「輝ける女たち」

a0051234_23472387.jpg「Le Héros de la famille」...aka「Family Hero 」 2006 フランス
今年度(2007)のフランス映画祭で上映された作品。
今年フランス映画祭には行かなかったし、後に一般公開で上映されたシアターにも行かなかったのでDVDになるのを心待ちにしていた。
ちょっとお洒落なフランス版人間ドラマ。
主演は「ムッシュ・カステラの恋/1999」のジェラール・ランヴァン。
彼を取り巻く女性に「キングス&クイーン/2004」「ストーン・カウンシル/2006」のカトリーヌ・ドヌーヴ。
「恍惚/2003」「美しき運命の傷痕/2005」のエマニュエル・べアール。
そして「恋愛睡眠のすすめ/2006」のミュウ・ミュウ。
監督はティエリー・クリファ。
脚本は「シェフと素顔と、おいしい時間/2002」のクリストファー・トンプソン。
トンプソンの妻で「パリの確率/1999」や「ふたりの5つの分かれ路/2004」のジェラルディン・ペラスがランヴァン演じるニッキーの娘役で出演している。
a0051234_23484790.jpg

南フランス、ニースのキャバレー“青いオウム”。
ある日キャバレーのオーナーであるガブリエル(クロード・ブラッスール)が亡くなる。
彼を兄のように、父親のように慕ったアルジェリア移民のマジシャン ニッキー(ランヴァン)。
彼は離婚寸前の娘マリアンヌ(ペラス)と、ゲイの息子ニノ(ミヒャエル・コーエン)にガブリエルの死を伝える。
ガブリエルの葬儀に参列した後、遺言状が読み上げられた。
それには“青いオウム”の相続人はマリアンヌとニノと記されていた。
自分が相続することになると思っていたニッキーは呆然となる...
a0051234_23482686.jpg

a0051234_2348911.jpg

“青いオウム”の歌姫レア役のエマニュエル・べアール。
劇中数曲歌うのだが、はっきり言って歌上手くないなぁと思う。
エマニュエルって「恋は足手まとい/2005」でも歌っていたような気がしたが...
ニッキーの息子の母親であるアリスを演じたカトリーヌ・ドヌーヴ。この作品を引っさげてフランス映画祭に来日したように記憶しているが、やはり、さすがでドヌーヴ貫禄!
大昔彼女が主演した「昼顔/1967」の1シーンの映像(これでは絵となっている)が登場して懐かしかった。
ニッキーの娘の母親シモーヌを演じたミュウ・ミュウ。
その辺のobasanと変わらないミュウ・ミュウと、今だ妖艶なる魅力のドヌーヴの組み合わせは絶妙かも...
ウーゴ・トニャッツィ&ミシェル・セローの「Mr.レディMr.マダム/1978」「Mr.レディMr.マダム2/1980」を思い出した。
 なんだかんだ言いながらも中々素敵なフランス映画。
a0051234_23475454.jpg

[PR]
by margot2005 | 2007-10-16 00:25 | フランス | Trackback(2) | Comments(6)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/6313695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-12-07 21:26
タイトル : 輝ける女たち
 『悩みさえも 人生のエッセンスに変えて、 あなただけの ステージに立つ!』  コチラの「輝ける女たち」は、キラ星の如く輝き続けるフランスの女優が集結した大人のロマンティックなヒューマン・コメディです。監督は、長編2作目となる新鋭ティエリー・クリファ監督...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2008-03-21 15:35
タイトル : mini review 08282「輝ける女たち」★★★..
大切な人の死によってそれまで疎遠だった“ファミリー”が再び集い、新しいスタートを切る人間讃歌。南仏のキャバレーに集う人々の、複雑に絡み合う人間模様を軽やかにみせる。下り坂の中年男を演じるのは『ムッシュ・カステラの恋』のジェラール・ランヴァン。彼の元妻役にカトリーヌ・ドヌーヴ、現在の恋人役にエマニュエル・ベアールと豪華キャストが勢ぞろい。フランスを代表する二人の大女優が、劇中で披露する見事な歌声は必“聴”。[もっと詳しく] 「私の人生よ、文句ある?」・・・やっぱり、これがフランス映画だ。 毎年、3...... more
Commented by JT at 2007-10-17 22:22 x
エマニュエル・ベアールって、不思議な雰囲気を持ってますよね。
「8人の女たち」や「恍惚」の時もそうだったのですが、出てきた瞬間に  「何か癖がある役だな」 と、ある意味”期待”してしまう女優さんとでもいったらいいのかなぁ・・・真っ赤なルージュをしてシガレットをくわえたらもうあやしい女っていう雰囲気(笑)
「輝ける女たち」、φ(..)メモメモ しておきます!
Commented by margot2005 at 2007-10-18 01:24
JTさん、こんばんは!
エマニュエルってただの妻&母の役とかでもちょっと違ってるような気がしますが?そこが彼女の魅力でしょうか?
真っ赤なルージュにシガレットって誰でも似合うものではありませんので、やはり妖艶なものをお持ちの女優なのでしょうね?
歌は以外や以外。もうちょっと上手いか??なんて想像していたので...
ここの所、フランス映画祭で上映され、その後シアタ−で上映された作品DVD化されております。機会があればご覧下さいまし。
Commented by claudiacardinal at 2007-10-18 18:35 x
こんにちわ。写真を見ているだけでとてもおしゃれな映画って感じです。うーん、おしゃれな季節に見るのにいいかもしれません、ちょっとレンタルリストに加えてしまいます。
エマニュエルって顔はあどけないロリータ的要素がつよいですけど体が豊満。このアンバランスさが魅力なんでしょうかね?カトリーヌ様は貫禄の粋です。フランス女優ってハリウッド女優とはホント違いますよね。
Commented by margot2005 at 2007-10-18 23:42
CCさん、こんばんは!
エマニュエルってベイビー・フェイスですよね?
おっしゃるようにアンバランスが正に魅力ですわね。
コケティッシュって言葉もありました。
現代が舞台ですがレトロなムード満載の映画でしたわ。
カトリーヌ様の貫禄はさすがでございます!
ハリウッド女優にはない粋さでしょうかフランス女優て...
Commented by kimion20002000 at 2008-03-21 15:39 x
TBありがとう。
そうですか、僕はエマニュエルの囁くようなシャンソンに聞き惚れました。なんか、ゾクっと来ちゃったんですけど(笑)
Commented by margot2005 at 2008-03-22 21:10
kimion20002000 さん、こんばんは!
こちらこそいつもコメントありがとうございます。
エマニュエルの声をどう感じるかは同性と、異性によって大きくかわるのかも知れません。素敵な女優で大好きですが...
<< 「フランシスコの二人の息子」 「向かいの窓」 >>