「マッチポイント」

a0051234_0103523.jpg「Match Point」2005 UK/USA/ルクセンブルグ
監督、脚本は「さよなら、さよならハリウッド/2002」
ウディ・アレン。
主演は「ベルベッド・ゴールドマイン/1998」「アレキサンダー/2004」のジョナサン・リース・マイアース。
マイアース演じるクリスを虜にするノラ役にスカーレット・ヨハンソン「理想の女/2004」
クリスの妻クロエに「Dear・フランキー/2004」のエミリー・モーティマー。
クロエの兄トムにマシュー・グード「チェイシング・リバティ/2004」。
モーティマーとグードは、どこかで観た顔?と思っていたら、ちょっと前にそれぞれが出演する映画をwowowで放送していた。
a0051234_065459.jpg

観終わって、この映画はアレン・ムーヴィーぽくないなと感じた。アレンの映画は会話が炸裂するが、これはそうではなくゆったりとストーリーが展開し、素敵なサスペンス・ドラマに仕上がっている。いやかなりお気に入りの部類に入るアレン・ムーヴィーである。
a0051234_07854.jpg

アイルランド出身のクリス・ウイルトン(マイヤース)は元テニス・プロで、ロンドンにある会員制のテニス・クラブのコーチとして働き始める。ある日そこで出会った青年実業家トム(グード)にオペラに誘われ、オペラ・ハウスでトムの家族を紹介され、家族ぐるみの付き合いが始まる。トムの妹クロエ(モーティマー)はクリスに夢中になり、クリスもまんざらではない。一方でトムのフィアンセである女優志願のアメリカ人女性ノラ(ヨハンソン)と出会ったクリスは、ノラの官能的な魅力の虜となってしまう。男はどんなに素晴らしい家庭を持っていても、誘惑に負けるのだろうか?その代償がとんでもないことになるなんて思ってもいなかっただろうが...
今一度、実に素晴らしいサスペンス・ドラマである!!
冒頭のネット際のテニス・ボールのシーンと、テームズ川欄干の指輪のシーン...ニクいなアレン!!と唸ってしまった。
タイトルの“マッチ・ポイント”も絶妙である。
a0051234_063770.jpg

スカーレット・ヨハンソンはホントに妖艶である。1984年生まれで20才ちょっとなのだが、このようなハリウッド女優て最近いない気がする。過去には一杯いた妖艶なるハリウッド女優になれそうである。マイアースは「ベルベッド・ゴールドマイン」でユアン・マクレガーと共に強烈な印象を残したが、今ではスーツが似合う。
リッチでなかったクリスが突然リッチマンになり、オフィスも自宅も高いビルの上...高所恐怖症と訴えるクリスが哀れである。リッチマンは高い所がお好きかも??
映画に登場するクリスとクロエの新居は、テームズ川沿いのビッグ・ベンが目の前に広がる瀟洒なアパートメントの一室。2年前に見たロンドンの景色が懐かしくもあり、また行きたくなってしまった。
a0051234_062147.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-08-30 00:14 | UK | Comments(18)
Commented by MACHI at 2006-09-01 19:51 x
先週見ました。ジョナサンの演技がすばらしい。ジョナサンだから、悪い男でも許しちゃいますわ。(爆)
スカーレットって、どうしてああもフェロモンムンムンなのでしょうか。ぴったりの役。

ロンドンの風景がなつかしいという王妃様が、うらやましいですぅ。
Commented by margot2005 at 2006-09-02 00:24
MACHIさんもご覧になってたのですね。とても楽しみにしていた作品で友人数人誘って恵比寿で観ましたが、皆良かった!!て言ってましたわ。やはりアレンのブラックっぽいユーモアは最高ですね!!ロンドンの街素敵ですわよ!!
ジョナサンはやはり悪い男似合いますね...
スカーレットはかなりなナイス・バディですが...先(年を重ねるごとに)大丈夫かな??なんてあの身体見て思いましたが...
Commented by Ken at 2006-09-03 00:46 x
margot2005さん、ご無沙汰しております!
>過去には一杯いた妖艶なるハリウッド女優
そうそう、僕もスカーレット・ヨハンソンには全く同じ印象を持っております。スクリーンに映るだけで強烈な印象を残す女優さん、いまどき珍しいですよね。
あとは、あえて言えばアンジェリーナ・ジョリーかな?
あ、これはもしかしたら僕が唇がポッテリした女優さんが好きなだけかも知れませぬ(笑)。

Commented by charlotte at 2006-09-03 01:34 x
こんばんは。大変ご無沙汰をしてしまいました。
調子はいかがですか?
なんか9月に入ったとたんにさわやかさを感じるんですが。
気のせい??

ジョナサンの瞳がとても印象に残ってますよ…
なんだか笑うに笑えないラスト。
ゲームセットで終わらせないでマッチポイントのままずーっっと続きそうな、ゲームのオチを見てるような気になりましたです。笑

Commented by margot2005 at 2006-09-03 23:50
Kenさんとは観てる映画が滅茶一致しておりまして、またお邪魔させてもらいますね。
スカーレットは大物になるでしょうかね?「モンタナの風に抱かれて」でレッドフォードとスコット・トーマスと共演した映画が懐かしいです。
アンジェリーナもそうですね。妖艶ですよね。女性から見ると嫉妬の対象になるかと思えますが、アンジェリーナは女性ファンが多いようです。obasanのわたしも大好きですが...
Commented by margot2005 at 2006-09-03 23:57
charlotteさんどうも今一つ調子でないですね...マジで夏ダメなんです。朝晩はかなり過ごしやすくなりましたが、まだまだですね。日々秋を待つ毎日でございます。
ジョナサンの瞳...そういや訴える目ですわね。
あの展開はマジで...だったのですが...ジョナサンが捕まってもストーリー的にマズいな??なんて..
ほんとマッチポイントのまま続きそうな気配感じましたよね。
Commented by マダム・クニコ at 2006-09-05 11:07 x
>実に素晴らしいサスペンス・ドラマ

同感です。
こんなに面白い映画、久々でした。
突っ込めば、ほころびも多いのですが、2度観ても楽しめました。

TBに感謝!
Commented by margot2005 at 2006-09-05 22:54
マダム・クニコさん、こちらにもコメント感謝でございます!
アレンはホント粋な映画を作りますね。観終わって席を立つのに躊躇しました。まだ映画の中に居たかったという気持ちがこみ上げて来て...

Commented by CaeRu_noix at 2006-09-07 12:48
こんにちはー。
てっきりコメディタッチの物語かと思って観に行ってビックリしました。いや、しかし、評判が高いのも納得の見ごたえのあるラブ・サスペンスとなっていましたね。場面の一つ一つがエクセレントでした。スカーレット・ヨハンソンのファム・ファタルっぷりにもドッキリしました。ロンドンで新境地がひらけてよかったですー
Commented by margot2005 at 2006-09-08 00:34
CaeRuさんこんばんは!
わたしもてっきりコメディだと思ってまして...Blackでございましたわ。
アレン英国でも存在感ありで、次回を楽しみにしております!
スカーレットはジョッシュと共演の次回作楽しみですね。シアターで予告観ましたわ。公開されたら観に行かなきゃ...
Commented by Chocolate at 2006-09-08 22:26 x
こんばんわっ、お久しぶりです。
ちょっと香港に行ってました。^_^

この映画のタイトルは本当に絶妙ですよね~
大好きなロンドンが舞台ということもありかなり贔屓目。(笑)
でもドラマとしてすごくよく出来ていたと思いますー。
これDVDが出たらちょっと欲しいかも~
Commented by margot2005 at 2006-09-09 21:48
chocolateさん、こちらこそご無沙汰でございます。気が向かないと書かないブログにお出でいただいてありがとうございます。
香港&マカオ楽しまれたようですね。羨ましい!!ですぅ!私も早く行きたいのですが...いつでも行けるアジアってどうも後回しになってしまって...
この映画のクリス&クロエの高級アパートの一室から見える景色は、私のPCのデスクトップと同じでございます。まあでもあんな所に住める人ってUK人でもほんの一握りでしょうか...
今一度観たい映画となりました。
Commented by sabunori at 2006-09-11 15:40
margotさん、やっと観ました~。
クロエのお洋服をピーコのようにチェックしては「そうそう、お金持ちのお嬢って
こういう地味だけど質の良い服着るのよねぇ〜」なんて楽しんでしまいました。
ジョナサンは勝負に勝ったの?ラストまで1度も目が笑っていませんでしたよね。
Commented by 紫の上 at 2006-09-11 18:53 x
近くの劇場は9日からから公開されたので、やっと見てきました。
ほんといつものウデイ・アレンらしからぬ作品でしたねぇ~。
でも、いくつか彼流を感じさせてもくれましたが・・・。
いやぁ~、ロンドンに行ってみたいです!王妃が羨ましい!!
ハラハラ・ドキドキのサスペンス・ラブストーリーで実に面白かったですがそして、イギリスのハイソな生活も目の保養になりました。
で、あのクロエを演じたのが「dearフランキー」のお母さんでしたか?
どこかで見たことあると思いつつ、見ていました。いやぁ~、分かって良かった♪
Commented by margot2005 at 2006-09-11 22:29
sabunoriさん、ご覧になったのですね!粋な映画でしたわ。
クロエの洋服ですが、あんなにリッチなのにとっかえひっかえのワードローブではなく、コートなんぞ同じのを何度も着ていてちょっと??でした。ノラと比較してクロエの衣装はわざとダサくしたのかな?なんて思いもしましたが...ピーコ、チェック楽しんだのですね。
ジョナサンの目はほんと笑ってませんでしたね...ジョナサン笑うとキュートなんだけどな。
Commented by margot2005 at 2006-09-11 22:44
紫の上さん、こんばんは!そちらでも上映されてるのですね。アレン映画ぽくないのは、マシンガン的に炸裂する台詞がなかったからかな?なんて思いましたが...
古いレコードの音とかアレン流でしたね。そしてアレンは複雑な人間関係描くのが滅茶巧いと思います。
ロンドンの素敵な景色も見せてもらいました。紫の上さん!機会があれば是非UKヘ!ロンドンは素敵な街です。また機会があればわたしも行きたいですね。
クロエを演じた「Dear フランキー」のモーティマーは少々ダサいイメージでしたが、ノラと対照的な女性を配したかったのでしょうね監督は...そういった意味では大正解だと感じましたわ。
Commented by kimion20002000 at 2007-02-19 23:57 x
TBありがとう。
はじめてのイギリスを舞台にした映画だと思いませんね。ロケハンがとっても上手で、うまいスタッフをつけたものです。
Commented by margot2005 at 2007-02-21 21:04
kimion20002000さん、こんばんは!
こちらこそコメントありがとうございます!
ウディ・アレンの映画はお洒落で大好きです。ロケーション素敵でしたね。
アレン監督のユアン・マクレガー&コリン・ファレルの「Cassandra's Dream」楽しみですね。
<< 「マイアミ・バイス」 「スーパーマン・リターンズ」 >>