「母たちの村」

a0051234_22312364.jpg「Moolaade」2004 セネガル/フランス/ブルキナファソ/カメルーン/モロッッコ/チュニジア
監督、脚本は“アフリカ映画の父”と呼ばれるウスマン・センベーヌ。

主演のコレ・アルドにファトゥマタ・クリバリ。クリバリはアフリカ、マリ共和国のTV局に勤めている女性とのこと。主要キャストの殆どがブルキナファソ人。
まるでドキュメンタリーのようなヒューマン・ドラマ。
カンヌ国際映画祭・ある視点部門・グランプリ受賞(2004年)
a0051234_22321616.jpg

西アフリカ、とある村。ある朝、コレ(クリバリ)の元へ4人の少女がやって来る。彼女たちは村の長老らが言い伝える“イスラムの教え”である“割礼”から逃れるためだった。
コレは少女たちを家に入れ守ろうとする。彼女は7年前、娘アムサトゥ(サリマタ・トラオレ)にも割礼を受けさせなかった。それは自分自身が割礼のため、流産やお産の苦しみを味わったからであった。
コレが少女たちを保護している事が知れ渡り、村に騒動が起きる。
a0051234_22313842.jpg

21世紀のこの時代...映画の世界が現実だとはすぐに理解出来ない。
今でも重婚がOKなアフリカ。主人公コレは第二夫人である。第一、第三夫人とまるで姉妹のように助け合って一つ屋根に暮らしている。夫は絶対的であり、逆らう事は許されない。
余りにも時代錯誤でなんとも歯がゆいが、あのような世界が今だ存在しているとはマジで驚く。
a0051234_22315485.jpg

監督は今でも、一部のアフリカ諸国で残る悪しき風習“割礼”を無くそうと訴えるため、この映画を作ったと言う。
映画を観た後、泣き叫ぶ少女たちの姿が脳裏に残り哀しい。
しかしラストで、コレたち女性が“イスラムの教えに割礼は存在しない!”と主張し、“二度と娘たちを切らせない”と宣言し、歌うシーンには感動する。
昨年の夏、神田神保町・岩波ホールにこの映画の大看板がかかっていたのを思い出した。
女性たちが着ている衣服がとてもカラフルで、彼女たちの肌の色とマッチしていてナイスである。
原題の“モーラーデ”と言う言葉には“聖域/避難場所”と言った意味があると言う。
邦題の“母たちの村”は正にズバリのタイトルかと思える。
[PR]
by margot2005 | 2007-02-24 23:07 | フランス | Trackback(8) | Comments(10)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/5163691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Chocolate Blog at 2007-02-26 13:54
タイトル : 母たちの村
超久々に岩波行っちゃった。 ここって結構いい作品上映してるんだけど、 なんか面倒くさくて今一足が向かない劇場なのね。 でも今年何本か見たアフリカが舞台の作品は当たりが多かったので、 終了間際に慌てて見てきました。 STORY:西アフリカの穏やかな村で起こる、ある出..... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2007-02-27 23:51
タイトル : 『母たちの村』
偉大な母たちの奮闘に感動。 アフリカで生まれたアフリカへの愛に満ちた作品。 西アフリカの小さな村。ある日、4人の少女が割礼を拒絶して、村の女性コレの元へ逃げてきた。コレは以前、自分の娘に割礼を受けさせなかった母親なので、自分たちを保護してくれると思ったのだ。だが、この一件を機に村は大騒動になる。アフリカ連合54カ国中、およそ38カ国で行われているという女性性器切除。法律で禁止している国の中でも行われ続けているという。宗教的なものではなく、伝統的慣習として宗教が生まれる以前から行われてきたらしい...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2007-05-29 23:15
タイトル : 『母たちの村』’04・セネガル・仏
あらすじ西アフリカの小さな村、コレは、第一ママ第三ママや子供達に囲まれ、いつもと同じ朝を迎えたが彼女の元に、4人の少女が割礼を嫌がり逃げ出して来た。感想カンヌ国際映画祭、ある視点部門グランプリ全米批評家協会賞、外国語映画賞受賞作。アフリカの人達は、カラ...... more
Tracked from <花>の本と映画の感想 at 2007-08-19 15:11
タイトル : 映画「母たちの村」
母たちの村 監督 ウスマン・センベーヌ 出演 ファトゥマタ・クリバリ   マイムナ・エレーヌ・ジャラ  サリマタ・トラオレ 2004年 アフリカの村で、4人の少女たちが、割礼がいやで、コレのもとに保護(モーラーデ)を求めて逃げてくる。自分の娘にも、割礼を... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2007-09-15 13:21
タイトル : 映画『母たちの村』
原題:Moolaade 今年の6月、84歳で亡くなったというウスマン・センベーヌ監督、アフリカの悪しき風習を断ち切るためのメッセージを込めたこの「モーラーデ」、遺作となる・・・ 男子割礼には余計な皮を取り除いて清潔を保つという合理的な面があるけど、女子割礼(女性... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2007-09-24 16:52
タイトル : <母たちの村> 
2004年 セネガル・フランス 124分 原題 Moolaade 監督 ウスマン・センベーヌ 脚本 ウスマン・センベーヌ 撮影 ドミニク・ジャンティ 音楽 ボンカナ・マイガ 出演 ファトゥマタ・クリバリ  マイムナ・エレーヌ・ジャラ  サリマタ・トラオレ    アミナタ・ダオ  ドミニク・T・ゼイダ  マー・コンパオレ 古くから女の子は割礼を受けることが伝統になっている西アフリカの小さな村で、4人の少女が割礼を受けるのを嫌がって助けて欲しいとコレのところに逃げてきた...... more
Tracked from 映鍵(ei_ken) at 2010-08-12 16:23
タイトル : 母たちの村
知識や武器がなくても、人が本気になって行動すれば何とかなるもんだなぁ、と考えさせられました。医学的な理由ではなく「尊厳」のために戦ったんですからね。その「精神」を見習いたいものです。... more
Tracked from シネマな時間に考察を。 at 2010-12-24 13:35
タイトル : 『母たちの村』
悪しき習慣の真実を噛み締めて。 願うは、根絶を。 アフリカの美とともに、未来のあらんことを。 『母たちの村』 Moolaade 2004年/フランス・セネガル/124min 監督・製作・脚本:ウスマン・センベーヌ 出演:ファトゥマタ・クリバリ その村の建物は、まる... more
Commented by Bianca at 2007-02-25 22:44 x
以前センベーヌ監督の「チェド」を見たことがあります。30年くらい前かな・・彼、今はかなりの高齢なのでしょうね。
Commented by sainsburys_UK at 2007-02-26 13:55
これ劇場で見ました。
「割礼」・・・考えられないですね。
この映画、思い出しただけでなんか私も痛いです。(苦笑)
こんな風習考えられません。
Commented by claudiacardinal at 2007-02-27 17:14 x
この作品数年前に観ました。たしかラストシーンで主人公の女性に「行けー行けー、がんばれー」と応援しながら観ていた記憶があります。シンプルに撮影されそれが映像にいい味付けになってましたね。
Commented by margot2005 at 2007-02-27 20:36
Chocolateさん、こんばんは!
岩波に行かれてたんですね。
大きなシアターでご覧になったので余計痛かったかも??
いやほんとマジ??の世界でびっくりでしたわ。
究極の女性蔑視風習でしょうかね?無くなると良いです。
Commented by margot2005 at 2007-02-27 20:38
Biancaさん、こんばんは!
さすがですね!この監督の映画ご覧になってるなんて...
そうそう彼は80才過ぎてるんじゃないでしょうか確か?
Commented by margot2005 at 2007-02-27 20:44
CCさん、こんばんは!
映画のラストは女性たちに拍手送りたくなりましたね。
映画なので皆さん演技しているのでしょうが、まるでドキュメンタリーンのようにとても自然な感じで映像とマッチして素晴らしかったです。
女性たちが頭にプラスティックのバケツを載せて物を運ぶシーンは絵のようでした。
Commented by CaeRu_noix at 2007-02-27 23:58
こんばんは。
アフリカが舞台の映画を去年今年とあれこれ観ましたが、真のアフリカの映画といったらコレですよね。
文盲が多いアフリカに何かを伝えるなら、映画だと、作家から映画監督に転身したこの監督の思いに感動してしまいます。
母の強さにも大いに感動ー。ビビッドな映像も印象的でしたね。
Commented by margot2005 at 2007-03-01 00:58
CaeRuさん、こんばんは!
あれこれアフリカ舞台映画ご覧になってますのね。
真のアフリカ映画...確かに...“アフリカ映画の父”が作っただけありますね。
ハリウッド俳優が出演しているアフリカ舞台映画は観ましたが...やはりちょっと違うのでしょうね?
映像で伝えるなんて素晴らしいですね。伝わってくれるよう祈るのみでございますわ。
正に母は強しであります!
Commented by じーん  at 2010-01-22 02:02 x
何時も拝見しております ありがとうございます
女性器の切除というか割礼というものは今現在の欧州や米国でも移民の手によって行われております
マタ、その同じ部落の民が集団で自国のばばさまを連れてきて、娘たちを集団で行為を行わせます。
なんとかその行為を行わせないようにと政府からも禁止されておりますが、その行為なしではその集団から逸脱して結婚できない者として扱われるのを恐れて、親が行為の決定権を保持するものであります
Commented by margot2005 at 2010-01-28 23:09
じーんさん、コメントありがとうございます。
全くもって別世界の出来事を描いた映画でしたが感動いたしました。母は強しの一作ですね。
<< 「華麗なる恋の舞台で」 「野生のエルザ」 >>