試写会にて...「300/スリーハンドレッド」

a0051234_23133453.jpg「300」 2007 USA 
“100万のペルシア大軍を、わずか300人のスパルタ軍が迎え撃つという伝説的な史実” B.C.480年の物語である。
主演は「オペラ座の怪人/2004」のUK人俳優ジェラルド・バトラー。
監督、脚本はアメリカンのザック・スナイダー。ハリウッド超大作ムーヴィー。
a0051234_23201693.jpg

スパルタ王レオニダス(バトラー)の元にペルシャ帝国からの使者がやって来る。国(スパルタ)を守るなら、ペルシャ大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)に服従するべしと使者は言う。“服従か死か?”レオニダスの答えは一つ...
“服従はあり得ない!”...使者を奈落の底に突き落とした彼は戦いを決意する。
a0051234_2319657.jpg

最近行けないし、当たらないしで試写会には応募しないのだが、某新聞に掲載されていた試写会に応募したところ当選!まぁ有楽町の国際フォーラムなら1000人規模で募集かけても席はある。だから当たったとしか思えないが...まぁ良しとして...ワーナー・ブラザーズも太っぱら。こんなに大勢招待して(他の所でも試写会してるし...)と思いながら観たのだが...
もらったチラシにはアメリカでは2007年公開作品中No.1とか、ギリシャでは映画史上No.1とか書いてあるが、日本では受けるだろうか?かなり疑問?
多分コレを観る人々は、ナイス・マッチョ・バディ狙いのgirl&obasanか?血(血出まくり映画)と男の戦い大好きboy(ちなみにR15指定のため大きなboyじゃなきゃ観れない)か?それ以外誰が観るでしょう??
映画はほとんどCGで構成され、300のバディもまさか?CGじゃないでしょうね?なんて疑ったりして...
「オペラ座の怪人」より、バトラーは「Dearフランキー/2004」が素敵だったのでちょっと待って!状態だった。
しかし彼のマッチョぶりはスゴイ!おまけにバトラー足長っ!そして雄叫も凄かった...ただそれだけ...
途中CGのサイ(動物)が出て来たあたりから、こりゃマズいと思い始め、とどめにCGの象(動物)が出て来た段階で、これじゃジョージ・ルーカスの“S・W”か?と思ったのは私だけか??
もうちょっと「トロイ/2004」のようにストーリーを描いて欲しかった。
a0051234_23193541.jpg
a0051234_2320399.jpg
a0051234_2321524.jpg

バトラー演じるレオニダスの王妃役のレナ・へディ「フェイス/1997」「リプリーズ・ゲーム/2002」は素敵な女優で好みである。
ペルシャ大王クセルクセスはブラジル出身のロドリゴ・サントロ。彼は「ラヴ・アクチュアリー/2003」でローラ・リニーのベッドに忍び込み、「チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル/2003」でデミ・ムーアと浜辺でサーフィン・ボード抱えている。どちらも滅茶ゴージャスなのだが、この映画では本人原型とどめていない。顔から身体まで、きんきらきんのピアスと言おうか、鎖と言おうか、で飾り付けられてしまっている。
今回映画の宣伝のため、主演のジェラルド・バトラーが来日。6/6夕方より、明治神宮外苑 聖徳記念絵画館でジャパン・プレミア催します!のチラシをもらった。
なぜ?絵画館?と最初は思ったが、絵画館なら“パンテオン”のイメージがあり、この映画に実にふさわしい。
行かなかったけど...ジェラルド・バトラー、神宮外苑でスパルタンの格好してパフォーマンスしたのかな??
a0051234_23192131.jpg

[PR]
by margot2005 | 2007-06-07 23:41 | USA | Comments(10)
Commented by MACHI at 2007-06-08 22:08 x
王妃様が試写会とは珍しい。わたくしも同じ会場でした。
1階の20列目でした。もう少し後ろで見たかったです。
Commented by Bianca at 2007-06-09 01:55 x
マルゴ様。このポスターの女性が、どうやらお好みのレナ・へディのようですネ。
Commented by margot2005 at 2007-06-10 23:53
MACHI さん、こんばんは!
数年ぶりの試写会でした。
私は1F.8列目でして...いやかぶりつき状態でして迫力ありましたが、疲れますね前は...
Commented by margot2005 at 2007-06-10 23:57
Biancaさん、こんばんは!
この写真はレナではなく、生け贄となる少女です。とても幻想的なシーンで素敵でしたわ。
Commented by MACHI at 2007-06-11 14:35 x
ひゃー、8列目ですか。ずいぶん早くから並ばれたのでしょうか。
ほんと、前だと迫力ありすぎなんですよね、あの会場は。
Commented by margot2005 at 2007-06-12 00:57
MACHI さん、こんばんは!
いや全然並んでませんのよ。
あの夕方は暇だったので18:00前にフォーラムに行った所、既に人だらけ...並ぶのは最高にKiraiなので、一度時間つぶしして戻った所すぐに座席指定のカードをゲット出来ましたの。
迫力ということにかけてはかぶりつき最高だったかもです??
Commented by J.T. at 2007-06-16 01:56 x
こんばんは~
記事をアップされてたのは知ってたのですが、楽しめなかったようなのでコメントを控えていました(笑)

もともとCGが好きな私には、わりとすんなり受け入れられたんですよ。
margot2005さんがおっしゃるように、あのゾウが出てきた時にはさすがに、オイオイやりすぎじゃないのかなぁと思いましたが・・(笑)、 いろいろとデフォルメされていたので、歴史劇というよりは神話みたいでもありましたね。フランク・ミラーのシン・シティは全く受け入れられなかった私ですが、この作品はまずまずOKでした~
Commented by margot2005 at 2007-06-17 17:45
J.T.さん、こんにちは!
私も記事アップされてたの知っていて、TBだけ飛ばそうかと迷ったんです。どこにも書き込みに行ってなかったので...

そうですか!CGがお好きなJ.T.さんなら楽しめましたよね。
歴史劇(世界史)は大好きなんです!それで観に行ったようなものですね。そうそう神話ぽかったテイストは素敵に感じました。
「シン・シティ」って観てないですね。アメリカン・コミックにはあまり惹かれませんし...
フォーラムで観れたので映像は凄かったですね。アコは大画面なので字幕までデカイです。
フォーラムはハリウッド超大作の試写が多いです。WBの映画が多いような気もしますが、J.T.さんも一度是非フォーラムの試写にお出かけくださいまし。
Commented by 紫の上 at 2007-06-21 20:10 x
私は「オペラ座の怪人」でジェラルド・バトラーのファンになったので、見てきたんですが、見る前はファントムのイメージを壊してしまうのでは?と不安でした。
あ、でも「Dearフランキー」の男っぽい彼も好きでしたが・・・。
内容は劇画的でともかくとして、セピア色の映像は綺麗でしたねっ!彩度を落として事により、あの血の色もちょっと緩和していました。もっともあの暴力シーンは目を背けたかったです。このシーンを思い出しては食事出来ない・・と思ったほどです。
あのスパルタの戦士たちの肉体は本物だそうですよ!
バトラー曰く「クラクインする4ヶ月前から、一日6時間トレーニングしていた。デジタルで陰影をつけた部分はあるけど、特殊メークに頼ったりはまったくしていない」
バトラーの長いおみ足も本物。
まぁ~、映像美ときたいあげられた肉体美を見る作品ですねっ。
観客は十代頃の若い人たちが多かったです。
私などは異端者でした・・・。笑。
Commented by margot2005 at 2007-06-22 00:58
紫の上 さん、こんばんは!
バトラー「オペラ座の怪人」では歌ってましたよね。「Dearフランキー」の彼はとても素敵でしたわ。
まぁでも「オペラ座の怪人」で一気にファンが増えたと思えます。
この映画はタナボタの感じで観に行った映画です。一般公開されても多分観に行かなかった気がしますが、コレはDVDではダメですよね?迫力ある大画面で観れたのはラッキーだったと思います。
もちろんトレーニングの末あのバディが作られたのは解っているのですが...過酷なトレーニングだったようですね?
"007"の彼も凄いトレーニングの末あのバディを作り上げたようですし、俳優てやはりスゴイ!!
ストーリーをもうちょい描いて欲しかったですね。西洋史は好きなんで...スパルタンは“トロイ”にも登場したようですが、良く知りませんスパルタンについては...
試写の観客はもちろん若い女性満載でしたが、バトラー狙いのobasamaもたっぷりとおりましたわよ。
セピア・カラーで描かれたシーンはBeautiful!でしたよね。
生首シーンにはちょっと目を覆いましたが、ゲーム感覚で観れば楽しめる映画だと思います。
<< 「ザ・シューター/極大射程」 「あるスキャンダルの覚え書き」 >>