「ミュンヘン」

a0051234_0154414.jpg「Munich」2005USA スティーヴン・スピルバーグ「シンドラーのリスト/1993」が監督、主演は「トロイ/2004」のエリック・バナ。
原作はノンフィクション小説“標的(ターゲット)は11人/モサド暗殺チームの記録”。
この事件は世界中で放映され、当時TV で見た記憶がある。
バナ演じるアヴナーとチームを組む男たちに「Jの悲劇/2004」のダニエル・クレイグ、フランス人俳優のマチュー・カソビッツ「アメリ/2001」、オスカー俳優「シャイン/1996」のジェフリー・ラッシュetc.
アヴナーの身重の妻ダフナはイスラエル人女優アイェレット・ゾラーが演じている。
a0051234_0104693.jpg

1972年ドイツで開催されたミュンヘン・オリンピック。開催中の選手村にパレスチナ・ゲリラ“ブラック・セプテンバー”が侵入し、イスラエル選手団11人を襲撃した。激怒したイスラエル機密情報機関“モハド”は報復計画をたてる。この計画のリーダーにアヴナー(バナ)が選ばれる。彼には身重の妻ダフナ(ゾラー)がいたが、単身ヨーロッパへと渡る。そして揃ったメンバーは...それぞれに国籍も、年齢も違う男たち...スティーヴ(クレイグ)、カール(キアラン・ハインズ)、ロバート(カソビッツ)、ハンス(ハンス・シジュラー)の4人とイスラエル人のアヴナー。彼らはメンバー唯一の連絡係エフライム(ラッシュ)との接触は許されたが、これは家族にも知らせてはならない重大な秘密任務であった。
a0051234_1163397.jpg

主演のエリック・バナは役にぴったりである。祖国イスラエルに愛する身重の妻を残し、自分の居場所も、仕事も知らせず、国家から命ぜられた任務に立ち向かう姿は素晴らしくもあり、哀れでもある。とにかくバナの表情が素晴らしい!バナはオーストラリア人だが、両親はクロアチアとドイツからの移民であると言う事を知った。クレイグ演じるスティーヴはちょっと軽い感じの役柄で、これも又適役。ジェフリー・ラッシュも謎っぽいエフライムを好演している。上映時間は2:44もある...リヴェンジ・ストーリーなので次はどういう行動を起こすというのは解っているのだが、飽きることなく物語は展開して行って見応えがあった。
日本人にとって人種問題というのは、日常的にはほとんど関係しない事柄であるので、ストーリー的にはピンと来ないかも解らないが...こういう映画を観るといつも...平和な日本に生まれて幸せだなと感じる。
a0051234_0481280.jpg

マルタ、ブタペスト、パリで撮影された景色が美しい!アイェレット・ゾラーはイスラエル本国で最も賞賛を浴びた女優の一人ということである。
ワン・カットでイヴァン・アタル「フレンチなしあわせのみつけ方/2004」とヴァレリア・ブルーニ・テデスキ「ぼくを葬る/ 2005」が出演している。
ヴァレリアは一言の台詞のみだが、スピルバーグ作品は魅力があるのだろうか?
[PR]
by margot2005 | 2006-02-05 01:35 | USA | Comments(27)
Commented by ミチ at 2006-02-05 09:13 x
こんにちは♪
見応えありましたね~。
エリック・バナの演技に目が釘付けでした。
さらにブレイクしそうな予感!
Commented by マダムS at 2006-02-05 10:13 x
ひゃ・・カソビッツ&イヴァンアタル&テデスキ様も出ているの?知らなかったです。 フレンチ俳優沢山使ったのですね~♪
水曜に観に行こうかと思ってますが、上映時間そんなに長いの!? 椅子の良い劇場選んで観に行ってきますね(^^)v
Commented by margot2005 at 2006-02-05 21:41
ミチさんコメントありがとうございました!良い作品でした。前からエリック好きだったのですが...ハマりそうです。
Commented by margot2005 at 2006-02-05 21:44
マダム!カソビッツはこれから監督に専念するとか宣言したとからしいですが...スピルバーグ作品ヨーロッパ人には憧れなのでしょうかねぇ??
上映時間長いですが...あっと言う間でした。
Commented by chaelotte at 2006-02-05 23:56 x
こんにちは。見てまいりました!
ダニエル・クレイグはまり役でしたね。瞳がいいです。でも私はどちらかというとエリック見たさでした。(^^ゞ
上映時間ちょっと長かったかな・・・重たい作品続きで疲れがたまってるのかもしれません~
Commented by margot2005 at 2006-02-06 22:42
ご覧になりましたのねchaelotteさん。スピルバーグ映画はなんだかんだ言いながら観てます。全部観てると思います。この方の作品は賛否両論ものが多い気がしますが、この映画は私的には良い作品だと思いました。とにかく出演者が素晴らしかったと思います!
エリック・ファン多いですね!!ダニエルはブロンドにブルー・アイズでとてもチャーミングなイングリッシュマンでございますわ。
Commented by purple in sato at 2006-02-06 23:06 x
TBありがとうございました。
スピルバーグの本作はホント名優揃いでした。うんうん
演出がピカイチな印象がありました。っと、それに役者さんたちの演技も素晴らしかったと思います。ハイ
では、またおじゃまさせてもらいますね♪

Commented by Ken at 2006-02-06 23:47 x
margot2005さん、こんにちは!
TBありがとうございました!
エリック・バナ、良かったです。これだけ長い映画を緊張感たっぷりに観られたのは、彼の演技によるところも大きかったですよね。
僕はこの日2本目の映画観賞で、最後のほう若干ヘロヘロ気味だったのですが、それでも観られてしまうし、強烈な印象を残す。
スピルバーグってやっぱりすごいと思います。
Commented by 隣の評論家 at 2006-02-07 18:49 x
こんにちわ。TBありがとうございました。
エリック・バナ、良かったですよね。オーストラリア出身というのは知っていたのですが、ご両親が移民だったとは知りませんでした~。
私の周囲で「観た」という女性の方の感想は、「重過ぎてダメ」という感じのものが多いのですよ。私も女ですけど、知らない事を教えてもらって、大変意味のある作品だと思ったのですがね。やっぱり、人種問題が入ってくると、理解しにくいのでしょうかね...。
Commented by margot2005 at 2006-02-07 23:37
purple in satoさんこちらこそコメントありがとうございました!出演俳優良かったですよね!スピルバーグ作品は時にお粗末な映画もありますが、「ET」「未知との遭遇」以来のファンです。またお越し下さいませ。
Commented by margot2005 at 2006-02-07 23:45
Kenさん、エリック・バナを皆賞賛してますよね。監督に選ばれた俳優なのだと切に感じました。エリック演じる悲哀の表情は感動ものでした。素晴らしい俳優だと思います。上映時間の長さは全然感じなかったです。“もう終わりなのか?”なんて思ったくらいですから...。Kenさんへろへろなの解りますよ。わたしは重い作品を続けて観ることは出来ません。どっと疲れでます故...。スピルバーグの映画に又期待したいと思います!
Commented by margot2005 at 2006-02-08 00:00
隣の評論家さん、こんばんは!trackbackのみで...。
さて皆様エリック賞賛してますが...ほんとに良かったですよね!
わたしこれ系のサスペンス大好きなんです。暗殺ものは特に...変な人?ですが...“ケネディ暗殺”などもハマってノンフィクションもの読みました。このモサドの“11人の暗殺者”も読み始めた所です。人種問題って日本人にとって非日常的なものですものね。しかしヨーロッパとかに旅すると、いろんな民族の人々が住んでおり、特にアフリカ系やアラブ系の人々がとても親切で嬉しくなりますね。
Commented by 悠雅 at 2006-02-08 23:32 x
マダムSさん
こんばんは!観てきました~
エリック・バナ、いい俳優さんだなぁ、と改めて思いました。
(『トロイ』しか観てませんけど^^;)
ただ、わたしは「素敵!ハマりそう」ということはないと思われますが。
ジェフェリー・ラッシュといい、爆弾担当の『アメリ』の彼といい、ダニエル・クレイグといい、シアラン・ハインズ…
とにかく、見ごたえのある内容、俳優陣でした。
ちょっと重くてしんどかったけれど…
Commented by 悠雅 at 2006-02-09 09:28 x
margot2005さま
おはようございます。いつもTBさせていただいている悠雅です。
今回は、何という失礼をしてしまったのでしょう。
↑のコメント、マダムSさん宛てに書いてしまいました。
あちこちにお邪魔してコメントを残しながら、TBさせていただいているうち、混乱してしまいました。
普通、そんなことする人、いらっしゃいませんよね。お恥ずかしい限りです。
どうかこれに懲りず、これからもどうぞよろしくお願いします。
Commented by margot2005 at 2006-02-10 20:47
悠雅さん、ぜんぜん気にしないでくださいませ。trackback&コメントありがとうございました!エリック・バナ「ハルク」「トロイ」のみで、「ブラック・ホーク・ダウン」の記憶はありません。これからの彼に期待したいです!この作品は出演者が素晴らしかったと思いますね!こちらこそヨロシク。
Commented by 悠雅 at 2006-02-10 22:45 x
margot2005さん、優しいお言葉、ありがとうございます。
またお邪魔させてくださいね。
Commented by ラクサナ at 2006-02-11 00:05 x
いやーん王妃!私はちとオシリが痛かったです。
気持ちもズッシリで・・・でもやはりスピルバーグにこの作品で教えて貰ったことの意味は大きかったかと。
エリック・バナの涙顔は忘れることができませんね~。
バナの奥さん役の彼女、イスラエルで有名な女優さんだって初めて知りましたわ。私もパンフは買わない奴なんで・・・(^^;
重いテーマといえばジョジ・クルの『シリアナ』も良かったです。
映画としては、ソチラのほうが私は面白かったので。^^
Commented by キュブ零 at 2006-02-11 22:46 x
margot2005さん、こんにちは!TB、コメントいれさせてもらいました。
とても衝撃的な映画で、恐怖と無常感の中で、2時間40分以上の上映時間わすれていました。日本人には、この復讐の連鎖わからない感覚ですが、このようなことが、まだ続いているのかと思うと怖くなりました。
Commented by margot2005 at 2006-02-12 00:03
悠雅さんまたお出でくださいね。
Commented by margot2005 at 2006-02-12 00:10
ラクサナさん長かったですからね...わたし結構okでしたわよ。エリックの涙は上手かったですね...電話でなけるなんて俳優ですわ。いや実に良かった彼の涙顔。もうこれはエリック絶賛映画のようでございますが...。「シリアナ」もうご覧になったのですか?
Commented by margot2005 at 2006-02-12 00:16
キュブ零さんようこそお出でいただきました!trackback&コメントありがとうございます!世界ではこのような事がどこかで起きているようですが、日本人にとってこのような事は現実味がなくピンと来ない感覚ですよね。平和であるという事をもっともっと感謝しなければならないと思います。
Commented by chatelaine at 2006-02-14 02:04
こんばんは~。
エリック・バナのかなしみをたたえた瞳が、なんとも切なかったですねぇ。
めまぐるしく変わるヨーロッパの街並みに、いつもなら嬉々として観るんですが、いかんせん今回はテーマが重すぎて、乗りきれませんでした…(涙)
Commented by margot2005 at 2006-02-15 01:56
chatelaineさん、こちらにもありがとうございました!!エリック良いですよね。あの哀しみをたたえた瞳...。乗れませんでしたか?ヨーロッパの景色!?展開は確かに激しかったですよね?そうそうエリックってコメディ出身らしくって、そのうち公開されるドリュー・バリモアとの共演映画ってコメディなのかしら?楽しみです!
Commented by Puff at 2006-03-02 20:58 x
こちらにもTB、ありがとうございました。
辛く重い映画でしたけど、是非観ておくべき映画だと思いました。
この映画、キャストがまたまた良かったですよね!
エリック・バナ、前作「トロイ」の時はエネルギッシュな魅力を感じましたけど、今回は哀愁をおびた苦悩する役柄がとても良かったです。
報復を畏れてうなされるシーンは壮絶でしたよね・・・・・
Commented by margot2005 at 2006-03-02 22:53
こちらこそこちらにまでコメントありがとうございました。
エリック・バナは「トロイ」の時でも悲惨な最後でしたが、哀しみをたたえた彼の表情は素晴らしいと思います。特に苦悩顔が似合う顔なんでしょうか?ちょっと哀愁を帯びた顔ですものね。
ラストはちょっと辛かったですが、上映時間の長さを感じずに観た映画でした。こういった映画はやはりシアターで観るべきだと切に感じます。
Commented by D at 2007-01-25 09:01 x
これも遅ればせながらやっと観ました

重い・・でも観てよかったです
どのキャラクターも過剰過ぎず、弱すぎず・・しっかりした演技で良かったです。
Commented by margot2005 at 2007-01-26 01:26
Dさん、こんばんは!
重い、おまけに非日常的作品で、上映時間は長いわ...でしたが...なんか感動しましたわ。展開は解っているにも関わらず上映時間の長さを感じない素晴らしい映画でした。それぞれのキャラクター良かったですとっても。
<< ダルデンヌ兄弟...「ロゼッタ... 「僕のニューヨーク・ライフ」 >>