマット・デイモン。
前2作にも出演している女性二人ショーン・アレン&ジュリア・スタイルズ。
そしてCIA対テロ極秘調査局長ヴォーゼンにデヴィッド・ストラザーン。
今回はCIAのお偉方で名優スコット・グレンとアルバート・フィーニーも出演している。
「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男/2005」のUK俳優パディ・コンシダインがガーディアン紙の記者サイモン・ロス役で出演し、「サルバドールの朝/2006」のダニエル・ブリュールが2作目で亡くなるボーンの恋人マリーの兄役で、ワンカットながら出演している。
監督は2作目と同じポール・グリーングラス。
a0051234_1301130.jpg

過去の記憶を取り戻そうと、日々自分と戦うジェイソン・ボーン(デイモン)。
ある日、ボーンは自分の記事が載ったイギリスのガーディアン紙を見つけロンドンへと向かう。彼はCIAの極秘計画“トレッドストーン”により、過去の記憶を消された上“暗殺者”にされていた。
一方で、その記事はCIAの内部告発に基づいて“ブラックブライアー”と名付けられた計画の取材を進めているロス(コンシダイン)が担当していた。
ロンドン支局からその情報を聞いたニューヨークのCIA対テロ極秘調査局長ヴォーゼン(デヴィッド・ストラザーン)はロスに監視と、尾行をつける。
しかしボーンはこれに気づき、ロスと接触しようと奔走する。
やがてロスはヴォーゼンに雇われたスナイパーに殺されてしまう。
そしてボーンが逃げきった事を知ったヴォーゼンは、彼を抹殺しようと躍起になっていくのだった...
a0051234_1291158.jpg

以前訪れたパリ北駅や、ロンドン、ウオータールー駅が映画に登場し懐かしい!!
ウオータールー駅構内では、雑踏の中長いシーンが描かれている。
しかし、マリー役のフランカ・ポテンテと同じドイツ人という事でダニエル・ブリュールを配したのかも知れないが、余りにも似てない...
デヴィッド・ストラザーンは最後の、最後迄何処かで見た顔??と思っていたら、ジョージ・クルーニーの「グッドナイト&グッドラック/2005」の彼だった。
相変わらずパメラ役のショーン・アレンがクールだが、この作品ではあまり活躍はしない。
ラスト・シーン、ジュリア演じるニッキーがニタリと笑う。
そのシーンは1作のオープニングを彷彿とするシーンで中々ニクい!
主演のマット・デイモン。今回宣伝のため来日し、TVに出まくりの彼...
マット・デイモンて笑顔が似合う俳優だなぁとしみじみ思った。この作品では一度も笑わなかった気がする。
ワーナー・マイカルにて...
a0051234_1302717.jpg
a0051234_1304483.jpg

[PR]
by margot2005 | 2007-11-13 01:45 | USA | Comments(8)
Commented by claudiacardinal at 2007-11-13 02:08 x
こんばんわ。今JTさんの処からこちらに来たら、同じくThe Bourne Ultimatumでした。マット・デーモンはいい感じですね。渋い!!さすがハーバード出!これからも楽しみな俳優です。
Commented by JT at 2007-11-13 05:04 x
おはようございます。
私も1作目が、一番面白かったと思いました。
なんといっても、超人的なボーンの魅力いっぱいでしたからねー
1作目を、古典的なスパイ映画だという人もいますが、
あのスピード感は今までのスパイ映画にはない斬新さがあったと思います。
なんていうか、TVドラマ「ER 緊急救命室」を観てるようなプロフェッショナルのスピード感っていうんでしょうか(うまく表現できないんですが・・・・)
今回は単なるアクションとしては充分楽しめましたが、
スパイ映画としては余り練られてないないような気もしましたね。
なにせ原作なんかまったく無視ですから(笑)
Commented by margot2005 at 2007-11-13 23:43
CCさん、こんばんは!
マット・デイモンのファンでございます!
彼はどんどん素敵な俳優になっていきますね。
来日時のTV出演はスゴかったです。
そういやTVでハーバードは卒業はしてません...と言ってましたが....
マザーが大学教授とかですので彼頭はいいでしょうね??
Commented by margot2005 at 2007-11-14 00:25
J.T.さん、こんばんは!
やはりシリーズ物は1作目ですね。
なんだかんだ言ってもマット演じるジェイソン・ボーンは凄いです!
1作目から彼のファンですわ。あの強靭な鍛え上げられたボディで、戦う、寡黙なボーンの姿は素晴らしいと思います!
ロバート ・ラドラムの“暗殺者”はかつてアメリカでTVシリーズになったようですね?見てみたいのですが...
スパイ映画とアクション映画って違うはずなんですが、最近なんか一緒くたになってしまっているような気がします。
それもこれもSFXのせいでしょうかしら??
Commented by D at 2007-12-08 08:44 x
前2作をDVDでしか見れなかったので、これは絶対に劇場で観るぞ!と足を運びました

マット・デイモンがカッコイイ!
単純なミーハーおばさんと化した私は、ただただ圧倒されて観ておりました。

ラストの海の中・・1の最初と一緒でしたね
なんだかそれもまたワクワクするシーンでした
Commented by margot2005 at 2007-12-08 21:07
Dさん、こんばんは!
主演のマット・デイモンって好きです!
彼の出演する作品っていつも真剣で、頑張ってるイメージがあって、なんかマットとかぶって好きですね。
前2作は又見たくてDVDで見ましたわ。
マットのジェイソン・ボーンはマジてクールですわね。
そして、やはり1作目が最高ですね。
Commented by fizz♪ at 2008-06-11 00:59 x
margotさん、こんにちは~
またまたお邪魔します。
お正月に観る予定だったのが延び延びになり
今回やっと3作連続で観ました。
フランカとダニエル似てない説に、大いに賛成です(笑)
ジョーン・アレンとボーンの短い電話での会話が気に入りました。
マットってカッコ良かったんですね♪
TBさせて頂きました。
Commented by margot2005 at 2008-06-12 22:59
fizz♪さん、こんばんは!
いつもTB&コメントありがとうございます!
3作品まとめてご覧になったのですね。
シリーズものって前のが観たくなるので、さぞや満足されたことでしょう。
同じドイツ人ってだけであの二人を兄妹にするのは??でしたわ。
ショーンとアレンの短い会話...携帯でのあの会話ですね?
少々記憶が飛んでますので、今一度見てみたくなりました。
マットの次作品楽しみです!!
<< 「アフター・ウエディング」 「タロット・カード殺人事件」 >>