ダルデンヌ兄弟...「ロゼッタ」「息子のまなざし」

ベルギー人監督リュック&ジャン・ピエール・ダルデンヌ兄弟の2作品。シアターで「ある子供/2005」を観る前に、DVDで「ロゼッタ/1999」を観、そして「ある子供」を観た後wowowで放映されていた「息子のまなざし/2002」を観たのだが...この兄弟監督作品に共通するものは...貧困、家庭崩壊...いずれの作品も主人公は低所得者であり、それぞれの家庭に離婚歴がある。アメリカ人同様ヨーロッパ諸国の夫婦も離婚する人々が多い。

a0051234_22341923.jpg「ROSETTA」1999 フランス/ベルギー
1999年度カンヌ国際映画祭パルムドール賞/リュック&ジャン・ピエール・ダルデンヌ
主演女優賞/エミリー・ドゥケンヌ
主演は「灯台守の恋/2004」でブリジットを演じたエミリー・ドゥケンヌ 。
「灯台守の恋」の5年前の作品なので、1981年生まれのエミリーは、この作品の時は10代であった。映画の中のエミリーはとてつもなく幼く見える。「ある子供」でチンピラを演じていたファブリッツィオ・ロンギーヌがロゼッタと出会う若い男リケを演じている。「息子のまなざし」のオリヴィエ・グルメはリケが働くワッフル屋のボス役。

アルコール依存症の母親(アンヌ・イェルノー)とキャンプ場に設置されたトレーラー・ハウスに暮らすロゼッタ(ドゥケンヌ )は、ある日いきなり職場で解雇を言い渡される。不本意だがどうにもならない。職探しに翻弄するロゼッタだが仕事は簡単に見つからない。ロゼッタの日常を描いているだけの、とにかくとてつもなく単調なドラマだ。
アルコール依存症の母を疎ましく思いながらも、けなげに守ろうとする姿がめちゃくちゃ哀れである。そして知り合ったリケ(ロンギーヌ)にほのかな思いを寄せるのだが...。
ダルデンヌ作品は余りにも哀れで、悲しくて、観ていて少々辛くなる。
a0051234_22344044.jpg

ロゼッタが大事に、大事にしている一足のブーツが映画の中で非常に印象に残る。トレーラー・ハウスでの食事のシーン...ゆで卵をさも美味しそうに食べているロゼッタ...「ある子供」のキッチンのシーンでも、粉末かなんかのインスタントの顆粒を鍋に入れて、後はトマトを切って入れるだけの質素な食事...寂しいメニューだなと思った。
フランス映画お得意のあっと言う間のラスト・シーン...どう理解しようかと考えるのだが...後でジーンとくる。それは「ある子供」「息子のまなざし」にも共通しているダルデンヌの技であろうか...。上写真は素顔のエミリー。


a0051234_22353148.jpg「LE FILS」...aka「THE SON 」2002 ベルギー/フランス
2002年度カンヌ国際映画祭主演男優賞/オリヴィエ・グルメ
脚本もダルデンヌ兄弟。主演はオリヴィエ・グルメ 。グルメはヴァンサン・ペレスが監督した「天使の肌/2002」やロマン・デュリスの「パリの確率/1999」に出演しているのだが...悲しい...記憶に...なしである。この作品の詳しいストーリーはとても書けない...ネタバレしたくないし...余りにも重いしで...。

a0051234_22354512.jpg

職業訓練所の教師オリヴィエ(グルメ)には暗い過去がある。
ある日フランシス(モルガン・マリンヌ)という少年が訓練を希望しにやって来る。オリヴィエの受け持つ木工クラスは、すでに人員オーヴァーで受け入れる事が出来ない。いったん断るオリヴィエなのだが...撤回してフランシスを自らの木工クラスに招き入れる。
ある夜仕事から戻ったオリヴィエの家に訪ねて来た別れた妻マガリ(イザベラ・スパール)。彼女は“子供が生まれるの!”と言う。“あなたには誰か良い人いないの?”とマガリに聞かれ“ノン!”と答えるオリヴィエ。
この後は観てのお楽しみとしたい。とんでもないストーリー展開に...あっと驚いてしまった。この作品のラストも...たまらない...。
この作品は途中で(最初の方...)何度も挫折し、観るのを諦めかけた映画である。というのも始まりが余りにも辛気くさくって(単調)...邦題の「息子のまなざし」というタイトルはどうなるのか?と考えたりして...しかし「ある子供」を観た後にもう一度トライしたのだが、一気に観る事が出来た。原題は“息子”。
[PR]
by margot2005 | 2006-02-05 21:27 | フランス | Trackback(8) | Comments(2)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/3146814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Brilliant Da.. at 2006-02-05 21:45
タイトル : 『ロゼッタ』
寒いし遠いしで恵比寿まで観に行けない『ある子供』 その同じ監督のダルデンヌ兄弟が撮ってカンヌ映画祭のパルムドールを受賞した作品。 先日観て感動したフランス映画『灯台守の恋』の紹介の中で、よそ者の灯台守に片思いするムチムチの明るいギャルを演じていたエミリー・..... more
Tracked from ソウウツおかげでFLAS.. at 2006-02-06 00:17
タイトル : ロゼッタ [CATV]
トレーラーハウスの貧しい生活は、職に就くことの障害になっている。唯一の家族である母親はセックスとアルコールに依存している。そんな母を見ているからか、ロゼッタは自尊心が高かった。施しは受け取らず、生活保護も拒否する。彼女はまっとうな暮らしをしたいだけだっ... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2006-02-17 09:19
タイトル : 息子のまなざし
この映画はですねぇ、、、 某テレビ局が主催する新人シナリオコンクールで大賞を取った作品が この映画をパクった作品だと噂が流れたのですよ。 そこまでの作品て!?と興味を持ってDVDで鑑賞。 職業訓練所で木工技術の教官をしているオリヴィエのもとに、 ある日フランシス... more
Tracked from 映画君の毎日 at 2006-02-18 07:37
タイトル : 息子のまなざし
ビデオメーカー 息子のまなざし 2年前、映画を根詰めて観始めた頃は、 とにかくアメリカの映画が楽しくて、 ヨーロッパの映画は正直言って退屈な気がしていた。 良さそうとは思いつつも、 何故かフランス語を聞くだけで眠くなっていた。 そして最近はようや... more
Tracked from cinema note+ at 2006-02-19 01:27
タイトル : ロゼッタ
Rosetta 1999年 ベルギー・フランス ストーリー:酒浸りの母親とトレーラーハウスで生活するロゼッタ。働いていた工場から突然解雇された彼女は、新しい仕事を探すが見つからな... more
Tracked from Cartouche at 2006-02-19 09:39
タイトル : *ロゼッタ*
{{{  ***STORY***          1999年  フランス=ベルギー キャンプ場のトレーラーハウスでアル中の母と暮らすロゼッタ(エミリーデュケンヌ)は、働いていた工場から突然解雇された。 いつものように秘密の入り口から家に帰ると、ロゼッタに隠れてお酒を飲んでいる母とケンカに。。 再び、街に出て、母の直した古着を売るが、大したお金にはならず、役所に届けた休職届けも受け取ってもらえない。 いつも立ち寄るワッフルスタンドで新顔の店員リケと知り合う。彼は何かと親切にしてくれ、仕事...... more
Tracked from Cartouche at 2006-02-19 09:39
タイトル : *息子のまなざし*
  ***STORY***               2002年  ベルギー=フランス オリヴィエ(オリヴィエ・グルメ)は職業訓練所で大工仕事を教えている。 ある日、そこにフランシス(モルガン・マリンヌ)という少年が入所してくる。 彼は大工のクラスを希望したが、オリヴィエは手一杯だからと断り、フランシスは溶接のクラスに 回される。しかしオリヴィエは人に気づかれぬよう、フランシスを追う。。。 同じくタンデム兄弟の”ある子供”を見る1週間前に見たのですが、これまたハードにマ...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2006-12-09 00:56
タイトル : ある子供&イゴールの約束&ロゼッタ
ベルギー映画監督のダルデンヌ兄弟特集、カンヌ国際映画祭で高い評価を得た不思議な感覚の映画だよね、・・かたくなだけど、リアルに必死に生きていく・・ 映画『ロゼッタ(1999)』 原題:Rosetta キャンプ場のトレーラーハウスで母親と暮らすロゼッタ(エミリー・デュケン... more
Commented by マダムS at 2006-02-05 21:51 x
エミリーちゃんも今では一児の母だとか・・・
素顔はやっぱりパリジェンヌ? あのボーイフレンド、「ある子供」でも出ていましたね~ ダルデンヌ組とかやっぱりあるのかしら・・ワッフル工場の社長が「息子のまなざし」のお父さんのようですし・・。
唐突な終わり方なんですけど、それがかえって更に余韻を残しますよね~ やっぱり天才なんでしょうか。
Commented by margot2005 at 2006-02-06 22:35
エミリーちゃんはママンなんですかマダム?素顔可愛いですよね!
映画、監督、出演ってやはりチームがあるのでしょうかね?ダルデンヌ映画でも...。オリヴィエ・グルメは出てます...わたしたちが観てる映画に...チェックしなきゃですが、結構普通のojisanぽいので解りづらいのかもですね?ダルデンヌは単調なドラマの中で語る監督ですよね...やはり天才でしょう?
<< 「ラヴェンダーの咲く庭で」 「ミュンヘン」 >>