「女は女である」

a0051234_0431234.jpg「Une femme est une femme」...aka「A woman is a woman」1961 フランス/イタリア
1961年度ベルリン国際映画祭銀熊賞(ジャン・リュック・ゴダール)・主演女優賞(アンナ・カリーナ)受賞
主演の“女”アンジェラにアンナ・カリーナ。
アンジェラの恋人エミールにジャン・クロード・ブリアリ。
エミールの友人アルフレドにジャン・ポール・ベルモンド「パリの確率/1999」。
監督はジャン・リュック・ゴダール。
音楽はミッシェル・ルグラン。
a0051234_044759.jpg

恋人エミールと同居中のダンサー、アンジェラ(カリーナ)は子供が欲しくてたまらない。エミール(ブリアリ)は子供はまだ早いと言う。しかし余りの子供欲しさに、ある日アンジェラはエミールの友人アルフレド(ベルモンド)とベッドインしたと告白する。
なんとも奇想天外なミュージカル風コメディ映画である。これは観て初めて楽しめる映画ではなかろうか?映像と音楽が、妙にマッチして素敵である。
映画の中、ゴダールが作った「勝手にしやがれ/1960、気狂いピエロ/1965」に主演のベルモンドが、”家に帰って「勝手にしやがれ」を観る”と言うシーン。
もう一つは、フランソワ・トリュフォーが作ったジャンヌ・モロー主演映画「突然炎のごとく/1961」に出て来る男二人(これは原題となっている)ジュールとジム。この二人“ジュールとジムは?”なんてベルモンド演じるアルフレドがバーの女客演じるジャンヌ・モローに話しかけるシーン。
「勝手にしやがれ」は自身の作品宣伝であるが、「突然炎のごとく」はヌーヴェル・ヴァーグ仲間トリュフォーへのリップ・サービスかも知れない。
a0051234_0432872.jpg

主演のアンナ・カリーナは「シャレード/2002」や、「ぼくセザール 10歳半 1m39cm」で21世紀の今でも銀幕に登場している。
ジャン・クロード・ブリアリは余りにもいっぱいの映画に出演しているが、フランソワーズ・サガンの戯曲「スエーデンの城/1962」、ロジェ・バディム監督の「輪舞/1964」、ジャンヌ・モローの「黒衣の花嫁/1968」、シャルロット・ゲンズブールの「なまいきシャルロット/1985」などはなんとか思い出せる。
カリーナとベルモンドは「気狂いピエロ/1965」でも共演している。
60年代初頭の映画だが、下レビューの「鞄を持った女/1961」
でもそうだが、ヒロインの着るドレスがとってもお洒落で素敵。この映画はカラー作品。
a0051234_0434469.jpg

[PR]
by margot2005 | 2007-01-20 00:55 | フランス | Trackback(4) | Comments(4)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/5008771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from フランスってパリの首都!? at 2007-01-20 16:39
タイトル : フランスってパリの首都!?
フランスのパリとパリ周辺のできごとを日本人から観たフランスはパリ周辺の情報ポータルサイトです。パリを中心としてフランス、ヨーロッパの出来事を気軽に紹介して行きます。... more
Tracked from CHEAP THRILL at 2007-01-23 19:00
タイトル : 真・映画日記『女は女である』
1月21日(日) (前の日の日記より) 朝8時に帰宅。 昼までに日記を更新する。 この日はタイトルの映画を見た以外は完全に休養日だった。 まあ、たまにはいい。 夜8時くらいから『女は女である』を見る。 1961年の作品。カラー。 監督はジャン=リュック・ゴダール。 主演はアンナ・カリーナ。 ジャン=ポール・ベルモンドも出てる。 アンジェラ(アンナ・カリーナ)は場末の劇場でストリッパーとして生計をたてて、 彼氏のエミールと同棲中。 アンジェラは妊娠願...... more
Tracked from Blossom縲€Blog at 2007-04-23 11:34
タイトル : 女は女である
女は女である UNE FEMME EST UNE FEMME 監督 ジャン=リュック・ゴダール 出演 ジャン=ポール・ベルモンド アンナ・カリーナ フランス イタリア 1961 ... more
Tracked from 1-kakaku.com at 2007-05-05 17:14
タイトル : シャレード (2002)
オードリー・ヘプバーンとケイリー・グラント共演の同名作を、『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ監督が現代風にリメイク。かつてファラ・フォーセット主演でリメイクされた『シャレード’79』とはちがって、ストーリーはオリジナル版に忠実だ。離婚を決意してパリのアパートに戻ってきたレジーナは、夫が殺害されたと聞かされる。ジョシュアという男を始め、彼女に接触してくる怪しげな人物たち。どうやら夫は600万ドルを隠し持っていたようだ…。 つかみどころのない展開と奔放なカメラワークがオリジナルとは一線を画し、...... more
Commented by claudiacardinal at 2007-01-22 20:04 x
いい作品ですねー。ゴダール&カリーナでは「My Life to Live」が一番好きです。難解になる前はキッチュな作品多く撮ってましたね。「侮辱」なんてサイコー。難解になってからは近年の「In Praise of Love」はよかったですね。ゴダール万歳!
Commented by Bianca at 2007-01-24 00:35 x
この「女は女である」というタイトルですけど・・・これが封切された頃、高校生だったのですが、同齢の女友だちが、「いくらがんばっても、ほら、『女は女である』でしょう?」と手紙に書いてきたので、初めてこの名前を知りました。彼女は、アンナ・カリーナのように、その後ちゃんと結婚して子供を持ちましたね。彼女には心地よい映画だったのだろうと思います。私には、ヒロインの気持ちが分らないな~
Commented by margot2005 at 2007-01-24 22:21
CCさん、こんばんは!ゴダールはカリーナの元夫で、別れても映画には出るようカリーナにお願いしていたとからしいですね。
「My Life to Live」邦題は「男と女のいる舗道」です。これはコンビ作品一番ですね。テーマが印象的で今でも忘れられません。
「侮辱」は「軽蔑」という邦題ですね?BB&ミシェル・ピッコリの...モラヴィアの小説も読みましたわ。素晴らしい作品でしたね。
「In Praise of Love」は2001年作でしょうか?「愛の世紀」という邦題がつけられていますが...いや観たいですね。2002年に日本でも公開されていますわ。ゴダール万歳!同感!
Commented by margot2005 at 2007-01-24 23:41
Biancaさん、こちらにもお越しいただいてありがとうございます!
「女は女である」というのは子供を欲しがって、もうけるってことからきてるんでしょうかねぇ??そうなると私自身も“女は女である”であります。
ヒロインの気持ち解らなかったですか??
心地よい映画までは行かなかったですが、アンジェラの気持ちは理解できましたね。
<< 「マリー・アントワネット」 「プラダを着た悪魔」 >>