「ある子供」

a0051234_23332838.jpg「L' Enfant」...aka 「The Child」2005 ベルギー/フランス
2005年度カンヌ映画祭パルムドール賞受賞作品(リュック・ダルデンヌ、ジャン・ピエール・ダルデンヌ)
監督はリュック・ダルデンヌ、ジャン・ピエール・ダルデンヌ「息子のまなざし/ロゼッタ」で、脚本はレオン・ミショー、アルフォンソ・パドロと監督の共同脚本。
主演はジェレミー・レニエとデボラ・フランソワ。

映画を観る前に、この映画の監督である二人の作品「ロゼッタ/1999」を観た。やはり同じ監督が作ったのだなと、かな〜り感じるものがある。「息子のまなざし/2002」はDVDで観たのだが、途中で挫折しているので、今一度観なければならない事になってしまった。
ヨーロッパは日本に比べ貧富の差が激しい諸国だと思う。前にフランスに行った時、パリ、リヨン駅でジプシーの女性に小銭をねだられ驚いた経験がある...背後には子供の父親らしき男もいた...
日本、東京では考えられない事なので...
この映画でも子供を乳母車に乗せた主人公が、街頭で小銭をねだるシーンが登場する。
大人になれないまま父親と母親になってしまった若者を描いた、せつないドラマである。
a0051234_23341643.jpg

18才のソニア(フランソワ)は子供を産んで恋人のブリュノ(レニエ)の元へ戻った。ブリュノは子供を見て喜ぶどころか戸惑いの表情を見せる。定職のないブリュノはその日暮らしで、物を盗んだり、物乞いしたりして生きていた。ソニアは子供のためでもあり、ブリュノに定職に就いてもらおうと職業斡旋所の長蛇の列に並ぶが、待つ事が出来ないブリュノは子供を乳母車に乗せて公園へと向かう。ここでブリュノはとんでもない事をしでかすのである。以前盗品の売買で知り合った女性が“子供を欲しがってる人がいるのよ!”という言葉を思い出し、とっさに生まれたばかりの自分の子供ジミーを売ってしまうのである。
a0051234_23334613.jpg

とにかく重い、重い、重い作品である。子供の親になること、それは、生んだ母親は若くても実感があると思えるが、父親である男は以外に実感なんて無いのではないだろうか?映画の中でもブリュノが“僕の子供ではない!”という発言をしている。しかし、子供を産んだソニアは我が子ジミー必死で守ろうとする。このソニアの姿が哀れである。ブリュノも本当のワルにはなれない、とりあえず生活のためワルをしている...というのが又哀れである。ラスト・シーンは素晴らしい!
主演のレニエは1981年生まれの割に老けてるのか(ヨーロッパ人だから仕方ない)?ちょっと猿顔で...セイン・カミュに似てるのだけど...。
「ロゼッタ」でリケを演じたファブリツィオ・ロンジョーネがチンピラ役で出演している。映画のエンド・クレジットが音なし(普通back musicありなんだけど...)というのも、この監督の狙いなのか??レニエの「イゴールの約束」DVDで観たはずなんだが...記憶になし...今一度観ないと...。
a0051234_2334277.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-01-27 01:45 | フランス | Trackback(42) | Comments(16)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/3093335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 平気の平左 at 2006-01-27 20:03
タイトル : 子供と子供が子供を作る 「ある子供」
評価:70点 ある子供 カンヌ国際映画祭でパルムドールをとった作品。 圧倒的な描写力で見せるのはいいのですが、ラストが上手く読み取れず・・・ ということで、この評価となりました。 ああいうラストは苦手なんですよね。 以下、かなりネタバレあり さて、ストーリーは子供と子供が子供を作ったらどうなるか?というお話。 若いカップル、ブリュノとソニアのいちゃつき方を観ていると、ホントにガキくさい。 飲み物をかけあってはしゃいでたりするところを観るとしょーもないなぁ、という感じがします。...... more
Tracked from ソウウツおかげでFLAS.. at 2006-01-27 20:05
タイトル : ある子供@恵比寿ガーデンシネマ
適材適所に充てるキャスティング。日本で公開されたダルデンヌ兄弟の4作品全てに、オリヴィエ・グルメは出演している。分厚い眼鏡と屈強な体つき、それは紛うことなく彼だとすぐに分かるのだが、主人公ブリュノを演じたジェレミー・レニエが「イゴールの約束」のイゴールだっ... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2006-01-27 21:51
タイトル : ある子供
ネタバレありです。 仲間と盗みをしながら、行き当たりばったりな生活を続けるブリュノ。恋人のソニアとの間に子どもができる のですが、ブリュノは父親になったという自覚がなく、お金のために子どもを売ってしまいます。そのことにショックを受け倒れるソニアの姿を見てブリ... more
Tracked from シネクリシェ at 2006-01-27 21:51
タイトル : ある子供
 これほどまでにどうしようもないというかだらしないというか、救いようのない若者を赤裸々に描いた作品も他にないのではないでしょうか。  定職に... more
Tracked from カノンな日々 at 2006-01-27 22:11
タイトル : ある子供 L' ENFANT/ジェレミー・レニエ、デボラ..
最初にこの作品の劇場予告編を目にしたときはちょっと重苦しそうな印象があって、特に観たいとは思わなかったのだけど、その後、何度か目にしていくうち、次第に興味を持つようになっていったところ、先日のBSフジ「映画大王」でこの作品の紹介、監督インタビューを見ちゃっ....... more
Tracked from 京の昼寝~♪ at 2006-01-27 22:33
タイトル : 『ある子供』
痛みを知ること、やさしくなること。   ■監督 ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ■キャスト ジェレミー・レニエ、デボラ・フランソワ、オリヴィエ・グルメ□オフィシャルサイト  『ある子供』    ブリュノ、20歳。ソニア、18歳。 二人はソニアのアパートで暮らしている。 ブリュノは定職に就かず仲間とともに盗みを働いてその日暮らしをしている。 ある日、二人の間に子供ができるが、父親としての実感がまったくないブリュノは子供を売ってしまう。 まるで盗んだカメラを売りさばくかのように・・・。...... more
Tracked from とりあえずな日々(仮) at 2006-01-27 22:57
タイトル : ある子供
定職につかず、少年たちを使って盗みを働き盗品を売ってその日暮らしをしている20歳の青年ブリュノ。 ある日、ブリュノの子どもを出産した18歳の恋人ソニアが病院から退院してくる。 子どもを見ても何の実感も感じないブリュノ。 盗品を売った金でドライブに行ったブリュ....... more
Tracked from flicks revie.. at 2006-01-27 23:16
タイトル : 『ある子供』
 「ある子供」というのは若い二人の間に生まれたばかりの赤ちゃんではなくって父親になったブリュノのことなんだな、と思った。... more
Tracked from ラムの大通り at 2006-01-27 23:18
タイトル : 『ある子供』
----この映画知っているよ。今年のカンヌのパルム・ドール受賞作でしょ。 「そう、監督がベルギーの名匠ダルデンヌ兄弟。 本作の受賞でコッポラ、ビレ・アウグスト、今村昌平、 そしてクストリッツァしか成し遂げていない <パルムドール大賞2度受賞監督>の仲間入りを果たしたんだ」 ----この監督って社会派のイメージがあるけど、今度もそうなの? 「うん。久しぶりにこの言葉を使わせてもらうけど、 物語はきわめてシンプル。そしてメッセージはダイレクト。 プレスに巧くまとめてあるので、ストーリーはそこから借用しよう...... more
Tracked from のら猫の日記 at 2006-01-28 00:06
タイトル : ある子供(2005/ベルギー=仏/監督:リュック&ジャン..
【恵比寿ガーデンシネマ】 定職につかず、少年たちを使って盗みを働き、盗品を売ってその日暮らしをしている20歳の青年ブリュノ(ジェレミー・レニエ)。ある日、ブリュノの子どもを出産した18歳の恋人ソニア(デボラ・フランソワ)が病院から退院してくる。子どもを見ても何..... more
Tracked from カリスマ映画論 at 2006-01-28 01:13
タイトル : ある子供
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  人肌の温もりが人間の心を救い出す... more
Tracked from アロハ坊主の日がな一日 at 2006-01-28 01:40
タイトル : [ ある子供 ]自分の力で大切なモノを見つける
[ ある子供 ]@恵比寿で鑑賞。 2005年カンヌ国際映画祭パルムドール大賞受賞。 前作[ 息子のまなざし ]に引き続きジャン=ピエール& リュック・ダルデンヌ監督は[ ある子供 ]でもきょうび の若者の姿を見事に描き出した。 「ある若者」ではなく「ある子供」というタイトルは、若 者の行動や考えの稚拙さを的確に表していると思う。 ... more
Tracked from No Need To A.. at 2006-01-28 01:43
タイトル : ある子供
2005年/ベルギー・フランス/95分/ 監督・脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ/リュック・ダルデンヌ 出演:ジェレミー・レニエ/デボラ・フランソワ/ジェレミー・スガール/オリヴィエ・グルメ/ファブリツィオ・ロンジョーネ /ステファーヌ・ビソ/ミレーユ・バイ/アンヌ....... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2006-01-28 02:22
タイトル : 『ある子供』 L'Enfant
徹底したそのリアリズムに引き込まれて。 緊迫感とやるせなさの後に訪れる温かさは格別。 出産した赤ん坊ジミーを連れて、ソニアはブリュノと住むアパートに戻ったが・・。物語は突如始まり、説明的な場面や台詞がないまま時間軸に沿って展開していく。そして、私たちはとにかく主人公の置かれた状況を知りたくて神経を集中し、スクリーンを凝視してしまうのだ。音楽もなく、まるでドキュメンタリーを見ているようなハンディカメラでの臨場感あふれる映像。『ロゼッタ』や『息子のまなざし』と変わらない演出方法なんだけど、これまで...... more
Tracked from EiGACAN!-Mov.. at 2006-01-28 09:41
タイトル : ある子供
「ある子供」、それはもちろん映画の主人公である20才のブリュノのことだ。そしてまた、ブリュノ個人だけではなく、極めて一般的な意味においての彼、彼女たち「浮遊する子供」(やや古い言い回しだ)のことだ。 20歳で子供? 多分この年齢設定がこの映画のキモだと思う...... more
Tracked from Welcome aboard at 2006-01-28 14:28
タイトル : ある子供
カンヌ映画祭でパルムドール大賞を獲得したダルデンヌ兄弟監督作。 ダルデンヌ兄弟作は既に過去カンヌで・・・ 1996年『イゴールの約束』国際芸術映画評論連盟賞 1999年『ロゼッタ』パルムドール大賞、主演女優賞 2002年『息子のまなざし』主演男優賞、エキュメニック賞 っ..... more
Tracked from マダム・クニコの映画解体新書 at 2006-01-28 14:39
タイトル : ある子供/亀裂の効果
 日本の若者にも通じる、大人になりきれない”子供”を、ドキュメンタリータッチで描いた力作。手持ちカメラ、アングル、音声、小道具などを効果的に用いて、深読みのできる作品に仕上げてある。スリリングな先の読めない展開もすばらしい。 ある子供 (ネタバレ注意!)  20歳の男性ブリュノは,幼いころから母に愛された記憶がない。そのため母とのホットな関係を諦めきれずに成長した”子供 ”である。母との精神的な分離ができていないので、”他者”の存在を認識できず、自分の欲望のままに行動してしまう。  窃盗で生計を立て...... more
Tracked from Re:逃源郷 at 2006-01-28 18:57
タイトル : 『ある子供』
恵比寿にて。 05年度カンヌパルムドール受賞作品。 子供を躊躇なく売ったりするという、主人公の幼じみた行為に、何の怒りも苛立ちも覚えなかった自分自身に腹が立った。 ... more
Tracked from セルロイドの英雄 at 2006-01-28 21:36
タイトル : 【映画】ある子供
"L'Enfant"2005年ベルギー/フランス監督)ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ出演)ジェレミー・レニエ デボラ・フランソワ ジェレミー・スガール満足度)★★★★ (満点は★5つです)恵比寿ガーデンシネマにて 生まれたばかりの赤ん坊を連れて退院したソニア(デボラ・フランソワ)がフラットに帰宅してみると、そこには見知らぬカップルがいた。お金に困った恋人のブリュノ(ジェレミー・レニエ)が又貸ししたのだった。彼女はやっと街角でブリュノに出会うことが出来たが、引ったくりをするため待ち伏せをして...... more
Tracked from Mon plaisir ☆ at 2006-01-29 00:29
タイトル : Un Dimanche au Cinema
フィガロジャポン主催の「シネマの休日」に行って来ました。 まだ日本で公開されていない映画3本中、2本観ました{/hiyo_en2/}(まもなく公開です) 『ある子供 L'Enfant』 (2005/ベルギー=フランス/カラー/95分/日本語字幕付) 監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ 出演:ジェレミー・レニエ、デボラ・フランソワ、ジェレミー・スガール、オリヴィエ・グルメ 配給:ビターズエンド 20歳のブリュノ。定職に就かず、仲間とともに盗みを働いて、その日暮らしをしている。恋人ソニアは、1...... more
Tracked from Alice in Won.. at 2006-01-30 13:31
タイトル : ある子供
かなりの高評価のこの映画を関西での上映の初日に見に行きました。 驚いたのはこの映画よりも『B型の彼氏』が満員になっていたことです。 ある子供もほとんど満員くらいお客が入っていたのですが、この映画館の客層の良さには驚きました。自由席だけどみんな席を詰めて...... more
Tracked from 西欧かぶれのエンタメ日記 at 2006-02-01 01:30
タイトル : 『ある子ども』レビュー/大人への一段階
恵比寿で、昨年のカンヌのパルム・ドール作品、『ある子ども』を観た。原題は『L'Enfant』。シンプルだが、内容にぴったりと合った題名だと、観終わってから感じた。 おそらく、「子ども」とは、生まれてきた赤ん坊だけを指すのではない。むしろ、赤ん坊はツールとしてしか登場しておらず、両親であるブリュノ(ジェレミー・レニエ)とソニア(デボラ・フランソワ)こそが「子ども」に当てはまるのだろう。 二人のはしゃぐ様子は子どもそのもので、彼らの考え方にも、将来の生活のことは考えてもいない、幼稚さと甘さ...... more
Tracked from toe鐚€疂nemati.. at 2006-02-04 01:05
タイトル : ある子供
昨年、カンヌ映画祭でパルムドールを受賞したベルギーとフランスの合作映画。 ダルデンヌ兄弟の作品を観るのは、『ロゼッタ』、『息子のまなざし』に続いて3作目。 どんな境遇にある人も受け入れようとする心の許容範囲の広さと視線の温かさを感じる映画だった。 <STORY> 10代のカップルであるソニア(デボラ・フランソワ)とブリュノ(ジェレミー・レニエ)の間に赤ちゃんが生まれた。 国から助けられながらも、子... more
Tracked from Swing des Sp.. at 2006-02-04 13:20
タイトル : 『ある子供』〜ヒップ・ブレイクスルー〜
『ある子供』公式サイト 監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ出演:ジェレミー・レニエ デボラ・フランソワほか   【あらすじ】(goo映画より)定職につかず、少年たちを使って盗みを働き、盗品を売ってその日暮らしをしている20歳の青年ブリュノ。ある日....... more
Tracked from Mr.Ericの感じたままで at 2006-02-09 22:25
タイトル : 映画:「ある子供」の感想
注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。主人公のブリュノはひどい奴です。恋人が入院中なのをいいことに、... more
Tracked from skywave blog at 2006-02-12 13:19
タイトル : シネマ日記 ある子供
社会の底辺で生きる若者たちの断面を、飾り気なしに淡々と描いた映画です。 2005年カンヌ映画祭最高賞パルマードル受賞作。 この映画コピーは、「痛みを知ること、やさしくなるこ... more
Tracked from Days of Book.. at 2006-02-19 00:38
タイトル : 「ある子供」のリアリズム
「ある子供」を見ていて、ネオ・リアリスムなんて古い言葉を思い出した。 第二次大戦... more
Tracked from こだわりの館blog版 at 2006-03-18 15:55
タイトル : 「ある子供」
1/21 恵比寿ガーデンシネマ にて 現代に甦ったロベール・ブレッソン 監督・脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ 出演:ジェレミー・レニエ、デボラ・フランソワ、ジェレミー・スガール、ファブリツィオ・ロンジョーネ、     オリヴィ... more
Tracked from 酒焼け☆わんわん at 2006-03-26 14:59
タイトル : 映画「ある子供 L'Enfant 」を観る
18歳のソニア(デボラ・フランソワ)と20歳のブリュノ(ジェレミー・レニエ)に息子が生まれる。病院から戻ったソニアは、定職もなく怪しい商売でその日暮しをしているブリュノにまじめに働くよう頼む。。。 2005年カンヌ国際映画祭パルムドール賞に輝いたベルギーの名匠ダルデンヌ兄弟の作品。8mmフィルムで撮影したようなドキュメンタリータッチのリアルな映像に釘付けになった。... more
Tracked from 悩み事解決コラム at 2006-07-13 21:30
タイトル : ある子供
{amazon}  以前書いた映画「息子のまなざし」のダルデンヌ兄弟の映画「ある子供」 この作品は2005年度のカンヌ映画祭パルムドール大賞に輝いた。 ベルギーを舞台にした映画だが、ベルギーでは若年者の失業率が20% を越えているという社会的背景... more
Tracked from ひるめし。 at 2006-08-28 20:28
タイトル : ある子供(DVD)
痛みを知ること、やさしくなること。 CAST:ジェレミー・レニエ/デボラ・フランソワ/ジェレミー・スガール/ファブリツィオ・ロンジョーネ/オリヴィエ・グルメ 他 ■ベルギー/フランス産 95分 なんかどうしようもない男だね・・・って感じ。 殴られても捕まっても同情のしようがなかった。 彼女に働いてって言われて、「クズどもと働けるか」だって。 人の物盗んで、子供売ってるオメーの方がクズじゃんって思った。 お気に入り度:★ ************************************...... more
Tracked from **Sweet縲ays*.. at 2006-09-23 07:22
タイトル : 『ある子供』
ある子供 2005年 カンヌ映画祭 パルムドール大賞受賞作品 監督:ダルデンヌ兄弟 CAST:ジェレミー・レニエ、デボラ・フランソワ 他 若い少女ソニアに男の子が産まれる。父親は恋人のブリュノ。ブリュノは盗品などを売りさばき生活をしている。二人で市役所へ行き子供を認知した後、ブリュノは子供を売ることを思いつく・・・・ パルムドールを獲り衝撃的内容って事で注目を浴びた作品。監督もなかなか有名な人達なのね。 確かに凄くリアルでショッキングではありました。 でもこれって、今の日本...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2006-10-03 23:04
タイトル : 『ある子供』’05・ベルギー・仏
あらすじ定職には就かず、仲間とともに盗みを働いてその日暮らしをしているブリュノ(ジェレミー・レニエ)。恋人ソニア(デボラ・フランソワ)との間に子供が産まれた。だが、ブリュノは子供を売ってしまった・・・。感想カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した映画。監...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2006-12-08 01:29
タイトル : ある子供&イゴールの約束&ロゼッタ
ベルギー映画監督のダルデンヌ兄弟特集、カンヌ国際映画祭で高い評価を得た不思議な感覚の映画だよね、・・かたくなだけど、リアルに必死に生きていく・・ 映画『ロゼッタ(1999)』 原題:Rosetta キャンプ場のトレーラーハウスで母親と暮らすロゼッタ(エミリー・デュケン... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2006-12-13 02:01
タイトル : <ある子供> 
2005年 ベルギー・フランス 96分 原題 L' Enfan 監督 ジャン=ピエール・ダルデンヌ  リュック・ダルデンヌ 脚本 ジャン=ピエール・ダルデンヌ  リュック・ダルデンヌ 撮影 アラン・マルクーン 出演 ブリュノ:ジェレミー・レニエ    ソニア:デボラ・フランソワ    スティーヴ:ジェレミー・スガール    若いチンピラ:ファブリツィオ・ロンジョーネ    私服の刑事:オリヴィエ・グルメ    :ステファーヌ・ビソ  ミレーユ・バイ  アンヌ・ジェラール...... more
Tracked from 夫婦でシネマ at 2007-01-30 18:53
タイトル : ある子供
ダルデンヌ兄弟の監督作はミニシアター系では見逃せない映画の一つですが、注目すべきは日常の出来事をサスペンスフルに描いてしまうその手腕です。... more
Tracked from 小部屋日記 at 2007-02-10 23:31
タイトル : ある子供
L'Enfant (2005/ベルギー、フランス) 【WOWOW】 監督・脚本:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ 出演:ジェレミー・レニエ、デボラ・フランソワ、ジェレミー・スガール、オリヴィエ・グルメ 2005年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品。 大人になりきれない若者と社会をみつめています。 ●ストーリー● 18歳のソニア(デボラ・フランソワ)と20歳のブリュノ(ジェレミー・レニエ)に息子が生まれる。病院から戻ったソニアは、定職もなく怪しい商売でその日暮しをしているブリュノにま...... more
Tracked from 新・ぴゅあの部屋 at 2007-02-17 23:46
タイトル : 映画:ある子供(★★★☆☆)
2005年、ベルギー&フランス。 「ある子供」(★★★☆☆) 監督: ジャン・ピエール・ダルデンヌ、 リュック・ダルデンヌ。 一夜の宿にも困る貧乏カップルに、赤ちゃんが出来る。 手持ちの物を売っては、 その日の生活をやりくりする日々が続くが、 ...... more
Tracked from Diarydiary! at 2007-03-11 00:20
タイトル : ある子供
《ある子供》 2005年 ベルギー/フランス映画 - 原題 - L' ENFA... more
Tracked from Blossom縲€Blog at 2008-02-15 17:13
タイトル : ある子供
ある子供 L' ENFAN 監督 ジャン=ピエール・ダルデンヌ  リュック・ダルデンヌ 出演 ジェレミー・レニエ デボラ・フランソワ フランス ベルギー 2005... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-05-09 20:17
タイトル : ある子供
 『痛みを知ること、 やさしくなること。』  コチラの「ある子供」は、2005年カンヌ映画祭でパルムドールを受賞したPG-12指定のヒューマン・サスペンスです。監督のダルデンヌ兄弟のパルムドール受賞は「ロゼッタ」に続いて2度目で、それは史上5組目だそうです。  「...... more
Tracked from 豆酢館 at 2008-05-09 22:28
タイトル : 「ある子供」―ダルデンヌ兄弟4
未来は“子供”のためにある。... more
Commented by かの at 2006-01-27 23:04 x
こんばんは、TBありがとうございました!
こちらからも送らせて頂きますm(_"_)m
この監督の作品は初めてでしたが、リアルな分、先の展開が読めず、唐突な終わり方に驚きました。
それでもラストは救いがありましたね。
あの後ブリュノは親の自覚に目覚めて、しっかりと歩んで欲しいと願わずにはいられませんでした。

それにしてもmargot2005さんは幅広く色々観られてますね!
レビューも丁寧で読みやすくて、すごいです!
今後のレンタルの参考にさせてくださいね。
またお邪魔させて頂きます。
これからもよろしくお願いしますm(_"_)m
Commented by M. at 2006-01-27 23:14 x
こんばんは、TBありがとうございました。
というかもういい加減旧正月なのですけれど
今年もよろしくお願いいたします^^
ブリュノはソニアよりずっと子どもちゃんなんですよね。
ホントに大人になれるかどうかは今後次第、ってことかと思いますが
なんとなく期待を込めて見守りたくなるラストシーンでしたね。
Commented by CaeRu_noix at 2006-01-28 02:33
セイン・カミュにちょっと似ているかもしれませんねぇ。言われてみれば。
ロゼッタも息子のまなざしもパターンは一緒なんですが、それなのにやっぱり本作のラストにはしっかり感動してしまいましたー。

ライフログを眺めつつ・・・。
去年の終わりにバイアットの「抱擁」を、今年の初めに「未亡人の一年」、「愛のつづき」を読みました。みんなそれぞれにおもしろかったですが、とりわけ抱擁の文学的醍醐味にはやられましたー。
Commented by マダムクニコ at 2006-01-28 13:52 x
>ラスト・シーンは素晴らしい!

いろいろな解釈ができる場面ですね。
赤い椅子が希望を予感させたり・・・。
孤独でいたくない、という2人の気持ちがひしひしと伝わってきます。
Commented by ラクサナ at 2006-01-28 14:28 x
なるほど、そうですよね~。日本じゃベビーカー引いて物乞いする人なんていませんものね。ベビーカー引いてカツアゲってのも聞きませんし・・・。(^^;ジェレミー君、以前はなかなか美しかったんですが、この作品では老けてましたねぇ~。ショック!(^^;
ラストは希望半分不安半分というのが私の感想です。
ブリュノがソニアのラインまで追いついて、やっとそれから親としてのスタートを二人で切るんでしょうね~ってか切って欲しい映画でした。
しかしあの新生児の赤ちゃんジミー役、(エンドロールにイッパイ)20人近くキャスティングされてましたね!赤ちゃん使うのも大変ですな~!(^^;
Commented by Ken at 2006-01-28 22:44 x
margot2005さん、こんにちは!
TBありがとうございました!

僕もパリの地下鉄で若いカップルのスリにあったことがあります・・・。

ヨーロッパ都市部の移民や失業者事情って、最近あまり映画になっていないような気がします。それだけに、この映画はある意味新鮮だったし、ダルデンヌ兄弟って貴重な監督だと思います。

音無しエンド・ロール、あれは余韻が残ってよかったですね!


Commented by margot2005 at 2006-01-29 01:53
かのさんコメント&trackbackありがとうございました!ラストは感動でしたね。ヨーロッパ映画って唐突に終わってしまうものがありますね。ラスト・シーンの後、エンドクレジットが流れ始めて...何言いたかったのだろう?なんて事が何度もあります。「ロゼッタ」は観たのですが、「息子のまなざし」に挑戦しようと思ってます。今回は最後迄観ないと...。
お褒めのお言葉とても嬉しいです!又遊びに来て下さいませ!お持ちしております!
Commented by margot2005 at 2006-01-29 02:01
Mさんこちらこそ今年もよろしくお願いしますね!
子供を産んでしまった女性は大人にならねば、強くもならねばと考えると思うのですが...。男はやはり実感ないのでしょうね?
確かにあのラスト・シーン期待して、後が気になります。ホントにブリュノはまじめに働き始めるのかな?何〜て...。
Commented by margot2005 at 2006-01-29 02:06
かえるさん「息子のまなざし」は挫折から蘇ってがんばろうと思っております。「ロゼッタ」に共通するものがあり、パターンは同じようでしたが、この映画の方が好きですね。
「抱擁」も読まれたのですか?自分で載せておきながら、ちっとも読んでいないトホホなわたしです。
Commented by margot2005 at 2006-01-29 02:14
マダムクニコさんコメントありがとうございました。いつもtrackbackのみで申し訳ありません。
ラスト・シーン良かったです。ブリュノにつられて泣き始めたソニアも、これからお互いに頑張ろうね!と言ってるような感じがして...。
Commented by margot2005 at 2006-01-29 02:22
ラクサナさん、ラストは半々ですか?まあ現実としては厳しいでしょうね?映画だから希望があるようにも感じるんだけど...。まあ深く考えないでおきましょ。そうそうエンド・クレジットのジミー役、最初数えたのだけど...追っ付かなくってすごい数でしたよね?
ジェレミーの「イゴール〜」はやはり観てないような気がしてきました。DVD探しますね。
Commented by margot2005 at 2006-01-29 02:26
kenさんこちらこそありがとうございました!
パリの地下鉄は物騒ですよね?わたしも一度若い男の子につきまとわれたことありです。東京はホント平和だなとしみじみ感じます。
この機会にダルデンヌ監督の他の作品観ようと思っています。
Commented by マダムS at 2006-01-31 21:13 x
観て来ましたよ~♪
「ロゼッタ」同様 この監督はこの作風なんだな~とつくづく思いました(笑) もうだいぶ慣れたので「息子のまなざし」もOKかも(^^)v
二人ともまだ自分が子供なのに子供産んじゃったって感じ・・
「ロゼッタ」でベルギーも失業問題は深刻なんだなぁとお勉強させてもらっていたので、今回もただブラブラしてる彼も本人だけの責任ではないような気もしますよね。 ワッフル食べたい・・
Commented by margot2005 at 2006-01-31 22:15
ああマダムご覧になりまししたのね。「ロゼッタ」と「ある子供」のキッチンでのシーンが、それぞれにあまりにみすぼらしくって(食材)哀しみを誘います。ふらふらするのは仕事のない社会にも問題がありますが、ひったくりは良くないですわよね。ワッフルは誠に美味しそうで..食べたくなりましたの。この間偶然にも恵比寿で食べる事が出来て幸せでございました。ただいま「息子のまなざし」と格闘中です。
Commented by chatelaine at 2006-02-01 02:05 x
王妃(と呼んでいいのかしら??)、こんばんは。
やはりヨーロッパは貧富の差が激しいですね。私も小銭をねだられた経験はありますが、普通に小銭をあげているシーンからも、物乞いはめずらしくないということを思い知らされました。
この監督の作品ははじめてみたのですが、私も前作と格闘してみようかと思っています。…レニエは老け顔ですね。あとから20歳という設定を見て驚きました(笑)
Commented by margot2005 at 2006-02-01 22:06
chatelaineさんに王妃なんて呼んでいただいて感激しております。家では嘲笑気味にベス(クイーン・エリザベス)と呼ばれております。昨今の日本は、皆、中産階級であるのか?物乞いの方?っていないですわよね?ヨーロッパの貧富の差ってスゴイものがあるようなので、このような方も多々いるのだと感じますね。レニエは1981年生まれだったと思いますが...gaijinって老けてるんですよ。
<< 「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」 UK旅行...コッツウオルズ ... >>