「ナルコ」

a0051234_182844.jpg「Narco」...aka「The Secret Adventures of Gustave Klopp」2004 フランス
「戦場のアリア/2005」「美しき運命の傷痕/2005」のギョーム・カネ主演奇想天外フランス・コメディ。
怪しいグループ・セラピー精神科医ププキン役のギョーム・ガリエンヌは、ヴァンサン・ペレーズ&ペネロペ・クルスの「花咲ける騎士道/2003」に出演していたのを思い出した。
もう一人の怪しいエンターテーナー ギイに「コーラス/2004」「オーロラ/2006」のフランソワ・ベルレアン。
ギョーム・カネ演じるギュスのパパ役ジャン・ピエール・カッセルはヴァンサン・カッセルの実際のパパ。
監督はトリスタン・オリエ&ジル・ルルーシュ。
ジル・ルルーシュはカネが主演の「世界でいちばん不運で幸せな私/2003」や「輝ける女たち/2006」に出演している俳優。
a0051234_217131.jpg

所構わず発作的に眠ってしまうと言う病気“ナルコレプシー”に子供の頃から悩まされているギュス(カネ)。
母親にも見放されフランク・シナトラかぶれのパパ(カッセル)と同居中。
高校生の時、運命の女性と思ったパム(ザブー・ブライトマン)。
やがて彼女と結婚し、パムの連れ子、父親の3人でパリ郊外に買った家に住んでいる。
しかし“ナルコレプシー”という病気を持つギュスは、どんな仕事に就いても眠ってしまい常にクビになり、定職がない。
パムはそんなギュスを責め立てるが、どうすることも出来ないギュス。
ある夜、彼は眠っている間に自分が見た夢を絵に描き始める。元々絵を描くのは得意だったギュスは、自分の書いた夢の中の絵をコミック・ブックにしようと思いつく...
a0051234_2153714.jpg

フランス映画にも関わらず、かなりチープなハリウッドB級映画のノリで楽しめる。
夢に出て来る車のナンバーが“No fucking job=職なし”とか、ギュスのパパが滅茶シナトラかぶれだったり...ギュスの親友でKarate師範(多分)のレニー(ブノワ・ポールヴールド)が、崇拝するジャン・クロード・バンダム(カメオ出演)に説教されたりして...
パムを演じたザブー・ブライトマンはフランスのベテラン女優で1959年生まれとのこと。なんか老けてるなぁと思いながら見てはいたが、いやいやパメラ凄いゴージャス!
主人公のギョーム・カネは、この映画の後、シリアスな作品2本(日本公開作品)に出演しているが、このようなコメディの方が似合う。
後にハリウッド映画で有名になるダイアン・クルーガー(一時期ギョームの妻だった)が出演しているようだが、どの役か判らずじまい...
メタボリック状態のお腹回りのギョーム(役に合わせた感じ)もとてもキュート。
突然睡魔に襲われるギュス役のギョーム・カネ。いきなり倒れるシーン満載で、身体に痣できてたかも??
しかしこの映画の舞台って何処なの?と思うくらい田舎のイメージだが、パリから40km位の所に位置する、お城も存在するシャンティイ(もちろん映画ではお城は無し)が撮影に使われた模様。
まるでアメリカの砂漠地帯の大田舎のように映る感じが、この作品の狙いだったのかもしれない?
ジャン・クロード・ヴァン・ダムが懐かしい!
劇中ギュスの親友レニーが崇拝しているヴァン・ダムの「ダブル・インパクト/1999」の話が出て来る。
ヴァン・ダムはベルギー人だが、フランスではやはりヒーローだったんだなぁとしみじみ感じる。彼の映画って「ダブル・インパクト」以来多々観ているが、どれも記憶になし...sorryヴァン・ダムさん!
International公開時のタイトル“ギュスターヴ・クロップの秘密の冒険”も中々ナイス!
渋谷ユーロスペースにて...
a0051234_2161146.jpg

[PR]
by margot2005 | 2007-10-25 22:43 | フランス | Trackback(4) | Comments(4)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/6356780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from EDITOREAL at 2007-10-26 22:09
タイトル : 感想/ナルコ(試写)
眠たいこと言ってんじゃねーよ!(本文&作品と一切無関係) 『ナルコ』10月20日公開。いつでもどこでも発作的に眠ってしまう「ナルコレプシー」なギュス。このビョーキのおかげで定職にもつけず、家族にも見放される始末。でも、ついに生きる道を見つける。それは、眠りの中で見る夢をコミックにするというもの。ようやく前に進み始めた矢先、ギュスは事故で昏睡状態に。。 映画『ナルコ:NARCO』公式サイト センスありげなニオイのするフレンチポップカルチャーなムービー。寝て見る夢と、起きて見る夢をかけあわせながら...... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2007-11-17 01:05
タイトル : 『ナルコ』 
寝る子は育つ。ポップに愉快で好感触。 どこにいても発作的に眠ってしまう病気“ナルコレプシー”に悩まされているギュスの物語。日本では居眠り病と呼ばれているナルコレプシー。眠ることってとっても幸せなものなのに、それに罪悪感が伴ってしまうなんてつらいことだよね。いつでもどこでも眠くなっちゃったらそりゃあ大変。勤務中の忙しい最中に寝入っちゃう人なんて誰も雇いたくはないものね。定職に就くこともままならない可哀想なギュス。肝心な時に眠るから、恋もうまくいかないし。 現実的には、苦悩せずにはいられない状...... more
Tracked from ゆるり鑑賞 Yururi.. at 2007-12-09 21:45
タイトル : ナルコ
ナルコ オリジナル・サウンドトラック(2007/10/24)セバスチャン・テリエ商品詳細を見る 監督 トリスタン・オリエ 、ジル・ルルーシュ (2004年 フランス) 原題:NARCO 【物語のはじまり】 主人公ギュス(ギョーム・カネ)はどこでも発作的に眠ってしまうビョー...... more
Tracked from ナルコレプシー at 2008-03-11 14:50
タイトル : ナルコレプシー
ナルコレプシーは、居眠り病とも呼ばれ、10代から20代前半に集中して発生していますナルコレプシーの症状はさまざまで、昼間の眠気、睡眠発作(突然起こる猛烈な眠気),情動性脱力発作(喜怒哀楽で大きな変化がある場合に体の一部または、全身の力が抜ける),入眠時幻覚(入眠の時に幻覚、幻聴が起こる),睡眠麻痺(睡眠中の金縛り状態)などです。... more
Commented by JT at 2007-10-28 04:37 x
こんんばんはー
ユーロスペースでご覧になったんですね。
フランスのコメディって、当たるときと外れるときが極端な気がするんですけど(って自分の感性の問題かもしれないんです 汗)、肌にあいましたか~?
ジャン・クロード・ヴァン・ダムで印象に残ってるのは、ユニバーサル・ソルジャーかなぁ。でも、margotと同じであまり記憶に残らない作品が多いような・・・・
Commented by Bianca at 2007-10-28 14:26 x
こんにちわ。ナルコレプシーとは懐かしい病気です。私がちょいちょい昼日中眠気に襲われるという事とは無関係で・・・「マイ・プライヴェート・アイダホ」の中で、リヴァー・フェニックスの持病がそれでした。
Commented by margot2005 at 2007-10-28 18:18
JT さん、こんばんは!
最近渋谷に行くのも億劫になってしまって...一人だと中々足が向かないのですが、友人と久しぶりで映画を観てお食事しました。
おっしゃるようにフランス・コメディてハマる時と、違和感感じる時に別れますね。
シリアスな演技を観る事が多いギョーム・カネのコメディは似合います!彼はシリアスよりコメッデ路線で行った方が良いかも?
さてJTさんの肌に合うでしょうかしら??
ヴァン・ダムは一時期盛んに映画出演してましたよね?
お元気そうでなによりです。
Commented by margot2005 at 2007-10-28 18:23
Biancaさん、こんばんは!
そうそうそうです!リヴァー寝てましたね?
キアヌーが相手役で出てました。あの映画は素晴らしかったです!
しかしコレではもっと激しく、しょっちゅう寝ちゃって...かなり重度のナルコレプシーなのかしら??
Biancaさんが昼間襲われる睡魔は少々違うと...
<< 「太陽に恋して」 試写会にて...「onceダブ... >>