「灯台守の恋」

a0051234_084125.jpg「L'Équipier」...aka 「The Light」2004 フランス

ヒロインは「仕立て屋の恋/1989」「マドモアゼル/2001」
のサンドリーヌ・ボネール。
ヒロインを愛する男たちにフィリップ・トレトンとグレゴリ・デランジェール「ヴォン・ヴォヤージュ/2003」。監督は「マドモアゼル」のフィリップ・リオレ。彼は「マドモアゼル」の前にこれの企画していたという。リオレよりこの作品のオファーがあった際、即座にOKしたというボネール。彼女はお気に入りの女優である。映画の中、彼女の台詞は少なく、顔(表情)で演技してる。いやボネールの演技は素晴らしい!

フランス映画には珍しく、始めから結末の読める映画なので、ネタばれ関係なしでストーリーを書きたいと思う。フランスの最西端のまだ西にあるブルターニュー地方のウエッサン島が舞台。まさにここで撮影されたという。カミーユ(アン・コンサイエ)は亡くなった両親の家を売却するため、故郷であるウエッサン島へ戻って来た。迎えてくれたのは叔母ジャンヌ(マルティーヌ・サルセイ)。父親が作ったたくさんの椅子を始めとして、思い出のいっぱい詰まった家でカミーユは叔母と最後の食事をした。食事の後、叔母の様子が何かおかしい...先に休むと言って叔母がいなくなった後、彼女はテーブルに置いてあった、アントワーヌ・カサンティ著“わが世界の果て”という本を開く。表紙にある灯台のイラストは、父親が灯台守をしていたラ・ジュマンに良く似ていた。そして過去へと物語は戻る。
マベ(ボネール)は父親が灯台守で、夫のイヴァン(トレトン)もやはり灯台守である。二人は愛し合っていたが、子供には恵まれなかった。ある日、この島へよそ者がやって来た。昔イギリスから渡って来たケルト人の祖先が多く住むこの地の人々は、よそ者を嫌っていた。やって来た青年は笑顔が素晴らしい元時計職人のアントワーヌ(デランジェール)。彼はアルジェリアからの帰還兵で、片方の手は自由が効かなかった。灯台守のチーフであるイヴァンの家に住むことになったアントワーヌはマベを意識するようになる。この辺の二人の振る舞いが、実に哀しい。それこそ今すぐにでも抱きあいたいって雰囲気の顔をみせるのだ二人は...しかしそんなこと出来ようにない...ほんと二人の演技が旨い!よそ者を嫌うイヴァンの仲間たちは必死でアントワーヌを島から追い出そうとするが、マベの夫イヴァンは彼を受け入れようと努力する。

“微笑みの貴公子”と呼ばれているデランジェールの“微笑み”は癒される。イヴァン役のトレトンも人の良い、粗野で無教養な男が似合い過ぎ。父親とアントワーヌ、二人が一緒に仕事をしていたラ・ジュマン灯台をカミーユが訪れるところでエンディングを迎える。灯台のシーンは出来うる限り本物のラ・ジュマンで撮影されたという。現在この灯台は自動化され一般公開されている。しかし灯台守の仕事って過酷だなぁと切に感じた。上にも書いた「マドモアゼル」にも灯台の話が出て来て、やはり“ひと時の恋”を描いている。この映画を観たら「マドモアゼル」もきっと観たくなるであろう!この作品にはハリウッド映画「マディソン郡の橋/1995」がちょいと入ってるなと感じる方も多いであろう、が、しかし断然こちらがgood。
a0051234_05359.jpg

a0051234_07493.jpg

[PR]
by margot2005 | 2005-11-14 00:53 | フランス | Trackback(21) | Comments(23)
トラックバックURL : https://margot2005.exblog.jp/tb/2589066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Brilliant Da.. at 2005-11-14 08:02
タイトル : 『灯台守の恋』
2004年フランス 監督:フィリップ・リオレ 「マドモアゼル」 出演:サンドリーヌ・ボネール/フィリップ・トレトン/グレゴリ・デランジェール/エミリー・デュケンヌ 公式サイト 良かったですこれ本当に・・ 観終わってまたもう一度観たくなりました。 上のスチール写真..... more
Tracked from toe@cinemati.. at 2005-11-20 00:41
タイトル : 灯台守の恋
Tokyo-FMで行われた試写会に行ってきた。 1960年代のフランスの田舎にある灯台を舞台に描かれたある夫婦の物語。 とても切なくてはかない恋の物語。 <STORY> 1963年、フランスの北部、ブルターニュ地方にある小さな島では、灯台守一家の葬式が行われていた。 当時の灯台は、住み込みで火の番をし、常に明かりが消えないように監視をする灯台守がいた。 亡くなったのは、その島にある小さな灯台を守っ... more
Tracked from 海から始まる!? at 2005-11-20 10:18
タイトル : 今年の収穫の1本 『灯台守の恋』
 全く期待していないで、しかもなぜか勝手にイギリス映画だと思い込んでいた『灯台守の恋』。事前にあまり情報を仕入れないことも多いので、たまにこんなこともあるんですが、さすがに本編でタイトルが出た時点で気づきました。サンドリーヌ・ボネールが出ているフランス映画だったんですね。そういえば、フランス版『マディソン郡の橋』だと何かでちらっと読んだような記憶もありました。『マディソン郡の橋』は、原作も映画もどちらもピンと来なかった私ですが、『灯台守の恋』はとてもよかったんですね。物語の展開は読めてしま...... more
Tracked from Saturday In .. at 2005-11-27 14:22
タイトル : 灯台守の恋
フランス 104分監督:サンドリーヌ・ボネール出演:フィリップ・トレトン    フィリップ・トレトン    グレゴリ・デランジェール    エミリー・ドゥケンヌ60年代のフランスのブルターニュ地方の辺境ウエッサン島にイヴォン率いる灯台守の一...... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2005-12-01 17:00
タイトル : 『灯台守の恋』
ロマンチックでせつない恋のメモリー。そして、泣かせるのは儚い恋よりも大きな深い愛情。カミーユは、既に亡くなっている両親の家を売却するため生まれ故郷のブルターニュ地方ウェサン島に戻って来た。そこで、一冊の本から両親の昔の秘密を知ることになる。1963年、亡くなった灯台守の後任としてアルジェリア戦争帰りのアントワーヌが赴任して来た。リオレ監督、サンドリーヌ・ボネール主演の前作『マドモワゼル』の中で、灯台守の物語はとても印象的だったけれど、今度はそのモチーフが1本の映画になったというのはしゃれている。あちら...... more
Tracked from ヘーゼル・ナッツ☆シネマ.. at 2005-12-02 13:02
タイトル : 『灯台守の恋』★★★・・68点
『灯台守の恋』公式サイト 制作年度/国;'04/仏 ジャンル;恋愛               配給;エレファント・ピクチャー  上映時間;104分  監督;フィリップ・リオレ 出演;サンドリーヌ・ボネール/フィリップ・トレトン/グレゴリ・デランジュール観賞劇場:12/1...... more
Tracked from aicolors~dia.. at 2005-12-09 23:01
タイトル : 灯台守の恋
「 灯台守の恋 」偶然みることになった映画だけど、とても良かった。フランス映画らしい、ほろ苦いの大人の恋のお話。ストーリーはちょっと「マディソン郡の橋」を思わせる人妻の物語なのだけど、出演者と風景がすばらしくて、久々に何の情報ももたずに映画をみたのだけど、ぐんぐん惹きこまれました。フランス ブルターニュ地方にある辺境の島がこのお話の舞台。ケルトの文化を残す寂しげで静かな島の風景と、荒々しい海、そして海の中に立つ灯台の姿が本当に美しい。昔の灯台守というのは、荷物の運搬みたいになんと船から直接ブランブラン...... more
Tracked from JUNeK-CINEMA.. at 2005-12-19 21:47
タイトル : L'equipier(灯台守の恋) その6(ネタばれあり..
2回目は多分それほど泣かないのではないか、という予想を裏切って、またかなり泣いてしまったjesterです。 ミリオンダラー・ベイビーですら2回目は泣かなかったのになあ・・・・ (もう公開から大分経っているのと、もともと『ネタばれ』を警戒するような内容の映画ではな..... more
Tracked from KINTYRE窶儡PAR.. at 2005-12-19 23:44
タイトル : 映画『灯台守の恋』を観て&訪問者が延べ1236人?
人気blogランキングへ原題:L’equipier 公式HP上映時間:104分監督:フィリップ・リオレ出演:サンドリーヌ・ボネール(マベ)、フィリップ・トレトン(イヴォン)、グレゴリ・デランジェール(アントワーヌ)、エミリー・デュケンヌ(ブリジット)、アン・コンサイニー...... more
Tracked from 西欧かぶれのエンタメ日記 at 2005-12-30 03:17
タイトル : 『灯台守の恋』レビュー/デラシネの残したもの
フランス映画で大人向けの恋愛ものという宣伝は、暗に‘退屈’を意味しているのだと思っていたけれど、ネットでもなかなか評判が良好だったので、会期ギリギリになって、『灯台守の恋』を観に、シャンテまで足を運んだ。 フランスと海、というと、享楽的な私などは、すぐにマルセイユやニースといった、太陽の輝く南仏を連想してしまう。が、本作は地中海とは違って激しく波立つ北海沿岸、ブルターニュが舞台となっている。それも、「世界の果て」と呼ばれるウェッサン島で、話は展開する。 展開といってもごくごくシンプルで...... more
Tracked from Welcome aboard at 2006-01-23 12:47
タイトル : 灯台守の恋
お互いに夫や妻がありながら偶然出逢ってしまった相手と、たった24時間だけ心を通わせる、静かでいながら秘められた思いの強さに、その余韻に、心震わせる珠玉のラブストーリー『マドモワゼル』。 そのフィリップ・リオレ監督が、再びサンドリーヌ・ボネールをヒロインに向..... more
Tracked from FUN×5 ~五つの楽(.. at 2006-01-29 09:45
タイトル : FUN … 『灯台~』&『プライマー』
『FUN the Sunnyday』 「さにぃさいど しねまぁ(?)」... more
Tracked from 映画でお喋り♪猫とひなた.. at 2006-02-07 13:40
タイトル : 灯台守の恋
こんな 情感のあるしみじみとした映画は 久しぶりに観たような気がします。 観終わって 涙がこぼれる・・というものではなく じ~~~ん と 深く ゆっくりと 胸に響き 染み込んでいったのです。 さすが フランス映画・・ フランス映画を観ていて よく思うのだけれど すごく 簡単に・・いえ とても自分の心に素直に            「恋に落ちる」なぁ・・・と その素直さ 或いは 恋への激しさが 少し うらやましい・・・ どこで 彼らが恋に落ちたか? それは とても微妙だけれど 家庭を抱えた 彼女と ...... more
Tracked from double face-d at 2006-02-27 17:20
タイトル : 『灯台守の恋』 フィリップ・リオレ : 浮気と不倫と心理..
良い映画を観ました。しかもフランス映画。 『灯台守の恋』(原題:『L'EQUIPIER』) 浮気、不倫、してますか? という不躾な質問をしてしまいます。果たしてこの世に、いくつの人に言えない関係が存在するのか、数えてみたいものです。 恋人達の数よりも多いような気もします。 この映画…の内容はこちらの公式サイトを見ていただくとして(素敵なサイトです)。 フランス映画では悲劇でも喜劇でもとてもよく見られる三角関係。 ありがちな設定な上に、やっぱりフランス映画だし。と、他の作品...... more
Tracked from 夫婦でシネマ at 2007-01-29 20:39
タイトル : 灯台守の恋
灯台を望む島の自然の景観が美しく、この映画の大きな魅力となっています。2人の恋が燃え上がる村の祭りのシーンも花火が効果的に使われています。... more
Tracked from Big Screen at 2007-10-09 18:07
タイトル : 灯台守の恋
○L' EQUIPIER ○THE LIGHT ○2004年フランス/104min/公開2005/11/05 (エレファント・ピクチャー) ○ロマンス/ドラマ[◆◆◆◆◇◇]4/6 ”ブルターニュ”がどんな風土の土地なのかなんて考えたこともなかったけど、ケルト系ブルトン人の住む土地なのでブルターニュと呼ばれたらしく、ケルト人の文化が色濃く残る土地とのこと。映画の舞台はブルターニュ半島先端の更に沖にあるウェサン島。ブルターニュは現在リゾート地として発展してるらしいのですが、主人公マベの娘が...... more
Tracked from Have a movie.. at 2007-10-24 02:45
タイトル : 灯台守の恋
かつてイヴォンもまたよそ者だった。17歳のマベ(サンドリーヌ・ボネール)に恋して、自ら過酷な任務の灯台守になるべくこの辺境の地に根付いたのだった。この物語はイヴォンとアントワーヌの心の絆を語っている。そしてそれはイヴォンの妻マベとの恋なくしては語れな...... more
Tracked from Sweet*Days** at 2007-11-13 10:47
タイトル : 『灯台守の恋』
灯台守の恋(2007/07/27)サンドリーヌ・ボネール、フィリップ・トレトン 他商品詳細を見る監督:フィリップ・リオレ CAST:サンドリーヌ・ボネール、グレゴリ・デランジェール 他 フランス、ブルターニュ地方にあるウェッサン島。カミーユは売却のために久々に生荻..... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2007-11-14 09:26
タイトル : 我が世界の果て〜『灯台守の恋』
 L' EQUIPIER  1963年6月、フランス・ブルターニュ地方の島。灯台守のイヴォン(フィリップ・ トレトン)とその妻マベ(サンドリーヌ・ボネール)の元に、灯台守の代替要員として アルジェリア戦争の帰還兵アントワーヌ... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2008-03-19 01:33
タイトル : 映画『灯台守の恋』
原題:L'Equipier これも大人の恋特集、フランスで世界の果てと呼ばれるブルターニュ地方の小さな島ウェッサン島・・田舎ゆえの仲間意識と差別に晒されながらも貫いた恋・・ アントワーヌ(グレゴリ・デランジェール)は予備役から出征、負傷兵として帰還し、枠の割当で灯台... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2008-03-29 05:49
タイトル : <灯台守の恋> 
2004年 フランス 100分 原題 L'Equipier 監督 フィリップ・リオレ 脚本 フィリップ・リオレ  エマニュエル・クールコル  クリスチャン・シニジェ    クロード・ファラルド 撮影 パトリック・ブロシエ 音楽 ニコラ・ピオヴァーニ 出演 サンドリーヌ・ボネール  フィリップ・トレトン  グレゴリ・デランジェール    エミリー・デュケンヌ  アンヌ・コンシニ  マルティーヌ・サルセイ  ティエリー・ラヴァ... more
Commented by toe at 2005-11-20 00:45 x
こんにちは。
TB&コメントありがとうございました。
いい映画でしたよね~。
灯台守って仕事が、あんなに過酷なものだと初めて知りました。
その過酷さが似合う3人の恋がとてもステキな映画でした~。
Commented by あん at 2005-11-27 22:18 x
あの島に行きたくなりました。あんだったらアントワーヌと島を出たかも(^O^)。
Commented by margot2005 at 2005-11-27 23:33
あんさん、コメントありがとうございます!あの島行きたいですね!でも遠いですわよ。フランスの一番西の、まだその先の海上の島なんですから...。フランスはノルマンディまでは行ったのですが...あの島は多分行けそうにないですね...。
Commented by あん at 2005-11-29 09:02 x
トラコメ有り難う御座いました。素敵な大人の恋、フランス映画らしい秀作でしたね。うーん、遠そう(^O^)船酔いするしな。
Commented by margot2005 at 2005-11-29 22:20
まとめトラお許しくださいませ。大人の恋ですよね...。
わたしも船はダメです。
Commented by ai-colors at 2005-12-09 23:05
こんにちは。TBさせていただきました。
レディースデーでどこの映画観もいっぱい・・・ということでたまたま辿り着いたのがこの映画だったのですが、思いのほかとても良くて。
イヴォンの優しさが切なくて、涙がとまりませんでした。。はあ。
Commented by margot2005 at 2005-12-10 13:43
コメント&trackbackありがとうございました!たまたま観た映画が素敵だと嬉しいですね。ほんとイヴァンは素晴らしい人でした。せつないストーリーはわたしも好きです。
Commented by jester at 2005-12-19 21:31 x
こんにちわ。
私もこの映画、とっても気に入ってしまいました。昨日2回目を見てまいりました。恋物語としてもよかったけれど、男二人の友情もとても良かったデス。TBさせていただきました。
Commented by margot2005 at 2005-12-19 23:10
jesterさんこんばんは!TBありがとうございました!2回目でしたか...良い映画でしたね。サンドリーヌは素敵な女優さんです。男たちの友情も素晴らしかったですよね。
Commented by chatelaine at 2005-12-30 03:20
こんばんは。もう一週間も前ですが、私も観ましたのでTBさせていただきます。主演の三人ともが、みんな切なかったですね…。
デランジェールって、「微笑みの貴公子」という呼び名なんですか~。韓国スターの、某ペ氏のようですね…(え、違います?)
Commented by margot2005 at 2005-12-31 00:52
こんばんは、trackbackありがとう!ご覧になったのですね。ホント切ない3人でしたね。デランジェールはそう呼ばれているようです。ぺ氏は、ハマっていらっしゃる方には申し訳ないのですが、私自身全然興味がわかないので、デランジェールと一緒にしないで...pleaseぅ!
Commented by ラクサナ at 2006-01-23 13:06 x
やっと観ることができて、もう何も言葉が無いくらい良かったです!^^
ラストの二人の父の写真に涙涙・・・・。
単なる恋愛映画に留まらぬ辺り、あの花火の演出といい秀逸でしたね。
3人の俳優の魅力がこの映画を素晴らしい人間ドラマにもしていた気がしマス。あの家は売れないですわよね~売りに出たら、王妃様買ってください!(^^)
リオレ監督の次作が、もう今から楽しみですが・・・
『ターミナル』の元となった『パリ空港の人々』、王妃ご覧になってます?
コチラも観たいけど、なかなか見つからないんですよね。(ーー;
Commented by margot2005 at 2006-01-23 23:01
ラクサナさん!とうとうご覧になったのですわね。良かったですよねこの映画。マベ役のサンドリーヌといい、夫役のトレトン、そして微笑みの貴公子のデランジェール...3人さまそれぞれ素晴らしい配役でした。「ターミナル」の元映画観たいですよねぇ...しかし...ないの??
花火ってフランス人大好きみたいですわよ。事あるごとに打ち上げるみたいですが、やはり日本の花火には負けますわよね。さてあの灯台守のお家ですか...欲しいですわね別荘に...。
Commented by purple in sato at 2006-01-29 23:35 x
TBありがとうございました。
本作はとっても素敵な作品で大満足でした!
ラストに二人の写真が出てきた途端…ジ~ンと胸が
熱くなりました、、、
では、またおじゃまさせてもらいますね♪
Commented by margot2005 at 2006-01-31 00:38
purple in satoさんようこそお出でいただきました。こちらこそtrackbackありがとうございました。この映画はホント素敵でしたよね。
あのラストは素晴らしかったです...ジーンと来ましたね。マベが自転車で、アントワーヌが歩いて出会うあのシーンも素敵でしたわ。
又お出でくださいませ。
Commented by double face-d at 2006-02-27 17:21 x
はじめまして。期待せずに見たのですが、とても良い作品に出会えました。切ない、けれど、でもただつらい恋というわけではなく。
うーん、良かったです!TBさせてください。
Commented by margot2005 at 2006-02-27 22:38
double face-dさんようこそお出でいただきました。trackbackありがとうございました。
期待せずに観て、なおかつ映画が素晴らしいと嬉しくなりますよね。
“恋”は...せつない、つらい...の世界ですが、でも又懲りずに同じ事を繰り返してしまいます。それが“恋”でしょうか?良い作品でした。
Commented by JT at 2007-10-09 18:20 x
こんばんは。
昔の記事にコメントでごめんなさい(^。^;;
自分で、記事を書いてから、margotさんなら記事にされてるかもって思って、お尋ねしましたー
そうか!、「マディソン郡の橋」ですね。どこかで見たシュチュエーションだと思ってたんですが・・・すぐ頭に浮かばなくて、最果ての地のイメージで「シッピングニュース」を引き合いに出してしまいましたー
「マディソン・・・」が女性側の告白、「灯台・・・」が男性側の告白という違いだけで、確かに似てますね。
そういえば、昨日アランドロンがスマスマのビストロスマップに出演して、”若さの秘訣はなんですか?”っていうい質問に、ズバリ ”女性しかない!”って言ってましたが(笑) いい悪いは別として、恋 って生きる活力なのですかね?
Commented by margot2005 at 2007-10-10 00:47
JTさん、こんばんは!
古い記事にコメントいただけるなんて嬉しいです。
こういったタッチのフランス映画は大好きです。
サンドリーヌ&リオレのコンビ映画は素敵ですよね?
「マディソン郡の橋」をすぐ思い浮かべてしまいました。
そうか一方では女性の告白、もう一方では男性の告白..なるほどですね。
スマスマ見逃してしまいましたの。
しかし新聞の番組欄記事でドロンのコメント読みました。やはり女性なんですね若さの秘訣は...でもドロンさんカンヌ映画祭の写真はおじいさんでしたがTVでは素敵だったのでしょうか??
エディット・ピアフもボクサーの彼が亡くなって以来生きる望みを失ったみたいですよね?やはり生きる糧は“恋”でしょうかしら??
Commented by fizz♪ at 2007-10-24 02:58 x
margotさん、こんにちは。
以前『アルフィー』でお邪魔したfizz♪と申します。
私もボネールは好きな女優さんで、今作もとても好きな雰囲気の静かな映画でした。
デランジェールは“微笑みの貴公子”なのですね。村中の女性を惹き付けたハンサム青年ぶりでしたね。
TBさせて頂きました。
Commented by margot2005 at 2007-10-25 01:24
fizz♪ さん、こんばんは!
お起こし頂いて嬉しいです。
サンドリーヌ・ボネールは素敵ですね。
憧れすら感じるお気に入りのフランス女優です。
デランジェールは「ヴォン・ヴォヤージュ」でもハンサムで素敵です。
彼のあの微笑みは天性のものでしょうか??
Commented by 真紅 at 2007-11-14 09:29 x
margotさま、初めまして。真紅と申します。
この映画、DVDになるのが遅かったのですね、2年も前に公開された映画だったとは驚きです。
本当に、心打たれる映画でした。
『マドモワゼル』も未見です、観たいです。
TBさせていただきました!ではでは。
Commented by margot2005 at 2007-11-15 00:46
真紅さん、こんばんは!
古い記事にコメントありがとうございます。
そうですね。かれこれ2年もたっていたんですね公開以来。
「マドモアゼル」のサンドリーヌ素敵ですので、是非ご覧下さいませ。
<< 「フレンチなしあわせのみつけ方」 「ロバと王女」 >>