「みえない雲」

a0051234_02370.jpg「Die Wolke 」 ...aka「The Cloud 」2006 ドイツ
昨年の12月にシネカノン有楽町で公開されていて、観に行きたかったのだが...やはり行けなかったドイツ映画。
レンタルDVDになっているので観る事が出来た。
ドイツでベスト・セラーとなった小説の映画化ということ。
コレが実話だったら恐ろし過ぎる...
原発事故により放射能という見えない恐怖に振り回される市民のパニックの中で、愛し合う高校生パウラとエルマーの運命を描くヒューマン・ドラマ。
主演の二人の高校生が、とてもキュートなパウラ・カレンベルク&フランツ・ディンダ。
二人はそれぞれ1986年、1983生まれで、フランツの高校生はちょっと無理があるが、パウラはとってもチャーミング。
監督はグレゴール・シュニッツラー。
原作はグードルン・パウゼヴァングの“みえない雲”。
a0051234_23511521.jpg

高校生のハンナ(カレンベルク)は母親と幼い弟ウリー(ハンス・ラウリン・バイヤーリンク)の3人暮らし。
ある日、科学/光合成の授業で質問に答えられなかったハンナを助けたのは、リッチな親を持つ転校生エルマー(ディンダ)だった。互いに気になる存在となった二人は人気のない教室でキスを交わす。しかしその直後原発事故を伝える警報が教室に鳴り響いた。エルマーはハンナを抱きしめ、家に迎えに行くと告げる。しかしエルマーを待てないハンナは仕事で出かけた母を案じながら、幼い弟と家を後にする。隣人は全て非難した後だった。やがて放射能を帯びた不気味な雲が空に姿を現す...
a0051234_23505619.jpg

1985年に旧ソ連チェルノブイリで起きた原子力発電所事故。その後に書かれた小説であるそうだ。ヨーロッパに近いチェルノブイリは、当時ヨーロッパ諸国にも影響を及ぼしたように記憶する。
とにかく原発の事故がこんな形で起きたら誰もがパニックになるであろう。
上にも書いたが、単なるパニック映画ではなくこれはLove Storyでもある。
被爆後収容されたハンナの病院を訪ねるエルマー...この後はネタバレで書く事は控えるが、ラスト二人の姿(生きるということ)には感動を覚える。
何度も予告観たが観に行けなくて...しかしこれも是非シアターで観たかった作品。
a0051234_2351559.jpg

[PR]
by margot2005 | 2007-08-02 00:31 | ドイツ | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/5946771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 八ちゃんの日常空間 at 2007-08-10 04:40
タイトル : みえない雲
2006年最後の観賞はコレ。原発事故で被曝しながら、その事実を受け入れ前向きに生きようとする少女の甘く切ないラブストーリー。さわやかな明るい映画なのに、マジマジと「見えない恐怖」をスクリーンから伝えてくる。パニック映画でない事がある意味成功しているのだ。... more
Tracked from 辛口だけれど映画が好きです at 2007-08-20 14:56
タイトル : みえない雲
みえない雲Die Wolke(2006年/ドイツ/グレゴール・シュニッツラー監督/公式サイト)ハンナは母親と弟とのどかな町に暮らす高校生。気になる転校生エルマーと進展があった直後、警報が鳴る。どうやら原発の放射...... more
Commented by Bianca at 2007-08-05 10:42 x
今まで気になりつつも、見過ごしていたけど「aka」って「言い換えると」という意味なんですね。わたしったら「Asa」=「朝日新聞配達所」を連想していたりして。フフフ・・・
Commented by margot2005 at 2007-08-07 00:26
Biancaさん、こんばんは!
“also known as” は“~としても知られる”の意味ですね。
ネットで知った略語です。
ASAから朝日新聞連想??一緒に笑いましょうか??
<< 「リトル・チルドレン」 「輝く夜明けに向かって」 >>