「厨房で逢いましょう」

a0051234_2351988.jpg「Eden」2006 ドイツ/スイス
主演のグレゴアにヨーゼフ・オステンドルフ。エデン役は本国では国民的人気女優のシャルロット・ロシュ。エデンの夫クサヴァーにデーヴィト・シュトリーゾフ。彼はドイツ映画祭2007で観た「イェラ/2007」の敏腕ビジネスマン フィリップ役。
監督、脚本はミヒャエル・ホーフマン。
a0051234_2314317.jpg

一回の食事で300ユーロ(約47000円)も取るレストランの天才シェフ グレゴア(オステンドルフ)は、幼い頃身重の母の豊満なお腹を見て、自分もあのようになりたい?と願った変な少年。願い?が叶って大人になった今140キロ近くある巨体となった。
人付き合いが苦手なため料理一筋に生きて今だシングル。
グレゴアはとあるキャフェで働くウエイトレスに仄かな想いを抱いていた。彼女の名前はエデン(ロシュ)。ある日公園でひょんな事からエデンと出会い会話を交わす。そしてエデンの娘レオニー(レオニー・シュテップ)の誕生日祝いにケーキを持参する。グレゴアの作ったケーキは娘も母もとろけさせしまうほどの美味しさだった。エデンはケーキのお礼を言おうとレストランを訪れる。
やがてエデンは彼の作る料理に魅了されていく...
a0051234_232536.jpg

少々期待して観に行ったため、あのストーリーの流れとあのラストはちょっといただけなかった。あれじゃまるでブラック・コメディのノリじゃないのかな??
宣伝に惑わされる最近の映画...でもまぁ仕方ないかな?集客できなきゃ映画配給会社も困るだろうし...
原タイトルは“エデン=アダムとイヴが住んでいた楽園”でヒロインの名前でもある。
舞台はスイスに近い南ドイツの保養地バーデン・ヴュルテンベルク州。
主演の二人は素晴らしい!
素敵な笑顔のヨーゼフ・オステンドルフはシェフそのものだし、エデン役のシャルロット・ロシュはなんと美味しそうに食べるのでしょう!と感じずにはいられない。
bunkamura ル・シネマにて...
a0051234_2323224.jpg
a0051234_2325434.jpg

[PR]
by margot2005 | 2007-09-11 02:39 | ドイツ | Trackback(14) | Comments(4)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/6148402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-09-11 23:06
タイトル : 厨房で逢いましょう
 『私の料理は、あなたを満たす。』  コチラの「厨房で逢いましょう」は、8/25に公開になった"料理で愛を伝えようとするシェフの切ない片想いを、ほろ苦いスパイスをちょっぴりきかせつつ味わい豊かに描く、大人の恋の物語。"なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪チラ....... more
Tracked from APRIL FOOLS at 2007-09-12 23:49
タイトル : 感想/厨房で逢いましょう(試写)
初めて食べた味がする! 『厨房で逢いましょう』8月25日公開。小さなリストランテの隠れ名シェフ・グレゴア。日々料理の研究に余念のない彼は、主婦のエデンと出逢う。その天才的料理の虜になったエデンは毎週のように彼を訪ね、グレゴアもまた彼女に好意を持つ。不審に思った夫のクサヴァーは…。 厨房で逢いましょう 料理モノってそれだけでハッピーな匂いがするし、"天才シェフが主婦に恋"っつー設定も、さほどそそられるもんじゃあない。けど、この味は…え…食べたこと、ないかも!? ちょっと想像していなかったキッチュ...... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2007-09-13 00:20
タイトル : 厨房で逢いましょう
想像していたものよりずっとほろ苦くシュールな作品でした。 南ドイツの保養地で小さなレストランを営む天才シェフ、グレゴアが作る料理は、食通たちの間でも評判で、ずっと先まで予約で一杯になっています。けれど、人付き合いが苦手で、恋人もいないグレゴアの秘かな楽しみは... more
Tracked from 駒吉の日記 at 2007-09-14 18:03
タイトル : 映画:厨房で逢いましょう&デハラユキノリ「夏・めんたいこ..
厨房で逢いましょう(ルシネマ)&デハラユキノリ「夏・めんたいこ・サトシ」展 「味の秘訣は?」 人付き合いが苦手で料理に耽溺するアブナイシェフが天然?の女性に片思い。好意を寄せる女性が自分の料理を美味しそうに食べる姿を見て、料理もパワーアップ。 グレゴア役... more
Tracked from カノンな日々 at 2007-09-14 21:20
タイトル : 厨房で逢いましょう/ヨーゼフ・オステンドルフ
これはね、予告編で思わず一目惚れしちゃった作品なんです。タイトルから想像されるのはレストランを舞台にしたロマンティックストーリー?。とりあえず主人公の男性がおもいっきりメタボな体型で女性には全く縁が無さそうで恋愛下手だけど料理の腕前だけは超天才的な料理人....... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2007-09-17 08:37
タイトル : 厨房で逢いましょう
原題は「EDEN」... more
Tracked from シネマログ  映画レビュ.. at 2007-09-18 20:27
タイトル : 厨房で逢いましょう / EDEN
芸は身を助ける■ストーリー生活のすべてを料理に捧げてきたグレゴアはデブで独身でさえない風貌だけど、料理の腕前は世界一級の天才シェフ。経営するレストランは来年の2月まで予約でいっぱい。そんなある日、カフェで給仕をしている美しい主婦エデンに恋をした。口下手なグレゴアができることは、おいしい料理を作ってエデンの胃袋を満たすことだった。その感情は看板メニューの「エロティック・キュイジーヌ」の味わいにも影響し、顧客の拍手を浴びるほどに。しかし、その才能に嫉妬する男がいた・・・■感情...... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2007-09-18 21:31
タイトル : 厨房で逢いましょう
孤高の天才シェフが、平凡な主婦に恋をした。「あなたに食べてほしい。ただ、それだけ」彼の想いは料理に注がれ、その味は人々の舌と心をとろかせてゆく__。南ドイツの保養地で小さなレストランを営む天才シェフのグレゴア。彼の作る料理は舌の肥えたグルメたちもうなら...... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2007-09-23 21:36
タイトル : 映画『厨房で逢いましょう』を観て
65.厨房で逢いましょう■原題:Eden■製作年・国:2006年、ドイツ・スイス■上映時間:98分■鑑賞日:9月1日、ル・シネマ(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:ミヒャエル・ホフマン□製作:ミヒャエル・ユングフライシュ、ロベルト・ガイ...... more
Tracked from Osaka-cinema.. at 2007-09-25 02:15
タイトル : 厨房で逢いましょう~美味しい映画?
もうすぐ公開になる、 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演の 「幸せのレシピ」。 これはドイツ映画、 「マーサの幸せのレシピ」のリメイクです。 この映画も美味しい料理が出てきて、 お腹が空く映画でしたが、また同じドイツから スクリーンから、美味しい匂いが漂う、 またまたお腹が空く映画が届きました。 その名も、映画「厨房で逢いましょう」 主人公の料理人のグレゴア(ヨーゼフ・オステンドルフ)は 小料理店で働くも、食通も一目置く、なかなかの腕前。 まるまると太った体で、厨...... more
Tracked from NiceOne!! at 2007-10-20 07:32
タイトル : 『厨房で逢いましょう』 (2006) / ドイツ・スイス
監督・脚本:ミヒャエル・ホーフマン出演:ヨーゼフ・オステンドルフ、シャルロット・ロシュ、デヴィット・シュトリーゾフ鑑賞劇場 : 109シネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>南ドイツの保養地で小さなレストランを営む天才シェフのグレゴア(ヨーゼフ・オ...... more
Tracked from たーくん'sシネマカフェ at 2008-02-09 22:07
タイトル : 『厨房で逢いましょう』『プロヴァンスの贈りもの』
恒例の飯田橋ギンレイホールへ映画鑑賞。1年間1万円で見放題はうれしい♪(HPがリニューアルしています)まず1本目、「厨房に逢いましょう」 (C)2006GAMBITIC-FILMAGIG原題:EDEN監督・脚本:ミヒャエル・ホーフマン 出演:ヨーゼフ・オステンドルフ、シャル...... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2008-05-10 18:37
タイトル : 「厨房で逢いましょう」
厨房で逢いましょうジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 料理の腕は一流だが、人付き合いが苦手な天才シェフ、グレゴア(ヨーゼフ・オステンドルフ)。 南ドイツの保養地で小さなレストランを営んでいた。彼が休憩時間に訪れるカフェのウェイトレス、 エデン(シャルロット・ロシュ)に恋していた。彼女は夫クサヴァー(デーヴィト・シュトリーゾフ)とダウン症の 娘とこの町に暮らす平凡な主婦。ふとしたきっかけから、グレゴアのつくった料理を口にしたエデンは、 すっかり虜になってしまい、夫が家を空ける毎週火曜...... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2008-11-05 11:20
タイトル : <厨房で逢いましょう> 
2006年 ドイツ・スイス 105分 原題 Eden 監督 ミヒャエル・ホーフマン 製作 ミヒャエル・ユングフライシュ 脚本 ミヒャエル・ホーフマン 撮影 ユタ・ポールマン 音楽 クリストフ・カイザー  ジュリアン・マース 出演 ヨーゼフ・オステンドルフ  シャルロット・ロシュ  デーヴィト・シュトリーゾフ    マックス・リュートリンガー... more
Commented by シャーロット at 2007-09-17 08:40 x
私も最初に自分の中で抱いていたイメージとは違ったので、少々面食らったのですが;でも画のタッチは好きですー。
とてもおいしそうに食べてくれると嬉しいものですよね。
体にクリーム塗ってデコレーションしちゃうなんて・・・お茶目で微笑ましかったです。
Commented by margot2005 at 2007-09-17 20:04
シャーロットさん、こちらにも書き込みをありがとう!
あの結末はブラック・ユーモアの部類に入るのではないでしょうかしら??
私もあのシェフに恋してしまいそうでしたわ。
身体に生クリームのシーンは良く考えたぁと思いましたね。
Commented by at 2008-11-27 00:56 x
こちらもTBさせてください!

シェフのグレゴアの目がすご~く雄弁で
なんでもおいしそうに食べるエデンも不思議な女性でした
結局、そういうラストになっちゃうの??とビックリしましたが

うっとりするような食事!一度食べてみたいです♪
Commented by margot2005 at 2008-11-27 22:51
Dさん、この映画先だってwowowで放映されていて見ました。
グレゴアの目...彼の微笑みは驚くほどチャーミングなんです。
ラストに至る展開はちょっと??でビックリしましたが...
大ラスの3星屋台がニクかったですよね。
フレンチ食べたくなりました。
<< 試写会にて...「幸せのレシピ」 「恋とスフレと娘とわたし」 >>