ドイツ映画祭2007...「イェラ」

a0051234_092282.jpg「Yella」 2007 ドイツ
監督はクリスティアン・ペツォルト。彼は世界の注目を集める“ベルリン派”のリーダーと呼ばれているそうだ。
主演のイェラにニーナ・ホス。ホスは2007年度のベルリン映画祭コンペ部門の最優秀主演女優賞に輝いた。

旧東ドイツ、ウィッテンベルグに住むイェラ(ニーナ・ホス)は、事業に失敗した元夫ベン(Hinnerk Schönemann)から離れるべく、商業の都ハノーヴァーへと旅立つ。
ハノーヴァーで出会った敏腕ビジネスマン、フィリップ(Devid Striesow)に、助手にならないかと誘われるイェラ。
彼と共にいくつかの仕事をこなしていくイェラの元に、またしてもベンが現れる。執拗にストーカー行為を繰り返すベンと別れたいイェラだったが...
a0051234_0103695.jpg

“さまざまな超常現象に遭遇して困惑する”と映画の解説に記してあるように、ヒロイン、イェラはこれらに遭遇するのだが、それは??現実なのか?夢なのか?
ストーリーはかなりリアルなのだが...
劇中、オープニング近くと、エンディングに、同じ橋で車が二度、同じ川にダイヴする。
このシーンがニクい...このシーンが総てを語っているように思える。
ラストちょっと待って!だったが...あとでじんわり、ぐぐっと来る作品かもしれない。
映画はかなり地味である。日本で劇場公開されるのだろうか??
物語は淡々と進んで行く。多分そうかな(地味)?と思いながら観に行ったので、私的には新鮮なイメージを覚えた素敵な作品だった。
イェラの住んだウィッテンベルグは麦畑(ドイツ=ビールなので...)一色で美しい!
ドイツ映画って普段殆ど観ないのだが、ドイツ人てドイツ顔(意味不明/当たり前)?してるなぁとしみじみ思う。
ヨーロッパ人てそれぞれに顔が違うが(当たり前)、ドイツ顔を堪能させてもらった。
しかしこの作品、映画祭の一押しなのか、webもチラシも表紙は「イェラ」のニーナ・ホス。
a0051234_0121375.jpg

今回初めて有楽町の朝日ホールで開催されているドイツ映画祭に行った。
何作か観たかったのだが、日にちと、時間の関係で、観れたのはコレだけ...もうちょっと上映時間考えて欲しいなぁ。
私的に仕事が終わった後、最終回にシアターに飛び込むこと多々あり。
だいたい最終回上映開始は19:00以降〜...なんとか上映時間に間に合う。
ドイツ映画祭は最終上映が18:00前後〜...これじゃとても間に合わない...
今日は有楽町で他の用事があったので、それを済ませて朝日ホールに向かった。
モチ今回前売りは買っていない。多分当日席ってバンバンあるだろうな?と思って上映5分前に朝日ホールに着いた。案の定当日券はすぐに買えた。そしてシアターに入って滅茶驚き。席ガラガラ...ドイツ映画祭大丈夫?
a0051234_0105196.jpg

この作品の後に上映される「タフに生きる」も観ようかと思いながら出かけたのだが、ドイツ映画2本立てはちょっと厳しいものがある。イタリアやフランス映画なら2本は全然OKなのだが...普段観ないドイツ映画ってやはり違和感あって疲れるのかな??

a0051234_125983.jpg

[PR]
by margot2005 | 2007-06-13 00:44 | ドイツ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/5728844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by シャーロット at 2007-06-16 21:20 x
こんばんは。
ご覧になられていらしたのですね。
私は普通の勤め人ではないので5本見れましたが、かなり厳しい日程だったでしょうね。土日はそれなりに人が入っていたような気もしますが。。。
その5本の中で結構一押しなのが、この作品でした。
見終わってかなり混乱しましたけど、映像のリアルさといい脚本のうまさといい、とても気に入りました。
Commented by margot2005 at 2007-06-19 00:42
シャーロット さん、こんばんは!
やはり土、日はそれなりに観客いたんですね。
week dayはoyaji&obasanが多かったですね。特にシニアの方たち...
そう、かなりギビしい日程ですね。
ドイツ映画祭のため有休とろうかなぁ?なんて考えもしたんですが、色々とあって...土、日もいろいろとあって...
金曜日に上映された「僕の友達」を観たかったのですが叶いませんでした。
「イェラ」はやはり一押しだたのでしょうか?いや良かったですわ観れて...
日常的なストーリーの中に幻想的とも思える映像が加わって素敵な作品でしたわ。
<< 「ハリウッドランド」 「ザ・シューター/極大射程」 >>