「愛されるために、ここにいる」

a0051234_1132469.jpg「Je ne suis pas là pour être aimé」2005 フランス
2006年フランス映画祭上映作品
フランス映画祭で前売りチケットを購入。しかし観に行けなかった作品で、公開されたら絶対!観たいと思っていた作品。いやマジで公開されて良かった。
フランス映画祭の際、タイトルは「愛されるためにここにいる訳じゃない」であったが、一般公開の際は「愛されるために、ここにいる」と肯定文に変化していた。
監督はステファン・ブリゼ。
主演は「読書する女/1988」のパトリック・シェネ&「灯台守の恋/2004」のアンヌ・コンシニ。
これは「シャル・ウイ・ダンス/2004」のリメイクではない...
というのも、出だしは少々似てる...仕事場から見えるタンゴ教室に興味を持つ中年男。そしてそこで出会う...ダンス教師ではないが、ちょっと気になるマドモアゼル...
この物語を一言で表現しているタイトルが素晴らしいと思う。否定形であっても、肯定形であっても...
a0051234_1133725.jpg

妻と別れ一人暮らしのジャン・クロード・デルサール(シェネ)は冴えない50代の中年男。彼の仕事は父親から引き継いだ、家賃不払いの居住者を追い出す、立ち退き勧告業。
ある日仕事でアパルトマンの階段を何段も登ったあげく息切れしてしまう。医者に診てもらったら、運動不足だからそのうち心臓がストップすると言われる始末。若い頃はテニスの地方チャンピオンだったのに...
そして早速向かえのビルにあるタンゴ教室へと向かうデルサール。そこで彼は、決して若くはないマドモアゼル、フランソワーズ(コンシニュイ)と出会う。
a0051234_1135021.jpg

多分ガラガラのシアターかなと思いながら、本編上映ぎりぎりに飛び込んだ。渋谷のユーロスペースでしか上映していないこの作品。以外やシアターは中高年の方たちでいっぱいで驚いた。
デルサールとフランソワーズ。デルサールと父親。この二人の関係が軸となって、“人間て愛する人がいるからこそ、生きることに価値がある...”と思わせる素晴らしい展開となっている。
おまけに、これを観れば、なんとなくタンゴ教室に通いたくなる...
もっとたくさんのシアターで公開されたら、観に来る人もいっぱいいるのに...もったいないなぁ...と又また感じた粋なフランス映画。
a0051234_114348.jpg

[PR]
by margot2005 | 2007-01-10 01:24 | フランス | Trackback(17) | Comments(14)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/4965000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2007-01-10 14:28
タイトル : 『愛されるために、ここにいる』
タンゴのように美しく。大人の繊細な恋物語はフランス映画の真骨頂。 50歳過ぎの執行官のジャン=クロードは、タンゴ教室に通い始め、フランソワーズという女性に出逢う。踊るシネマは大好きで、とりわけタンゴものは映画的に美しいから好き。サリー・ポッターの『タンゴ・レッスン』は最高に好き。官能的な大人のダンス。躍動するリズムに心は高揚し、メランコリックで情熱的な音楽と、その流麗なステップに酔いしれ魅了される。タンゴは恋愛そのものでもあり、色香の漂うとてもフランス映画的なもの。だけど、男女が踊るタンゴが重要...... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2007-01-11 21:07
タイトル : 映画『愛されるために、ここにいる』を観て
原題:Jenesuispaslàpourêtreaimé(フランス)公式HP上映時間:93分鑑賞日:12月29日 ユーロスペース(渋谷)監督・脚本:ステファヌ・ブリゼ出演:パトリック・シェネ(ジャン=クロード)、アンヌ・コンシニ(フランソワーズ)、ジョルジュ・...... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2007-01-11 21:49
タイトル : 愛されるために、ここにいる
あまりにも不器用で、あまりにも愛おしい。素直になれたら誰だって楽なのだけど、そんな事わかっててもなかなか出来ない人間もいるのよ。 今年の見納めになった作品でほんとに「小さな宝石」を得た気分になった。 タンゴの独特なリズムと官能的なステップ。ただ見てるだけではなく自分も踊ってみたくなってきてしまったりして。オーロラをみてクラシックバレエをやるぞ!とか思ったばかりなのに、今度はタンゴよ。爆 見てるだけでは簡単そうだけど、やはり体で覚えないと自然に足が出ていかないのよね、きっと。 何か心の隙間を埋めよう...... more
Tracked from Brilliant Da.. at 2007-01-14 20:55
タイトル : 『愛されるために、ここにいる』
ステキな邦題だと思った。。 観終わってから、しみじみこのタイトルが示す意味に痺れる・・ 久々に映画が残した深い余韻に酔いしれ、もう一本鑑賞予定だったのをキャンセルしてフワフワと帰途についたのだった。 予告編を観ただけでは食指が動かなかったわたしだけど・・ ご..... more
Tracked from Cartouche at 2007-01-21 10:53
タイトル : *愛されるためにここにいる*
{{{        ***STORY***          2005年   フランス 50歳のジャン=クロード・デルサール(パトリック・シェネ)には別れた妻との間に,植物を愛する内気な息子(シリル・クトン)がいた.ジャン=クロードは現在介護施設に入所している父親(ジョルジュ・ウィルソン)から執行官職を受け継ぎ,その事務所では秘書(アンナ・ブノワ)に加えて新たに息子も雇い入れ,将来的に執行官職を引き継く体制を作っていた.しかし彼は人々の怨嗟を買うこの仕事を決して好きになることができず,単調な...... more
Tracked from CHEAP THRILL at 2007-01-23 19:01
タイトル : 真・映画日記(2)『愛されるために、ここにいる』
(1からのつづき) 一旦建物を出る。 どこか喫茶店に入り一休みしようとした。 あれ、たしか「Q-AX」の1階ってカフェじゃなかったかな? ということで、建物の一階へ。 カフェ、というよりカウンターで缶ジュースを売っているロビーみたいなところだ。 そこで缶コーヒーを買い、ソファー席で飲みながら元旦に更新する日記を書く。 ある程度書いておいた方が後で楽だ。 4時半過ぎに途中で切り上げ3階の「ユーロスペース」へ。 5列目の通路側の席を取る。 3、4割の入り。 大晦日にしては健闘...... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2007-02-23 01:53
タイトル : 愛されるために、ここにいる
変わらない毎日、気づいたら一人ぼっち。あの日、あの時、君とタンゴに出会った。一歩、近づいてみる。もう少し、素直になる。ワンステップだけ前へ進めば、何歳になっても人生は変わる。仕事においても、家族との関係においても行き詰まり、人生に疲れ果てたジャン=クロ...... more
Tracked from DVDジャンル別リアルタ.. at 2007-04-20 11:41
タイトル : 灯台守の恋
1963年、“世界の果て”と呼ばれるブルターニュ海岸の辺境。ある日、アルジェリア戦争の帰還兵・アントワーヌが島にやってきて、イヴォン率いる灯台守の一団に加わる。イヴォンはアントワーヌと共に働き始め、彼の人柄を知ると彼を友人として村に迎えようとする。しかし、アントワーヌは一人の女性と恋に落ちてしまう。その相手とはイヴォンの妻・マベだった…。... more
Tracked from 夫婦でシネマ at 2007-05-22 12:10
タイトル : 愛されるために、ここにいる
上映時間は93分と短いですが、かえって無駄なシーンがなく、台詞もシンプルで、観ていてとても心地よかった。熟成された上質なワインを飲んだような気持ちになる映画でした。... more
Tracked from 俺の明日はどっちだ at 2007-07-24 10:52
タイトル : 「愛されるために、ここにいる」 
観終わったあと、ロビーでたまたまシネモンドの土肥さんとお会いしたので開口一番 「50親爺には堪らん映画でしたよぉー」 と伝えたら、返ってきた答えが 「40オンナにも堪らなかったのよ!」 うーん、なるほどと納得(笑)。 毎日続く決して人に喜んでもらえるとは言えない仕事の繰り返し、そして気難しい父親や仕事に向き合おうとしない息子とのギクシャクした家族関係、「はぁ〜、」と50歳を過ぎてふと自分の人生に戸惑いを感じるジャン=クロード(パトリック・シャネ)。 そして結婚式が間近となり、式の準備やいろんなことで...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2007-11-15 01:01
タイトル : 小さな宝石〜『愛されるために、ここにいる』
 JE NE SUIS PAS LA POUR ETRE AIME  父の跡を継ぎ、裁判所の執行官を勤めるジャン・クロード(パトリック・シェネ)は バツイチの50歳。医者から運動を勧められ、事務所の向かいのタンゴ教室に通い始 める... more
Tracked from Have a movie.. at 2007-11-20 23:58
タイトル : 愛されるために、ここにいる
大人の恋を静かに描いた、「小品」とは決して言いたくない、粋な映画に出会った。本国フランスでは「小さな宝石」と呼ばれ、ロングランを記録していたそう。 タンゴを踊るふたり…思い浮かぶカップルは人それぞれに違うだろう。今作の二人は50歳になった男と40歳...... more
Tracked from Big Screen at 2007-12-10 22:14
タイトル : 愛されるために、ここにいる
○愛されるために、ここにいる/JE NE SUIS PAS LA POUR ETRE AIME ○2005年/フランス/93min 公開2006/12/16セテラ・インターナショナル ○ロマンス・ドラマ[◆◆◆◆◆◇]5/6 素敵な映画でした・・・ 婚約し、結婚間近のフランソワーズ(アン・コンシニュイ) 、施設に預けた父そして別れた妻との息子ともしっくり行かず、行き詰まったジャン=クロード(パトリック・シェネ) 。フランソワーズは結婚式のパーティのために、ジャン=クロードは健康のために...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2007-12-15 22:39
タイトル : 『愛されるために、ここにいる』'05・仏
愛されるために、ここにいるあらすじ仕事においても、家族との関係においても行き詰まり人生に疲れ果てたジャン=クロード。結婚を目前にして幸せなはずなのにどこか満たされないフランソワーズ。ある日、タンゴのレッスンで、ペアを組むことになったジャン=クロードとフ...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2008-02-11 12:39
タイトル : 映画『愛されるために、ここにいる』
原題:Je ne suis pas la pour etre aime マリッジ・ブルーというにはあまりに純粋、老いらくの恋というにはあまりに切ない・・フランスで半年以上のロングランを記録した静かなタンゴの恋の物語・・ 司法執行官のジャン=クロード・デルサール(パトリック・シェネ)、見た... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2008-02-13 09:09
タイトル : <愛されるために、ここにいる> 
2005年 フランス 95分 原題 Je ne suis pas la pour etre aime 監督 ステファヌ・ブリゼ 脚本 ステファヌ・ブリゼ  ジュリエット・サレ 撮影 クロード・ガルニエ 音楽 エドゥアルド・マカロフ  クリストフ・H・ミュラー 出演 パトリック・シェネ  アンヌ・コンシニ  ジョルジュ・ウィルソン    リオネル・アベランスキ  シリル・クトン  ジュヌヴィエーヴ・ムニシュ... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-04-28 20:59
タイトル : 愛されるために、ここにいる
 『変わらない毎日。気づいたら一人ぼっち。 あの日、あのとき、君とタンゴに出会った。』  コチラの「愛されるために、ここにいる」は、本国フランスで「小さな宝石」と話題になり、ロングランヒットしたロマンティック・コメディです。  主人公は、50歳のジャン=....... more
Commented by Bianca at 2007-01-10 09:41 x
主役のパトリック・シェネさん、18年前の「読書する女」でも、医師に
気分転換をすすめられていたけど、相変わらず仕事一筋の猛烈ビジネスマンなんですね。団塊の世代の典型かな。その世代にうけるかも。でも、この画像、どう見ても「シャル・ウィ・ダンス」ですよね。
Commented by シャーロット at 2007-01-10 17:36 x
出遅れましたが・・・新年あけました。おめでとうございます♪
もっと早くにご挨拶をせねば、と思いつつ・・・TBがexciteさんにつかない状況です。コメントも何回もはじかれたり。
そんなこんなでこれも上手く反映されるといいのですが・・・。
私は2006年の〆の映画になりました。
思わぬほど涙を流してしまいました。とても気に入りました。
そうそう、タンゴ踊りたくなってしまった。笑

あ、それと名前をカタカナに変えました。
今年もどうぞよろしくお願いします。
Commented by CaeRu_noix at 2007-01-11 00:07
ぼんそわー。
『裏切り犬』にはあまり浸れなかったんですが、こちらはハゲしく気に入りましたよー。
フランス映画って、やっぱりよいですよねー。
こちらも中高年に人気なのですね。
彼の姓はデルサールっていうんですね。デルサール家3代の姿がまたポイントでした。
Commented by margot2005 at 2007-01-11 01:20
Biancaさん、こんばんは!パトリック・シェネは寡黙な仕事一筋人間に会いますね。実際では60才くらいの彼ですが、これでは51才の役で、しわがスゴイ彼なので51才役は無理がありましたが、素敵なムッシューなので許してしまいましたわ。
そう画像だけだと滅茶「シャル・ウイ〜」入ってます。
Commented by margot2005 at 2007-01-11 01:26
シャーロットさん、こちらこそ今年もヨロシクでございます!
なぜか?exciteにTB&コメント出来ないブロガーの方がいらっしゃるようですね??にも関わらずお越しいただいてありがとうございます。
2006〆にふさわしい映画で良かったですね。
いやもうとにかくこういった映画観ると“フランス映画万歳!!”と叫びたくなります。
確かにこれ観た人はタンゴ教室行きたくなりますよね。私もマジで思いましたが...現実問題としては無理があるかなぁ?なんて...
カタカナですね。了解しました。また今年も映画を語りましょう!
Commented by margot2005 at 2007-01-11 01:36
CaeRuさん、ヴォンソワ❡
「裏切り犬」に続き浸ってまいりました。浸り加減は「裏切り犬」以上でありますね。まぁ全然違うタイプの作品なので比べることは出来ませんが...わたしもかなりハゲしく気にいりましたわ。フランス映画“せ まにふぃーく!!”でございます。
映画の中で名前を殆ど呼び合わなかったですよね。ムッシュ誰々とか、フランソワーズとか...
デルサールのファミリー・ビジネスは悲惨でしたね。あの植物愛好家の息子には笑えました。
Commented by mako at 2007-01-11 17:01 x
TBコメントありがとうございました。素敵な大人の映画でしたね。
わたしが見に行った時も結構平均年齢高そうでした。
お正月あけてもそうなのですねー。
今日はコメントTB、うまくはいるかな。。
Commented by margot2005 at 2007-01-13 17:34
makoさん、こちらこそありがとうございました!
期待して観に行って、期待裏切ってくれない映画だと幸せな気分になれます。これが正にそれでございましたわ。
過去にフランス映画ファンだった中高年...それもシニア&夫婦割り引きの方たちて賑わっておりました。
渋谷も大人の街になりつつあるのでしょうか...嬉しいことです。
TBはダメでしょうかね?
Commented by nyanco at 2007-05-22 12:16 x
margot2005さん、こんにちは♪
この映画、長野でやっと上映されて観てきました。
とてもいい映画だったので感激です!
フランス映画祭の時はタイトルが違っていたんですね。肯定と否定では意味が全然変わって来てしまいますねー。。^^;
フランソワーズを演じたアンヌ・コンシニが40代とは思えないくらいキュートで、魅力的な女優さんだなと思いました。
こういうお洒落なフランス映画は大好きです。
Commented by margot2005 at 2007-05-23 23:29
nyancoさん、こんばんは!
そちらでも上映されて良かったですね。やはり良い映画は全国展開されるのですね。
そうタイトルが否定から肯定に変わっていてなんか変でしたが、観ればどちらでもOKかと思いました。
アンヌは若く見えますね。「灯台守の恋」の時もヒロインの娘役でしたわ。
お洒落なフランス映画はホントに素敵で大好きです!
Commented by fizz♪ at 2007-11-21 00:08 x
margotさん、こんにちは~
『灯台守の恋』を観てからずっと、観たくて観たくて、やっと借りられた作品です。
大人同士の小粋なお話に、じんわりと嬉しくなりました!
仰るとおり、人物たちの台詞が少なめ(そこもまた素敵でした)なのに対して、本当に題名が素敵ですね。
コンシニの若々しさに驚きでしたし、飾らない繊細な表情がこの映画に相応しくて見取れました。
TBさせて頂きました。
Commented by margot2005 at 2007-11-22 01:06
fizz♪さん、こんばんは!
TBありがとうございました!
『灯台守の恋』とはちょっと違いますが、淡い想いを抱く中年の主人公に拍手を送りたくなりましたわ。
大人な、大人な映画って大好きです!
これは少ない台詞が出演者たちの表情で語られる素晴らしい展開だったと思います。
ヒロイン、アンヌ・コンシニって1963年生まれで、決して若くはないのですが素敵ですよね?
今年の東京国際映画祭で上映された“潜水服は蝶の夢を見る”に出演しているようですが、一般公開されたら観に行きたい作品です。


Commented by JT at 2007-12-10 22:29 x
こんんばんはー、margotさんがこの記事を書かれてから1年近く経つんですね。遅ればせながらDVDで鑑賞しました!
徹底的にタンゴをつかって二人の気持ちを表現するあたりは、ほんと粋なつくりかたです。プロのダンサーの絡みつくような踊りで、二人の感情がピークに達するあたりは、みてるこちらまでちょっと興奮ぎみでした(笑)
年を重ねた女性の魅力を表現するのがうまい。
あのアンヌ・コンシニの笑顔の口元に負けてしまいそうでした~あはは。
フランスはやっぱり大人の国なんでしょうかね。
日本もこんな素敵な映画が出来るぐらい大人の民族になれるかな?
Commented by margot2005 at 2007-12-11 19:25
JTさん、こんばんは!
そういやこの映画今年の始めに観てたんですね?
今年は何本シアターで観れたのかなぁ??なんて数えなきゃと思っていた所です。
タンゴが上手くいかされてましたね。
プロのタンゴ・ダンサーが絡み付くように踊る様を観る二人は、二人で、目と目を絡み付かせていたように記憶しております。
あのシーンはホント素敵でした。
大人の恋を描いた大人な映画は大好きです!!
フランスって子供じゃなく大人が映画を観に行く国(子供は大人になってから遊ぶ、子供は家で留守番といったルールがあるようです)のようですので、このような大人が満足する作品が多く作られるんでしょうね?
パリの街、夜は子供が歩いている姿を余り見かけませんでしたね、そういや...

<< 「鞄を持った女」 「オーロラ」 >>